Search Results 1-20 of 88

  • 1 / 5
  • A Genetic Algorithm-Based Method for Finding Approximate Solutions to Minimum Steiner Tree Problems (非線形問題)

    ZHANG Li-Ping , 高橋 規一 , YANG Zong-Xiao

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(413), 131-136, 2019-01-23

  • Discrete Time/Cost Tradeoff Minimum Spanning Tree Problem  [in Japanese]

    片岡 靖詞 , 村崎 暢彦

    … らたかだか1つを選ぶことで,限られた予算内で,総時間を最小にする全域木を求める問題を考える.時間と費用は与えられたモードからしか選べないことから,この問題を離散型・時間/費用トレードオフ最小全域木問題と呼ぶことにする.時間/費用トレードオフという問題設定は,プロジェクトスケジューリングの分野では古くから研究がなされているが,ネットワーク計画法に同様の設定を導入した問題はほとんど …

    情報処理学会論文誌 57(11), 2445-2455, 2016-11-15

    IPSJ 

  • Continuous Time/Cost Tradeoff Minimum Spanning Tree Problem  [in Japanese]

    片岡 靖詞 , 村崎 暢彦

    最小全域木問題は,グラフの各枝に時間などのデータが与えられているとき,総時間を最小化する全域木を求める問題である.本研究では,各枝に与えられた時間が,資金を投入することにより短縮できる場合を考え,限られた資金の中で総時間を最小にする全域木を求める問題を扱う.各枝における時間の短縮は,資金の投入額に応じて連続的かつ線形的に時間短縮ができる場合を想定しているので,この問題を連続 …

    情報処理学会論文誌 57(10), 2260-2271, 2016-10-15

    IPSJ 

  • A New Parametric Spanning Tree Generation for Network Topology Design  [in Japanese]

    大家 万明 , 渡辺 俊典 , 古賀 久志

    … .提案手法では,ネットワークの運用コストを定めるリンク長とリンク容量の両者を考慮するため,新たに工夫した重み付きリンクコストを導入する.そして,重み付けパラメータを変えながら,Kruskalの最小全域木アルゴリズムを適用するだけで,リンク容量が小さいStarから総リンク長最小のMST(Minimum Spanning Tree)までを網羅的に生成する.さらに提案手法では,総トラフィック量が多いノードを中心とする局所Star …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 9(2), 9-19, 2016-08-10

    IPSJ 

  • MST Query on Dynamic Graph with Square-Root-Decomposition for Optimization for Controlling Distributed Computing  [in Japanese]

    山崎 一明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(116), 57-64, 2016-06-24

  • Impulse Noise Removal by Extended Median Filter Utilizing Minimum Spanning Tree with 8-neighborhood  [in Japanese]

    淺本 紗希 , 古賀 崇了

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(505), 87-92, 2016-03-10

  • 多種情報を利用したアノテーション付き可視化法  [in Japanese]

    後藤 裕 , 小林 えり , 斉藤 和巳

    … 報を用いて,可視化結果のどの位置にどの特徴を持ったオブジェクトが見られるかを示す,アノテーションを自動付与する可視化手法を提案されている.アノテーション付き可視化法では,座標情報から最小全域木を構築し,属性情報と全域木から属性分布が大きく変化する部分で領域を分割することにより,特徴的な属性を有する部分集合を抽出する.本研究では,レビューデータを用いて,レビュー評点,評点時 …

    第78回全国大会講演論文集 2016(1), 407-408, 2016-03-10

    IPSJ 

  • Navigation System of Similarity Search Results Visualized with Annotation Words  [in Japanese]

    小林 えり , 斉藤 和巳 , 大久保 誠也 , 池田 哲夫 , 渡邉 秀博

    … たな発見も可能なセレンディピティ(serendipity)性の高い検索結果をナビゲートするビジュアル・インターフェース付き検索システムを提案する.具体的には,まず,クエリと類似した記事データ群による最小全域木を作成し,次に,全域木を特徴的な属性を持つ領域で分割する.その後,分割された部分集合にどういった特徴を持つ集合なのかを示すアノテーションを付与し,最後に,全域木のどこにどういったデー …

    経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部研究紀要 28(2), 1-10, 2016-03

    IR 

  • The Evaluation of Correlation between Two Variables using Mean and Standard Deviation of Edge Length in Minimum Spanning Tree  [in Japanese]

    奥谷 文徳 , 川原 圭博 , 浅見 徹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(461), 45-50, 2016-02-25

  • The Evaluation of Correlation between Two Variables using Mean and Standard Deviation of Edge Length in Minimum Spanning Tree  [in Japanese]

    奥谷 文徳 , 川原 圭博 , 浅見 徹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(460), 45-50, 2016-02-25

  • 1-A-8 端末-非端末集合を持つ最小全域木問題(離散最適化(1))  [in Japanese]

    KATAOKA Seiji

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2015, 20-21, 2015-09-10

  • A-12-4 Evaluation Technique of the Relationship Between Variables Using the Total Edge Length of the Minimum Spanning Tree  [in Japanese]

    Okuya Fuminori , Kawahara Yoshihiro , Asami Tohru

    Proceedings of the IEICE Engineering Sciences Society/NOLTA Society Conference 2015年_基礎・境界, 125, 2015-08-25

  • 最小全域木問題のコスト分配に対する公理的アプローチ (特集 ゲーム理論の両輪 : 理論と応用)  [in Japanese]

    楠木 祥文

    本稿では,最小コスト全域木問題に対するコスト分配ルールについて解説する.本稿で扱う最小コスト全域木問題とは,複数のエージェントと一つのソースが存在し,各エージェントがソースへの供給路を構築しようとする状況である.供給路はエージェント/ソースを頂点とするグラフでモデル化され,頂点間の枝にはコストが割り当てられている.各エージェントは自身が支払うコストを小さくするために,協力して最小コスト全域木を構築 …

    [O]perations research as a management science [r]esearch 60(5), 252-258, 2015-05

  • 1-C-1 資源配分付き最小全域木問題の一解法(離散最適化(1))  [in Japanese]

    YAMADA Takeo , Kataoka Seiji

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2015, 40-41, 2015-03-26

  • 1-C-7 時間/費用トレードオフ型最小全域木問題-連続型(離散最適化(2))  [in Japanese]

    KATAOKA Seiji , MURASAKI Masahiko , YAMADA Takeo

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2014, 46-47, 2014-08-28

  • 1-C-6 時間/費用トレードオフ型最小全域木問題-離散型(離散最適化(2))  [in Japanese]

    MURASAKI Masahiko , KATAOKA Seiji , YAMADA Takeo

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2014, 44-45, 2014-08-28

  • Mantegna法に基づく各国株価データの業種同類度分析  [in Japanese]

    PHONGBUIXUAN , 榊原源基 , 上野雄史 , 斉藤和巳

    … 株価変動類似度により企業をノードとして最小全域木を構築するというMantegna法に基づき各国株価データを分析する。 … 与えられた各最小全域木を対象として、同類度を計算し、比較するという手法を提案する。 …

    第76回全国大会講演論文集 2014(1), 303-304, 2014-03-11

    IPSJ 

  • 2-G-3 時間/費用トレードオフ型最小全域木問題(離散最適化(3))  [in Japanese]

    MURASAKI Masahiko , KATAOKA Seiji , YAMADA Takeo

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2014, 252-253, 2014-03-06

  • Distribution Analysis of a Large-Scale Pattern Set Using Minimum Spanning Tree  [in Japanese]

    GOTO Masanori , ISHIDA Ryosuke , CAI Wenjie , UCHIDA Seiichi

    … しうるネットワーク解析手法により大規模パターンの分布構造の解析を行う.具体的には,各パターンを1ノードとし,その近傍関係によりエッジを付与してネットワークを構成し,その構造を解析する.本論文では,ネットワークの作成手法として最小全域木を適用し,分布解析の対象として約50万個の活字数字画像と約80万個の手書き数字画像を用いた実施例を示し,パターン数の増加によるパターン分布の変化を明らかにする. …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 97(3), 656-666, 2014-03

  • Robust Airway Extraction based on Machine Learning and Minimum spanning Tree

    井上 努 , 北村 嘉郎 , 李 元中 [他]

    Fuji Film research & development = 富士フイルム研究報告 (59), 62-70, 2014

  • 1 / 5
Page Top