Search Results 1-20 of 155

  • 遺伝的アルゴリズムから得られた巡回セールスマン問題の解の検討  [in Japanese]

    稲口 和斗 , 小川 誠寛 , 原口 将拓

    2020年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集 (2020), 2020-09-11

    IPSJ 

  • Pose-based Shot Detection in a Badminton Doubles Competition Video  [in Japanese]

    山岸 哲 , 山本 佳輝 , 道満 恵介 , 目加田 慶人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(454), 199-203, 2020-03-05

  • Pose-based Shot Detection in a Badminton Doubles Competition Video  [in Japanese]

    山岸 哲 , 山本 佳輝 , 道満 恵介 , 目加田 慶人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(457), 199-203, 2020-03-05

  • Applying Criterion of Leveling of Costs to Dynamic Programming for Shortest Path Finding Problems  [in Japanese]

    松井 俊浩 , マリウス シラギ , 平山 勝敏 , 横尾 真 , 松尾 啓志

    最短経路探索問題はエージェントの行動決定における基礎的な問題である.従来の問題では,最適経路は部分経路の合計コスト値が最小となる経路として定義され,解法として動的計画法が用いられる.本研究では,経路全体の最大コスト値を改善し,かつコストを平準化することを目的とする経路最適化問題に注目する.このような問題は,各部分経路の近隣住民の不満や施設の消耗の程度を考慮する状況と関係し,実際的な要求を考慮する解 …

    情報処理学会論文誌 60(10), 1603-1616, 2019-10-15

    IPSJ 

  • Fast Implementation for All-pair Shortest Paths on Vector Computation  [in Japanese]

    髙島 康裕 , 荒木 拓也 , 細見 岳生 , 中村 祐一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(296), 115-119, 2018-11-12

  • Fast Implementation for All-pair Shortest Paths on Vector Computation  [in Japanese]

    髙島 康裕 , 荒木 拓也 , 細見 岳生 , 中村 祐一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(295), 115-119, 2018-11-12

  • Z-Drift Correction of 4D Images with Graph Theory  [in Japanese]

    Yoshizawa Shin , Yokota Hideo

    … p>顕微鏡で得られる時系列3次元画像群(4D画像)では,位置や焦点のz方向への変化(drift)が問題となり,各時相での対象z断面を生物学者が選んでいるのが現状である.単純法で全ての組合せで最も相関が高いz断面の組を探索するには指数的な計算量が必要となる.そこで本研究では,組み合わせ最適化を最短経路問題として新たに定式化し,グラフ理論に基づく動的計画法を適応する効率的な計算法を提案する.</p> …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2018S(0), 117-118, 2018

    J-STAGE 

  • Coverage Expansion of Vehicular Millimeter Wave Communication with Multi-hop Relaying (モバイルネットワークとアプリケーション)

    田谷 昭仁 , 西尾 理志 , 守倉 正博 , 山本 高至

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(308), 13-18, 2017-11-16

  • 最短経路問題と等周問題  [in Japanese]

    中村 俊子

    数学教職課程用講義―教材編 20p.

    城西大学数学科教職課程紀要 1(1), 1057-1076, 2017-06

    IR  DOI 

  • A Tool for Finding Energy-saving Device Operation Sequence for Moving Context in a Smart Space  [in Japanese]

    水本 旭洋 , 宵 憲治 , カレッド エル=ファキ , 安本 慶一

    本論文では,スマートスペースにおいて省エネルギーに様々なデバイスをコンテキストアウェア制御することを目的に,任意の2つのコンテキスト間を最小コストで遷移させるデバイス操作系列を導出するツールPathSimを提案する.PathSimは,スマートスペースにおけるコンテキストの各構成要素の値域を有限個の範囲に分割することで,コンテキストを有限個の要素からなる空間として扱う.そして,各コンテキストにおいて …

    情報処理学会論文誌 58(2), 396-408, 2017-02-15

    IPSJ 

  • A Method for 0-1 Knapsack Problem Based on Physarum Algorithm  [in Japanese]

    杉本 薦彦 , 栗崎 功二郎 , 飯村 伊智郎

    … ゴリズムとして工学的な応用が期待されており,最短経路問題や都市間交通ネットワークのデザインなどへの適用例が報告されている.本稿では,PAの適用範囲を広げるべく,離散組合せ最適化問題の一つである0-1ナップザック問題(0-1 Knapsack Problem: 0-1KP)を対象に,その適用可能性を検討した.提案手法は,二分木表現を用いて0-1KPを最短経路問題に帰着させPAに適用する点が特徴である.</p> …

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2017(0), 547-548, 2017

    J-STAGE 

  • AN EXPECTED DELAY ESTIMATION METHOD FOR SIGNALIZED ARTERIAL ROADS BASED ON VARIATIONAL FORMULATION OF KINEMATIC WAVES  [in Japanese]

    WADA Kentaro , USUI Kento , OGUCHI Takashi , IRYO-ASANO Miho

    … 総遅れ時間の期待値を評価する手法を提案する.この手法は交通流の変分原理(VT)に基づく.需要のランダム到着を考慮したVTでは,交通流ダイナミクスは時空間領域のネットワークにおける確率的な最短経路問題の解として記述されるが,その厳密な求解は困難である.そこで,以下の二つを組み合わせた近似解法を提案する:(i) 最短経路の持つ特性による解(経路)集合の縮小;(ii) Clark近似による多重積分の解 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 73(1), 85-96, 2017

    J-STAGE 

  • On lower bounds for the complexity of the Frobenius problem and its subproblems (Theoretical Foundations of Computing)

    松原 俊一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(262), 35-37, 2016-10-21

  • A Class Lesson considering Forecast, Experiment and Observation : Through Class Analysis of the Third Grade Session "Pythagorean Theorem, Shortest Path Problem"  [in Japanese]

    Mizota Takaaki

    佐賀大学教育実践研究 The journal of studies on educational practices : a bulletin of the Integrated Center for Educational Research and Development, Faculty of Culture and Education, Saga University (33), 461-470, 2016

    IR 

  • Combinatorial Structure of the Rationalizability Test  [in Japanese]

    塩澤 康平

    本稿では, 消費データの合理化可能性問題の背後に存在するネットワーク構造やグラフ構造を取り扱う。これにより問題の構造が明確になり, 合理化可能性を検証するための効率的なアルゴリズムを得ることができる。また, データがどの程度効用最大化問題に当てはまるかを測る指数の計算が, NP困難と呼ばれるクラスの最適化問題に属することが示される。そして, 新しい基準として上述のネットワーク構造に照らして自然で, …

    三田学会雑誌 108(3), 537-557, 2015-10

    IR 

  • Simple congestion simulation scheme for large area damaged network based upon multiple link-cost definition  [in Japanese]

    KOYAMA Shinsuke , HASHIMOTO Masashi , SAKANO Toshikazu

    … 本論文は,ネットワークインフラ損壊時のトラフィックの流れ方を,ネットワークモデルに平常時と異なるリンクコストを設定し,そのコスト下での最短経路問題として求める方法を提案する.発災時には,(1)被災地を発点・終点としないトラフィックは損壊ネットワークを経由しない,(2)被災地にかかわるトラフィックは被災地内では最短ホップの経路を使用する,こととした.災害範囲はリンクコストの設定箇所で定義可する. …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(518), 1-4, 2015-03-18

  • 重みつき障害物を含む平面上での最短経路アルゴリズム  [in Japanese]

    早川 裕真 , 浅野 哲夫

    … 近年では社会の複雑化に伴って,より巨大なグラフに対する最短経路問題の解決が求められるようになってきている.しかし,巨大なグラフに対する最短経路問題を実際に計算機上で解くためには,グラフの大きさに比例した多くのメモリが必要になる.本研究では,平面上の最短経路問題を解く実用的でメモリ効率の良いアルゴリズムの開発を行う.また,現場では障害物をある対価を払 …

    IPSJ SIG Notes 2015-AL-152(8), 1-8, 2015-02-24

  • ジャグリングにおける最適演技順序決定  [in Japanese]

    佐藤 優介 , 高橋 里司

    パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集 9, 3p, 2014-12-06

  • Parallelization of Shortest Path Search on Various Platforms and Its Evaluation  [in Japanese]

    KUREBAYASHI Shuto , TAKAMAEDA-YAMAZAKI Shinya , YAO Jun , NAKASHIMA Yasuhiko

    近年需要が高まっているグラフ処理は,不規則な制御フローやメモリアクセスパターンを持つため,従来の画像処理などのアプリケーションと比較して,並列化による高速化が困難である.本稿では,代表的なグラフ処理の最短経路探索を取り上げ,マルチコアCPU,GPU,リコンフィギャラブルアクセラレータといった様々なプラットホーム上に最短経路探索アルゴリズムのダイクストラ法を実装しその性能を評価することにより,グラフ …

    IEICE technical report. Computer systems 114(330), 13-18, 2014-11-26

  • Evaluating availability and Solving Shortest Path Problems by Adaptable Independent-minded Particle Swarm Optimization  [in Japanese]

    ISHII Yoko , MATSUSHITA Haruna

    最短経路探索問題(SPP)は、グラフ理論において最も基本的な問題である。以前、従来法である粒子群最適化法(PSO)を使用したSPP解法を基にし、自立心を持つ粒子群最適化(AIPSO)の複雑ネットワークのSPPへ適用した。本研究では、AIPSOの複雑なSPPへの有効性について詳しく調査する。

    IEICE technical report. Nonlinear problems 114(250), 95-98, 2014-10-16

Page Top