Search Results 1-5 of 5

  • FLUCTUATION OF PARTICULATE ORGANIC MATTER IN MOUNTAINOUS RIVER WITH DIFFERENT FOREST TYPE  [in Japanese]

    鈴木 準平 , 今村 正裕 , 中野 大助 , 山本 亮介 , 松梨 史郎 , 池田 英史 , 石井 孝

    地球環境研究論文集 = Global environment engineering research : 地球環境シンポジウム 25, 323-330, 2017

  • FLUCTUATION OF PARTICULATE ORGANIC MATTER IN MOUNTAINOUS RIVER WITH DIFFERENT FOREST TYPE  [in Japanese]

    SUZUKI Jumpei , IMAMURA Masahiro , NAKANO Daisuke , YAMAMOTO Ryosuke , MATSUNASHI Shiro , IKEDA Hideshi , ISHI Takashi

    群馬県北部に位置する林相が異なる2つの山地渓流を対象とし,粒状有機炭素(FPOC)および粒状有機窒素(FPON)について長期的に採取した.FPOCおよびFPONの濃度と流量の積から求めた輸送量(L<sub>CQ</sub>)とLQ式から求めた輸送量(L<sub>LQ</sub>)の調査期間の累積値を比較した結果,どちらの流域においても,12%~20% …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 73(5), I_323-I_330, 2017

    J-STAGE 

  • EVALUATION OF SEDIMENT, NUTRIENT AND ORGANIC MATTER TRANSPORT FROM A WIDE RANGE OF LAND TO COASTAL OCEAN  [in Japanese]

    SUGIMURA Ayumu , TAKEDA Akira , NIHEI Yasuo , OHTSUKI Kazuaki

    … ある.本研究では,陸から海への土砂・栄養塩・有機物供給量を広範囲にわたり推定可能な簡易手法を確立すると共に,東北・関東地方太平洋沿岸への物質供給量を推定することを目的とする.栄養塩・有機物輸送量の算定法に関しては,著者ら独自の出水時水質データベースと無次元<i>L-Q</i>式を組み合わせた手法であり,様々な実測値との比較より,本手法の有効性が示された.また,東北・関東地方太平 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1423-I_1428, 2015

    J-STAGE 

  • Spatial Changes in Mesozooplankton Community Structure in the North Pacific : Analyses by Optical Plankton Counter  [in Japanese]

    Shiota Tomoya , Abe Yoshiyuki , Saito Rui , Matsuno Kohei , Yamaguchi Atsushi , Imai Ichiro

    … 海洋生態系において,動物プランクトンのサイズ毎の現存量を把握することは,動物プランクトンのサイズ組成が,魚類仔稚魚の餌選択性,成長および生残に影響を与えること,また鉛直的な有機物輸送量を決定することから,水産学および海洋学いずれの視点においても重要である。 …

    北海道大学水産科学研究彙報 63(3), 13-22, 2013-12

    IR  JASI 

  • Organic matter transport in river around dam  [in Japanese]

    FUJINO TAKESHI , TAKAHASHI YOICHI

    … 本研究では、ダム上下流の有機物輸送量とその性質について比較を行い、洪水の影響についても考察する。 …

    Proceeding of Annual Conference 20(0), 70-70, 2007

    J-STAGE 

Page Top