Search Results 1-20 of 1678

  • Postharvest Physiology and Storage Quality of Japanese Pear 'Keisui' Treated with 1-methylcyclopropene  [in Japanese]

    坂本 宏平 , 加川 敬祐 , 中村 宣貴 , 梶山 康平 , 石井 貴

    茨城県農業総合センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Agricultural Center (3), 22-31, 2021-03

  • Effect of branch age and density of lateral branch on yield and fruit quality in Japanese Pear 'Keisui'  [in Japanese]

    加川 敬祐 , 市毛 秀則 , 寺門 巌 , 清水 明

    茨城県農業総合センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Agricultural Center (3), 15-21, 2021-03

  • Adaptability of Late Maturing Citrus Cultivar, 'Asuki' in Fukuoka Prefecture  [in Japanese]

    谷川 宏行 , 藤島 宏之 , 豊福 ユカリ , 桒原 実 , 松本 和紀

    福岡県農林業総合試験場研究報告 = Bulletin of the Fukuoka Agriculture and Forestry Research Center (7), 34-39, 2021-03

  • The Applicability of Intentional Alternate Bearing Method in Mango 'Aiko'  [in Japanese]

    Shimizu Kosuke , Tatsumi Kentaro , Utsunomiya Naoki , Kanzaki Shinya , Itoh Kimihisa , Shigeoka Shigeru

    … 率に関し,両交互結実処理区ではせん定時間が短縮され省力化が可能であることが示唆された.一方,<i>MiFT</i>遺伝子の発現量は '愛紅' の隔年結果性と関連があることが示され,開花数の予測に利用可能であることが示唆された.マンゴー '愛紅' において,隔年交互結実栽培は慣行法と同程度の果実品質と収量を維持しながら,生産量の変動制御と省力化を可能にする有効な方法であると考えられた.</p> …

    Horticultural Research (Japan) 20(1), 87-94, 2021

    J-STAGE 

  • Anthocyanin Pigments and Quality of the Deep Red Strawberry Cultivar 'Shinku-no-misuzu'  [in Japanese]

    Mizuno Shinji , Narukawa Noboru , Uto-Kondo Harumi , Kamiyoshihara Yusuke , Tateishi Akira , Kubota Satoshi , Shinmachi Fumie , Watanabe Keiichi

    <p>アントシアニン色素を多く含み,果実が濃赤色を呈する促成栽培用イチゴ品種 '真紅の美鈴' を育成した.神奈川県における試験栽培において,本品種は 'とちおとめ' より花芽分化がやや遅く,定植適期は9月20日頃以降であると考えられた.果実の硬度は 'とちおとめ' 並みに高く,糖酸比は20を超え,還元糖のグルコースとフルクトースを比較的多く含んでいた.果実のアントシアニン色素の含量は新 …

    Horticultural Research (Japan) 20(1), 109-115, 2021

    J-STAGE 

  • Application of lateral shoot grape cultivation in some Vitis vinifera grapevines  [in Japanese]

    岸本 宗和 , 山本 哲楠

    日本醸造協会誌 115(11), 661-668, 2020-11

  • New Japanese pear cultivar'Hatsumaru'  [in Japanese]

    齋藤 寿広 , 澤村 豊 , 髙田 教臣 , 壽 和夫 , 西尾 聡悟 , 寺井 理治 , 平林 利郎 , 佐藤 明彦 , 正田 守幸 , 阿部 和幸 , 加藤 秀憲 , 西端 豊英 , 佐藤 義彦 , 樫村 芳記 , 尾上 典之 , 鈴木 勝征 , 内田 誠 , 木原 武士

    … 要産地の大部分の地域で,ニホンナシ果実の需要が高まる旧盆前の収穫が可能である.黒斑病抵抗性で,黒星病にはり病性である.果実は円~扁円形を呈し,大きさは300g程度で'筑水','幸水'より小さい.果実品質について,果肉は軟らかくち密であり,硬度は4.1ポンドで対照品種より軟らかく,糖度は12.4%で対照品種より低く,pHは5.1程度で'幸水'より低いが酸味はほとんど感じない.果実の日持ち性は5日程度で'幸水' …

    農研機構研究報告 = Journal of the NARO research and development (4), 41-49, 2020-07

    IR  DOI 

  • Effects of Rice Husk Charcoal on the Growth and Yield of Noneverbearing Inbread Line Strawberry "SUS-1"  [in Japanese]

    樋川 瑠美 , 太田 岳志 , 野田 泰良 , 畑 亮太郎 , 平嶋 千寛 , 春日 重光

    固形培地として'ヤシ殻'と'モミ殻燻炭'培地を用い、信州大学農学部栽培学研究室で選抜・育成した一季成り性イチゴ系統「SUS‒1」の栽培試験を行った。生育調査および収量調査を行ったところ、モミ殻区は1株当たりの葉面積が高く果房数が多かったため、果実生産性が高まり、収穫果実数、収穫果実重および1果実重が高くなった。また、モミ殻区は6g未満果実数、奇形果実数およびうどんこ病発生果実数が少なかったため、収 …

    信州大学農学部AFC報告 (18), 1-11, 2020-03-31

    IR 

  • Creation of Color Chart to Support Harvest of Suitably Ripe Fruit of Loquat 'Natsutayori' in the Setouchi Region  [in Japanese]

    山田 英尚 , 伊賀 悠人

    香川県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Kagawa Prefecture Agricultural Experiment Station (71), 21-28, 2020-03

  • Breeding the New Chestnuts Cultivar 「Ena Hougetsu」 and its Characteristics  [in Japanese]

    神尾 真司 , 宮本 善秋 , 磯村 秀昭

    果実品質は、比重が「丹沢」、「筑波」に比べ高く、蒸し栗の肉質が粉質で、果肉色が黄色く、甘み、香りが優れ「栗きんとん」の加工に最適である。 …

    岐阜県中山間農業研究所研究報告 = Bulletin of the Gifu Prefectural Research Institute of Agricultural Technology in Hilly and Mountainous Areas (15), 27-32, 2020-03

    JASI 

  • The Local Adaptability Test of New Peach Cultivar 「Hida Otome」 in Gifu Prefecture  [in Japanese]

    宮本 善秋 , 水野 文敬

    … しかし、育成地の飛騨地域以外での収穫期や果実品質などは不明なため、今後県内に広く普及させるうえでは、事前に県内各地域における適応性を評価する必要がある。 … このため、県内の岐阜地域、中濃地域および東濃地域に「飛騨おとめ」の現地試験ほ場を設置し、若木期の生育、収量および果実品質を調査した。 …

    岐阜県中山間農業研究所研究報告 = Bulletin of the Gifu Prefectural Research Institute of Agricultural Technology in Hilly and Mountainous Areas (15), 14-19, 2020-03

    JASI 

  • Solid Fertilizer Application in Citrus Fields with an Unmanned Industrial Helicopter  [in Japanese]

    影山 智津子 , 江本 勇治 , 増井 伸一 , 土田 祐大 , 中山 博典 , 河島 和幸

    … 無人ヘリによる肥料散布後の1年目の土壌化学性,カンキツ樹の葉中無機成分及び果実品質は,同じ肥料を手散布した場合,慣行肥料を散布した場合と大きな違いはなかった。 …

    静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry (13), 51-58, 2020-03

    JASI 

  • Cart and Rack Development with a Blue LED Irradiation Source for Citrus Fruit Storage and the Effects on the Decay of Satsuma Mandarin 'Jutarou unshu' Fruit Treated with GP  [in Japanese]

    山家 一哲 , 吉川 公規

    … 以上より,GP剤散布と青色LED貯蔵は,腐敗果発生と浮皮を軽減することが示唆され,他の果実品質や庫内温度に影響を与えないことから,考案したカートラックが現地で活用できると考えられた。 …

    静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry (13), 43-49, 2020-03

    JASI 

  • Effects of Enzyme Peeling on the Peeling Properties and Fruit Quality of 'Yotsumizo' Persimmon  [in Japanese]

    山口 和希 , 村上 覚 , 橋本 望 , 鈴木 麻友 , 荒木 勇二

    … 酵素剥皮の実用化に向け,静岡県特産のカキ'四ツ溝を用いて,剥皮に適した熟度,酵素剥皮の作業性,酵素剥皮が果実品質に及ぼす影響を調査した。 …

    静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry (13), 37-41, 2020-03

    JASI 

  • Effect of syrup impregnation conditions before drying on the fruit quality of semi-dried cherries  [in Japanese]

    勝見 直行 , 中西 政則

    オウトウの加工利用の一つとして乾燥果実があるが,生果実をそのまま日持ちする程度まで乾燥した場合,食感は硬く,乾燥に伴い果実が潰れて扁平状になり,オウトウらしさが失われてしまうことが問題となる。その対策として,シラップで果実を煮詰めてから乾燥するセミドライ様の乾燥品を目指す考え方がある。そこで,オウトウセミドライ果実の品質調整技術の開発を目的に,乾燥前処理としてシラップに一定期間含浸した果実をセミド …

    山形県農業研究報告 (12), 19-29, 2020-03

    JASI 

  • Characteristics of the quality abnormal fruit on blood orange 'Tarocco' in Ehime prefecture  [in Japanese]

    伊藤 史朗 , 大内 優一郎 , 越智 洋之

    ブラッドオレンジ'タロッコ'において砂じょうに果汁が蓄積されない粒化症果が発生した。この果実の市場流出を防止するため品質12項目を調査し,その特徴を検討した。その結果,正常果と粒化症果の間には色調,果形指数および糖度など10項目において明らかな違いがみられた。なかでも果肉歩合,変形量,硬度,果皮厚および比重の5項目については目視で評価した粒化症程度との相関が高かった。これらの知見は非破壊計測の技術 …

    愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部研究報告 = Bulletin of the Ehime Research Institute of Agriculture, Forestry and Fisheries, Department of Planning and Environment, Department of Agricultural Research (12), 9-14,73, 2020-03

    JASI 

  • The Native Fukuoka Shima Sarunashi (Actinidia rufa) Is Exploitable for Kiwifruit Rootstock  [in Japanese]

    四宮 亮 , 村本 晃司 , 松本 和紀 , 奥村 麗

    … また,台木の違いが「ヘイワード」の樹体生育と果実品質に及ぼす影響はほとんどみられなかったが,結実3年目から5年目の単位樹冠面積当たりの累積収量は,シマサルナシ台樹で慣行台樹より多い傾向であった。 …

    福岡県農林業総合試験場研究報告 = Bulletin of the Fukuoka Agriculture and Forestry Research Center (6), 93-98, 2020-03

    JASI 

  • Effects of Storage Temperature and Ethylene Sensitivity on Quality of Peaches in Mixed Transportation  [in Japanese]

    大庭 千佳 , 佐藤 辰哉 , 塚﨑 守啓 , 馬場 紀子

    シンガポールへの海上コンテナによるモモの輸出を目的として福岡県の主要品種である「日川白鳳」と「あかつき」の貯蔵温度の違いによる低温障害やエチレン発生速度等への影響およびエチレン感受性について調査した。調査は10,5,0℃に設定した恒温室での貯蔵試験(20日間)と,その後20℃で店頭販売を想定した恒温室での棚もち試験を行った。10℃で20日間貯蔵した場合,両品種とも貯蔵開始前よりも果肉硬度が低くなり …

    福岡県農林業総合試験場研究報告 = Bulletin of the Fukuoka Agriculture and Forestry Research Center (6), 80-86, 2020-03

    JASI 

  • A New Japanese Pear Cultivar 'Gyokusui'  [in Japanese]

    瀨戸山 安由美 , 渡邉 辰彦 , 石坂 晃 , 池上 秀利 , 粟村 光男 , 千々和 浩幸 , 桒原 実 , 松本 和紀 , 藤島 宏之 , 牛島 孝策 , 古澤 典子

    果実品質については,果皮色は赤褐色であり,果実の形は円形である。 …

    福岡県農林業総合試験場研究報告 = Bulletin of the Fukuoka Agriculture and Forestry Research Center (6), 54-59, 2020-03

    JASI 

  • リンゴ「ぐんま名月」のがくあ部の裂果に収穫時期が及ぼす影響  [in Japanese]

    荒木 智哉 , 田子 瑞穂 , 後藤 和彦

    … 一方、「ぐんま名月」は、果皮が黄色であるため収穫適期の判断が難しいことから、群馬県農業技術センターは果皮色で収穫適期を判定できる「ぐんま名月収穫適期判定用カラーチャート」を作成し、食味や糖度の観点より「地色6」が収穫適期であることを明らかにし、果実品質の高位平準化を進めてきた。 …

    群馬県農業技術センター研究報告 (17), 35-37, 2020-03

    JASI 

Page Top