Search Results 1-20 of 4409

  • Verification of the effect of exercise program on care prevention in kuji cityーSecond reportー  [in Japanese]

    嶋崎 綾乃 , 渡邉 陵由 , 高嶋 渉 , 吉田 稔 , 工藤 祐太郎 , 米内 松司

    … 運動能力においては最大歩行速度に平成26年と28年の間に有意な差が認められた。 … 最大歩行速度と運動能力の関連性は立ち上がり速度および開眼片足立ちの間に相関が認められた。 …

    八戸学院大学紀要 (58), 97-104, 2019-03-29

    IR

  • Inter-group Differences in Gait EMG among Young Males, Young Females, Aged Males and Aged Females

    HAYASHI Jumpei , KATO Tatsuo , NISHIJIMA Yoshinori

    … それらのストライド長,ストライド/身長および歩行速度には有意な群間差を認めなかったが,大腿直筋の波形パターンに定性的な群間差を認めた。 …

    大阪教育大学紀要. 総合教育科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University 67, 153-166, 2019-02

    IR

  • Intervention effects of rooms shoes with a toe-holding bar for the elderly aged 75 years or older living in a facility  [in Japanese]

    Sakamoto Masashi , Murata Shin , Nakano Hideki , Matsuo Dai , Kawaguchi Michio , Abiko Teppei

    … 一般的なルームシューズで生活してもらったベースライン期間と比較し,介入後には歩行率の有意な向上と立脚期時間の短縮が認められ,歩行速度が有意に高まった。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(1), 39-43, 2019

    J-STAGE

  • Relationship between body sway and walking parameters in preschool children  [in Japanese]

    Murata Shin , Kamijo Kenji , Abiko Teppei , Nakano Hideki , Mitsumaru Nozomi , Kubo Atsuko , Hachiya Mizuki , Kogo Haruki , Nonaka Koji , Matsuo Dai

    … 積は,ともに通常歩行時の歩行率(総軌跡長r=-0.421,外周面積r=-0.347),立脚時間(それぞれr=0.474,0.426),両脚支持時間(それぞれr=0.398,0.346)の3項目と有意な相関が認められ,最速歩行時の歩行速度(それぞれr=-0.469,-0.382),歩行率(それぞれr=-0.388,-0.351),立脚時間(それぞれr =0.489,0.569),両脚支持時間(それぞれr=0.556,0.653)の4項目と有意な相関が認められた。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(1), 7-11, 2019

    J-STAGE

  • Effects of active learning on health literacy and behavior in older adults: a randomized controlled trial:–Secondary publication in Japanese language of an original English article published in the Journal of the American Geriatrics Society  [in Japanese]

    Uemura Kazuki , Yamada Minoru , Okamoto Hiroshi

    … Go test,歩行速度,平均歩数,身体活動レベル,食品摂取多様性得点について,対照群に比較して介入群で改善していた。 … </p><p><b>結論</b>:アクティブ・ラーニングを用いた健康教育介入によって,高齢者の包括的ヘルスリテラシー,言語流暢性,記憶,歩行速度,バランス能力,身体活動,食品摂取多様性に改善効果が得られることが示唆された。 …

    Research in Exercise Epidemiology 21(1), 56-67, 2019

    J-STAGE

  • Effects on physical performance and cognitive functioning of community-dwelling older adults following an exercise program with humanoid robots: A preliminary trial  [in Japanese]

    TANIGUCHI Yu , ISHII Chie , KAYANUMA Yumiko

    … 運動実施群において運動プログラムの実施前後で有意な向上がみられた調査項目は,最大歩行速度(対応のある<i>t</i>検定:<i>P</i><0.001)およびMini Mental State Examination(MMSE)得点(<i>P</i>=0.016)であった。 …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 66(5), 267-273, 2019

    J-STAGE

  • Tsunami Evacuation Behavior and Identification of Dameged Areas by Agents  [in Japanese]

    KAWAI Yasuo , KAIZU Yurie

    … ,避難場所の配置に関する現状の課題を明らかにする.エージェントは3種類の歩行速度と被災条件,2種類の避難行動パターンを用意し,その数や比率を自由に可変できるものとした.シミュレーションの結果,海から離れた内陸部においても,被災者が集中する箇所がいくつか存在することが判明した.また,歩行速度の遅い児童や高齢者エージェントの被災率が高くなることが明らかとなった.& …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 4Rin134-4Rin134, 2019

    J-STAGE

  • 20190531  [in Japanese]

    古川 正和 , 三浦 和知 , 津田 英一 , 石橋 恭之

    … 治療前後の評価として、(1)10m 歩行テスト: 歩行速度、歩幅、歩行率、両下肢筋活動(中殿筋、外側広筋、大腿二頭筋、前腔骨筋)、股関節と膝関節の伸展•屈曲角度、および(2)2分間歩行テスト:歩行距離と2 分間歩行前後の修正 Borg scale を測定した。 …

    Hirosaki Medical Journal 69(1-4), 209, 2019

    IR J-STAGE

  • Use of Lower Extremity Orthosis in Physical Therapy after Stroke Based on Evidence  [in Japanese]

    Masuda Tomoko

    … <p>現在,脳卒中者の歩行再獲得に向けた理学療法においては,短下肢装具と長下肢装具の両者が,装着による即時効果に加えて継続的使用による治療効果をも期待して使用されている.短下肢装具には歩行速度の向上などの効果が確認されているが,歩行相や関節運動によって運動学的影響の有無が異なり,適応を検討して用いる必要がある.長下肢装具についてはエビデンスがないものの,歩行未自立者のトレー …

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 56(4), 277-281, 2019

    J-STAGE

  • Motion and Speed of the Frail Elderly During Evacuation Process  [in Japanese]

    森下 朔 , 水口 竜一 , 金井 純子 , 馬場 俊孝

    … そこで,本研究では要介護者の避難訓練の様子を撮影し,歩行速度をはじめとする避難行動速度を詳細に調査した。 …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 37(4), 397-406, 2019

    J-STAGE

  • Clinical classification of fall risk using visually obtained information at a memory clinic  [in Japanese]

    Ohshima Hiroko , Sakurai Takashi , Toba Kenji , Takeuchi Sayaka , Miyake Ai , Fujisaki Akari , Okubo Naoki , Mimura Emi , Hisada Mami , Mizuno Nobue , Iguchi Rieko

    … <b>結果:</b>転倒危険度判断は,転倒リスク評価であるFall Risk Index,Up and Goテスト,開眼片脚立ち試験,足首角度計と有意な相関を示した.危険度判定3群との比較では,転倒危険度が高いと判断されるほど,有意にJ-CHS基準のフレイル判定率が高かった.<b>結論:</b>看護師の視覚情報による転倒危険度の判断は筋力,歩行速度,バランスなど転倒危険要素を総合的に判断していると示唆される.</p> …

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 56(2), 164-170, 2019

    J-STAGE

  • 20190516  [in Japanese]

    田中 寿人 , 秋山 菜奈絵 , 笠原 貴紀 , 浅見 豊子

    … 治療として,BEARを用いた短期集中リハビリテーション治療の効果ついて検討することである.【対象と方法】対象は2017年2月~12月に運動器不安定症と診断された14例である.方法は,対象をBEARプログラムのBEAR群7例(平均年齢86歳)と通常バランスプログラムのコントロール群7例(平均年齢86歳)の2群に分け,各々2週間の集中リハビリテーション治療を行い比較検討した.評価には,快適歩行速度(m/分),Timed Up …

    Orthopedics & Traumatology 68(2), 305-309, 2019

    J-STAGE

  • 3D Lower Limb Orthotic Therapy for Hemiplegic Stroke Patients Using an Adjustable Plastic Knee Ankle Foot Orthotic Device  [in Japanese]

    KOBAYASHI Taku , MOROTOMI Nobuo

    … 長下肢装具と補高ツールを用いて,評価・治療を実施した.〔結果〕回復早期の症例においては,10 m歩行時間が40秒から7秒まで改善し,16週で屋外歩行自立に至った.一方,生活期の症例においては,10 m歩行速度を維持したまま,10週で立脚時の膝関節角度が伸展–25°から0°まで改善した.〔結語〕調節式プラスチック型長下肢装具を用いた3D下肢装具療法は,より適切な装具選択を行う一つの手段となり得る.</p& …

    Rigakuryoho Kagaku 34(2), 271-274, 2019

    J-STAGE

  • Correlation between Physical Activity and Usual Gait Speed in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis  [in Japanese]

    TAKAHASHI Yusuke , HIRABAYASHI Ryosuke , WAKATA Kyosuke , IWATA Kentarou , NAGATA Kazuma , TOMII Keisuke

    … <p>【目的】特発性肺線維症患者の身体活動量を評価し,通常歩行速度との関連性を検討する。 … 身体活動量は1 軸加速度計を用いて歩数を測定し,通常歩行速度は4 m 歩行速度で求めた。 … 身体活動量と各種項目にSpearman の相関分析が用いられ,重回帰分析にて身体活動量に与える4 m 歩行速度の関連性を調査した。 …

    Physical Therapy Japan 46(2), 83-89, 2019

    J-STAGE

  • Association of Bio-impedance Phase Angle and Physical Activity Level in Older Adults  [in Japanese]

    UEMURA Kazuki , YAMADA Minoru , SAHO Kenshi , OKAMOTO Hiroshi

    … その他,握力,歩行速度を評価した。 …

    Physical Therapy Japan, 2019

    J-STAGE

  • Physical Characteristics of Elderly Persons with Favorable and Poor Walking Speed Adjustments  [in Japanese]

    Shiraiwa Kayoko , Murata Shin , Abiko Teppei , Koji Hideki Nakano Nonaka , Nakano Hideki , Iwase Hiroaki , Naito Koichi , Horie Jun

    … <p>高齢者の歩行速度調整能力を検討するために,歩行速度を「普通歩行」,「やや速歩き」,「最速歩行」の3段階で実施し,主観的判断による速度変化と身体機能,注意機能,認知機能との関係性について検討した。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 8(4), 169-173, 2019

    J-STAGE

  • A case of spinal and bulbar muscular atrophy with improved walking ability following gait training using the hybrid assistive limb (HAL)  [in Japanese]

    Mizui Daisuke , Nakai Yoshiyuki , Okada Hiroaki , Kanai Masahiro , Yamaguchi Keiji

    … SBMA)と診断され,2017年よりhybrid assistive limb(HAL)医療用下肢タイプを使用した治療を開始した.2クール施行したところ,治療前後で2分間歩行距離,歩行速度,Timed Up & …

    Rinsho Shinkeigaku 59(3), 157-159, 2019

    J-STAGE

  • A Basic Study on Pedestrian Behavior in the Area such as Tourist Destination  [in Japanese]

    YOSHIDA Jundo , NAKANISHI Kenya , TOYOBE Masayoshi , IWASAKI Masahisa , WATANABE Hidetoshi , HIGANO Shigeru

    … そこで本研究においては歩行者の歩行目的に特徴を有する地域において観測を行い、歩行速度、歩行密度等のデータを収集したうえで、交通容量を算出し、「観光」目的の歩行者が多い地域と「通勤」目的の歩行者が多い地域等とを比較した。 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 5(4), A_8-A_17, 2019

    J-STAGE

  • Cross-sectional Study on the Relation between Falling Experiences and the Motor Functions of Comprehensive Program Users for Long-term Care Prevention and Livelihood Support  [in Japanese]

    Nishikura Toshi , Kimura Kazuki , Iga Toshiroh , Hiramatsu Sho

    … おける転倒経験と運動機能の関係を分析し,転倒予防プログラムを作成する際の一助にすることを目的とした.分析対象は</tt>65 <tt>歳以上の総合事業利用者</tt>23 <tt>名とした.運動機能は歩行速度,歩幅,</tt>TUG<tt>,開眼片脚立位時間,</tt>SS-5<tt>,</tt>2 <tt>ステップ値,下腿周囲長,握力,両内果振動覚とした.対象者を転倒経験の有無により</tt>2 <tt>群に分け,比 …

    Journal of allied health sciences 10(1), 48-54, 2019

    J-STAGE

  • Study of Useful Analyzing Items for Gait Evaluation of Ankle Foot Orthosis for Stroke Patients with Knee Extension Thrust in Stance Phase  [in Japanese]

    MURAYAMA Minoru , YAMAMOTO Sumiko

    … 結果から下腿前傾角度の変位量と快適歩行速度、FIMの3項目の間に強い正の相関が見られた。 …

    The Journal of the Japanese Academy of Prosthetists and Orthotists 26(4), 261-266, 2019

    J-STAGE

Page Top