Search Results 1-7 of 7

  • Stream classification at the catchment scale based on presence/absence of vegetation types  [in Japanese]

    丹羽 英之 , 三橋 弘宗

    保全生態学研究 = Japanese journal of conservation ecology 22(2), 257-264, 2017-11

  • Stream classification at the catchment scale based on presence/absence of vegetation types  [in Japanese]

    Niwa Hideyuki , Mituhashi Hiromune

    … 流域スケールの流程区分は、河川環境マネジメントにおいて重要で、近年、保全計画で利用されることが増えている。 … 植生図をつくるより少ない労力で流域スケールの流程区分が得られることから、河川環境マネジメントに有用な方法であり、今後、他の河川で検証する価値のある方法だと言える。 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 22(2), 257-264, 2017

    J-STAGE 

  • 天竜川における総合的な河川環境マネジメント (ICOLD第82回年次例会発表論文(バリ))  [in Japanese]

    喜多村 雄一 , 村上 哲生

    大ダム 57(229), 117-122, 2014-10

  • REGIONAL ANALYSIS ON RIVER ENVIRONMENTAL MANAGEMENT BY RESIDENTS  [in Japanese]

    KAMIYA Daisuke , IKEDA Haruka , AKAMATSU Yoshihisa

    It is important that residents do river environmental management,because reducing governmental burden, minization of the psuchological distance of residents and river and strengthening regional social …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 69(4), I_1705-I_1710, 2013

    IR  J-STAGE 

  • 河川環境マネジメントに資する生態学的流程区分に関する研究  [in Japanese]

    丹羽 英之

    日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 37(2), 330-331, 2011-11-30

    References (2)

  • Appropriate sampling method for high indexability stream classification of vegetation at the catchment scale  [in Japanese]

    Niwa Hideyuki , Mituhashi Hiromune , Morimoto Yukihiro

    群集のもつ複雑な情報を要約できる環境類型区分や生物指標は生態系管理において重要なツールとなる。河川環境の目標設定などにも有用なツールであるが、先行研究の多くで、環境類型区分の適正評価、生物指標の選択基準が客観的かつ定量的でないため、研究事例の比較検証ができず、我が国では実務に応用するに至っていない。モデルに基づくクラスター分析(Model-Based Clustering)と指標指数(IndVal …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 16(1), 17-32, 2011

    J-STAGE  References (76) Cited by (1)

  • Determining ecological indicators and habitat classifications at the catchment scale  [in Japanese]

    Niwa Hideyuki , Mituhashi Hiromune , Morimoto Yukihiro

    統一的かつ定量的な方法で、流域スケールでの環境類型区分と指標種の抽出ができれば、流域全体の環境目標の設定に活用でき、河川環境のマネジメントに貢献できると考えた。兵庫県市川水系における66調査地点の植生と環境要因から、流域スケールの環境類型区分をつくり、それぞれの類型区分ごとに典型性と特殊性の指標群落を抽出した。モデルに基づくクラスター分析とIndVal(指標指数)による方法を組合せ、複数モデル、複 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 14(2), 173-184, 2009

    J-STAGE  References (73) Cited by (3)

Page Top