Search Results 1-20 of 1623

  • Decorative Printing Technique and Multi-modal Artifact Metrics #1  [in Japanese]

    于 圣昆 , 種崎 湧斗 , 藤川 真樹 , 七井 靖

    コンピュータセキュリティシンポジウム2021論文集, 522-529, 2021-10-19

    IPSJ 

  • Composting of unutilized sika deer meat and its evaluation with containerized seedlings of Japanese cedar  [in Japanese]

    SUZUKI Kohei , TAMAKI Ichiro , TANAKA Kazunori , MOTEKI Yasukazu

    … 本研究ではシカ肉:基材(バーク堆肥)=6:4,3:7,1:9の3種類の混合比で堆肥を作成し,適切な混合比と堆肥の成分,スギ実生コンテナ苗の培土として用いた場合の樹高成長への影響を調べた。 … 堆肥作成における適切な混合比は3:7以下であった。 … 混合比3:7はpHが高すぎて培土として利用できなかった。 …

    Chubu Forestry Research (69), 13-16, 2021-05

    IR  DOI 

  • Examination of Real-Time Observation Method of Plastic Fall Distribution to Rase the Recovery Rate of Electrostatic Separation  [in Japanese]

    Kuroda Shinji , Kinugawa Masaru , Miki Shinsuke

    … 静電選別では、摩擦帯電時の周囲の温湿度や印加する電圧の大きさ、投入される原料の混合比率など種々の条件によってプラスチックの帯電状態が変動し、回収率に影響を与える。 …

    Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management 32(0), 233, 2021

    J-STAGE 

  • Recycling Technology of Terephthalic acid derivatives by co-pyrolysis of PET and PVC  [in Japanese]

    Motomiya Takumi , Yoshida Akihiro , Abudula Abuliti , Watanabe Atsushi , Watanabe Chuichi , Kumagai Shogo , Yoshioka Toshiaki

    … PVCの比率はテレフタル酸誘導体の回収率に大きな影響を与え、昇華物のテレフタル酸ベースの収率は、PVC混合比の増加に伴って増加し、PET-PVCが2:1の混合比では92 %に達した。 …

    Proceedings of the Annual Conference of Japan Society of Material Cycles and Waste Management 32(0), 163, 2021

    J-STAGE 

  • Intercomparison of Cloud Properties in DYAMOND Simulations over the Atlantic Ocean

    ROH Woosub , SATOH Masaki , HOHENEGGER Cathy

    … さらに、NICAM (Nonhydrostatic ICosahedral Atmospheric Model)、ICON (Icosahedral Nonhydrostatic)、IFS (Integrated Forecasting System)の雲の鉛直プロファイルの解像度依存性を調べた結果、水平平均した雲氷の混合比は解像度とともに一貫して増加することがわかった。 … このような傾向は、下層雲と雄大積雲の水平平均した雲水の混合比には見られない。 …

    Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II 99(6), 1439-1451, 2021

    J-STAGE 

  • Novel Combination Strategy of Branched-type Amphoteric Polyacrylamides for Paper Strengthening Agent  [in Japanese]

    Kobayashi Makoto

    … この問題を解決するために,イオン性の異なる両性分岐型紙力増強剤2種を抄紙環境の変化に合わせて混合比を調整して使用する,新規混合処方を開発した。 … </p><p>今回開発した新規混合処方は2種の両性PAMを混合することでより大きなPICを形成させることが可能であり,優れた紙力向上効果を発揮するとともに混合比率を変えることで凝集性のコントロールができることを見出した。 …

    JAPAN TAPPI JOURNAL 75(9), 831-834, 2021

    J-STAGE 

  • FLEXURAL BEHAVIOR OF PRECAST REINFORCED CONCRETE MEMBERS WITH CEMENTLESS CONCRETE AND ITS APPLICATION TO SEWER PIPES  [in Japanese]

    HATA Minoru , SUGIMOTO Katsumi , HAYASHI Etsuro , IWASA Yukitoshi , IGAWA Hideki , MIYAZAWA Shingo

    … リカフュームを加えた4種類の産業副産物を用い,アルカリ刺激剤として水酸化カルシウム,収縮低減用に膨張材を添加している.本研究では,蒸気養生を行ったIBPMモルタルの強度発現性に及ぼす構成材料と混合比率の影響を評価した.また,IBPM製ヒューム管の実物大供試体による水理実験を実施した結果,塩化ビニール管と同等の粗度係数が得られた.また,IBPM製RC梁の曲げ載荷実験により,セメントを用いた場合と …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E2 (Materials and Concrete Structures) 77(4), 164-176, 2021

    J-STAGE 

  • Innovation in inhalations: Application to inhalable gene powders  [in Japanese]

    OKAMOTO Hirokazu , OKUDA Tomoyuki

    … LHAの分子量及びLHAと疎水性アミノ酸の混合比を最適化することで、遺伝子発現並びに吸入特性を大きく改善できた。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 48.1(0), S28-1, 2021

    J-STAGE 

  • Hydrodynamic escape of a reduced proto-atmosphere on Earth  [in Japanese]

    Yoshida T. , Kuramoto K.

    <p>近年の宇宙化学的研究により,地球マントル物質の同位体組成は始原的隕⽯の中で最も還元的なエンスタタイトコンドライトに酷似していることが⽰されている.このことは形成期の地球に,⾦属鉄の還元作⽤によってH<sub>2</sub>やCH<sub>4</sub>に富む還元型原始大気が形成されたことを強く⽰唆する.これまで富⽔素原始大気は流体力 …

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 30(2), 52-63, 2021

    J-STAGE 

  • Reproducing Scattering Property of Translucent Objects by Mixing Liquids of Different Optical Properties  [in Japanese]

    FUSHISHITA Shin , KUBO Hiroyuki , FUNATOMI Takuya , MUKAIGAWA Yasuhiro

    … 研究では半透明物体の散乱特性の再現を目的とし,複数の異なる光学特性の液体を物理的に混合することにより対象物の見Y目を再現するレプリカの作成に取り組む.散乱特性と液体の混合比率との関係を計測し,その関係に基づいてモデル化を行うことで, 所望の散乱特性を再現可能な混合比率を求める. …

    ITE Technical Report 41.12(0), 45-48, 2021

    J-STAGE 

  • Performance Analysis of Unlabeled-Unlabeled Classifier Learning Using Class Prior Estimation  [in Japanese]

    MATSUMOTO Mizuki , WASHIO Takashi

    … そこで,本研究では,クラス事前確率を求める手法の1つである混合比率推定(MEP)を用いてラベル無し事例集合のクラス事前確率を推定した後,ERMによりUUC学習する場合の性能を解析した.</p> …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2021(0), 3G1GS2g04-3G1GS2g04, 2021

    J-STAGE 

  • Long–Term Trends and Variations in Surface Humidity and Temperature in the Japanese Archipelago over 100 years from 1880s

    SHIBATA Kiyotaka , SAI Ayano

    … 一方、年平均混合比のトレンドは気温や相対湿度のトレンドとは異なった空間パターンを示し、3つのタイプに分かれていた:有意な正、有意な負、トレンドなし。 … これに対し、年平均混合比のトレンドはEOF-2とほぼ一致していた。 … 1960年から2018年までの近年の期間における混合比と気温のトレンドは1880年代からのより長期間のトレンドと大きく異なっていた。 …

    Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II 99(2), 403-422, 2021

    J-STAGE 

  • 耐騒音性デュアルマイクロホンの混合比の検討  [in Japanese]

    松本 飛竜 , 郡 雅治 , 社本 進也 , 青木 茂明 , 島内 末廣

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 50(6), 363-366, 2020-11-20

  • SnO₂/カーボンナノチューブ同時集積NO₂ガスセンサ特性の混合比依存性  [in Japanese]

    小田 剛士 , 稲葉 優文 , 中野 道彦 , 末廣 純也

    「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] 37, 3p, 2020-10-26

  • 感応膜のTb(Ⅲ)錯体混合比がビール劣化度評価用LB膜センサの特性に及ぼす影響  [in Japanese]

    辨野 和馬 , 内田 秀和 , 長谷川 有貴

    「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] 37, 4p, 2020-10-26

  • Subjective evaluation for mixing ratio of bone-conducted to air-conducted speech in own-voice perception  [in Japanese]

    鳥谷 輝樹 , Birkholz Peter , 鵜木 祐史

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 50(3), 153-158, 2020-06-20

  • ダイズ害虫ツメクサガに対する合成性フェロモン剤の誘引性の評価  [in Japanese]

    小野 亨 , 安田 哲也 , 安居 拓恵 , 横堀 亜弥 , 大江 高穂

    … 初めに,合成性フェロモン剤の持続期間を評価したところ,(Z)-11-hexadecenal (Z11-16:Ald)と(Z)-11-hexadecen-1-ol (Z11-16:OH)の混合物(成分混合比1,000:20)の持続期間は1週間であった。 … また,誘引性に及ぼす成分混合比の影響を検討したところ,発生密度が低い条件下において,最も安定して誘引性を示したZ11-16:AldとZ11-16:OHの成分混合比は,1,000:20であった。 …

    宮城県古川農業試験場研究報告 (15), 41-52, 2020-03

    JASI 

  • Effect of syngas mixing ratio on internal gas engine characteristics  [in Japanese]

    Kishi Naoya , Hoshika Kosuke , Okumura Yukihiko

    <p>Recently, an internal combustion engine that use syngas has been developed with the aim of the promotion of renewable biomass energy. Enhancing the reduction of CO2 emission, a method of mixi …

    The Proceedings of the Thermal Engineering Conference 2020(0), 0111, 2020

    J-STAGE 

  • Evaluation of Conversion Factors for Genetically Modified Maize Quantification  [in Japanese]

    Takabatake Reona , Onishi Mari , Mano Junichi , Kishine Masahiro , Soga Keisuke , Nakamura Kosuke , Kondo Kazunari , Kitta Kazumi

    … <p>安全性審査済み遺伝子組換え(GM)トウモロコシおよびダイズの粉砕試料中の混入率を,重量混合比として算出するためには,内標比が必要である.内標比は,GMダイズに関しては,リアルタイムPCR新機種QuantStudio5, QuantStudio12K Flex, LightCycler 96およびLightCycler 480において,組換え配列と内在性配列のコピー数比を基に既に測定されているが,GMトウモロコシに関しては未対応であった.本研究では,GMトウモロコシの …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 61(6), 235-238, 2020

    J-STAGE 

  • Analysis of sp<sup>2</sup> and sp<sup>3</sup> carbon distribution in sputtered nanocarbon thin films by friction force microscopy  [in Japanese]

    Horinouchi Kimika , Nakamura Shinichiro , Ishikawa Daisuke , Hara Masahiko

    … <p>スパッタナノカーボン電極において,高い電気化学活性と化学的安定性を両立させるためには,sp<sup>2</sup>およびsp<sup>3</sup>カーボンの混合比率や,表面分布を制御する必要があるが,表面分布を得る手法は未だ確立されていない.本研究ではHOPG基板上にsp<sup>3</sup>カーボンを含むカーボン薄膜を形成し,摩擦力測定によってsp<sup>2</sup>およびsp<sup>3</sup>カーボンの表面 …

    Abstract book of Annual Meeting of the Japan Society of Vacuum and Surface Science 2020(0), 244, 2020

    J-STAGE 

Page Top