Search Results 1-20 of 100

  • 1 / 5
  • Peripheral nerve block for pain control in lower leg compartment syndrome after relaxing incision and acute lower limb arterial occlusion  [in Japanese]

    TENNICHI Takashi , TANIGUCHI Takumi

    <p>We report the case of a patient with lower leg compartment syndrome after acute lower limb arterial occlusion who was treated with peripheral nerve block after relaxing incision. A 56-year-ol …

    Journal of Japan Society of Pain Clinicians 27(1), 99-102, 2020

    J-STAGE 

  • CASE REPORTS : Compartment Syndrome Associated with Necrotizing Fasciitis  [in Japanese]

    江崎 英子 , 帆足 俊彦 , 浅原 麻里子 , 岡部 杏慈 , 市山 進 , 船坂 陽子 , 佐伯 秀久

    皮膚科の臨床 61(12), 1909-1912, 2019-11

    Ichushi Web 

  • 足部コンパートメント症候群の一例  [in Japanese]

    福澤 かおり , 野谷 尚樹 , 金﨑 彰三 , 坂本 智則 , 曽根 崇史 , 坂本 照夫 , 津村 弘

    … ,舟状骨,立方骨,第3,4中足骨に骨折を認めた.足部のコンパートメント内圧を測定すると内側,足底いずれも45 mmHg以上であったため,FCSと診断し,同日緊急で減張切開を施行した.術後,腫脹は軽減し色調も改善した.右足の減張切開部は創閉鎖困難であったため受傷後6日目に全層植皮を行った.足部の骨折については転位がわずかであったため植皮生着後ギプス固定として保存的治療を行い骨 …

    Orthopedics & Traumatology 68(4), 708-711, 2019

    J-STAGE 

  • 動脈再建を要した膝複合靭帯損傷の一例  [in Japanese]

    新見 龍士 , 古市 格 , 村田 雅和 , 小河 賢司 , 太田 真悟 , 前原 史朋 , 伊藤 康志

    … ,左下肢痛増悪し当院紹介.左膝は疼痛にて自動運動不能,下腿は緊満感を認めコンパートメント内圧は全区画高値で単純X線では骨傷はなかった.左下腿コンパートメント症候群の診断として当日緊急で減張切開を行った.同日,造影CT・血管造影にて左後脛骨動脈近位部損傷を認めたが,下肢血流が温存されていたため血管外科と相談の上で保存的に観察した.後日MRIではACL,PCL,MCL,LCL損傷を認めた.その後下肢 …

    Orthopedics & Traumatology 67(3), 461-464, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 外傷性の筋皮下断裂により早期診断が困難であった 前腕コンパートメント症候群の1例  [in Japanese]

    富永 冬樹 , 松田 匡弘

    … 屈曲は困難だが,把握時痛や他動伸展時痛はなく,橈骨動脈触知も良好であり経過観察とした.受傷後40時間で右前腕~手部の腫脹・疼痛増悪し,コンパートメント内圧は前腕掌側で90mmHgと高値で,緊急で減張切開と手根管開放術を施行した.浅指屈筋,深指屈筋と長母指屈筋の一部の断裂を認めた.術後半年で,手指や手関節の可動域制限なく,仕事に復帰している.【考察】前腕筋の皮下断裂のため筋肉が弛緩し, …

    Orthopedics & Traumatology 67(1), 113-116, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 長時間仰臥位手術後に発症した右下腿well-leg compartment syndromeの1例  [in Japanese]

    吉村 直人 , 入江 弘基 , 中村 英一 , 水田 博志

    … 装着し,仰臥位で5時間46分の手術であった.麻酔覚醒直後より右下腿の疼痛と腫脹を認め,コンパートメント圧は前方区画58 mmHg,浅後方区画57 mmHgであった.compartment syndromeと診断し,術後6時間経過時点で減張切開術を施行した.術後5週間で植皮なく閉創可能となった.術後2年経過した現在も下垂足が残存し,短下肢装具を使用している.【考察】WLCSのリスク因子として体位(砕石位,トレンデレンブルグ位),長時 …

    Orthopedics & Traumatology 67(2), 234-237, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 診断遅延した非骨折性急性コンパートメント症候群の1例  [in Japanese]

    中山 宗郎 , 宮本 俊之 , 福島 達也 , 田口 憲士 , 森 圭介 , 上木 智博 , 木下 直江 , 尾﨑 誠

    … 精査したところ,長短腓骨筋の腫脹,輝度変化を認め,受傷4日目に感覚障害も出現したために当院紹介となった.当院で外側区画内圧測定したところ109 mmHgと著明な上昇あり,疼痛のコントロールも含めて減張切開を行った.手術所見では長短腓骨腱筋が変色しており,4C徴候から筋壊死と判断し,コンパートメントデブリードマンを行った.術後は深腓骨神経領域に知覚鈍麻,運動障害を認めたが,サッカー部に復帰 …

    Orthopedics & Traumatology 67(2), 231-233, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • CLINICAL STUDY OF TESTICULAR FASCIOTOMY FOR TESTICULAR TORSION  [in Japanese]

    長澤 誠司 , 兼松 明弘 , 新開 康弘 , 嶋谷 公宏 , 橋本 貴彦 , 東郷 容和 , 鈴木 透 , 呉 秀賢 , 野島 道生 , 山本 新吾

    Between November 2011 and November 2014, we performed a tunica albuginea incision with tunica vaginalis flap coverage (TAI+TVFC) on 5 out of 15 patients who underwent surgery for testicular torsion. O …

    泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica 63(11), 455-459, 2017-11

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Escharotomy in burn injury  [in Japanese]

    春成 伸之

    救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 41(10), 1402-1406, 2017-09

    Ichushi Web 

  • The management and treatment of extremity trauma : External fixation and relaxing incision  [in Japanese]

    能勢 道也

    救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 41(10), 1370-1383, 2017-09

    Ichushi Web 

  • 超音波ガイド下腕神経叢ブロックを実施して、救急外来での緊急処置が可能になった2症例  [in Japanese]

    村上 翼 , 山本 祐太郎 , 本多 康人 , 安岡 やよい , 藤本 枝里 , 廣田 誠二 , 原 真也 , 西森 久美子 , 島津 友一 , 山崎 浩史 , 西山 謹吾

    … ,全身麻酔を実施するのが困難であった2症例に対して,ER という手術室外環境で超音波ガイド下腕神経叢ブロック(鎖骨上アプローチ)を行った.1 症例目は,上肢熱傷のコンパートメント症候群に対する減張切開の麻酔として行い,迅速に処置が行われた.2 症例目は上腕骨折の小児に対して,主に除痛目的でブロックを行った.フルストマック状態であったが,ブロックにより全身麻酔に伴う嘔吐・誤嚥のリスクを …

    高知赤十字病院医学雑誌 = Medical Journal of Kochi Red Cross Hospital 21(1), 49-51, 2017-03

    IR  Ichushi Web 

  • A case of fulminant necrotizing eosinophilic myocarditis suffered from treatment.  [in Japanese]

    Koide Yuji , Tanaka Takehiro , Yanai Hiroyuki , Ando Midori , Ogo Keiko , Yamanaka Toshiaki , Nakamura Kazuhumi , Kimura Tomoo , Nakagawa Koji , Miyoshi Toru , Nishii Nobuhiro , Ito Hiroshi , Oozawa Susumu , Kasahara Shingo

    … よびアザチオプリン投与を併用することで好酸球増多は認めなくなり心筋炎は改善した.その後PSL漸減可能となった.第27病日,感染契機に頻脈,血圧低下しPCPS挿入.第29病日PCPS挿入側の右下肢腫脹を認め減張切開施行.第45病日右下肢壊疽に対して右大腿切断術施行.第57病日小腸穿孔による急性汎発性腹膜炎をきたたし緊急手術を施行し小腸切除,ストーマ造設.その後感染コントロールが付いた後にPSLを漸減.PSL5m …

    Shinzo 49(SUPPL.1), S1_159-S1_167, 2017

    J-STAGE 

  • A Case of Acute Compartment Syndrome Leading to Emergency Surgical Decompression  [in Japanese]

    TAKAFUJI Madoka , TAKATA Yoko , KOTOBUKI Yorihisa , TANEMURA Atsushi , ETANI Yuki , TANAKA Hiroyuki , KATAYAMA Ichiro

    A 49-year-old man presented at our hospital due to bulla formation on the left hand. As he had poorly controlled Parkinson's disease, his left hand to his forearm continued to be compressed during his …

    Hifu no kagaku 16(4), 260-265, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 上腕骨顆上骨折後に生じた前腕伸筋群の拘縮に対して筋解離術を行った一例  [in Japanese]

    小杉 健二 , 目貫 邦隆 , 田島 貴文 , 平澤 英幸 , 善家 雄吉 , 酒井 昭典

    … 症例は14歳女性.6歳時に右上腕骨顆上骨折術後に前腕コンパートメント症候群を生じ,術翌日に減張切開術を受けた.その後リハビリテーションを継続したが,右手関節の掌屈制限が残存し,母指から中指のしびれ,手指の伸展制限を認め,当院を紹介された.手術創は肘関節の内外側にあり,前腕伸筋群は過緊張し,手関節自動可動域は肘関節伸展位で掌屈-35°,肘関節屈曲位で掌屈20°とdynamic tenodesis効果を認めた …

    Orthopedics & Traumatology 66(1), 111-114, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • An innovative releasing incision using an upward motion scissors technique  [in Japanese]

    猪子 光晴

    日本歯科医師会雑誌 69(9), 860-869,855, 2016-12

    Ichushi Web 

  • Cellulitis with Compartment Syndrome on the Left Arm  [in Japanese]

    横山 恵美 , 須山 孝雪 , 天方 將人 , 寺木 祐一 , 伊崎 誠一

    皮膚科の臨床 58(12), 1799-1802, 2016-11

    Ichushi Web 

  • The Latest Trends in Refractive Surgery  [in Japanese]

    Igarashi Akihito

    <p>The purpose of refractive surgery is to improve quality of vision for normal eyes. Refractive surgery started with radial keratotomy, in which relaxing incisions are made in the cornea, and s …

    Japanese Journal of Visual Science 37(2), 36-40, 2016

    J-STAGE 

  • Clinical analysis of 34 cases of Mamushi (Gloydius blomhoffii) bites  [in Japanese]

    井上 久仁子 , 谷川 広紀 , 井上 真紀 [他]

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 69(11), 877-881, 2015-10

    Ichushi Web 

  • 1 / 5
Page Top