Search Results 1-20 of 241

  • New development of hyperthermia cancer therapy : From bench to bedside  [in Japanese]

    近藤 隆 , 鈴木 文男 , 水上 達治 , 齋藤 淳一 , 河合 憲康 , 井藤 彰

    放射線生物研究 = Radiation biology research communications : 放射線生物研究会機関誌 55(3), 210-228, 2020-09

  • 腹膜播種の光温熱治療のための熱画像の深層学習を用いた高解像度化に関する研究 (イメージ・メディア・クオリティ)  [in Japanese]

    三瓶 聡太 , 尾原 睦月 , 瀬尾 燦振 , 正宗 賢 , 長橋 宏 , 大谷 淳 , 守本 祐司 , 原田 学

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(454), 103-108, 2020-03-05

  • 腹膜播種の光温熱治療のための熱画像の深層学習を用いた高解像度化に関する研究 (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎)  [in Japanese]

    三瓶 聡太 , 尾原 睦月 , 瀬尾 燦振 , 正宗 賢 , 長橋 宏 , 大谷 淳 , 守本 祐司 , 原田 学

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(457), 103-108, 2020-03-05

  • 骨格筋萎縮の予防を目指した物理的刺激の効果と機序  [in Japanese]

    大野 善隆

    温熱治療機器(ホットパック,マイクロ波治療器など)は,臨床現場で使用頻度が高い物理療法機器であり,血流の増大,疼痛の軽減,軟部組織の伸張性の増大を目的に使用されている。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 47S1(0), G-12-G-12, 2020

    J-STAGE 

  • Fascial Manipulationにラジオ波温熱治療を組み合わせた介入が施行中の疼痛及び筋膜の滑走性に与える影響  [in Japanese]

    千葉 弘樹 , 坂本 雄 , 山崎 真也

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 47S1(0), A-44_2-A-44_2, 2020

    J-STAGE 

  • Site-specific Study on Warming Using Disposable Warmer "Kairo" in Healthy Subjects  [in Japanese]

    SHIMA Yoshihito , WATANABE Akane , INOUE Nobuto , KUNITOMO Eiji , MARUYAMA Tetsuya

    <p>  【目的】「冷え」は正常な体温であるにもかかわらず,手または足が冷えている状態である.疾病の有無に関係なく,高齢者を中心に多くの人がこの「冷え」に悩まされている. 冷えを和らげる方法のひとつに使い捨てカイロで手を温めることがあるが,この方法では手が塞がり日常の作業を妨げる.そこで,カイロで上肢の別の部分を加熱することで,手の冷えを緩和できるかどうかを調査した.</p> …

    The Journal of The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine 83(3), 105-112, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Influence of Changing Cerebral Blood Flow on Temperature Distribution by Opto-thermal Simulation  [in Japanese]

    Suzuki Shiho , Washio Toshikatsu , Kuroda Kagayaki , Matsumae Mitsunori , Arafune Tatsuhiko

    … ーザを用いた光温熱治療は,光学・伝熱学に基づく新しい治療法で,近年臨床でも用いられるようになってきた.生体組織と腫瘍には熱感受性の違いを用いて,正常組織をできるだけ温存する,低侵襲な治療法である.脳腫瘍の治療では,頭蓋骨に小孔を空け,レーザプローブでレーザを印加する.腫瘍組織を42度程度に加温することで,腫瘍細胞を機能的細胞死させる.光温熱治療は,光伝搬・熱 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual58(Abstract), 377-377, 2020

    J-STAGE 

  • Development of Magnetic Field Supply and Wireless Temperature Detection Unit for Hyperthermia  [in Japanese]

    Yamamoto Hirokazu , Mitobe Kazutaka

    … 感温磁性体の温度依存による磁気特性を利用することにより,周囲の磁場の変化を体外に設置するピックアップコイルに生じる誘導起電力の変化として計測することで,非侵襲的に患部の温度検知が可能な温熱治療システムを目指している.しかし,励磁コイルから感温磁性体までの距離が離れるに従って磁束密度が小さくなり,感温磁性体の温度依存に伴う磁束の変化が減少するため,磁束の歪みを高感度に検知可能 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual58(Abstract), 249-249, 2020

    J-STAGE 

  • Examination of High/Low control for automatic constant temperature heating system for hyperthermia  [in Japanese]

    Endo Ayato , Yamamoto Hirokazu , Kato Yuta , Aki Fumitaka , Mitobe Kazutaka

    … <p>近年,癌治療法の1つとして温熱治療(ハイパーサーミア)が注目されている.ハイパーサーミアは,手術療法に比べ低侵襲であり化学療法に比べて副作用が少ないため,癌患者への負担を低減できる利点がある.本研究では,感温磁性体を腫瘍部に注射し,体外から高周波磁場を印加して腫瘍部を誘導加熱することで局所加温するソフトヒーティング法を採用している.我々は,感温磁性体の温度依存の磁気特 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual58(Abstract), 250-250, 2020

    J-STAGE 

  • Resonant Cavity Applicator for Effective Thermal Rehabilitation of Osteoarthritis  [in Japanese]

    SHINDO Yasuhiro , KATO Kazuo , TAKAHASHI Kenji

    The Proceedings of the JSME Conference on Frontiers in Bioengineering 2019.30(0), 1B31, 2019

    J-STAGE 

  • ハイパーサーミア用ワイヤレス温度検知技術のための磁場印加検知ユニットの検討  [in Japanese]

    YAMAMOTO HIROKAZU , TON THAT LOI , 安藝 史崇 , 水戸部 一孝

    … る.我々は,感温磁性体の温度依存による磁気特性を利用し,周囲の磁場の変化を体外に設置するピックアップコイルに生じる誘導起電力の変化として計測することで,非侵襲的に患部の温度検知が可能な温熱治療システムを研究している.しかし,励磁コイルから感温磁性体までの距離が離れるに従って磁束の変化が減少するため,高感度に磁束の歪みを検知可能なピックアップコイルが必要である.そこで本研究で …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual57(Abstract), S30_1-S30_1, 2019

    J-STAGE 

  • がん温熱治療(ハイパーサーミア)の開発 : 泌尿器科医の挑戦  [in Japanese]

    河合 憲康 , 飯田 啓太郎 , 惠谷 俊紀 , 内木 拓 , 安井 孝周

    Pharm stage 18(9), 45-49, 2018-12

  • Hyperthermia Using Magnetic Nanoparticles  [in Japanese]

    大多 哲史 , 竹村 泰司

    まぐね = Magnetics Japan 13(4), 187-192, 2018

  • Investigation of Magnetic Field Supply and Detection Unit for Hyperthermia  [in Japanese]

    Tonthat Loi , Takano Nagisa , Aki Fumitaka , Saito Hajime , Mitobe Kazutaka

    … ある.我々は,感温磁性体の温度依存の磁気特性による周囲磁場の乱れを体外に設置するピックアップコイルに生じる誘導起電力の変化として計測することで,磁性体の到達温度をワイヤレスで検知可能な温熱治療システムを研究している.これまでに,磁場印加用コイルの内側にピックアップコイルを設置する手法により,体表面から深さ4 cmまでの条件で温度変化が検知で可能であった.しかしながら,臨床応用す …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual56(Abstract), S351-S351, 2018

    J-STAGE 

  • 医療トレンド 副作用のないハイパーサーミア(温熱治療)とは  [in Japanese]

    長谷川 武夫

    Schneller = シュネラー : 医療情報誌 (103), 19-25, 2017

    Ichushi Web 

  • Heating Properties of RF Heating Applicator for Hyperthermia Treatments  [in Japanese]

    ISEKI Yuya

    This paper described about heating properties of RF (Radio Frequency) heating applicator for hyperthermia treatments. Hyperthermia is based on clinical fact that malignant tissue is weaker than normal …

    RESEACH REPORTS National Institute of Technology,Hachinohe College 51(0), 65-70, 2017

    J-STAGE 

  • (3) Addenda about Bowen's Disease  [in Japanese]

    MURATA Yozo

    … その応用として,Bowen 病に対する局所温熱治療の有効性について述べる。 …

    Hifu no kagaku 16(5), 298-305, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The higher harmonics of magnetization response for the iron oxide nanoparticles in an alternating magnetic field  [in Japanese]

    Ito T. , Ogasawara J. , Yamamoto Y.

    … <p>癌温熱治療(磁気ハイパーサーミア)や磁性粒子イメージング(MPI)応用に向けて交流磁場下での磁性ナノ粒子の磁気緩和に起因した高調波磁気応答が注目されている。 …

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 72.1(0), 1005-1005, 2017

    J-STAGE 

  • High-Frequency Electromagnetic Analysis with Thirty Billion of Degrees of Freedom  [in Japanese]

    SUGIMOTO Shin-ichiro , TAKEI Amane , OGINO Masao

    … mm 程度の癌を対象とする温熱治療器の効果を検証するための全身人体モデルは数百億自由度になる.本稿では,電磁界問題において数百億自由度の複素対称行列の解析が可能であることを示すため,東京大学情報基盤センターの Oakleaf-FX 全 4,800 ノードを用いた最大 300 億自由度の解析について述べる.共役直交共役残差法の導入により,300 億自由度の簡易温熱治療器モデルの解析を 19 …

    The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2017.30(0), 335, 2017

    J-STAGE 

  • Thermal Therapy as Multidisciplinary Therapy Applied to Rectal Cancer::A New Perspective and Potential Role of This Treatment  [in Japanese]

    SHOJI HISANORI , KUWANO HIROYUKI , JINBO KAZUKI , SUGAWARA KOUJI , SUDA SATOSHI , MOTEGI MASAHIKO , MURATA HIROTO , OGOSHI KYOJI , TAKAHASHI TAKEO , ASAO TAKAYUKI

    … up>およびRO difference<0 Watt/分では,23.1%,92.3%で,一方,GTV≧80 cm<sup>3</sup>およびRO difference≧0 Watt/分では,23.1%,30.8%,GTV≧80 cm<sup>3</sup>およびRO difference<0 Watt/分では,0%,0%であった.温熱治療中の左側腹部,体表皮膚温度変化を検討すると,組織学的効果grade 3が得られた患者は,PDおよび他の転帰を示す患者と比較して,difference RO≧0 Watt/分群では有意に高温度で変化したが(<I>p</I><0.05 …

    Thermal Medicine 33(3), 75-89, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top