検索結果 11387件中 1-20 を表示

  • 十勝岳重力観測網での2機種の相対重力計による測定値の比較

    岡田 和見 , 高橋 浩晃 , 一柳 昌義 , 岡崎 紀俊 , 高木 朗充

    Simultaneous relative gravity measurements using three SCINTREX CG5 and one LaCoste & Romberg G gravimeters were carried out in active Tokachi-dake volcano. No tares were identified in all measure …

    北海道大学地球物理学研究報告 81, 27-32, 2018-03-19

    機関リポジトリ DOI

  • 放牧地における草量変化から被食量を推定するための数式の基礎をなす仮定についての比較解析

    坂上 清一

    … 草本種の成長式として提案された2係数1次関数式(Turchin・Batzli 2001)の場合,保護ケージ併用の草量変化の測定値の他に環境収容力の値が必要であった。 …

    日本草地学会誌 63(4), 199-204, 2018

    J-STAGE

  • 体組成計による筋肉量・脂肪量の測定報告

    原田 脩平 , 佐野 幸子 , 井上 貴裕

    … 測定にはマルチ周波数体組成計MC-780A(タニタ社)を使用し,測定値を年代別,性別に区分して分析した。 …

    理学療法 - 臨床・研究・教育 25(1), 98-102, 2018

    J-STAGE

  • 屋外暴露したパーティクルボードの曲げ強さの解析(第<b>1</b>報)

    高麗 秀昭 , 渡辺 憲 , 正木 隆 , 林 知行

    … 一般化線形モデルで推定された曲げ強さの分散は,測定値のそれと比べて,0および1年目は過大となり,5年目は過小となった。 … それに対して階層モデルは測定値の分散とほぼ同じ分散を推定した。 … さらに,階層モデルは測定値の確率分布とほぼ同じ確率分布を推定した。 …

    木材学会誌 64(2), 72-77, 2018

    J-STAGE

  • 尿中NGAL測定試薬『ARCHITECT urine NGAL assay』の基本性能の評価

    近藤 崇 , 淺沼 康一 , 山田 暁 , 山田 浩司 , 盛合 亮介 , 遠藤 明美 , 升田 好樹 , 髙橋 聡

    … また,測定機器に搭載後,14週目まで測定値は安定していた。 … L(+)-アスコルビン酸,D(+)-グルコース,NaCl,尿素および溶血ヘモグロビンは,測定値に影響を及ぼさなかった。 … 従来法であるELISA法との相関係数はr = 0.990と高く,回帰式もy = 0.855x + 13.025と両法は近似した測定値であった。 …

    医学検査 67(2), 238-242, 2018

    J-STAGE

  • 免疫血清項目におけるハーモナイゼーションの可能性についての検討 第1報

    斎藤 篤 , 岡田 健 , 西浦 明彦 , 岩上 みゆき , 松本 祐之

    … 総平均値を基準としてパネル血清の測定値を回帰分析で評価した結果,PSA,フェリチン,AFPでは各法の測定値に比例系統を認めたが,解離する値は認めなかった。 … しかし,CEAでは各法での測定値が異なり一定の傾向を認めなかった。 …

    医学検査 67(2), 189-195, 2018

    J-STAGE

  • 免疫血清項目におけるハーモナイゼーションの可能性についての検討 第2報

    斎藤 篤 , 木下 敬一郎 , 河野 久 , 岡田 健 , 西浦 明彦 , 岩上 みゆき , 松本 祐之

    … 測定を行った結果,PSAでの測定値のCVは8.6~11.9%となったが乖離する値は認めなかった。 …

    医学検査 67(2), 196-203, 2018

    J-STAGE

  • 尿中細菌が尿中クレアチニンの異常低値の原因となった1症例

    宇納 英幸 , 仁木 裕子 , 山田 依里 , 河村 佳江 , 田中 佳 , 森田 展代 , 飯沼 由嗣

    … <p>尿クレアチニン(Cr)は様々な尿検査測定値の補正や腎機能評価に用いられており,検査の依頼頻度,臨床的有用性の高い検査項目の1つである。 …

    医学検査 67(2), 254-258, 2018

    J-STAGE

  • 液液撹拌槽における最小分散回転数の汎用的推算法

    相田 真男 , 庄野 厚

    … aphics/abst-math21.png"/></p><p>パラメータα, β, γは,放射流型翼(ディスクタービン,湾曲パドル,平パドル)について1.51, 3.61, 0.483,軸流翼(傾斜パドル,プロペラ)について1.31, 4.08, 0.444であった.電気伝導度法の測定値を基準としたパラメータ<i>K</i>は,放射流型翼について1.46,軸流翼について1.84であった.目視法による測定値は,最小分散の判定基準に大きく依存する.</p> …

    化学工学論文集 44(2), 94-98, 2018

    J-STAGE

  • 臨床判断を基盤とした転倒危険性の感じ方は理学療法士経験年数で異なるか?

    松田 徹 , 吉田 晋 , 井上 美幸 , 村永 信吾 , 大嶋 幸一郎 , 川間 健之介

    … 「学生」群32名,臨床経験「1-2年目」群46名,「3-4年目」群34名,「5-9年目」群43名,「10年目以上」群15名.映像を見て,Visual Analogue Scale(VAS)で評価した.本研究上定義した転倒リスク分類との一致率とVAS測定値を臨床経験で比較した.〔結果〕転倒高リスク映像にて,「学生」群よりも「1-2年目」群,「10年目以上」群の一致率が有意に高く,「10年目以上」群で最も高かった.〔結語〕10年以上臨床経験を積むこと …

    理学療法科学 33(1), 69-75, 2018

    J-STAGE

  • 家庭用身体組成計の臨床利用の検討

    貞清 香織 , 佐々木 拓良 , 杉田 裕汰 , 前田 聖也 , 遊佐 彩野 , 渡邉 真奈 , 貞清 秀成 , 石坂 正大 , 久保 晃

    … 体幹筋肉量を測定した.統計解析は,男女別に測定値および算出値を比較し,Pearsonの相関係数を求めた.〔結果〕男性は体重,BMI,全筋肉量,左右脚・体幹筋肉量,除脂肪量,SMI,FFMIに差がみられ,女性は,体重,BMI,体脂肪率,左右脚・体幹筋肉量,脂肪量,FMIにおいて差がみられ,全項目で極めて強い相関がみられた.〔結語〕機器により測定値に違いはあるが臨床で利用可能であると考える …

    理学療法科学 33(1), 151-154, 2018

    J-STAGE

  • シンチレーション検出器を用いた環境中の線量率測定値の結晶形状依存性

    津田 修一 , 谷垣 実 , 吉田 忠義 , 奥村 良 , 斎藤 公明

    <p> Ambient dose equivalent (<i>H</i><sup>*</sup>(10)) rates in the environment in Fukushima prefecture were measured by NaI(Tl) and CsI(Tl) scintillation detectors whose …

    日本原子力学会和文論文誌 17(1), 11-17, 2018

    J-STAGE

  • クールプラズマICP-OESによるRbの高感度分析

    井戸 航洋 , 有賀 智子 , 朱 彦北 , 保倉 明子 , 稲垣 和三

    測定値はそれぞれ(1.77±0.12)mg kg<sup>−1</sup>,(7.30±0.24)mg kg<sup>−1</sup>,と(8.91±0.29)mg kg<sup>−1</sup>であり,それぞれの認証値(1.77±0.07)mg kg<sup>−1</sup>,(7.3±0.3)mg kg<sup>−1</sup>,と(8.93±0.31)mg kg<sup>−1</sup>と一致している.これによって,本法の妥当性を確認できた.また,上記の測定値

    分析化学 67(1), 19-25, 2018

    J-STAGE

  • 血液透析患者における適切な補正カルシウム計算式の検討

    王 麗楊 , 用稲 栄 , 寒川 昌平 , 山田 佐知子 , 桑原 隆

    … AlbはBCP改良法で測定し, 測定値に0.3g/dL加えた値をBCG法の推測値として用いた. …

    日本透析医学会雑誌 51(1), 103-107, 2018

    J-STAGE

  • FDPとDダイマーが偽高値を示した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の1症例

    中澤 美帆 , 徳竹 孝好 , 倉島 祥子 , 大塚 翔平 , 小林 光

    … FDPとD-Dが偽高値となった時期に免疫グロブリン値が上昇していたことや,DTT処理によって測定値の低下が見られたことから,偽高値の原因はIgMが関与しているものと推測された。 … また,Western blotting像からも,希釈測定値が真値に近いと考えられた。 …

    医学検査 67(1), 119-123, 2018

    J-STAGE

  • 化学発光酵素免疫測定法を用いたマトリックスメタロプロテイナーゼ-3試薬の評価

    渡邉 勇気 , 佐藤 伊都子 , 林 伸英 , 三枝 淳

    … 非特異反応を起こしやすいと考えられる検査値異常パネル(336件)を3試薬で測定すると,測定値が乖離した検体が10例認められたが,本試薬では希釈直線性不良のものは認められなかった。 …

    医学検査 67(1), 37-43, 2018

    J-STAGE

  • メカニカルセパレータを用いたヘパリン血漿採血管の性能評価

    鈴木 美穂 , 菊田 まりな , 小笠原 知恵 , 杉山 大輔 , 蜂須賀 靖宏 , 濱口 幸司 , 岡田 元 , 大澤 幸雄

    … 血清と血漿2種の測定値の差は診断・治療に支障のない程度であった。 …

    医学検査 67(1), 29-36, 2018

    J-STAGE

  • 生化学分析装置における血清重炭酸塩(総CO<sub>2</sub>)の測定

    楠木 啓史 , 川上 舞 , 高橋 圭司 , 宮澤 法子 , 藤本 洋平 , 小林 豊子 , 片山 孝文

    … 今回,我々は血清総CO<sub>2</sub>測定について,当院の依頼状況,生化学分析(酵素法)による測定値と血液ガス分析による演算値との差および採血量,採血管開栓状態の総CO<sub>2</sub>値への影響から正しく測定するための注意点を報告する。 … 酵素法による測定値と血液ガス分析による演算値を比較したところ,良好な一致性を示した。 …

    医学検査 67(1), 23-28, 2018

    J-STAGE

  • ファクターオートフィブリノーゲンの基礎性能評価とフィブリノーゲン異常症例における測定値の検討

    永田 和寛 , 新井 慎平 , 向井 早紀 , 竹澤 由夏 , 菅野 光俊 , 本田 孝行 , 奥村 伸生

    <p>フィブリノーゲン濃度は,凝固スクリーニング検査においてトロンビン時間法を用いた活性量として報告されているが,抗体を用いた免疫測定法によりフィブリノーゲン蛋白量(抗原量)の測定が可能である。先天性フィブリノーゲン異常症は,活性量および抗原量の両方が欠損する無フィブリノーゲン血症,活性量および抗原量の両方が低下するフィブリノーゲン低下症,抗原量は存在するものの活性量のみが低下するフィ …

    医学検査 67(1), 7-12, 2018

    J-STAGE

  • 半期の体育授業における体組成及び一体力要素の変化について

    新野 弘美

    … スポーツⅠを履修した女子学生が半期の授業を通して、体組成及び柔軟性の指標となる長座体前屈の測定値の変化を検討することを目的とした。 …

    四條畷学園短期大学紀要 = Annual reports of Shijonawate Gakuen Junior College 50, 98-102, 2017-12-25

    機関リポジトリ

ページトップへ