Search Results 1-20 of 72

  • 1 / 4
  • THE ESTIMATION METHOD FOR GROUNDWATER LEVEL UNDER THE COASTAL DIKE USING OBSERVATION VALUE OF RAIN AND TIDE  [in Japanese]

    FUKUHARA Naoki , KATO Fuminori , NANBU Takuya , IGARASHI Yusuke

    … 海岸堤防下の地下水位に影響を及ぼす因子を検討するとともに,短期間の地下水位観測値と入手が容易な雨量等の観測値を基に簡易に海岸堤防下の地下水位を推定する手法について検討を行った.その結果,地下水位に影響する主因子として天文潮位,潮位偏差及び降雨が示唆され,それらを説明変数として作成した地下水位推定式は,液状化リスクの評価に対して十分な精度を有していることが確認された.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_889-I_894, 2020

    J-STAGE 

  • ANNALYSIS OF SEICH IN THE HAKATA BAY AND THEIR FLOODING RISK ON THE COASTAL LAND AREA  [in Japanese]

    NIIMI Masaki , NAKAGAWA Yasuyuki , IDE Yoshihiko , YAMASHIRO Masaru , HASHIMOTO Noriaki

    … を含む期間における潮位データの解析を通じて,同湾における副振動の発生とそれによる浸水被害の可能性を検討した.その結果,3月20日22時9分に天文潮位よりも最大20cmの水位上昇を記録しており,また潮位偏差の時系列データを対象としたスペクトル解析を通じて,博多湾において副振動が発生していたことを確認した.さらに,博多湾内の感潮河川における水位データについても解析した結果,湾内の副振動を原 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_55-I_60, 2020

    J-STAGE 

  • RETURN PERIOD OF TYPHOON TRACK AND REPRODUCTION OF STORM SURGE FOR HAGIBIS UNDER CLIMATE CHANGE  [in Japanese]

    SHIBUTANI Yoko , MORI Nobuhito , NAKAJO Sota , UMEDA Jinji

    … 2019年10月に東日本を襲った台風19号は令和元年東日本台風と命名されて,主に大雨により甚大な被害をもたらした台風である.高潮にとってもキティ台風に匹敵する潮位偏差が東京湾で記録された.また,気候変動に伴い台風の強度化や経路の変化が予測されていることから,台風19号の経路の再現期間やその将来変化を評価することも重要であるが,高潮などの低頻度事象は観測値が十分ではなくその評価は困難であ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_139-I_144, 2020

    J-STAGE 

  • PSEUDO GLOBAL WARMING EXPERIMENTS ON STORM SURGE IN EASTERN HOKKAIDO INDUCED BY A BOMB CYCLONE  [in Japanese]

    YOSHINO Jun , IWASAKI Daiya , KOBAYASHI Tomonao

    … 化実験の結果,将来気候下(RCP8.5の2080~2099年を想定)の爆弾低気圧はより強化される傾向にあり,特に,気温と海水面温度の両者の上昇により台風のような発達特性を示すことが明らかとなった.また,高潮の進路アンサンブル実験の結果,将来気候下の爆弾低気圧に伴い,根室港における可能最大高潮は,2014年12月の爆弾低気圧による高潮(潮位偏差1.42m)に比べて約1m近く上昇することが明らかとなった.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1081-I_1086, 2020

    J-STAGE 

  • FIELD SURVEY OF DAMAGE DUE TO STORM SURGE AND WAVES IN SHIMIZU AND YAIZU PORTS DURING TYPHOON HAGIBIS  [in Japanese]

    JEON Jonghyeok , TOMITA Takashi , NAKAMURA Tomoaki , HORIIKE Masataka , ICHINO Tomokazu

    … 1.7mであり,清水港における約1mの最大潮位偏差は吸い上げによる高潮の約2倍であった.最高潮位より高いふ頭においても浸水被害が発生しており,高潮だけでなく高潮と高波の重畳により被害が発生したことが判明した.清水港では,防波堤開口部からの直線的な入射ではないが,高潮上の波の作用によりふ頭上の建物の外壁がくの字状に屈曲する被害が発生した.焼津漁港でも高潮・高波による被害が発生した.物 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_983-I_988, 2020

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT OF WAVE OVERTOPPING AND WAVE RUNUP FORECASTING SYSTEM USING DEEP NEURAL NETWORK  [in Japanese]

    IGARASHI Yusuke , JINBO Masanobu , KANEKO Hirofumi , YAGAMI Takuya , TAJIMA Yoshimitsu

    … 測データを一定の精度で再現できる波浪・高潮推算モデルを構築した.次に,この推算モデルによる推算結果を短時間で,かつ高精度に再現できるDNNを構築した.そして,DNNによる出力結果と推算潮位から,IFORMにより越波量・うちあげ高を算定するシステムを構築した.このシステムを用いて,駿河海岸令和元年台風19号に適用し,妥当性を検証した.結果,潮位偏差,波浪,現地の越波の概況を再現できた.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_198-I_203, 2020

    J-STAGE 

  • STORM SURGE PREDICTION WITH ENSEMBLE WEATHER FORECAST  [in Japanese]

    SONODA Ayano , UTSUNOMIYA Yoshihiro , MATSUFUJI Eriko , SUZUKI Takahiro , UCHIDA Youhei , SUZUKI Yoshimitsu , UCHIDA Hiroyuki

    … 潮予報を30分以内に完了させることを目標とし,運用に向けた課題等について検討を行った.その結果,高潮は3分程度で計算できることから,その他の工程を考慮しても目標は実現可能であることがわかった.また,アンサンブル予報を用いることで最大潮位偏差を台風最接近の3日前に予測可能となった.一方で,風場の作成や潮位の再現性については検討の余地があり,今後も改良を続けていく予定である.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_204-I_209, 2020

    J-STAGE 

  • LONG-TERM PROJECTION OF STORM SURGE CHARACTERISTICS IN SUO-NADA SEA USING LARGE ENSEMBLE CLIMATE PROJECTION DATA  [in Japanese]

    IDE Yoshihiko , KORA Takumi , KODAMA Mitsuyoshi , YAMASHIRO Masaru , HASHIMOTO Noriaki

    … 用いた高精度かつ高解像な高潮の数値シミュレーションを実施し,湾内の空間変化まで考慮した高潮特性の長期変化を調べた.その結果,将来的に周防灘湾奥部の1,000年確率高潮偏差は現在の計画堤防高の潮位偏差を大きく超え,将来気候の周防灘では高潮氾濫の危険性が大きく増大することがわかった.また,高潮偏差の将来変化は予測されている海面水温の将来変化パターン間で差があり,その差は気候変動による …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_1091-I_1096, 2020

    J-STAGE 

  • A REVIEW OF MAXIMUM STORM SURGE HEIGHTS IN JAPANESE THREE MAJOR BAYS CONSIDERING CLIMATE CHANGE  [in Japanese]

    MORI Nobuhito , FUKUI Nobuki , SHIMURA Tomoya

    … 大湾を対象とした高潮の最大潮位偏差推定に関する論文をレビューし,各湾毎の最大クラスの高潮を対象に,現在気候と気候変動を考慮した将来気候における最大潮位偏差についてまとめた.これまでの三大湾の高潮の最大潮位偏差についての研究成果のアンサンブル平均を求めた結果,現状の海岸保全施設設計の最大潮位偏差に対して現在気候で同等もし …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(1), 1-6, 2020

    J-STAGE 

  • NUMERICAL SIMULATIONS ON THE INFLUENCE OF THE LONG-TERM FLUCTUATION OF SEA LEVEL DEPARTURE ON SAND WAVES IN THE KANMON WATERWAY  [in Japanese]

    山縣 史朗 , 折敷瀬 翔耶 , 山城 賢 , 中川 康之 , 橋本 典明 , 松延 嘉國 , 井方 弘正

    海洋開発シンポジウム講演集 44, 6p, 2019

  • ASSESSMENT OF THE RISK ON FLOOD AND STORM SURGE WITH FLOOD CONTROL FACILITIES  [in Japanese]

    TANAKA Yukako , KAZAMA So , TADA Tsuyoshi , YAMASHITA Takeshi , KOMORI Daisuke

    … 洪水,高潮それぞれの単独災害ならびに洪水と高潮の複合災害に着目し,被害額の分布を定量的に地図の形に示した.洪水・高潮複合災害の要因を低気圧と仮定し,年最小気圧と日降水量,年最小気圧と潮位偏差の関係性から複合災害を引き起こす日降水量と潮位を求めた.日降水量を入力値,潮位を境界条件として二次元不定流モデルに与え浸水深を算出し,浸水深をもとに被害額を算定した.日本全土における洪水 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(2), I_109-I_114, 2019

    IR  J-STAGE 

  • SIMULATION OF STORM SURGE DUE TO TYPHOON JEBI 2018 AND PREDICTION UNDER GLOBAL WARMING SCENARIO  [in Japanese]

    ECHIZENYA Wataru , HISAMATSU Rikito , INOUE Fumiya , HORIE Kei

    … 象場をSuWATに入力して高潮を推算したところ,気圧・風速の経験的なモデルによる再現結果と比較し,観測潮位偏差の再現性が高くなった.擬似温暖化実験では気圧の低下と風速の増加に伴い大阪湾の東側湾奥で顕著に潮位偏差が増大し,大阪潮位観測点では最大潮位偏差が87cm増加した.地球温暖化に伴う海面上昇の影響を含めると,大阪潮位観測点では潮位が157cm増加する可能 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 75(5), I_9-I_14, 2019

    J-STAGE 

  • Analysis on the factors affecting the water level in flooded rivers  [in Japanese]

    Machida Kaho , Koyama Naoki , Tadashi Yamada

    <p>河川水位予測システムの構築を行うための前段階として,神奈川県横浜市を流れる帷子川を対象に,洪水時における気象状況が河川水位に及ぼす影響についてを分析した.その結果,2015~2018年の洪水イベントにおける帷子川流域における総雨量と元平沼橋地点のピーク上昇水位の関係から,ピーク上昇水位が高いものは台風によるものが多かった.また,同程度の総雨量でもピーク上昇水位に差が生じることがわ …

    Proceeding of Annual Conference 32(0), 212, 2019

    J-STAGE 

  • AN ERROR ANALYSIS ON STORM SURGE FORECAST AT THE PORT OF NAGOYA, JAPAN, INDUCED BY TYPHOON TRAMI (2016)  [in Japanese]

    TOYODA Masaya , YOSHINO Jun , KOBAYASHI Tomonao

    … 2018年に発生した台風24号は,強い勢力を維持した状態で上陸し,名古屋港への最接近時刻が満潮時刻と重なると予報されたため,高潮に対する最大級の警戒(最大潮位偏差3.45m)が呼びかけられた.しかし,実際の台風進路が,当時の上陸直前の予報から大幅に逸れたために大規模な高潮災害には至らなかった.このような予報誤差の要因を解明することは,今後の沿岸災害予報の改善のためにも極めて重要な課題とな …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_319-I_324, 2019

    J-STAGE 

  • ESTIMATION OF INUDUATION IN NEMURO STORM SURGE USING COUPLED MODELING OF WAVE AND STORM SURGE  [in Japanese]

    HAYAKAWA Yuhi , MIZUTO Keisuke , YAGISAWA Kazuki , OYA Shigeo , KIM Sooyoul

    … .その結果,地盤が低い箇所に加え,根室港の岸壁からも浸水している様子が確認され,港湾や漁港の岸壁の高さを適切に設定することが重要であると考えられた.次に,道内の各検潮所において既往最大潮位偏差を示した擾乱に対し,高潮と波浪の追算実験を行い,SuWATを用いて道内各地の浸水リスクを評価する際の留意点を検討した.その結果,海峡部など地形条件が特殊な場合,風速制限を地域毎に設定する必要 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_235-I_240, 2019

    J-STAGE 

  • STORM SURGE INUNDATION SIMULATION AT HEAD OF ISE BAY USING COASTAL CIRCULATION MODEL WITH UNSTRUCTURED GRIDS "FVCOM"  [in Japanese]

    KAWASAKI Koji , NIMURA Masaki , MURAKAMI Tomokazu , SHIMOKAWA Shinya , AMAKO Yoriko

    … ,伊勢湾湾奥部を対象とする高潮浸水計算を実施した.台風条件は,①1959年伊勢湾台風,②IPCCのA1Bシナリオに基づく将来気候下の可能最大級台風の2つである.伊勢湾台風による高潮計算では,名古屋港の潮位偏差を良好に再現できることを検証した.また,伊勢湾台風を契機に整備された海岸構造物により,伊勢湾台風規模の高潮はほぼ防護できることを確認した.次に,将来気候下の可能最大級台風による高潮浸水 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_223-I_228, 2019

    J-STAGE 

  • NUMERICAL SIMULATIONS ON THE INFLUENCE OF THE LONG-TERM FLUCTUATIN OF SEA LEVEL DEPARTURE ON SAND WAVES IN THE KANMON WATERWAY  [in Japanese]

    YAMAGATA Shiro , ORISHIKISE Shouya , YAMASHIRO Masaru , NAKAGAWA Yasuyuki , HASHIMOTO Noriaki , MATSUNOBU Yoshikuni , IGATA Hiromasa

    … る.過去の検討から関門航路のサンドウェーブと潮位偏差の長期変動には明確な相関が認められており,また潮位偏差の長期変動の大きさは空間的に異なることが確認された.これらのことから潮位偏差の長期変動に伴う潮流の変化がサンドウェーブに影響を与えていると推測される.本研究では,潮位偏差を考慮した数値シミュレーションによりこれを検 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_665-I_670, 2019

    J-STAGE 

  • SEICHES WITH PERIODS OF SEVERAL HOURS OBSERVED IN MUTSU BAY AND SENDAI BAY  [in Japanese]

    NAKAI Keiji , HASHIMOTO Noriaki , NUKADA Kyoshi

    … 変化は異なる.仙台湾では潮位偏差が高まる際に周期3時間程度の副振動が発達する.湾内の仙台,石巻,鮎川では振動の位相が非常に良く一致しているが,湾外の地点ではこのような振動はみられない.潮位偏差が大きい時と,大きくない時の周波数スペクトルの比をみると,周期3時間程度の成分の増幅率は他の成分よりも際立って大きく,潮位偏差が大きい時にはこの成分が …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 75(2), I_307-I_312, 2019

    J-STAGE 

  • CASE STUDIES ON EXTREME VALUE ANALYSIS FOR SAMPLES OF ANNUAL MAXIMUM DATA INCLUDING HISTORICAL INFORMATION  [in Japanese]

    UTSUNOMIYA Yoshihiro , NONAKA Hirokazu , YAMAGUCHI Masataka , INOUCHI Kunimitsu , HATADA Yoshio , HINO Mikio

    … 本研究では,歴史資料を含む290年間の琵琶湖における湖水位と328年間の肱川大洲地点における洪水位および146年間のVeniceにおける潮位偏差・潮位の各年最大値資料の4事例に対する傾向変動解析の結果,潮位資料を除き,有意な傾向変動が確認されない3事例に対する極値統計解析(LSMモデル)に基づいて,つぎの知見を得た.1) 歴史資料を含む年最大湖水位資料から推定した琵琶湖の確率湖水位とその標準偏差のうち, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 74(5), I_199-I_204, 2018

    J-STAGE 

  • Estimation of the Risk on Compound Water Related Disaster  [in Japanese]

    TANAKA Yukako , KAZAMA So , KOMORI Daisuke

    … 洪水,高潮それぞれの単独災害ならびに洪水と高潮の複合災害に着目し,被害額の分布を定量的に地図の形に示した.洪水・高潮複合災害の要因を低気圧と仮定し,年最小気圧と日降水量,年最小気圧と潮位偏差の関係性から複合災害を引き起こす日降水量と潮位を求めた.日降水量を入力値,潮位を境界条件として二次元不定流モデルに与え浸水深を算出し,浸水深をもとに被害額を算定した.日本全土における洪水 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 74(5), I_257-I_264, 2018

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top