Search Results 1-20 of 1783

  • Symposium28-1  [in Japanese]

    大森 肇 , 八田 秀雄

    Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 69(1), 123-123, 2020

    J-STAGE 

  • Physiological Functions and Metabolisms of Essential Trace Element Selenium : Function of Selenoproteins and Selenium Metabolisms  [in Japanese]

    戸部 隆太 , 三原 久明

    化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食・環境 57(6), 366-372, 2019-06

    Ichushi Web 

  • Biofunctional Effects of Demethylnobiletin  [in Japanese]

    米澤 貴之 , 渡辺 章夫 , 禹 済泰

    … 古来からの柑橘である橘やシークワーサーの果皮に特に豊富に含まれるノビレチンは,6 つのメトキシ基を有するポリメトキシフラボノイド化合物の1 種で,近年,様々な健康機能性が注目される成分である.ノビレチンは吸収時に小腸や肝臓にてメトキシ基の一部が脱メチル化されて水酸基となる代謝を受けることが報告されている.本稿では,この脱メチル化ノビレチンの生理作用を,ノビレチンの作用と比較しつつ紹介する. …

    生物機能開発研究所紀要 (19), 36-41, 2019-03

    IR 

  • Physiological effects by the reduced form of coenzyme Q10 : Possible anti-aging mechanisms  [in Japanese]

    澤下 仁子

    日本ポリフェノール学会雑誌 = The journal of Japan Polyphenol Society 8(1), 31-37, 2019

    Ichushi Web 

  • Investigation of intervention effect on stress response abnormality in low birth weight rats  [in Japanese]

    Nemoto Takahiro , Kakinuma Yoshihiko

    … <p>コルチコトロピン放出因子(CRF)は,下垂体前葉のみならず扁桃体や青斑核,延髄腹外側核にも放出され,ストレス応答の内分泌系や自律神経調節などの様々な生理作用を有する.我々は,妊娠中に低糖質カロリー制限食を給餌させた母ラットからの低出生体重仔に拘束ストレスを負荷すると血中のコルチコステロン濃度の高値持続がみられること,血清メタボローム解析により血中メチオニンが低下しているこ …

    The Autonomic Nervous System 56(4), 239-242, 2019

    J-STAGE 

  • Molecular Nutritional Study on the Bioregulatory Effects of Green Tea Polyphenols:(JSNFS Award for Excellence in Research (2019))

    Tachibana Hirofumi

    … <p>緑茶の多彩な生理作用 (抗がん作用, 抗アレルギー作用, 血圧降下作用, 脳血管障害予防作用, コレステロール低下作用など) にはエピガロカテキンガレート (EGCG), エピカテキンガレート, エピガロカテキン, エピカテキンなどのカテキン類が関与している。 … 特にEGCGは緑茶に特有な成分であり, 緑茶の生理作用に深く関係していると考えられている。 …

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 72(5), 205-210, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Zinc homeostasis and neurotoxicity  [in Japanese]

    HARA Hirokazu

    … 硫化水素(H<sub>2</sub>S)やその実体であると考えられる活性イオウ分子種(RSS)は、細胞保護作用など多彩な生理作用を有していることが報告されているが、その機序については不明な点も多い。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), S28-2, 2019

    J-STAGE 

  • アペリンで加齢に伴う筋機能の低下を予防できるか  [in Japanese]

    RYOKE Katsunori

    … 関連が疑われた.アペリンは13〜36アミノ酸残基からなるペプチドであり,Gタンパク質共役受容体APJの内因性リガンドとして立元らによって発見され,これまでに血圧低下作用や血管新生作用など,様々な生理作用を有することが明らかになっている.本稿では,加齢性サルコペニアとアペリンの関連について,詳細な解析を行ったVinelらの論文を紹介する.<br>なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を …

    Farumashia 55(3), 256-256, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 新ガリ(ショウガ)が持つ生理作用の一考察 (第27回 漬物技術研究セミナー)  [in Japanese]

    大場 輝子

    全漬検漬物技術 = Tsukemono technical report (31), 33-35, 2018-12

  • Mechanism of action and physiological activities of green tea catechins  [in Japanese]

    立花 宏文

    アグリバイオ = Agricultural biotechnology 2(8), 753-756, 2018-07

  • Healthy Vinegar and Anti-oxidants  [in Japanese]

    山田 耕路 , 西園 祥子

    … その理由は,食物繊維が主として消化管内でその活性を発現するため,ヒトに対する生理作用の科学的証明が比較的容易であるからである。 … 不飽和脂肪酸も多彩な生理作用を発現するが,食物繊維と同様に食品中に見出される不飽和脂肪酸の種類は限られており,新規生理活性成分が発見される確率は低い。 …

    日本醸造協会誌 113(6), 346-352, 2018-06

    JASI 

  • Biological activity of n-3 (ω-3) polyunsaturated fatty acids (EPA and DHA) and its changes during the preparation of foods  [in Japanese]

    中島 滋

    日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association 24(2), 34-41, 2018

    Ichushi Web 

  • タウリンの胆汁酸代謝に及ぼす作用の評価における ネコモデルの有用性  [in Japanese]

    宮﨑 照雄 , 佐々木 誠一 , 豊田 淳 , 白井 睦 , 池上 正 , 松﨑 靖司 , 本多 彰

    … タウリンの最も確立された生理作用の1つとし て胆汁酸抱合作用がある。 …

    Japanese Journal of Taurine Research 4(1), 13-16, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Open Sesame! A Long-Time Enigma of Sesame Lignan Oxidation Steps, Deciphered  [in Japanese]

    HORIKAWA Manabu , YAMAMOTO Masayuki P. , ONO Eiichiro , MURATA Jun

    … gt;.近年,その有効成分が,ゴマ種子に高蓄積される特有のリグナン類((+)-セサミン,(+)-セサモリン,(+)-セサミノール)であるという研究が多数報告され,健康機能成分としてのリグナン類のさまざまな生理作用が注目されている<sup>(2, 3)</sup>.またゴマ油がほかの食用油と比較して傷みにくいのは,(+)-セサモリンの分解により生成する抗酸化成分,セサモールや(+)-セサミノールがゴマ油の酸化劣化を防ぐ …

    KAGAKU TO SEIBUTSU 56(11), 738-746, 2018

    J-STAGE 

  • Artificial Molecules Controlling Abscisic Acid Receptors: Chemical Control of Plant Stress Tolerance  [in Japanese]

    TODOROKI Yasushi , TAKEUCHI Jun

    … <p>アブシシン酸(ABA)は種子休眠や耐乾燥性・耐塩性などの環境ストレス応答に必須の植物ホルモンである.その生理作用を誘導するコアシグナル経路は細胞質受容体PYLを起点としているが,多くの植物でPYL遺伝子が多重に重複しているため,個々のサブタイプの機能や植物の非生物的ストレス応答における役割を遺伝学的に探求あるいは調節することは難しく,化合物による選択的あるいは非選択的な制御技術の …

    KAGAKU TO SEIBUTSU 56(6), 388-394, 2018

    J-STAGE 

  • 強心配糖体ウアバインのアグリコン「ウアバゲニン」の新規生理活性  [in Japanese]

    Tamura Satoru , Okada Maiko , Ueda Minoru

    … "ウアバゲニン"の生理活性を初めて見いだした.すなわち,ウアバゲニンはオキシステロール受容体LXR (Liver X Receptor) のリガンドとして,腎臓での上皮性ナトリウムチャネルの発現を抑制した.多様なLXR生理作用を選択的に制御するリガンドは,有用な創薬シーズとして期待される.このため,ウアバゲニンが重篤な副作用の脂肪肝を惹起せず,選択性の高いLXRリガンドであったことは,新たな医薬シーズの可能性を …

    KAGAKU TO SEIBUTSU 56(3), 184-189, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Phenolic Amides from the Seeds of Sugar Beet Inhibit Lipid Accumulation in 3T3-L1 Adipocytes  [in Japanese]

    Kanazawa Takumi , Fukushi Yukiharu , Chiji Hideyuki

    … lefeld)種子に含まれる2種類のフェノール性アミド化合物(<i>N</i>-<i>trans</i>-フェルロイル-3-<i>O</i>-メチルドーパミン,<i>N</i>-<i>trans</i>-フェルロイルチラミン)の生理作用について検討した.その結果,これらのアミド化合物は3T3-L1脂肪細胞でのトリグリセリド蓄積や<i>in vitro</i>での膵リパーゼ活性を阻害した.特に<i>N</i>-<i>trans</i>-フェルロイルチ …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 65(11), 529-533, 2018

    J-STAGE 

  • The various applications of 5-Aminolevulinic acid (ALA)  [in Japanese]

    TAKAHASHI Kiwamu

    … ムやクロロフィルといった,エネルギー生産など生物の根幹機能を担う重要な分子であるテトラピロール化合物の代謝系における出発物質で,生物に普遍的に存在する,生命の根源物質とも称される天然アミノ酸である.</p><p>生体におけるALAの生理作用は,農業分野で見出されたのち,医学・ヘルスケア分野においても多彩で加速度的な応用がなされており,当該分野へのALAの応用について概説する.</p> …

    Journal of Arid Land Studies 28(2), 66-72, 2018

    J-STAGE 

Page Top