Search Results 1-20 of 95437

  • Cortisol and Breast Cancer: A review of clinical and molecular evidence

    Al Sorkhy Mohammad , Fahl Zina , Ritchie Jenna

    <p>Breast cancer (BC) is a commonly diagnosed cancer amongst women and the second leading cause of cancer deaths in the world. BC has created huge challenges to healthcare providers regarding th …

    Annals of Cancer Research and Therapy 26(1), 19-25, 2048

    J-STAGE 

  • 心疾患と呼吸器疾患を合併し、重複障害を抱えた症例への理学療法の経験  [in Japanese]

    舩戸 瑞穂 , 須賀 正伸 , 山崎 友昭 , 金谷 崇文 , 白倉 賢二

    … </p><p>【考察】本症例は複数の既往歴があり、リスク管理とともに病態に則したリハを展開する必要があった。 … 重複障害を有していたが疾患別に整理することで病態を捉えやすく、負荷量や運動の種類の選択を目的に沿って実施することができた。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-055, 2020

    J-STAGE 

  • 頚動脈洞症候群と血管迷走神経性失神を併発した症例に対する理学療法  [in Japanese]

    藤田 吾郎 , 緒方 雄介 , 河合 はるか , 中村 高良 , 小林 一成

    … 本症例のような複雑な病態を有する場合は、それぞれのメカニズムに合わせた理学療法プランニングが重要である。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-050, 2020

    J-STAGE 

  • Stress Index 63から10MWT 0.87m/sの自立歩行を獲得したくも膜下出血の一症例―脳血管攣縮期からの早期離床―  [in Japanese]

    望月 裕太

    … <p>【はじめに】くも膜下出血(以下,SAH)急性期の特徴として,頭蓋内病態に加え,全身合併症が生じやすいとされている.佐藤らは,Stress Index(以下,SI)40以上で全身合併症が多いと報告している.また,脳卒中治療ガイドラインでも,早期離床の安全性が十分に確認されていないのが現状である.一方,Olkowskiらは早期離床の安全性を初めて報告した.今回,SI 63のSAH患者に,全身状態を踏まえ,脳血管攣縮期 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-115, 2020

    J-STAGE 

  • 決定木による急性期脳卒中患者の転帰予測モデルの作成  [in Japanese]

    林 友則 , 保木本 崇弘 , 樋口 謙次 , 中村 高良 , 木山 厚 , 堀 順 , 来住野 健二 , 中山 恭秀

    … 理学療法開始日数、NIHSS、GCS、上田式12段階片麻痺機能検査(以下、12グレード法)、ABMS各項目、年齢、病態(脳梗塞、脳出血)、性別、就労の有無、キーパーソンの有無、同居家族の有無、家屋環境をカルテおよび評価表より収集した。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-009, 2020

    J-STAGE 

  • いま一度原点へ!定期的な評価から見えてくる疾病管理としての理学療法  [in Japanese]

    松永 篤彦

    … つまり、その頃に急性期や回復期という言葉で線引きして理学療法を組み立てていたかは定かではないが、病態が安定した時期から積極的に理学療法を展開し、運動機能やADL動作(立位・歩行動作など)を継続して観察(評価)しながら、個別的とはいえ評価に応じて理学療法を提供していたと思う。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), 0001, 2020

    J-STAGE 

  • 研究現場から  [in Japanese]

    田村 暁大

    … 「臨床研究」とは、厚生労働省の定義によると、疾病の予防・診断・治療方法の改善、疾病の原因および病態の理解・患者の生活の質の向上を目的として人を対象として実施されるものをいう。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), 0018, 2020

    J-STAGE 

  • 中学生野球選手における超音波検査機器を用いた胸郭出口症候群(TOS)検診  [in Japanese]

    奥山 直己 , 伊東 優多 , 井上 彰

    … <p>【目的】オーバーヘッドアスリートにおけるTOSは稀な病態ではないが、多彩な症状を呈するため診断が困難である。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), F-027, 2020

    J-STAGE 

  • Comorbidity and Complicated Symptoms of Gastrointestinal Disorder  [in Japanese]

    Sato Ken , Satake Ryu , Sakuraba Miyako , Fukuda Shinsaku

    … <p>機能性消化管障害である機能性ディスペプシア (FD) と過敏性腸症候群 (IBS) はお互いに合併しやすく, 内臓知覚過敏や消化管運動異常, 心理的要因の影響, 急性胃腸炎後の発症例など類似する病態も多い. …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 60(1), 20-25, 2020

    J-STAGE 

  • Complications of Pain Disorder  [in Japanese]

    Anno Kozo

    … <p>疼痛性障害は1つまたはそれ以上の部位における疼痛が臨床像の中心であり, 著しい苦痛や機能障害をきたし, その発症や経過に心理的要因の関与があると判断される病態をいう. … この病態に相当する病態名はいくつかあるが, その1つに機能性身体症候群がある. …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 60(1), 38-43, 2020

    J-STAGE 

  • Direction of Treatment of Patients Complaining of Symptoms Associated with Intestinal Gas : Consideration from a Case in which Cognitive Behavioral Therapy for Irritable Bowel Syndrome was Ineffective  [in Japanese]

    Kawanishi Hitomi , Sekiguchi Atsushi , Tomita Yoshitoshi , Funaba Misako , Honda Hikari , Higami Koyo , Fujii Yasushi , Ando Tetsuya

    … 自己臭恐怖には森田療法が有効という症例報告があり, このような病態には, ①認知の内容を直接変容させない森田療法的技法と, ②腹部膨満への有効性が示されている瞑想の両方が含まれる第3世代のCBTのAcceptance and Commitment Therapyの適用も考えられ, 検証の余地がある. …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 60(1), 50-57, 2020

    J-STAGE 

  • Stories of Psychosomatic Medicine—Message from the Expert to Young Therapist  [in Japanese]

    Yamauchi Yuichi

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 60(1), 58-62, 2020

    J-STAGE 

  • タンパク質分解装置プロテアソームと創薬  [in Japanese]

    MURATA Shigeo , IKEURA Ryuma

    … 様々な神経変性疾患の病態発症要因の一つにプロテアソームの機能低下が挙げられる他、がん細胞のストレス応答機構としてプロテアソーム活性の亢進が示されていることから、プロテアソームを標的とした創薬は広範な意義を持つ。 …

    Farumashia 56(1), 11-15, 2020

    J-STAGE 

  • A case of acute-onset hypermagnesemia with paralytic ileus  [in Japanese]

    Kanazawa Ayako , Uchida Takayuki , Aibara Keiji , Kamochi Masayuki

    … 酸化Mg製剤の投与に際しては,腸管からの吸収促進の病態がある場合には慎重に行う必要がある。 …

    Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 27(1), 19-23, 2020

    J-STAGE 

  • Multiple consequences of HIF activation in CKD  [in Japanese]

    Tanaka Tetsuhiro

    … <p>尿細管間質の慢性低酸素は慢性腎臓病(CKD)の病態進展における最終共通経路を担う.エリスロポエチン(EPO)遺伝子の転写調節機構に関連する研究から低酸素誘導因子(HIF)が発見され,その発現調節を司るプロリン水酸化酵素(PHD)が同定されたことにより,EPOの低酸素誘導を薬理学的に活性化することが可能になった.現在,HIFの活性化をもたらすPHD阻害薬が新規腎性貧血治療薬として開発され,国内外で …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 30-34, 2020

    J-STAGE 

  • The roles of hypoxia signaling in tissue remodeling  [in Japanese]

    Takeda Norihiko

    … 遺伝子(低酸素応答遺伝子)発現をむしろ増加させる働きを有する.近年の研究からHIF-α機能が細胞外酸素環境に応じてどのように調節されているか,その詳細な分子機構が明らかになってきた.また様々な病態モデルを用いた検討から低酸素環境下におけるHIF-1αシグナルが,炎症,組織リモデリングの過程で重要な役割を果たしていることも判ってきた.このようなHIF-1αを介する炎症プロセスは,細菌感染や外傷の …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 26-29, 2020

    J-STAGE 

  • Therapeutic new targets for stress urinary incontinence in the central nervous system  [in Japanese]

    Miyazato Minoru , Ashikari Asuka

    … られる一般的疾患で,生活の質を著しく損なう.一方で,臨床的に,あまり有効な薬剤はない.妊娠,出産に伴う女性特有の成因に起因し,尿道過可動と内因性括約筋不全の二つに大別される.腹圧尿失禁の病態,創薬開発にあたって,直接的,間接的陰部神経損傷モデルが使用されている.私達は以前,脳梗塞ラットも尿禁制反射が減弱していることを報告した.SUI評価法として,リークポイント圧測定や尿道マイク …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 16-19, 2020

    J-STAGE 

  • Preface  [in Japanese]

    Takeda Norihiko , Tomita Shuhei

    <p></p>

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 25-25, 2020

    J-STAGE 

  • The effect of PHD inhibitor on tumor microenvironment and tumor immune response  [in Japanese]

    Matsunaga Shinji , Tomita Shuhei

    <p>組織内に走行する血管は,組織内の細胞へ酸素や栄養などを供給する重要な組織構造である.一方,腫瘍組織では異常な血管形成が認められる.これらの背景には血管透過性の亢進,不規則な血管新生,未成熟な血管形成があると考えられている.また,これらは腫瘍血管構造の特徴でもある.したがって,腫瘍組織は血流が乏しく,組織内間質圧が高く,低酸素,低栄養,低pHの組織環境に曝されている.このような組織 …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 35-39, 2020

    J-STAGE 

  • Pathophysiology and future prospects of group 3 pulmonary hypertension  [in Japanese]

    坂尾 誠一郎

    医学のあゆみ 271(12・13), 1289-1294, 2019-12-28

Page Top