Search Results 1-20 of 40

  • 1 / 2
  • Effectiveness of Professional Oral Health Management Against Oral Mucositis in Patients Undergoing Autologous Hematopoietic Stem Cell Transplantation  [in Japanese]

    SOGAWA Yuka , YOSHIOKA Masami , FUKUI Makoto , NAKAMURA Shingen , ABE Masahiro , HINODE Daisuke

    … 平成16年11月~平成25年6月までの期間に,徳島大学病院にて多発性骨髄腫または悪性リンパ腫と診断されて自家末梢血幹細胞移植を受けた患者33名を対象とした.対象患者は専門的口腔衛生管理体制の確立前と確立後で2群に分けた.また,口腔粘膜炎の程度(NCI-CTCAE version 3)と発熱日数,臨床検査所見,含嗽剤および薬剤処方日数を調査した.</p><p> …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 69(3), 125-130, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Investigation of the Frequency of Fever and Inflammation Responses in Patients Receiving Oral Feeding or Enteral Feeding in a Recuperation Hospital  [in Japanese]

    TOGO Masanari , SATO Masatoshi , YAMAGUCHI Taichi , MINAGAWA Natsuki , ITO Masayoshi

    … 対象は,療養型病院に入院している経口摂取患者23名(Oral Nutrition: ON群)と非経口摂取患者58名(Enteral Nutrition: EN群)であった.両群は,体温および発熱日数の生理学的指標,WBCおよびCRPの生化学的指標をカルテより抽出した.抽出期間は抽出時点より6カ月間であった. …

    The Japanese Journal of Dysphagia Rehabilitation 22(3), 260-266, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Effects of Preoperative Multi-disciplinary Support Performed at an Outpatient Clinic on Lung Cancer Patients  [in Japanese]

    Kataoka Masafumi , Baba Miwa , Okutani Daisuke , Okutani Tamami , Koizumi Tadashi , Hiramatsu Toshie , Kayahara Michiyo , Niguma Takefumi , Kawai Haruyuki , Watanabe Kazuhiko

    … を行った症例,術前多職種サポートを行った症例の3群を比較検討した.<b>結果.</b>術後在院日数に影響している項目を検討する目的で,単変量解析,多変量解析を行ったところ,年齢,出血量,発熱日数,術後歩行開始日,術前多職種サポートが最終的に有意変数として残り,術前多職種サポートが最も有意な因子であった(<i>p=0.000377</i>).1患者,1入院全期間の包括総収入はサポートを増やすに …

    Haigan 58(1), 8-13, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Associations between parental smoking and the number of days of fever onset and absenteeism among pre-school children  [in Japanese]

    中村 こず枝 , 安藤 京子 , 永田 知里

    日本小児禁煙研究会雑誌 5(2), 113-118, 2015-10

    Ichushi Web 

  • Case report of bowel habit improvement in elderly in a nursing home by continuous intake of fermented milk products  [in Japanese]

    Sekita Yoriko‌ , Tokita Kayoko‌ , Tokita Jun‌ , Nishiyama Yaeko‌ , Namatame Keiko‌ , Uchida Kayoko‌ , Kushiro Akira‌ , Aiba Naomi‌

    発熱日数や回数についても、摂取後減少していたが、有意な差は認められなかった。 …

    Journal of the Japan Dietetic Association 58(6), 440-445, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Significance of Oral Care for Inpatients with Psychiatric Diseases in the Tokushima University Hospital  [in Japanese]

    大守 真由子 , 青田 桂子 , 山村 佳子 , 山田 佑子 , 可児 耕一 , 高野 栄之 , 茂木 勝美 , 桃田 幸弘 , 松本 文博 , 東 雅之

    For patients with mental diseases, safe food-intake and the maintenance of good oral hygiene become difficult due to a decline in the ability of daily livings. In addition, a majority of patients suff …

    四国歯学会雑誌 25(2), 55-60, 2013-01-31

    IR  Ichushi Web 

  • Oral Care for a Patient with Sporadic Creutzfeldt-Jakob Disease: A Case Report  [in Japanese]

    KITAGAWA Eiji , MAKINO Shujiroh , KONDO Kimito

    … 渋したが,通法に従って,バイトブロック,スポンジブラシ,ワンタフトブラシ,保湿剤などを駆使して行った.その結果,口唇の出血は治癒し,口臭や口腔乾燥の改善を認めた.また,一時的ではあるが発熱日数の減少を認めた.口腔ケアに際しては,ディスポーザブルの帽子,フェイスガード,手袋,予防着を着用し,終了後は廃棄焼却処分とした.</p><p>【考察】CJD 患者は,永眠に至るまでの間に,運動 …

    The Japanese Journal of Dysphagia Rehabilitation 17(1), 68-75, 2013

    J-STAGE 

  • Effect of Statin on the Inflammatory Response and Postoperative Course after Endovascular Abdominal Aortic Aneurysm Repair  [in Japanese]

    Yamamoto Shu , Aoki Atsushi , Suezawa Takanori , Kotani Mitsuhisa , Sakurai Jun

    … 方法】2008 年4 月より2012 年3 月までに当院でEVAR を行った151 例中,スタチン内服歴のない66 例,以前よりストロングスタチンを内服していた32 例およびその他のスタチンを内服していた11 例について術後の発熱日数,1,3,6 日目の白血球数,CRP 値および術後入院日数と合併症について検討した.【結果】熱発日数および白血球数については3 群間で差を認めなかった.CRP 値(mg/dl)は術後1 日目,3 日目,6 日目で非内 …

    Japanese Journal of Vascular Surgery 22(7), 951-954, 2013

    J-STAGE 

  • The effects of moisturizing gel on the prevention of bronchial infectious disease in patients with cerebrovascular disease  [in Japanese]

    SUDO Eiichi , MAEJIMA Ichiro

    … 保湿ジェルを用い,使用前年の6カ月間と使用中の6カ月間に於いて発熱を生じた日数,抗菌薬投与日数,抗菌薬投与回数,補液日数,補液回数を比較した.<b>結果</b>:使用前,使用中の6カ月間の発熱日数を比較検討すると使用前平均5.4±2.8日から使用中3.5±2.9日まで有意に(p<0.01)減少した.抗菌薬投与日数,抗菌薬投与回数,補液日数,補液回数はそれぞれ,使用前平均3.3±3.4日から使用中1.1 …

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 48(1), 84-85, 2011-01-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (5)

  • Novel strategies for preventing aspiration pneumonia in the elderly  [in Japanese]

    OHRUI Takashi

    … 不顕性誤嚥は,大脳基底核病変を有している人に多く認められる.降圧剤のACE阻害薬などの不顕性誤嚥の予防薬はハイリスク高齢患者において肺炎の予防効果を有する.また,寝たきり高齢者でも肺炎球菌ワクチン投与は有効で,発熱日数の減少および入院回数の抑制効果が認められる.さらに,寝たきり高齢者で低下し易い細胞性免疫の賦活法としてBCG接種があり,BCG接種は高齢者肺炎の予防効果を有する.<br> …

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 47(6), 558-560, 2010-11-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • Effect of Continuous Probiotic Fermented Milk Intake Containing Lactobacillus casei Strain Shirota on Fever in Mass Infectious Gastroenteritis Rest Home Outbreak  [in Japanese]

    YAMADA Toshihiko , NAGATA Satoru , KONDO Shigemi , BIAN Lei , WANG Chongxin , ASAHARA Takashi , OHTA Toshihisa , NOMOTO Koji , YAMASHIRO Yuichiro

    … かった.しかし感染性胃腸炎罹患後の37℃以上の発熱日数(平均値±標準偏差)は,非投与群が2.9±2.3 日であったのに対して,LcS 発酵乳投与群では1.5±1.7 日であり,LcS 発酵乳投与により37℃以上発熱日数が有意に短縮された(p<0.05).さらにLcS 発酵乳投与群では非投与群に比べ,同期間の感染性胃腸炎罹患後の38℃以上の発熱日数についても短縮される傾向が認められた.なお …

    Kansenshogaku Zasshi 83(1), 31-35, 2009-01-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • The Drugs That Improve Swallowing Reflex Prevent Respiratory Infection among Tube-Fed Patients  [in Japanese]

    OGAWA Taro

    … </p><p>【方法】年齢,経管栄養投与日数,38℃ 以上の発熱日数,抗生物質点滴静注投与日数を月ごとに集計した.年齢は誕生日から毎月計算し集計した.発熱・抗生物質投与は経管栄養中に始まった場合に限定し,喀痰や肺音などから呼吸器感染と推測できるものとし,尿路感染など経管栄養と無関係な発熱は除外した.発熱日数と抗生物質投与日数を,(1)パーキンソン病/症候群以外で …

    The Japanese Journal of Dysphagia Rehabilitation 13(1), 26-30, 2009

    J-STAGE 

  • Three Cases of Recurrent Respiratory Tract Infections in Tube-feeding Elderly Patients Treated with Acupuncture  [in Japanese]

    FURUYA Yoichi , TSUDA Masaki , MORI Akinori , OBI Ryosuke , HIKIAMI Hiroaki , GOTO Hirozo , SHIMADA Yutaka

    … 抗生剤の投与日数は治療前6.3日/月,治療中1.2日/月で,発熱日数は治療前2.7日/月,治療中0.6日/月となった。 … 抗生剤の投与日数は治療前8日/月,治療中1日/月で,発熱日数は治療前4.5日/月,治療中0.6日/月となった。 … 抗生剤の投与日数は治療前9日間/月,治療中2日/月で,発熱日数は治療前10日間/月,治療中1.3日/月となった。 …

    Kampo Medicine 59(4), 633-640, 2008-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • The Relation between Oral Hygiene Management and Fever in Patients with Severe Motor and Intellectual Disabilities (SMID)  [in Japanese]

    HIRAOKA Toshiaki , YAMAUCHI Kayoko , ITO Masaki , OKAMOTO Takuma , KAWAI Toshimasa , YANASE Hiroshi , FUKUTA Osamu , TSUCHIYA Tomoyuki

    障害者歯科 29(2), 126-132, 2008-06-30

    Ichushi Web  References (21) Cited by (6)

  • The effects of moisturizing gel to prevent dry mouth in patients with cerebrovascular disease  [in Japanese]

    Sudo Eiichi , Maejima Ichiro

    … of daily living),身体状況,摂食状況,口腔内所見等を週に1回観察·評価した.また前記の中で6人(平均年齢83.8±2.5歳,男性2人,女性4人)を対象に,保湿ジェル使用前後の6カ月に於いて,発熱日数,抗菌薬投与回数,補液投与回数を比較検討した.保湿ジェルは毎食後,適量を口腔粘膜に塗布するよう指導した.自ら摂食できない患者には口腔内乾燥に介護者が気づく毎に塗布した.<b>結果</b> …

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 45(2), 196-201, 2008

    J-STAGE 

  • Intensive Insulin Therapy in Elderly Patients with Acute Respiratory Infection  [in Japanese]

    Matsumoto Kazunari , Nakamura Kan , Saisyoji Hiroe , Fujita Naruhiro

    … 21.2±15.4日,p<0.05).介入年においても,インスリン治療された高血糖群と正常血糖群の予後に有意差は認めなかった.しかしながら,両群間での発熱日数,抗菌薬投与日数はほぼ等しく,在院日数にも有意差が無くなっていた(19.7±11.5 v.s. …

    Journal of the Japan Diabetes Society 50(4), 235-240, 2007

    J-STAGE 

  • Dysphagia and Videofluoroscopic Examination of Swallowing in Patients with Severe Motor and Intellectual Disabilities, and the Results of Dysphagia Rehabilitation for These Patients  [in Japanese]

    Sano Nozomi , Morimoto Takehiko , Yano Yoshiaki , Suzuki Yuka , Nagao Hideo , Watanabe Shohei

    … さらに, 摂食指導により, 指導前後の年間の発熱日数は減少し, 摂食発達段階は上がる傾向を示したが, これらは統計学的には有意ではなかった. …

    NO TO HATATSU 39(4), 275-278, 2007

    J-STAGE 

  • 重症心身障害児・者の呼吸機能改善によるQOL向上の援助  [in Japanese]

    星野 英子 , 直井 富美子 , 金子 断行 , 吉澤 尚史 , 小林 朋子 , 加藤 久美子 , 安西 有紀 , 村山 恵子

    発熱日数。 … <BR>【結果】発熱日数減少7,不変2,増加1。 … <BR>【考察】発熱日数・抗生剤投与回数・点滴日数減少等から立案した呼吸療法には一定の成果がみられたと考えられる。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2005(0), B0200-B0200, 2006

    J-STAGE 

  • 造血細胞移植患者の体力:移植前後の合併症の影響  [in Japanese]

    武清 孝弘 , 村山 芳博 , 川本 哲志 , 川崎 和也 , 北原 美代子 , 宇都宮 與 , 堂園 浩一朗

    … 評価時期は、移植前・移植後30日にて行い、今回は握力・6MDの変化と発熱日数とを比較検討した。 … 無菌室入期間中の発熱(38度以上)は12例中10例にみられ、発熱日数の平均は4.6日であった。 … 握力は、全身の筋力の一指標とされるが、今回の検討では握力低下群は有意に発熱日数が長かった。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2005(0), A0643-A0643, 2006

    J-STAGE 

  • Postoperative systemic inflammatory response in coronary artery bypass patients: a comparison of on-pump with cardioplegic arrest vs.off pump surgery.  [in Japanese]

    Saito T. , Konishi H. , Misawa Y. , Kato M. , Kamisawa O. , Oki S. , Kaminishi Y. , Sakano Y. , Takahashi H. , Aizawa K. , Taguchi M. , Fuse K.

    … OPCAB群とCCAB群との比較では,バイパスヵ所数(2.4ヵ所,3.1ヵ所),手術時間(290分,332分),抜管までの時間(14.1時間,27.1時間),発熱日数(1.0日,1.9日)で有意差を認めた。 … 冠状動脈バイパス術周術期におけるSIRS基準関連項目による評価は,薬物,人工呼吸器などの影響があり,心拍数,呼吸数での評価には限界があるものの,多数を占める順調経過群においては,術後発熱日数からOPCABの低侵襲性が示された。 …

    Jichi Medical School journal (27), 29-34, 2004-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top