Search Results 1-20 of 75

  • 1 / 4
  • Detection of information on terrorist activity with psychophysiological indices  [in Japanese]

    中山 誠 , 菊地 真矢

    … その結果,意図群にくらべて,実行群の平均皮膚コンダクタンス反応と呼吸曲線長は有意に大きな変化を示した。 …

    研究紀要 (21), 59-68, 2020-03

    IR 

  • PHYSIOLOGICAL AND PSYCHOLOGICAL EFFECTS OF SCENT INTRODUCTION IN MONOTONOUS TASKS: A MODEL EXPERIMENT OF COMBINED STRESS CLOSE TO REAL LIFE SITUATIONS  [in Japanese]

    SHIMA Takashi , MAEDA Kei , TSUNETSUGU Yuko

    <p>This study examined physiological and psychological responses under conditions where multiple stress coping methods were induced. The experiment was conducted with and without the introductio …

    Japanese Journal of Physiological Anthropology 25(4), 89-99, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Estimation of Anxiety Level using Physiological Measures to VR Exposure Therapy System  [in Japanese]

    Koba Haruya , Ohsuga Mieko

    … 抵抗感が増す.そこで,不安レベルを推定し,これを適切なレベルに保つようにVR環境を制御するVR暴露療法システムを提案している.第一段階として,比較的低負担で計測できる心電図,呼吸,指の皮膚コンダクタンス(SC)から得られる指標を用いて不安レベルを推定する手法を検討した.文書による同意を得た8名の健常成人男性を対象とし,HMDを装着させてVR空間で模擬面接を行い,安静時,面接の質問終了時に …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual58(Abstract), 253-253, 2020

    J-STAGE 

  • Class Evaluation Using IoT Skin Conductance Measuring Instruments  [in Japanese]

    NAGANO Yuichiro , NAGATA Yuto , MIYANISHI Yukako , NAGAHAMA Toru , MORITA Yusuke

    … <p>48人の大学生の皮膚コンダクタンスと主観評価を,従来型の講義,授業内実験,およびディスカッションを含む授業中に測定した。 … 講義中は,皮膚コンダクタンスの概要を解説し,授業内実験では射的ゲームを行い,ディスカッションは,精神生理学的測定の社会的応用について行った。 …

    Japanese Journal of Physiological Psychology and Psychophysiology 37(1), 17-27, 2019

    J-STAGE 

  • Age-related changes in the biophysical properties of skin moisture levels in the middle-aged women over a 4-year period (winter only)  [in Japanese]

    Hideo OHNO , Naoki NISHIMURA , Satoshi IWASE , Junichi SUGENOYA , Rumiko NISHIMURA , Satoru SUGIYAMA

    … 外眼角,頬における皮脂量,経皮水分蒸散量(TEWL)および皮膚コンダクタンスを人工気候室(24℃,相対湿度35%)において冬季4期(2011年~2014年)にわたり測定した.皮脂量は4年間で経年的に減少し,しかも減少率は年とともに大きくなった.部位別には外眼角および頬が前額よりも減少は顕著であった.TEWLおよび皮膚コンダクタンスに経年的な変化はなかった.皮脂量の多くを占める皮脂腺由 …

    JAPANESE JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY 56(1), 35-42, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effects of positive video clip on physiological activity : The relationship between affective evaluation and physiological indices  [in Japanese]

    中山 誠 , 李 韓碩

    … 37人の学部生に4種類のビデオ・クリップを呈示し、彼らの生理的活動(心拍数、皮膚コンダクタンス水準と呼吸時間)が記録された。 … その結果,緊張と不安を誘発したアクションのビデオクリップでは皮膚コンダクタンスが最大で心拍数の水準は最低となった。 …

    研究紀要 (19), 77-87, 2018-03

    IR 

  • Effects of Praises on Motivation in a Hand-Grip Task  [in Japanese]

    Nittono Hiroshi , Nakai Yukiko

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2018(0), 31, 2018

    J-STAGE 

  • Influence on the changes in heart rate variability and skin conductance during interventions with different nurses' expressions: A comparison of gender differences in healthy volunteers  [in Japanese]

    松本 睦子 , 俵 由美子 , 濵井 和子 , 齋藤 愛 , 大田 奈緒 , 島谷 智彦

    … 本研究では、SC(皮膚コンダクタンス)を分析に加え、LF/HFとSCが同様の反応を示すかどうか検討した。 …

    広島国際大学看護学ジャーナル 14(1), 3-17, 2017-03-31

    IR  Ichushi Web 

  • Designing of inexpensive circuits for measuring the skin conductance and its application to lie detection experiment  [in Japanese]

    櫻井 優太

    愛知淑徳大学論集. 心理学部篇 (7), 27-38, 2017

    IR  Ichushi Web 

  • Decision Making and Electrodermal Activity  [in Japanese]

    小早川 睦貴

    Brain and nerve 68(8), 911-918, 2016-08

    Ichushi Web 

  • Effect on Autonomic Activities Due to Differences in the Competitive Environment during Computer Game Task  [in Japanese]

    FUSEDA Kohei , NAGANO Yuichiro

    … 心拍数 (HR)・指尖容積脈波 (PV)・皮膚コンダクタンス (SC) が測定された。 …

    Japanese Journal of Physiological Psychology and Psychophysiology 33(3), 181-191, 2015

    J-STAGE 

  • Effects of Inhalation of 30% Oxygen on Autonomic Responses Elicited by Watching Oscillating Scenes  [in Japanese]

    YAMAGATA Ryuzo , INOUE Akira , KUROZUMI Chiharu , TAKAHASHI Hisashi , KOGA Tomoshige

    … 動揺性視覚刺激は悪心に先行する自律神経反応を誘発しうる.この自律神経反応に対する高濃度酸素吸入の有効性について検討した.健常者24名(20.9±2.7歳)を対象とし,胃電図(EGG),皮膚コンダクタンス(GSR),心拍数,SpO<sub>2</sub>,呼吸数を計測した.計測は映像視聴前の安静期間から行った.室内大気を吸入する群を対照群,30%酸素を持続吸入する群をO<sub>2</sub>群とした.映像視聴により悪 …

    The Japanese Journal of Ergonomics 51(2), 123-130, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Basic Study on the Prefrontal Cortex Tissue Oxygen Level and Autonomic Nerve Response Produced by Elder Women Performing their Own Facial Care  [in Japanese]

    Suga Kyoko , Watanabe Yoriko , Iwase Satoshi , Nishimura Naoki , Shimizu Yuuki , Iwase Chihiro

    … 65歳以上の健康な女性高齢者18名 (平均年齢68±4歳) が,3週間のFCを継続して実施し,その初日と最終日に近赤外分光法 (NIRS) による前頭前野の脳組織酸素レベルと皮膚血流量, 心拍変動, 皮膚コンダクタンスを用いた自律神経活動を測定した.初日は安静時と比較してFC時に前頭前野における⊿deoxyHbの上昇が認められたが,血液量に変化はなかった.しかし,最終日には安静時と比較して血液量が低下した.また …

    Japanese Journal of Nursing Art and Science 14(2), 137-145, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of line-of-sight when intrusion personal space on physiological and psychological reaction  [in Japanese]

    伏田 幸平 , 長野 祐一郎

    文京学院大学人間学部研究紀要 15, 83-93, 2014

    Ichushi Web 

  • Effects of the Application of Facial Cleansing Wipes on Male Skin Conditions  [in Japanese]

    Shimada Tadashi , Saito (Otsuka) Kaori , Takaishi Masayuki , Usukura Jun , Yamaguchi Ayumi , Fujita Fumitaka , Shimizu Mayumi

    … 使用後の皮膚コンダクタンス値は,洗顔料では使用前よりも減少したのに対してシート化粧料では使用前よりも増加した。 … 継続使用による皮膚コンダクタンス値の影響については,拭き取りシート化粧料未使用者で初期より有意に低下したにも関わらず,使用者では変化がみられなかった。 …

    Journal of Society of Cosmetic Chemists of Japan 48(4), 306-311, 2014

    J-STAGE 

  • The effects of false heart rate feedback on attractiveness ratings and autonomic indices  [in Japanese]

    FUSEDA Kohei , NAGANO Yuichiro

    … るのならば,画像呈示後も分析対象となってしかるべきである.そこで,本研究では,画像視聴時に心拍の虚偽フィードバックを行うことによって魅力度評定,および自律神経系指標(心拍数・指尖血流量・皮膚コンダクタンス)にどのような影響を及ぼすか,先行研究では検討されなかった画像呈示後の生理指標の分析を行うことにより検討した.参加者は男性8名であり,異性画像10枚を見せ,画像呈示中に虚偽心拍音を上昇させ …

    Japanese Journal of Biofeedback Research 41(2), 85-93, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Estimation of emotion using several biological signals in the films viewing  [in Japanese]

    OTANI Takuya , KUDO Hiroaki , MATSUMOTO Tetsuya , TAKEUCHI Yoshinori , OHNISHI Noboru

    … 近年,感性情報を利用して検索等を行いたいという要求が出てきている.本研究では,感情価(valence)と覚醒度(arousal)を2軸に配したモデルを利用し,脳波,心拍,皮膚コンダクタンスレベルから得られる5種類の生体指標により感情価,覚醒度それぞれの値を推定することで,被験者の感情の推定を試みた.被験者5人中4人を学習データとして,残る被験者1人をテストデータとして用い,感情価,覚醒度それぞれの値を最小二乗法によって …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 112(474), 29-34, 2013-03-11

  • Estimation of emotion using several biological signals in the films viewing  [in Japanese]

    OTANI Takuya , KUDO Hiroaki , MATSUMOTO Tetsuya , TAKEUCHI Yoshinori , OHNISHI Noboru

    … 近年,感性情報を利用して検索等を行いたいという要求が出てきている.本研究では,感情価(valence)と覚醒度(arousal)を2軸に配したモデルを利用し,脳波,心拍,皮膚コンダクタンスレベルから得られる5種類の生体指標により感情価,覚醒度それぞれの値を推定することで,被験者の感情の推定を試みた.被験者5人中4人を学習データとして,残る被験者1人をテストデータとして用い,感情価,覚醒度それぞれの値を最小二乗法によって …

    IEICE technical report. Image engineering 112(473), 29-34, 2013-03-11

  • Estimation of emotion using several biological signals in the films viewing  [in Japanese]

    OTANI Takuya , KUDO Hiroaki , MATSUMOTO Tetsuya , TAKEUCHI Yoshinori , OHNISHI Noboru

    … 近年,感性情報を利用して検索等を行いたいという要求が出てきている.本研究では,感情価(valence)と覚醒度(arousal)を2軸に配したモデルを利用し,脳波,心拍,皮膚コンダクタンスレベルから得られる5種類の生体指標により感情価,覚醒度それぞれの値を推定することで,被験者の感情の推定を試みた.被験者5人中4人を学習データとして,残る被験者1人をテストデータとして用い,感情価,覚醒度それぞれの値を最小二乗法によって …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 112(475), 29-34, 2013-03-11

  • 1 / 4
Page Top