Search Results 1-20 of 85568

  • Self-evaluation for the Personal Goals Before and After Childcare Training― Examination from Self-Handicapping―\n  [in Japanese]

    杉山 佳菜子 |小川 真由子|榊原 尉津子

    短期大学部2年生138名の保育実習Ⅱの実施前に立てた3つの目標の内容とその目標達成の自信,実習後の目標達成度の自己評価について分析し,セルフ・ハンディキャッピングとの関連からその傾向を検討した.その結果,学生は「自分の態度・意識について」を目標として掲げやすいことが明らかになった.保護者対応や部分・責任実習の自信は低く,目標達成度は70%程度であったが保護者対応については達成度が …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 25-34, 2021-04-01

    IR 

  • What is Attractive Distance Learning for College Students? Using the Student Survey of S University Junior College\n  [in Japanese]

    木下 麻衣|井上 剛男

    … 本稿の目的は,これからの大学は対面授業をベースに遠隔授業とも向き合っていく必要があるという前提の下,遠隔授業での教育効果を高めるための手がかりを明らかにすることである.そのため,短期大学生に実施した質問紙調査をデータに,学生にとって魅力的な遠隔授業のあり方を分析した. …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 9-24, 2021-04-01

    IR 

  • Examination of Lifestyle Changes before and during Childcare Training ―Relationship with Absenteeism and Self-Confidence as Childcare Workers―\n  [in Japanese]

    小川 真由子|杉山 佳菜子|榊原 尉津子

    短期大学部2年生138名を対象に,実習前と実習中の生活習慣の変化について検討を行った.その結果,生活習慣に関して,実習前よりも実習中の方が,寝る時間と起きる時間はともに早くなり,健康的な生活習慣で過ごしていた.しかし,実習前は実習中よりも3.4時間も長くスマホを使用していることがわかった.実習前の生活習慣を整えるという目的の指導では,スマホの使用時間に関する内容を盛り込むことが有益 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 1-8, 2021-04-01

    IR 

  • Studying diversity as a liberal arts subject at the university:Consideration through method of gakudo-hoiku and introduction of teaching profession , sociology\n  [in Japanese]

    川又 俊則

    我が国の様々な場面において,ダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(社会的包摂)が肯定されている以上,それをどこで学ぶのか,何を学ぶのかが問われなければならない.人権教育を熱心に行ってきた三重県はダイバーシティの定着のため,大学教育におけるダイバーシティ教育の展開を,高等教育コンソーシアム三重を通じて,2019年,2020年と展開してきた.筆者は鈴鹿大学の授業担当者としてそれに関わった.本稿は …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 165-172, 2021-04-01

    IR 

  • Practical Issues related to Programming Education in Mathematics on Visually Impaired Education  [in Japanese]

    犬飼 和夫

    目的:視覚障害教育における算数・数学に関する研究発表について,内容を分析し,プログラミング教育を検討するための課題を明らかにする.方法:平成18年度から平成30年度までの全日本盲学校教育研究大会において発表された算数・数学に関する研究を年齢段階,教科の内容,指導要領に示された配慮事項によって分類し,考察した.結果:対象となった研究は27件で,小学部5件,中学部8件,高等部11件,その他3件であった …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 155-164, 2021-04-01

    IR 

  • A Study on the Relationship between Capitalism, Democracy and Education  [in Japanese]

    長澤 貴

    市場主義を旨とする新自由主義による資本主義は,民主主義的な教育を侵食している.「メリトクラシー」から「ペアレントクラシー」への移行,社会的マイノリティにおける不平等の再生産等,民主主義の社会を構成する「平等性」,「公平性」,「公共性」を教育は失いつつある.このような状況下において,いかに民主主義的な教育のヴィジョンを確立することができるのかが問われている.民主主義的な教育のヴィジョンを確立するにあ …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 147-154, 2021-04-01

    IR 

  • Issues Faced by Educators and Social Workers Cooperating to Improve Education and Childcare Support\n  [in Japanese]

    田口 鉄久

    教育・保育・子育て支援における教育と福祉の連携・協働の現状と課題を明らかにしたうえで,今後の方向性を検討した.その結果以下の3点が重要であるとした.1,学校教育と子どもの福祉に関しては,スクールソーシャルワーカーの役割が大きいこと,また地域福祉との関連では,地域学校協働活動推進のためのコーディネーターの役割が大きいことを示した.2,保育分野においては教育と福祉が一体になった新たな施設,幼保連携型認 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 137-146, 2021-04-01

    IR 

  • Democracy Does Not Matter? Analyzing the Increase in Disenchantment with Democratic Politics.  [in Japanese]

    木之内 秀彦

    近年注目されてきた世界各地の権威主義体制のプレゼンス増大は,同体制自身の統治技術の強化に主因が求められようが,多くの国で確認されている既存民主主義政治に対する不満・失望・幻滅が,反射的に権威主義体制の威信や評価を相対的に高めている面もある.本稿では民主主義政治不信の背景として,不寛容,選挙不信,ストリート・ポリティクスに注目し,「共通理解の可能性の縮小」が共通してみられることを提示する.

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 121-136, 2021-04-01

    IR 

  • Significance and Difficulties Associated with "School as a Team"-Focus on the Impact on Teachers-\n  [in Japanese]

    井上 剛男

    本稿の目的は,「チームとしての学校」に関する3答申を分析し,この構想がもつ,教員にとっての意義と,教員をかえって追い込むような可能性(副作用)について解明することである.その結果,①教育効果が高まる,②教員の負担を軽減し,教員本来の業務に力を注げるようになる,③地域住民を育て,地域を活性化することに貢献できる,という教員にとっての意義を3つ見出した.一方,「チームとしての学校」構想は,構想自体に内 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 105-120, 2021-04-01

    IR 

  • A Comparative Study on Communication Style between the Japanese and English Languages from the Viewpoint of Communication Making a Psychological Distance Shorten\n  [in Japanese]

    松倉 信幸

    円滑なコミュニケーションを行うために,話し手と聞き手との間の人間関係により,ことばの選択が行われる.本稿は,「相手との心理的距離感」をあまり感じさせない対人コミュニケーションについて,ブラウン&レヴィンソンの主としてポジティブ・ポライトネスおよび「フェイス侵害度」を理論的根拠として,日英語間に見られるコミュニケーションの差異についても念頭に置き考察を加えた.具体的な事例分析について,第1に着目した …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 95-104, 2021-04-01

    IR 

  • Issues in Disaster Prevention Education for Young Children and Elementary School Students  [in Japanese]

    田中 裕子|井上 剛男|辻 有里|みやざき 美栄

    本稿は,防災教育の先行研究や実践報告を分析し,幼児や小学生に対する防災教育の実践をよりよくするための手がかりを明らかにすることを目的とする.防災教育の政策から,幼小接続,障がい児への対応,音楽の活用という防災教育を分析するための3つの視角を抽出した. この視角による分析の結果,以下のことを明らかにした.まず,幼小が連携した防災教育の実践研究では,防災教育の目標・計画・指導や教材の開発について,十分 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 79-94, 2021-04-01

    IR 

  • Report and Examination of Remote Piano Lessons in a Training Course for Nursery Teachers-From Practices for Infection Prevention-\n  [in Japanese]

    みやざき 美栄|山崎 めぐみ

    保育士養成校に限らず,ピアノ実技指導は対面で行うことが一般的である.2020年は,新型コロナウイルス感染症の影響により,至る所でこれまでの一般的が通用しない未曾有の事態に直面した.本稿では,その事態に対応するために試みた遠隔でのピアノ実技指導の実践報告と,調査結果からその有用性について検討する.近年,ICT技術の目覚しい発展に合わせてICT教材のツールも進化し続けている.遠隔ピアノ実技指導は,Go …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 65-78, 2021-04-01

    IR 

  • The Development of Long Poems in the Meiji 20s(1)―A Study of "National Literature" in Japan as a "Nation State"(18)―\n  [in Japanese]

    大本 達也

    1882(明治15)年に,本邦初の"poetry"集『新体詩抄』が発刊されて以来,日本独自の長詩の誕生が切望される中,1885(明治18)年発表の半月・湯浅吉郎により本邦初の長詩『十二の石塚』が発刊される.明治20年代に入り長詩の制作が相次ぐが,本稿ではまず,1888-9(明治21-2)年発表の萩之家・落合直文による「孝女白菊の歌」,1889(明治22)年刊行の透谷・北村門太郎による『楚囚之詩』と …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 49-64, 2021-04-01

    IR 

  • Coming of Age on a Multicultural Field of Dreams: Reading Wendy Wan-Long Shang's The Way Home Looks Now  [in Japanese]

    天野 剛至

    ウェンディ・ワンロン・シャン『今の家庭の姿』(The Way Home Looks Now, 2015)は,前思春期の子どもたちを主要な登場人物に配し,かれらが「自身の存在」に関わるさまざまな困難や試練に向き合い,リトルリーグの仲間たちとの共同体的な連帯のうちに成長を遂げていくカミング・オブ・エイジのプロセスを描いた児童文学作品である.著者シャンは本作品を通じて,野球(ベースボール)に差異と多様性 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 35-48, 2021-04-01

    IR 

  • A Study on the Physical Condition and Lifestyle Habits of Local Residents Grouped by Gender and Age\n  [in Japanese]

    梅原 頼子|服部 映里

    測定会に参加した地域住民の性・年齢別に身体状況,生活習慣の状況を明らかにすることを目的に調査を行った.調査は令和元年4~10月の4日間に実施した.測定項目は身長,体重,BMI,体脂肪率,血圧とし,性別,年齢,職業,生活習慣については自記式アンケートを実施した.分析対象は参加者351名のうち18歳以上とし,データ欠損がない220名(男性79名,女性141名)とした.群分けは性・年齢別(男性・女性・4 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 231-238, 2021-04-01

    IR 

  • Issues of Physical Fitness and Athletic Ability of Elementary School Students as Seen from the Annual Transition of Physical Fitness and Athletic Ability Test\n-Focusing on the relationship with the curriculum guidelines of elementary school physical education-\n  [in Japanese]

    石川 拓次

    本研究の目的は、昭和40年以降からの体力・運動能力調査の測定項目別の年次推移をみることにより、小学生における体力・運動能力の推移の特徴を概観し、その特徴の背景および現行の小学校体育科の学習指導要領のねらいとの関わりについて考察を加えることである.年次推移については、種目により一時的に低下し、近年向上している測定項目、低下が続いている測定項目、そして、新体力テストから実施され、測定記録が向上している …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 221-230, 2021-04-01

    IR 

  • Relationship between salt reduction awareness of elementary and junior high school students and eating habits  [in Japanese]

    乾 陽子|古田 佳奈子|木下 麻衣

    小中学生の食塩の過剰摂取が明らかとなっている.食塩摂取量を減らすことは生活習慣病予防のために有効であり,子どもの頃から健康な生活習慣づくりに取り組むことが求められている.そこで,小中学生の減塩意識と特に食塩の摂取に関する食習慣・食行動等に関連があるのかを明らかにすることを目的とし,2019年7月にK市内の小中学生を対象にアンケート調査を行った.その結果,減塩意識がある者のほうが少なく,減塩意識のあ …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 209-220, 2021-04-01

    IR 

  • Translation:Yang Jie"Guofang Xinlun"Vol.8  [in Japanese]

    細井 和彦

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 185-208, 2021-04-01

    IR 

  • Transition and Future Prospects of School Nurses and Health Counseling Activities  [in Japanese]

    上田 ゆかり

    2008年,中央教育審議会答申において養護教諭は学校保健において中核的な役割と位置づけられ,養護教諭の主な職務は「保健管理」「保健教育」「保健室経営」「保健組織活動」「健康相談活動」の5つと明記された.これらの職務のうち,「保健教育」と「健康相談活動」は,1997年に保健体育審議会答申で示された新たな役割である.本研究では,「健康相談活動」に関わる先行研究について注目し,1997年保健体育審議会答 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 173-184, 2021-04-01

    IR 

  • A Study on Environmental Consciousness Ⅵ ーFocusing on the Analysis of Environmental Consciousness of Women's Junior College Studentsー  [in Japanese]

    荒井 義則

    埼玉女子短期大学研究紀要 (43), 149-159, 2021-03-31

    IR 

Page Top