Search Results 1-20 of 55

  • 1 / 3
  • テニス肘の診かた・治しかた (特集 機能的アプローチからみる肘のスポーツ障害治療)  [in Japanese]

    関口 貴博

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル (96), 101-109, 2020-09

  • テニス肘に対する治療戦略 (特集 機能的アプローチからみる肘のスポーツ障害治療)  [in Japanese]

    高橋 憲正

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル (96), 94-100, 2020-09

  • 肘関節の解剖と機能 (特集 機能的アプローチからみる肘のスポーツ障害治療)  [in Japanese]

    星加 昭太 , 二村 昭元

    整形外科最小侵襲手術ジャーナル (96), 2-11, 2020-09

  • Intra- and extra-articular arthroscopic surgery for tennis elbow -Combined with subcutaneous approach-  [in Japanese]

    Watanabe Takahiro , Hotta Tomonobu , Kimura Shigeharu

    … か月以上の保存療法で改善しなかった難治性テニス肘 32 例 34 肘(男 17 例,女 15例)に対し,関節鏡を用いて関節内病変の処置と関節外から短橈側手根伸筋腱( ECRB )の損傷部位のデブリドマン(皮下アプローチ)を行い,その成績を調査した.検討項目は握力,JOA-JES score,VAS で,術後6か月の時点で評価した.握力は術前 22.7 kg から 32.1 kg,JOA-JES score は術前 38.3 から 85.1,VAS も術前64.9 から 13.4 と有意に改善し,全 …

    Journal of Japan Elbow Society 27(2), 311-313, 2020

    J-STAGE 

  • Relationship Between Outcome for Lateral Epicondylitis and Elbow Instability  [in Japanese]

    Oura Keiichiro , Temporin Ko , Shimada Kozo

    … 】上腕骨外側上顆炎の中には肘関節の軽微な不安定性を有するものが存在する.この不安定性と術後成績との関連を調査した.<BR>【対象と方法】2018年までに上腕骨外側上顆炎に対して関節鏡視下に短橈側手根伸筋腱のデブリドマンを行い,6か月以上観察した37肘(男性17肘,女性20肘,平均年齢50歳)の診療録,画像所見,および手術動画を後ろ向きに調査した.<BR>【結果】最終経過観察時の疼痛が,なし,軽 …

    Journal of Japan Elbow Society 27(2), 298-300, 2020

    J-STAGE 

  • MRI findings before and after elongation of extensor carpi radialis brevis tendon for lateral epicondylitis of the humerus  [in Japanese]

    森谷 浩治 , 牧 裕 , 坪川 直人 , 成澤 弘子 , 吉津 孝衛

    整形外科 = Orthopedic surgery 70(11), 1161-1168, 2019-10

    Ichushi Web 

  • Elongation of extensor carpi radialis brevis for lateral epicondylitis of the elbow that required caution : report of two cases  [in Japanese]

    森谷 浩治 , 坪川 直人 , 土屋 潤平 , 岡本 聖司 , 鈴木 宣瑛

    整形・災害外科 62(8), 1033-1036, 2019-07

    Ichushi Web 

  • The Advantage of Operative Approach between Extensor Carpi Radialis Longus and Extensor Carpi Radialis Brevis in Mason's Type II Radial Head Fracture  [in Japanese]

    Chiba Noriyuki , Tubo Kenji

    … Mason分類Type IIの橈骨頭単独骨折に対して,我々は長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋の間から進入するアプローチでDTJスクリュー固定を行っている.今回,橈骨頭の骨折部位,本アプローチの有用性について検討した.骨折部位は3DCTで評価し,橈骨粗面を真下として橈骨頭関節面から見て,前方内側,前方外側,後方の3つに分類した.骨折部位は全例で前方内側と前方外側の範囲にあった.3 partの症例では前方外側骨片 …

    Journal of Japan Elbow Society 26(2), 58-60, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 長橈側手根伸筋の機能に着目し運動療法を実施した上腕骨外側上顆炎の一症例  [in Japanese]

    矢作 賢史 , 圷 誠斗 , 矢作 翔平 , 吉野 恭平 , 久高 正嗣 , 大野 潤 , 福田 佳男 , 藤井 基晴

    … 本症例に対し,短橈側手根伸筋の負荷軽減を目的として長橈側手根伸筋の活動を促す運動療法と把持動作の指導を実施した。 … 【考察】長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋の手関節に対する作用は異なるものであり,長橈側手根伸筋の活動を促す運動療法と把持動作の指導が上腕骨外側上顆炎の治療においては重要になると考える。 …

    Rigakuryoho-Rinsho, Kenkyu, Kyoiku 26(1), 55-58, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Quantitative Analysis of Preoperative MRI Findings for the Recalcitrant Tennis Elbow Using T2 Mapping Technique; Preliminary Report  [in Japanese]

    廣田 高志 , 副島 修

    … 難治性上腕骨外側上顆炎手術症例に対し,MRI T2マッピングを用いて短橈側手根伸筋腱(以下ECRB)付着部と腕橈関節軟骨のT2値を計測し,術前症状との関係およびコントロール群との比較検討を行った.対象は8例8肘,男性4肘/女性4肘,手術時平均年齢は51.5歳,術前JOA-JES scoreは平均34.1であった.コントロール群は肘関節に愁訴をもたない5例5肘,男性1肘/女性4肘,平均年齢は49.4歳であった.ECRB付着部のT2値とJOA-JES …

    Journal of Japan Elbow Society 25(2), 245-248, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Ultrasonographic Analysis of the Extensor Carpi Radialis Brevis in Asymptomatic Individuals  [in Japanese]

    梶田 幸宏 , 岩堀 裕介 , 村松 由崇 , 高橋 亮介

    … はじめに:肘関節に関して愁訴のない肘を対象に超音波検査を用いて短橈側手根伸筋腱(以下ECRB)起始部損傷の有無を調査した.</p><p> …

    Journal of Japan Elbow Society 25(2), 255-257, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Changes in T2 Relaxation Time of Forearm Muscles by Wrist Extension of 15% Maximum Voluntary Isometric Contraction  [in Japanese]

    吉田 一也 , 高森 正祥 , 秋山 純和 , 瀬尾 芳輝 , Kazuya Yoshida , Masayoshi Takamori , Sumikazu Akiyama , Yoshiteru Seo

    … 運動後25分の回復を測定した.測定筋は,短橈側手根伸筋,総指伸筋,小指伸筋,円回内筋,尺側手根伸筋,深指屈筋,浅指屈筋,尺側手根屈筋,橈側手根屈筋,腕橈骨筋とした.運動後T2強調画像から活動筋を弁別した.短橈側手根伸筋,総指伸筋,小指伸筋にT2の延長を認めた(P<0.01).その後,緩やかに短縮したが,短橈側手根伸筋と総指伸筋では25分後までT2の延長を認め …

    Dokkyo Journal of Medical Sciences 44(1), 73-79, 2017-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • A Study of 2800 Lateral Epicondylitis of the Elbow in Our Clinic; Epidemiology and Case-Related Analysis  [in Japanese]

    Kato Teiji , Yasuoka Hiromichi , Irie Hiroki

    … 多く見られた.手術症例は20例で全例に輪状靱帯,滑膜ひだ,関節包など硬化した複合体が存在し,この組織と短橈側手根伸筋腱付着部の変性断裂部には豊富な線維成分が観察された.同部位に炎症細胞浸潤は全く見られず変性と修復を繰り返して瘢痕化していた.本疾患は短橈側手根伸筋腱の損傷で生じるが重症化したものでは硬化した関節内複合体の関与が大きいと思われた.本来炎症所見に乏 …

    Journal of Japan Elbow Society 24(2), 289-295, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Histological Study of En-bloc Specimen from ECRB Origin in Patients with Humeral Lateral Epicondylitis  [in Japanese]

    Imada Hideaki , Shibuya Hayatoshi

    <p> 上腕骨外側上顆炎9名10肘の手術時に採取したECRB付着部の一塊標本を分析することで本疾患の病態・治療法について検討した.術中,変性部分を外側上顆付着部から輪状靱帯中枢2分の1にかけて一塊として紡錐形に切除しこれを病理検査にて評価した.全例においてenthesisにおける膠原線維の亀裂や縦断裂ならびに小血管とそれを取り巻く線維芽細胞の小葉状の増生(angiofibroblast …

    Journal of Japan Elbow Society 24(2), 296-301, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • O-002 上腕骨外側上顆炎患者と健常者との関節可動域の比較  [in Japanese]

    北村 望美 , 鍋島 雅美 , 君塚 実和子 , 平井 竜二 , 山北 令子 , 鈴木 康仁 , 木村 黎史

    … <p>【目的】</p><p>上腕骨外側上顆炎( 以下上顆炎) は, 短橈側手根伸筋を主体とする上腕骨外側上顆の伸筋付着部障害とされている.しかし病態は不明確な点が多く, 長期化する症例や再発する症例を多く経験する. …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 36(0), 2-2, 2017

    J-STAGE 

  • O-058 橈骨頭の動態に着目し症例改善を認めた上腕骨外側上顆炎の一症例  [in Japanese]

    松本渉 , 鈴木厚太 , 竹内大樹 , 青山倫久

    … <p>【はじめに】上腕骨外側上顆炎は短橈側手根伸筋(以下ECRB)腱の微小断裂で生じる付着部症である。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 35(0), 58, 2016

    J-STAGE 

  • The Repair of the Extensor Carpi Radialis Brevis with Simultaneous Arthroscopic Procedures for Humeral Lateral Epicondilitis  [in Japanese]

    Matsuura Takeshi , Sugawa Kei , Kaneshiro Yoshinori , Yano Kouichi , Sakanaka Hideki

    … 単純MRIにて短橈側手根伸筋(以下ECRB)腱起始部にT2高信号領域を認めた難治性上腕骨外側上顆炎7例7肘を対象とした.関節鏡で滑膜ひだに対して切除,関節包断裂に対して関節包と隣接するECRB腱の郭清を行った.さらに外側上顆から遠位を切開し関節外からECRB腱起始部を末梢に前進させsuture anchorを用いて再縫着する手術を施行した.</p><p> …

    Journal of Japan Elbow Society 23(2), 330-334, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Short-term Results of Drilling and Suture Anchor Fixation Under Local Anesthesia for the Lateral Epicondylitis  [in Japanese]

    Nagura Naoshige , Kenmoku Tomonori , Onuma Kenji , Nakawaki Mitsufumi , Tazawa Ryou , Kobayashi Akimasa , Takahira Naonobu , Takaso Masashi

    <p> 緒言:上腕骨外側上顆炎3肘に対し局所麻酔下ドリリングおよびアンカーを用いた腱固定術を施行した.</p><p> 対象と方法:男性3例3肘.手術時平均年齢50.0歳,平均保存加療期間8.3か月,手術までのステロイド局所注射回数は平均3.3回(2回~5回)である.局所麻酔下にECRB腱起始部をドリリングし,その遠位をJugger Knotソフトアンカー2本で固 …

    Journal of Japan Elbow Society 23(2), 346-349, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Ultrasonographic Evaluation for Lateral Epicondylitis  [in Japanese]

    Muraoka Kunihide , Soejima Osamu

    … 当院で上腕骨外側上顆炎の治療をうけた患者に対して超音波検査を行った.保存加療の9例9肘と手術加療の6例6肘の計15肘を疾患群,またボランティアの8例16肘を正常群とした.評価する項目は,短橈側手根伸筋(ECRB)腱実質部のhypo echoic lesion,石灰化,付着部での断裂,橈骨頭の可動性である.また,ECRB腱の弾性を定量する試みとして,正常群全例と疾患群の5肘に対してelastographyを行い組織の弾性を示す尺度であるstr …

    Journal of Japan Elbow Society 23(2), 340-342, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Radial Head Replacement for Radiocapitellar Osteoarthritis: Clinical Outcomes and Considerlation of Etiology  [in Japanese]

    Kameda Yusuke , Nishio Yasuhiko , Kondo Makoto , Kato Sadatoshi , Minami Michio , Funakoshi Tadanao , Matsui Yuichiro , Kawamura Daisuke , Iwasaki Norimasa

    … 対象と方法:2013年2月から2015年4月に手術を施行した5例/5肘,平均年齢61.8歳である.術後follow-up期間は平均12.5か月であった.肘関節外側部痛を主訴とし,3例は回内外時にも疼痛を認めた.MRI検査を施行した4/4例で短橈側手根伸筋腱の変性を認めた.Boyd変法とともに人工橈骨頭置換術を施行した.</p><p> …

    Journal of Japan Elbow Society 23(2), 267-269, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 1 / 3
Page Top