Search Results 1-20 of 201

  • Challenges concerning social support for social care facility leavers  [in Japanese]

    横堀 昌子

    青山学院女子短期大学総合文化研究所年報 (28), 21-39, 2020-12-21

    IR  DOI 

  • Challenges concerning social support for social care facility leavers  [in Japanese]

    横堀 昌子

    青山学院女子短期大学総合文化研究所年報 (28), 21-39, 2020-12

  • Influence of Health Literacy and Social Support on the Physical Activity of Older Adults Needing Support -A Comparison with Healthy Older Adults-  [in Japanese]

    小池 友佳子 , 杉澤 秀博 , 杉原 陽子 , 清水 由美子

    老年学雑誌 = Journal of gerontological research (10), 43-54, 2020-03-20

    IR 

  • 韓国の高齢者自殺予防対策について : 民間団体の役割を中心に  [in Japanese]

    松下 茉那

    韓国の高齢者自殺率はOECD平均自殺率の3倍となっており、従来の研究では、高齢者自殺予防において高齢者への社会的サポートと、民間団体が果たす役割が重要であることが指摘されていた。しかし、実際に民間団体が高齢者の自殺予防においてどのような役割を担っているのか、については明らかにされていなかった。そこで、本稿は、行政主体による事業と、民間団体の活動、そして、官民連携事業の実情について、関係者へのインタ …

    都市と社会 (4), 134-144, 2020-03

    IR  DOI 

  • Types and number of hobbies and incidence of dementia among older adults: A six-year longitudinal study from the Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES)  [in Japanese]

    LING Ling , TSUJI Taishi , NAGAMINE Yuiko , MIYAGUNI Yasuhiro , KONDO Katsunori

    <p><b>目的</b> 超高齢社会において,認知症予防は重要な課題である。先行研究では,趣味を有する高齢者は認知症リスクが低く園芸,観光,スポーツ系の趣味を行っている者では認知症リスクが低いと報告されている。しかし,趣味の種類の数が増えれば効果も上乗せされるのか,またたとえばスポーツ系の中でも種類によって認知症の発症リスクが異なるのかは明らかでない。本研究の目 …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 67(11), 800-810, 2020

    J-STAGE 

  • Effects of nostalgia and beverages on mood and perceived social support  [in Japanese]

    Kotani Megumi , Kusumi Takashi

    <p>We investigated if beverage were a trigger for nostalgia resulting in psychological effects other than feelings that typically result from drinking a beverage. This study had a pre-post compa …

    Journal of Health Psychology Research, 2020

    J-STAGE 

  • Social capital in disaster-affected areas

    SASAKI Yuri , AIDA Jun , MIURA Hiroko

    <p>近年,自然災害は増加傾向である.建築物,耐震基準や防波堤などのハード面の対策が,災害の被害を減少させるために重要であるが,それだけでは限界がある.そのような中,ソフト面の対策にも注目すべきことが指摘されている.本稿では,健康の社会的決定要因の1つとして注目されているソーシャル・キャピタルに焦点を当て,被災地での影響を概観することを目的とした.災害からの回復の過程である復興期の社会 …

    Journal of the National Institute of Public Health 69(1), 25-32, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Social Support Network of Families Living Abroad  [in Japanese]

    竹田 美知

    目的 日本から海外へと移動した家族に焦点を当て、移動した家族がどのように地域社会の中で人間関係を築き、コニュニティーの一員として生活をしていくかというプロセスをインタビュー調査によって明らかにする。この研究では、長期に海外に滞在している家族(海外長期滞在家族)と、海外転勤をして海外生活を経験し帰国した家族(海外赴任帰国家族)を比較しながら、移動した後の人的ネットワークとその後の人的ネットワークの拡 …

    Journal of the Faculty of Human Sciences, Kobe Shoin Women's University = 人間科学部篇 : JOHS (8), 27-46, 2019-03

    IR  DOI 

  • Intergenerational work relationships and mental health among older workers in Japan:Investigating job satisfaction as a mediator  [in Japanese]

    Harada Ken , Kobayashi Erika

    <p> 本研究は,職場における世代間関係が精神的健康に及ぼす影響を,職場満足度を媒介変数として検討することを目的とした.データは,無作為抽出された首都圏の60〜69歳の男女285人から得た.世代間関係は,職場でのエイジズム,若年世代へのサポートの提供,若年世代との否定的相互作用で測定した.</p><p> 媒介分析の結果,職場でのエイジズムが抑うつに与える直接効果 …

    Japanese Journal of Gerontology 41(3), 306-313, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • がん患者の心理社会的サポートサービスの利用を促進するチラシ開発の試み2  [in Japanese]

    松井 智子 , 平井 啓 , 権藤 恭之 , 佐藤 眞一

    Annual convention of the Japanese Association of Health Psychology : proceedings 32(0), 89, 2019

    J-STAGE 

  • Food Allergies of patients and their families  [in Japanese]

    村上 純子

    日本において,食物アレルギーは1歳以下の乳幼児に比較的よくみられる疾患であるが,食物アレルギーをはじめとしたアレルギー疾患の発症や重症化の要因については明らかになっていないことも多く,治療は対症療法が主となる。 食物アレルギーは患者とその家族,さらにその家族を取り巻く社会にも影響を与える疾患である。特に患者が子どもの場合は,家庭生活を家族,主に母親に依存するため,母親の心的状態と子どもとの関係性が …

    聖学院大学論叢 = The journal of Seigakuin University 32(1), 1-9, 2019

    IR  DOI 

  • Nurses' perceptions of psychosocial support for coronary heart disease patients : A quantitative survey  [in Japanese]

    山田 緑 , 田所 駿一 , 田所 千紗都

    研究報告【目的】本研究では、臨床現場で冠動脈疾患患者のケアにあたっている看護師を対象に、冠動脈疾患患者への心理社会的サポートの実態を明らかにすることとした。【方法】首都圏内4病院に勤務する病棟看護師1,224名を対象に質問紙を配布した。対象者の属性と冠動脈疾患患者への心理社会的サポートについて調査した。無記名郵送法にて質問紙を回収した。【結果】473名の看護師から回答が得られた。勤務部署にかかわら …

    東邦看護学会誌 = Journal of Toho Society for Nursing Research 16(2), 1-7, 2019

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Progress in Medical Technology and Emerging Risk - In Case of Particle Beam Tehrapy for Cancer -  [in Japanese]

    Shigehara Masaaki

    <p>人に関するエマージング・リスクの中から医療技術の進歩によるものとして,がんの粒子線治療を例として,リスクの実態と民間保険会社の商品化の現状について記す。がんの粒子線治療は効用が認められる治療法だが,治療費用が高額となる。現在は一部のがんを除いて,粒子線治療の部分は保険適用が認められない先進医療の扱いを受けている。保険会社は先進医療特約などでこの治療費用に対する準備手段を提供してお …

    Hokengakuzasshi (JOURNAL of INSURANCE SCIENCE) 2018(642), 642_79-642_102, 2018

    J-STAGE 

  • Relationship between the dietary life of the isolated elderly people and social capital in the mountainous area  [in Japanese]

    NAKAMURA Tsutomu

    <b>Ⅰ.はじめに</b><br><br> 中山間地域では生活していくうえで欠かせない食料品や医療・介護サービスへのアクセシビリティが悪い状況において,家族による介護や近隣住民によるコミュニティ機能が健康な食生活を可能にするためのセーフティネットの役割を果たしてきたといわれる。しかし,高齢化や独居・高齢夫婦世帯の増加,コミュニティ機能(ソーシャル・キ …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018a(0), 39, 2018

    J-STAGE 

  • Diagnosis and management of leukemia-predisposing conditions  [in Japanese]

    KUMAMOTO Tadashi

    <p>小児期やAYA世代に発症する造血器疾患には遺伝性血液腫瘍が混在しており,その診断のためには既往歴,家族歴,身体所見が重要である。しかし,典型的な臨床像を呈さない例も多く,遺伝性血液腫瘍を疑った場合は生殖細胞系列遺伝学的検査が必要となる。遺伝性血液腫瘍の責任遺伝子は多岐にわたるため,迅速に診断し,適切な治療方針を立てるためには,染色体脆弱性試験など従来の検査法に加え,多遺伝子解析検 …

    Rinsho Ketsueki 59(11), 2451-2458, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Factors related to eating behaviors in early childhood: Relationships between autistic tendency, sensory characteristics, and childcare environment  [in Japanese]

    SHIZAWA Miho , YOSHIMURA Sayaka , ZHAO Shuo , TOICHI Motomi , HOSHINO Akiko , KATSURA Toshiki

    <p><b>目的</b> 本研究は,地域在住の幼児の養育者を対象に,子供の食行動の問題への子供側の要因および環境要因の食行動への影響を検討することを目的とした。</p><p><b>方法</b> 対象は,A県2市において研究協力の同意が得られた保育所,幼稚園,療育機関に通う4~6歳の子供1,678人の養育者であった。 …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 65(8), 411-420, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Social support network of international immigrant families  [in Japanese]

    MICHI TAKEDA

    目的 日本から海外へと移動した家族に焦点を当て、移動した家族がどのように地域社会の中で人間関係を築き、コニュニティーの一員として生活をしていくプロセスをインタビュー調査によって明らかにする。この研究では、長期に海外に滞在している家族(海外長期滞在家族)と、海外転勤をして海外生活を経験し帰国した家族(海外赴任帰国家族)を比較しながら、移動した後の人的ネットワークとその後の人的ネットワークの拡がりを分 …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 70(0), 42-42, 2018

    J-STAGE 

  • Content analysis of support method for nursing students who took the non-smoking support education : Support method for pregnant women and postpartum women  [in Japanese]

    牛越 幸子 , 宇佐見 友理 , 川口 喜乃 , 内田 みさと , Yukiko Ushigoe , Yuri Usami , Yoshino Kawaguchi , Misato Uchida

    周産期にある女性の禁煙支援は母児の健康管理のために重要である.本研究では,将来,医療職者となっていく看護学生に対して「女性の喫煙」と題した講義を行うことで,看護学生自らが考える禁煙支援について明らかにすることを目的とする. 研究方法は,専門学校の看護学生2年次生34名に対して1コマ90分の講義をおこなった.そののち,看護学生が自ら考える妊婦・褥婦に対する禁煙支援方法について自由記述質問用紙を用いて …

    神戸女子大学看護学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Nursing, Kobe Women's University 3, 19-26, 2018

    IR  Ichushi Web 

  • がん患者の心理社会的サポートサービスの利用に対する態度尺度作成の試み  [in Japanese]

    松井 智子

    厚生の指標 = Journal of health and welfare statistics 64(7), 5-13, 2017-07

    Ichushi Web 

Page Top