Search Results 1-20 of 59

  • 1 / 3
  • ESTIMATION OF THE NUMBER OF PEOPLE UNABLE TO GOING HOME AT DISASTER USING AGGREGATED MOBILE PHONE LOCATION DATA  [in Japanese]

    YOSHIDA Shinya , USUI Tomotaka , YAMAMOTO Toshiyuki , MORIKAWA Takayuki

    … 滞留者数の推定を目的とする.流動人口統計の居住エリアデータを,住宅地図データ等を用いて細分化し,交通手段や移動滞留属性を付加した任意の時刻における詳細な OD データを生成するとともに,時空間内挿法を用いたシミュレーションを行った.その結果,既存手法と比較し,より詳細な人口流動を把握できるようになった.また,滞留者の移動抑制が避難施設への収容人数,駅滞留者の削減へ一定の効果があ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 76(5), I_719-I_727, 2021

    J-STAGE 

  • A basic study on the earthquake risk assessment methods of landslide and valley-filling embankment slope  [in Japanese]

    NISHIYAMA Taku , CHIBA Noriyuki

    … また,震度法を適用した安定計算で用いる震度係数(<i>k</i><sub>e</sub>)の算定において,空間内挿法を適用した地表面最大加速度(PGA)から求められる増幅係数(λ)を用いる方法を提案した。 …

    Japanese Geotechnical Journal 16(1), 87-103, 2021

    J-STAGE 

  • SEISMIC FRAGILITY CURVE OF NATURAL SLOPE BASED ON SLOPE FAILURE DATABASE  [in Japanese]

    YOSHIDA Ikumasa , ONO Tatsuya

    … ある崩壊面積比率と地震動強度の関係を整理して損傷度曲線を求めた.地震動強度については気象庁と防災科学技術研究所から 131 地点の地表面最大加速度と計測震度の情報を入手して,クリギングにより空間内挿して推定した.これらの情報に基づき,崩壊面積比率を目的変数,斜面勾配と地震動強度を説明変数とした重回帰分析を行い,損傷度曲線を算定した.この損傷曲線により任意の斜面勾配及び地震動強度に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 76(2), I_521-I_529, 2020

    J-STAGE 

  • Waldo Tobler's Legacy in Cartography and Geographic Information Science and Its Inheritance  [in Japanese]

    Wakabayashi Yoshiki

    … 前提に反するその性質は,GISの発達とともに,空間データ独自の分析手法(ローカルな自己相関統計や地理的加重回帰分析)の開発につながっている.</p><p></p><p>地理学第一法則はまた,空間内挿や平滑化によって離散的な空間データから連続的なデータを作り出す根拠を与えている.それはToblerが手がけた人口統計の研究の中で,人口移動の流れをベクトル場として視覚的に表現する方法や,世界の …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 171, 2020

    J-STAGE 

  • Visualization Service for Congestion Degree Using BLE Beacons  [in Japanese]

    佐藤 大祐 , 美原 義行 , 佐藤 吉秀 , 田中 悠介 , 宮本 勝 , 佐久間 聡

    … 内の人数として,そのBLEビーコンの電波を最も強く受信したユーザの数を数えることで求め,この人数をカバー範囲の面積で割ることで群集密度を求める.BLEビーコンを設置できない箇所も存在するため,空間内挿によりBLEビーコン地点間の混雑度を求める.本システムを,2日間で約5万人が来場する大規模なイベントに対して適用した.表示デザインの視認性の観点から判断し,10m程度の間隔でビーコンを設置し,ビ …

    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS) 8(1), 1-10, 2018-01-30

    IPSJ 

  • Estimation of Human Damage from the Nankai Trough Earthquake Tsunami Based on Various Scenarios Using Geo Big Data: Case Study in Kochi City  [in Japanese]

    Yoshiki OGAWA , Yuki AKIYAMA , Hiroshi KANASUGI , Ryosuke SHIBASAKI

    … ッグデータを用いて被害予測に適用可能なミクロデータを整備することで高精細な被害推定を目指す.そのためにGPS付帯の携帯電話のプローブデータ,住宅地図,電話帳などのジオビッグデータを用いて時空間内挿することで,季節ごとの数日間ずつを対象に15分単位の詳細な人の流動が把握できる人流データを開発した.また,整備した人流データを用いて津波・倒壊・火災による人的被害を統合的に推定する環境を …

    E-journal GEO 13(1), 140-155, 2018

    J-STAGE 

  • 淡路島の広葉樹林におけるニホンジカによる植生の衰退について  [in Japanese]

    藤木 大介

    兵庫ワイルドライフモノグラフ (9), 17-28, 2017-03

    JASI 

  • Statistical downscaling of climate change projection using information of a super-high resolution RCM result  [in Japanese]

    Wakazuki Yasutaka

    … 情報を創出するために,統計的ダウンスケーリング法が開発された.その方法では,膨大な計算資源を使う1回の超高解像領域気候実験を実施し,その情報を統計モデル作成に利用する.そのモデルでは,空間内挿(SI)とバイアス補正(BC)が実施される.統計量に対する補正(差や比)が,一般化線形モデルなどを用いてモデル化された.このSI-BCモデルは,関東・中部山岳域を対象とした中解像度の領域気候実験に適用 …

    Proceeding of Annual Conference 30(0), 67, 2017

    J-STAGE 

  • VERIFICATION OF HINDCASTING FOR HIGH WAVE AND STORM SURGE BY GSM DATA SET  [in Japanese]

    HAGA Takuto , SEKI Katsumi , ARIKAWA Taro

    … スケーリングする方法と二次元台風モデルによる方法を用いて擾乱時の海上気象場を作成し,それらを外力条件として波浪・高潮推算を行い,その適用性を検証する事を目的とする.その結果,GSM資料を時空間内挿し作成した気象場を代入し推算を行った場合,波浪推算・高潮推算共に,爆弾低気圧による比較的長期間発生する波の変動に対して高い精度を与えることが確認された.また,二次元台風モデルにより作成 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_145-I_150, 2017

    J-STAGE 

  • Verification of Forecasting Model for Rice Leaf Blast (BLASTAM) by Using High-resolution Meteorological Data in Tohoku Region  [in Japanese]

    OKUBO Sayuri , KANNO Hiromitsu , KOBAYASHI Takashi

    … 葉いもちの感染危険性を気象観測値により推定する葉いもち発生予察システム(BLASTAM)に,アメダス観測値を空間内挿により1kmメッシュに高解像度化したデータを適用して,1978年から2011年の34年間の東北地方での葉いもち発生危険度の年々変動,水平分布を考察した.東北地方での葉いもちの感染危険度(感染好適条件)は冷害年に特に多くみられた.多予察年と少予察年の比較では,東北地方での上層の西風ジェットおよび下層の …

    天気 62(1), 5-15, 2015-01

    NDL Digital Collections 

  • Production of daily meteorological grid dataset in Kyushu considering elevation dependence  [in Japanese]

    maji akihiro , jeon junchang , moramoto takahiro , seto shinta

    【研究の背景・目的 】気象観測システムで観測されるデータは水文分野において重要な気象情報であるが九州の観測所は限りがある.そのためH08モデルと呼ばれる全球水資源モデルを用いて九州の陸域の水循環を推定する際に入力値として面的に隙間のない気象データを入れる必要がある.本研究では標高依存の影響を明確に表すために,標高を考慮した九州(沖縄を除く)の日単位気象グリッドデータを作成する.<br> …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100068, 2015

    J-STAGE 

  • Building of hyperresolution hydrologic simulation framework in Japan  [in Japanese]

    yabu yutaro

    … 研究手法としては、水文シミュレーションフレームワークで用いられる入力データおよびパラメータを空間内挿により複数解像度用意し、また入力データの受け皿であり河道モデルに対して出力値を与える陸面過程モデルを複数用意し、入力とその受け皿を様々に入れ替える事で出力結果の性質を比較し、各要素の高解像度化が現象把握にどのような影響をあたえるのか、またそもそも現状の水文モデルの限界はどこに …

    Proceeding of Annual Conference 28(0), 100037, 2015

    J-STAGE 

  • Assessing decline in deciduous hardwood forests due to sika deer in the Kansai region  [in Japanese]

    藤木 大介 , 酒田 真澄美 , 芝原 淳 [他]

    日本緑化工学会誌 39(3), 374-380, 2014-02

  • Assessing decline in deciduous hardwood forests due to sika deer in the Kansai region  [in Japanese]

    FUJIKI Daisuke , SAKATA Masumi , SHIBAHARA Atsushi , SAKAI Yonezo , INOUE Iwao

    … さらに,4府県のSDRデータを地理情報システム上に取り込んだうえで空間内挿処理を施し,leave-one-out交差検定法で精度検証した結果,4府県スケールにおいて有効な精度で落葉広葉樹林のSDR別の地理的分布を推定することができた。 …

    The Japanese Forest Society Congress 125(0), 392, 2014

    J-STAGE 

  • SPECIAL ISSUE “ Protection and Restoration of Vegetation Damaged by Deer Grazing ”:An assessment of wide-ranging damage to both natural deciduous hardwood and planted coniferous forests caused by sika deer in Kyoto prefecture, Japan  [in Japanese]

    SHIBAHARA Atsushi , SAKAI Yonezou , INOUE Iwao , ANDO Masaki

    … 得られた結果を市販のGIS ソフトに読み込み空間内挿補間を実施し,それぞれの被害の分布地図を作成した。 … 空間内挿の精度を検討した結果,SDR,ヒノキ剥皮およびスギ剥皮の推定精度はいずれも良好であった。 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 39(3), 389-394, 2013

    J-STAGE 

  • SPECIAL ISSUE “ Protection and Restoration of Vegetation Damaged by Deer Grazing ”:Assessing decline in deciduous hardwood forests due to sika deer in the Kansai region  [in Japanese]

    FUJIKI Daisuke , SAKATA Masumi , SHIBAHARA Atsushi , SAKAI Yonezo , INOUE Iwao

    … さらに,4 府県のSDR データを地理情報システム上に取り込んだうえで空間内挿処理を施し,leave-one-out 交差検定法で精度検証した結果,4 府県スケールにおいて有効な精度で落葉広葉樹林のSDR 別の地理的分布を推定することができた。 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 39(3), 374-380, 2013

    J-STAGE 

  • P356 空間内挿データおよび力学モデルによるダウンスケール気象データの比較(ポスター・セッション)  [in Japanese]

    大久保 さゆり , 菅野 洋光 , 福井 真 , 吉田 龍平 , 岩崎 俊樹

    大会講演予講集 104, 469, 2013

    NDL Digital Collections 

  • Eigenvector spatial filtering for continuous space  [in Japanese]

    MURAKAMI Daisuke

    <p>Eigenvector spatial filtering (ESF) is a relatively new technique that considers spatial autocorrelation. It is a practical technique that can be easily implemented using standard statistical …

    Theory and Applications of GIS 20(2), 91-102, 2012-12-31

    J-STAGE  References (22)

  • A Proposal for the Risk Prediction System on the basis of People Flow  [in Japanese]

    SASAKI Mikio , USUI Tomotaka , NAKAMURA Toshikazu , SEKIMOTO Yoshihide

    … 人の流れとデータとは,公的調査で得られた「識別番号,日時,位置,性別,年齢,住所,職業,目的,交通手段」を1分間隔で時空間内挿した時系列データであり,98年東京を皮切りに全国主要都市や海外にも展開されている.この大規模データベースを利用して,いつどこで歩行者と出くわすかを予測できれば,センシングや通信が劣悪でも安定して危険予知が行える.本稿ではヒューマンエラーの背後に存在する車室外要因として最重 …

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 111(486), 17-22, 2012-03-08

    References (9)

  • Application of One-way-nesting Technique on Tidal Current Simulation in Coastal Waters using a Two-dimensional Shallow Water Model  [in Japanese]

    本田 裕理 , 平松 和昭 , 原田 昌佳

    … 本計算法では,大領域における結果を小領域計算へ時空間内挿する必要があり,そのため本研究では「支配領域」という考え方に基づくアルゴリズムを新たに開発した。 …

    九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 67(1), 9-23, 2012-02

    IR  DOI  JASI 

  • 1 / 3
Page Top