Search Results 1-20 of 1197

  • Study of Teeth-clenching in Sports  [in Japanese]

    竹内 正敏 , 下里 武巳

    スポーツ歯学 22(2), 42-49, 2019-02

  • Relationships between Skeletal Muscle Characteristics of the Gluteus Medius and Gait Parameters in a Patient after Surgery for Osteoarthritis of Hip with Limp Remaining at 9 Months after Rotational Acetabular Osteotomy  [in Japanese]

    INOUE Junji , OKU Kosuke , MORI Takuya , TANAKA Takahiro , KATO Takehiro , NAKANO Hideki , MATSUGI Akiyoshi , KIMURA Daisuke , KAWAHARA Isao

    … 側中殿筋のEMDが健側と比較して延長していた.〔介入〕最大等尺性収縮運動を複数回実施させ,介入期間は5日間とした.〔結果〕介入後,患側中殿筋のEMD,立ち上がり速度,中間周波数が改善し,それに伴い歩行時の骨盤傾斜角および体幹傾斜角に改善を認めた.〔結語〕Duchenne徴候を呈する変形性股関節症術後患者に対して,等尺性収縮運動が中殿筋のEMDを改善させ,中殿筋のEMD改善と骨盤傾斜角 …

    Rigakuryoho Kagaku 34(2), 265-270, 2019

    J-STAGE

  • Mechanical Characteristics of the Knee Extensor Muscles and Patellar Tendon under Isometric Contraction at Different Joint Angles  [in Japanese]

    TANAKA Shigeharu , IMAWAKA Taro , TSUNODA Naoya

    … <p>〔目的〕本研究ではMCセンサー法を用いて異なる関節角度における等尺性収縮時の膝伸展筋群および膝蓋腱の力学的活動について検討した.〔対象と方法〕対象者は健康な成人男性11名とした.測定は股関節角度0°および90°,膝関節角度30°および90°を組み合わせた4つの姿勢で行った.内側広筋斜頭,外側広筋,大腿直筋および膝蓋腱の形状変化量はMCセンサー法により計測した.〔結果〕膝伸展筋群の形状変化 …

    Rigakuryoho Kagaku 34(1), 89-96, 2019

    J-STAGE

  • ロコモを知り,ロコモを防ぐ : 在宅で取り組みたいロコモ対策(第16回)在宅におけるロコトレ効果の最大化  [in Japanese]

    安部 能成

    在宅新療0→100 : 0歳-100歳までの在宅医療と地域連携を考える専門雑誌 : the Japanese journal of home care medicine for all ages 3(8), 782-785, 2018-08

    Ichushi Web

  • Muscle synergies in isometric contraction with different accuracy  [in Japanese]

    児島 智史 , 武田 美咲 , 南部 功夫 , 和田 安弘

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(507), 103-108, 2018-03-13

    Ichushi Web

  • Considerations for trunk and leg muscular activity with CBB attachment in different movements  [in Japanese]

    山元 総勝 , 武藤 大樹

    … 各課題筋活動は,RMS で平滑化処理(ウインドウ幅100ms)後,ピーク値を算出し,最大等尺性収縮(MVC)と比較し各筋の%MVC(各動作のピーク値/ MVC)を求め,各課題間で比較した。 …

    熊本保健科学大学研究誌 = Journal of Kumamoto Health Science University (15), 39-51, 2018-03

    IR

  • Characteristics of respiratory muscle activity due to load pressure difference in inspiratory resistance load breathing  [in Japanese]

    Fukui Tomoko , Okura Kazuki , Takahashi Akiho , Horimizu Yu , Ito Tomoaki , Satake Masahiro , Shioya Takanobu

    … 40%,60%,80%の各負荷圧で吸気抵抗負荷呼吸を実施させた.その際に,横隔膜の筋厚変化率(∆Tdi%)を超音波画像診断装置,肋間筋と胸鎖乳突筋の筋活動を表面筋電図にて測定した.筋活動は,最大等尺性収縮の交流実効値に対する百分率(%MVC)を算出した.</p><p>【結果】∆Tdi%は,PImaxの40%の負荷で最も高値となり,60%以上の負荷では有意に減少した.肋間筋と胸鎖乳突筋の%MVCは,負荷圧の増加 …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation 27(3), 349-352, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

  • 20181220  [in Japanese]

    高野 利彦 , 新木 健太 , 長谷川 光輝 , 峯崎 貴博

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 37(0), 0009, 2018

    J-STAGE

  • Evaluation of a Surface Electromyogram Frequency Analysis Method for Muscle Fiber Evaluation in the Gastrocnemius Muscle  [in Japanese]

    MORI Takuya , MIYAGAWA Yoshihiro , OKU Kousuke , HASHIMOTO Masashi , MORII Yuta , KOBAYASHI Isao , KAWAHARA Isao

    … 〔目的〕表面筋電図(EMG)の周波数解析にて,筋線維別周波数分布割合の評価を行う方法を検討することである.〔対象と方法〕健常成人24名とした.腓腹筋の随意収縮(VC)と最大随意収縮(MVC)の等尺性収縮中の筋活動をEMGで測定した.パワースペクトラム分析にて0~260 Hzにおける周波数分布における振幅の割合に変換した.それらを筋線維別に比率化し,周波数パターンと解析を行った.〔結果〕VCとMVC間で筋線 …

    Rigakuryoho Kagaku 33(5), 779-782, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

  • Contribution of pharmacological research to the discovery of a first-in-class drug, mirabegron, for the treatment of overactive bladder  [in Japanese]

    Ueshima Koji , Ukai Masashi

    … 麻酔ラットにおいて静止時膀胱内圧を低下させた.また,ラット過活動膀胱モデルにおいて,ミラベグロンは蓄尿機能の改善作用を示した.さらに,臨床効果を予測するためにヒト膀胱組織を用いてin vitro等尺性収縮実験が行われ,ミラベグロンはヒト膀胱平滑筋の弛緩作用を示した.過活動膀胱患者を対象とした臨床試験において,ミラベグロンは優れた有効性と忍容性を示した.これらの薬理研究から得られたエビ …

    Folia Pharmacologica Japonica 152(3), 111-118, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

  • The effect of dexmedetomidine on swine isolated endothelium-denuded lingual arterial vascular smooth muscle  [in Japanese]

    CHIKUDA Mami , JOH Shigeharu , SATO Kenichi

    … 起こしかねない.それらの偶発症を未然に防ぐためにアドレナリンに代わる循環動態変化のより少ない局所麻酔薬添加薬が必要と考えられ,デクスメデトミジン塩酸塩(Dex)が注目されている.今回われわれは,顎顔面領域の主要動脈の一つである舌動脈血管平滑筋に対するDex の作用およびその作用機序について等尺性収縮張力と細胞内カルシウムイオン([Ca<sup>2+</sup>]i)動態を同時測定し検討を行った. …

    Dental Journal of Iwate Medical University 43(1), 83-96, 2018

    IR J-STAGE Ichushi Web

  • Flow changes of deep femoral vein at different exercise patterns in immobilized lower leg using ankle brace  [in Japanese]

    FUJIWARA Yoshiko , TANAKA Yasuhito , KATOU Yumi , YAMAMOTO Yuzou , KIKUTA Kenta , FUKUMOTO Aiki , UYAMA Fumi , TOMIWA Kiyonori , NAKAGAWA Yoshiyuki , TANIGUCHI Akira

    … 診断装置を用いて計測し,下腿運動と深部静脈血流の相関について検討した.<B>対象と方法</B>:健常人87名,平均年齢41±11.2歳を対象に,安静時,2回/分,6回/分,12回/分の前脛骨筋,下腿三頭筋等尺性収縮運動時の大腿静脈の最高血流速度(cm/秒)・単位時間血流量(l/分)と運動直後最高血流速度(cm/秒)と安静時の血流速度に戻るまでの効果持続時間(秒)を計測した.統計学的解析は,Friedman …

    Choonpa Igaku 45(3), 311-316, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

  • Changes in T2 Relaxation Time of Forearm Muscles by Wrist Extension of 15% Maximum Voluntary Isometric Contraction  [in Japanese]

    吉田 一也 , 高森 正祥 , 秋山 純和 , 瀬尾 芳輝 , Kazuya Yoshida , Masayoshi Takamori , Sumikazu Akiyama , Yoshiteru Seo

    … I法は,表面筋電図法,超音波法に加え新しい骨格筋の運動分析法として注目されている.本研究では,物を把持するなど日常生活で重要な手関節伸展運動について検討した.健常人8名を被験者とし,最大等尺性収縮筋力の15%の等張性収縮運動の前後でのT2強調画像とT2の変化,および運動後25分の回復を測定した.測定筋は,短橈側手根伸筋,総指伸筋,小指伸筋,円回内筋,尺側手根伸筋,深指屈筋,浅指屈筋,尺 …

    Dokkyo Journal of Medical Sciences 44(1), 73-79, 2017-03-25

    IR Ichushi Web

  • 等尺性収縮による舌骨上筋群筋活動の検討  [in Japanese]

    中平 真矢 , 室伏 祐介 , 小田 翔太 , 西 浩平 , 矢野川 大輝 , 矢野 衆子 , 細田 里南 , 永野 靖典 , 兵頭 政光 , 池内 昌彦

    国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌 38, 16-20, 2017-03

    Ichushi Web

  • The effects of skin cooling on the rate of force development during low intensity isometric contraction  [in Japanese]

    内藤 祐子 , 與那 正栄 , 下瀬 良太 , 只野 千茅 , 菅原 仁 , 関 博之 , 松本 高明

    国士舘大学体育研究所報 = The annual reports of health, physical education and sport science 36, 119-122, 2017

    Ichushi Web

  • 超音波診断装置を用いた大腿四頭筋の等尺性収縮時の筋硬度解析  [in Japanese]

    山内 智之 , 来間 弘展 , 雨宮 耕平

    臨床理学療法研究 34, 9-14, 2017

    Ichushi Web

  • 20190403  [in Japanese]

    土肥 沙央里 , 小林 英美 , 島 光司 , 木村 泰 , 高橋 勇貴 , 橋元 崇

    … 術後7 日目より膝伸展位での歩行訓練を開始.14 日目に等尺性収縮での筋力訓練を開始し16 日目に自宅退院.28 日目に可動域訓練, 自重でのOKC 訓練を開始.50 日目に徒手抵抗でのOKC およびCKC 訓練を開始. …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 36(0), 287-287, 2017

    J-STAGE

  • 20190403  [in Japanese]

    梶山 裕太 , 溝口 想 , 江連 智史 , 黒川 純

    … 筋電図解析は5 秒間の等尺性収縮中の安定した筋活動が得られた中間3 秒間とした. …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 36(0), 199-199, 2017

    J-STAGE

  • 04生−10−口−16 運動イメージ傾向がもたらす脳波律動性の個人差:運動皮質近傍にみられる事象関連脱同期に着目して  [in Japanese]

    鳥山 央人 , 牛山 潤一

    … 本研究では、手関節伸展運動を対象とし、安静から実行(弱い等尺性収縮)またはイメージに変化する際の、脳波のアルファ帯パワーの減少量を定量評価指標とした。 …

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 68(0), 133_1-133_1, 2017

    J-STAGE

  • The elastic protein connectin/titin in skeletal muscle contraction  [in Japanese]

    Watanabe Masahito , Hayasaki Hana , Yurugi Yuko , Genn Aki , Hashimoto Jyuniti

    … ラメントは筋節内で収縮単位として働いている.筋収縮はアクチンフィラメントがミオシンフィラメントに対して滑走するいわゆる,フィラメント滑走-クロスブリッジ説に従って起こる.求心性収縮や等尺性収縮はこの原理で説明できる.しかしながら,遠心性収縮では筋の伸張に対する抵抗力が生じるが,これはフィラメント滑走-クロスブリッジ説で説明できない.ここではコネクチン/タイチンという第</tt …

    Journal of allied health sciences 8(2), 117-122, 2017

    J-STAGE Ichushi Web

Page Top