Search Results 1-11 of 11

  • An Empirical Study on Detection and Classification of Multiple target for Wideband Automotive Radar  [in Japanese]

    OKAMOTO Yuki , MATSUNAMI Isamu , KAJIWARA Akihiro

    … 近年,超短パルスによる近距離周辺監視用車載レーダが注目されているが,不要反射波(クラッタ)が多い路上環境下で目標車両を正確に検知・識別することは難しい.しかし,パルス繰返し周期ごとに受信した超短パルスから各反射波の信号軌跡を推定することによりクラッタの中からの複数車両の分離・識別が期待できる.本論文では,ハフ変換を用いた複数車両とクラッタの一括検知・識別法を提案し,その有効性について実 …

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 95(8), 976-979, 2012-08-01

    References (7) Cited by (2)

  • Wide Dynamic-Range Fiber-Optic Hydrophone  [in Japanese]

    SATO Ryotaku

    … 調する光ファイバハイドロホンを構成し,位相変化が速いときにサンプリングが間に合わなくなり復調できなくなる現象をパルス列が乱れないようにパルス繰返し周期を短くしてサンプリングを速くすることで改善した.そして,パルス繰返し周期を1/20まで短縮して最大検出限界が26dB高くなることを水中音での試験で確認した.直線性については周波数が異なる低レベルの信号と高レベルの妨害音を同 …

    IEICE technical report. Ultrasonics 111(311), 15-20, 2011-11-24

  • Improvement of Detection Probability and Velocity Measurement Accuracy in Coherent Pulse Integrating Using Velocity Compensation by Range Shift of Chirp Pulse Compression  [in Japanese]

    KAGEME Satoshi , HARA Teruyuki

    … 考えられる.本論文では,移動目標に対するチャープパルス圧縮の結果が,移動目標との相対速度にほぼ比例した距離だけシフトして測距されることを利用し,アップチャープ変調,ダウンチャープ変調をパルス繰返し周期(PRI:Pulse Repetition Interval)ごとに交互に送受信した結果,得られるチャープパルス圧縮の距離シフトから求めた相対速度を用いてパルス間の速度補正を行うことでコヒーレント積分を可能とし,更に速度折返し …

    The IEICE transactions on communications B 94(4), 637-645, 2011-04-01

    References (9)

  • Representation of repetitive structures in speech and its application to F0 and aperiodicity extraction  [in Japanese]

    ITAGAKI Hanae , MORISE Masanori , NISHIMURA Ryuichi , IRINO Toshio , KAWAHARA Hideki

    … 広い繰返し周期の範囲にわたる構造を抽出するために、提案する方法では、それぞれ特定の周期の繰り返しの抽出に特化した一群の検出器を配置し、それらの出力を統合している。 …

    IEICE technical report 109(100), 91-96, 2009-06-18

    References (16)

  • Molecular Design of Block- and Graft Polymers and Their Nanophase-Separated Hierarchical Structures in Condensed Systems  [in Japanese]

    MATSUSHITA Yushu , TAKANO Atsushi , TORIKAI Naoya , NORO Atsushi

    … 中心となる章は4章であり, この章は1) 組成に依存したモルホロジー変化の研究, 2) ドメインの繰返し周期と分子形態, 3) 外的条件に伴う相転移とドメイン界面に関する研究, 4) 新規分子設計と新モルホロジーの構築, からなっている. …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 63(4), 205-218, 2006-04-25

    J-STAGE  References (103)

  • Source Information Extraction for High-Quality Speech Analysis, Modification and Synthesis  [in Japanese]

    河原 英紀 , 高橋 徹 , 坂野 秀樹 [他]

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 34(9), 615-620, 2004-11-13

  • A Study of Mode-Locking Laser with Two PM-I-FPs  [in Japanese]

    SHIKATANI Motokazu , IZUTSU Masayuki

    … 高次FMモード同期レーザにおいて高い繰返し周期の短パルス発生への問題となっているのは,変調器の物理的制限から変調指数が大きくできないため十分な高次成分を発生できないことである.本論文ではPM-I-FP(位相変調器・アイソレータとファブリペローエタロン)の合成伝達関数を0位相状態とπ位相状態で同形にする新方式による2組のPM-I-FPを用いた高次FMモード同期レーザを提案し解析結果を示す.この方式を用いること …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C 85(7), 531-539, 2002-07-01

    References (7)

  • Preparation of Graft Copolymers of the AB_2 type and Their Equilibrium Structures in Bulk  [in Japanese]

    MASTUSHITA Yushu , TAKANO Atsushi , TORIKAI Naoya , WATANABE Jun , YOSHIDA Yuhma , MOMOSE Hikaru , SUZUKI Jiro

    … またSP<SUB>2</SUB>が作るミクロドメインの繰返し周期は同じ分子量をもつSPのものより定量的に小さいことも確かめられた. …

    KOBUNSHI RONBUNSHU 57(12), 803-809, 2000-12-25

    J-STAGE  References (28)

  • Piezoelectric Copolymer Jacketed Fiber-Type Mode-Locked Laser  [in Japanese]

    SATO Shinya , IMAI Masaaki

    … ネオジウムドープファイバをレーザ媒質とファイバ型位相変調器に用いたこのレーザにおいて, 波長1.06μm, 繰返し周期98.12MHz, 半値全幅(FWHM) 2.2nsのパルス出力を得た. …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C-(0xF9C1) 00080(00008), 374-379, 1997-08-25

    References (16)

  • Moving Target Detection by Quadrature Mirror Filter  [in Japanese]

    EHARA Naoki , SASASE Iwao , MORI Shinsaku

    … づくドップラーフィルタバンクが使われている.これは,移動する目標がドップラーによる周波数偏移を受けることをうまく利用したものである.移動目標表示処理やドップラーフィルタバンク処理は,パルス繰返し周期を単位として行われるため,フィルタバンクから出力を得るまでに数パルスを必要とする.電子走査アンテナを用いた捜索レーダを考えたときに,一つのビーム走査位置に複数のパルスが必要であることは,レ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00078(00005), 401-407, 1995-05-25

    References (10) Cited by (3)

  • <Summary of Doctorate>Diffraction Study of the Structural Phase Transition on the Phospholipid Bilayer System  [in Japanese]

    UENO Satoru

    … その結果P_β'相とP_β' (mst)相のいずれから急冷した場合もリップル周期に対応する回折ピークが約20秒で消滅し,ゲル相の膜間の繰返し周期に対応する回折ピークは,リップル周期に対応する回折ピークの消滅後に成長している。 …

    Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. IV, Science reports : studies of fundamental and environmental sciences (18), 107-109, 1992-12-31

    IR 

Page Top