Search Results 1-20 of 55

  • 1 / 3
  • TACE(肝動脈化学塞栓術) (特集 この治療、どんなだっけ? 消化器内科の治療と検査"パッと見"カンペ : 内視鏡・経皮的治療・カテーテル治療…) -- (カテーテル治療)  [in Japanese]

    佐藤 大樹 , 園村 哲郎

    消化器ナーシング = Syokaki nursing : the Japanese journal of gastroenterology nursing 24(3), 264-267, 2019-03

    Ichushi Web 

  • Acquired hemophilia A with high-titer factor VIII inhibitor developing subsequent to clopidogrel administration  [in Japanese]

    SHIMIZU Takuya , NOGAMI Keiji , MIZUTANI Chisato , IMADA Kazunori

    … アルコール性肝硬変から,肝細胞がんを来し,肝動脈化学塞栓術を複数回受けていた。 …

    Rinsho Ketsueki 60(4), 291-295, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Gangrenous Cholecytitis Caused by Transcatheter Arterial Chemoembolization  [in Japanese]

    KITADA Yuichiro , FUJIWARA Hiroki , ONO Hidetaka , BABA Hiroyuki , ABE Tetsuo , SUGITA Mitsutaka

    … 症例は87歳,女性.肝細胞癌に対して計2回の肝動脈化学塞栓術(transcatheter hepatic arterial chemo embolization: 以下TACE)を施行し経過良好であった.しかし,3回目のTACEにてリピオドール(一般名: ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステル)を用いて動脈塞栓を施行したところ,胆嚢へのリピオドール沈着が疑われ,直後に心窩部痛を認めた.翌日施行した腹部単純CTにて,胆嚢壁へのリピオドール残存を示唆する高吸収域,胆嚢 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 79(8), 1753-1757, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of hepatocellular carcinoma with iliac metastasis achieving complete long-term remission by multidisciplinary therapy with radiation therapy, transcatheter arterial chemoembolization, and sorafenib  [in Japanese]

    Wakabayashi Shunichi , Komatsu Michiharu , Umemura Takeji , Matsumoto Akihiro , Tanaka Eiji , Yamazaki Tomoo , Joshita Satoru , Kurozumi Masahiro , Sugiura Ayumi , Fujimori Naoyuki , Shibata Soichiro , Ichikawa Yuki , Morita Susumu

    … は,肝両葉に多発する腫瘤性病変と,左腸骨には動脈早期相で濃染を呈する転移性病変を認め,多発肝細胞癌・腸骨転移と診断した.骨転移巣への放射線照射の後,肝内最大病変と左腸骨病変に対して肝動脈化学塞栓術(TACE)を施行した.7月よりsorafenib 400 mg/日を開始し,8月と12月に肝内残存・再発病変に対してTACEを追加した.その後,sorafenib 200 mg/日の内服を継続し,4年間以上寛解状態を維持している.肝細胞癌骨 …

    Kanzo 59(2), 117-124, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Transcatheter arterial-embolization for hepatocellular carcinoma  [in Japanese]

    荒井 保明

    臨床放射線 62(4), 507-515, 2017-04

    Ichushi Web 

  • TACE for advanced stage HCC (BCLC intermediate stage B)  [in Japanese]

    川村 祐介 , 池田 健次

    外科 = Surgery : 臨床雑誌 79(2), 111-117, 2017-02

  • Hepatocellular carcinoma in a case of Wilson's disease with non-cirrhotic liver  [in Japanese]

    Fukutomi Keisuke , Honma Keiichiro , Morii Eiichi , Takehara Tetsuo , Sakamori Ryotaro , Furuta Kunimaro , Shigekawa Minoru , Yamada Ryoko , Kodama Takahiro , Hikita Hayato , Yakushijin Takayuki , Tatsumi Tomohide

    … 生検で中分化型肝細胞癌と診断した.背景肝組織には軽度の線維化を認めたが,肝硬変には至っていないと考えられた.また,肝実質に銅ならびに鉄の蓄積を認めた.肝細胞癌に対して経カテーテル的肝動脈化学塞栓術ならびにラジオ波焼灼療法を施行した.Wilson病における肝発癌は稀とされているが,非線維化進展例からの肝発癌報告は特に少ない.Wilson病における肝への鉄の蓄積と発癌との関連について,文献的考 …

    Kanzo 58(9), 519-527, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Difficult-to-diagnose Case of Atypical Pulmonary Carcinoid and Liver Metastases with Chronic Hepatitis C  [in Japanese]

    Sasahara Yosuke , Shimabukuro Ikuko , Yoshii Chiharu , Torii Ryo , Noguchi Shingo , Yatera Kazuhiro

    … としてカルボプラチン,エトポシドの併用化学療法を行ったが肝障害のため継続不能であった.閉塞性肺炎を繰り返したことから右肺腫瘍に対して右中葉切除+リンパ節郭清を施行し,肝転移に対して肝動脈化学塞栓術を2回行った.しかし,徐々に全身状態が悪化し,初診から3年後に永眠した.<b>結論.</b>慢性C型肝炎を合併し肝転移を有する肺原発カルチノイドの症例を経験した.肝腫瘍に対し,患者背景 …

    Haigan 57(3), 205-210, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of patient of hepatocellular carcinoma living for 10 years without any troubles after five repetition treatments  [in Japanese]

    Munemori Michiko , Yamada Hiroyasu , Morihara Masao , Kitamoto Mikiya , Hanada Maiko , Otani Rina , Tomokiyo Serami , Namba Tomoyo , Saeki Sho , Tamura Akihisa , Kurose Taichi

    … 今回,我々は89歳で肝細胞癌を初発し,5回の治療反復により,10年間の経過観察し得た象徴的な症例を経験した.2007年(89歳時)に肝S4に対してラジオ波熱凝固(RFA)を施行した.2010年(93歳時)にS1を肝動脈化学塞栓術(TACE),2011年(94歳時)にS3をRFA,2014年(97歳時)にS6をTACE施行した.99歳の今回は,PIVKA-IIの再上昇を認め,造影CTでS3,S6にそれぞれ長径13,15 mm大の肝細胞癌を認めた.TACEを行い,過去の治療部の再 …

    Kanzo 58(4), 228-232, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Hepatocellular carcinoma complicated by acute promyelocytic leukemia: a case report  [in Japanese]

    Maeda Takahiro , Tawada Akinobu , Mimura Naoya , Sakaida Emiko , Nakaseko Chiaki , Kishimoto Takashi , Chiba Tetsuhiro , Ooka Yoshihiko , Yokoyama Masayuki , Wakamatsu Toru , Inoue Masanori , Saito Tomoko , Kusakabe Yuko , Ogasawara Sadahisa , Suzuki Eiichiro

    … の胆管炎の合併はなかったため,APLに対する治療を優先し,全トランス型レチノイン酸(ATRA)による寛解導入療法を開始した.入院後1カ月の時点でAPLの血液学的完全寛解を確認したため,HCCに対して肝動脈化学塞栓術(TACE)を施行した.その後亜ヒ酸を用いた地固め療法およびATRAによる維持療法を行い,APLは寛解が維持された.一方で,TACEによるHCCの制御は困難であり,経過中に多発性肺転移を認めた.ソラフェニ …

    Kanzo 58(3), 176-182, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Gastric Metastasis of Hepatocellular Carcinoma  [in Japanese]

    Okamoto Tomohiro , Oh Koushi , Hai Seikan , Okada Toshihiro , Satake Makoto , Fujimoto Jiro

    … 再発に対しラジオ波焼灼術を施行.2007年8月,門脈腫瘍栓(Vp3)を伴う再発に対し肝動注化学療法を施行後,肝右葉切除術および門脈腫瘍栓摘出術を施行.その後も繰り返す再発にラジオ波焼灼術や肝動脈化学塞栓術で治療しながら経過観察していたところ,2009年12月,上部消化管内視鏡検査で胃噴門部に易出血性の巨大な不整形の腫瘤性病変を認め,生検にて肝細胞癌の胃転移と診断され,胃全摘術を施行した.病 …

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 41(2), 202-208, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Skin Metastasis after Radiofrequency Ablation for Hepatocellular Carcinoma  [in Japanese]

    TERADA Aoi , TANIZAKI Hideaki , YU Akitoshi , KUROKAWA Teruo , MORIWAKI Shinichi

    … 当院消化器内科にてB型肝炎による肝細胞癌(stage II)と診断され,肝動脈化学塞栓術および腹腔鏡下肝部分切除術が施行された。 …

    Hifu no kagaku 15(5), 337-340, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of gangrenous cholecystitis after transarterial chemoembolization with Drug-Eluting Beads  [in Japanese]

    Kusakabe Makoto , Shimizu Tetsuya , Yokomuro Shigeki , Uchida Eiji , Mizuguchi Yoshiaki , Kanda Tomohiro , Furuki Hiroyasu , Mamada Yasuhiro , Taniai Nobuhiko , Nakamura Yoshiharu , Matsushita Akira , Yoshioka Masato

    … <p>症例は70歳男性.B型肝硬変を背景とし,肝内側区域に多発肝細胞癌が認められた.腫瘍に対して肝動脈化学塞栓術(TACE)を計5回施行し,stable diseaseであった.しかし6回目のTACEにて中心循環系血管内塞栓促進用補綴剤(以下,球状塞栓物質)を用いて動脈塞栓を施行したところ,その直後より腹痛および嘔吐を認めた.塞栓直後の腹部単純CTにて胆嚢壁に一致して球状塞栓物質の停滞を示唆する高吸収域が認めら …

    Tando 30(4), 782-786, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of hepatocellular carcinoma with spontaneous regression of a tumor thrombus invading the main portal trunk  [in Japanese]

    Ooka Yoshihiko , Maruyama Hutoshi , Kishimoto Takashi , Yokosuka Osamu , Chiba Tetsuhiro , Inoue Masanori , Wakamatsu Toru , Saito Tomoko , Sekimoto Tadashi , Ogasawara Sadahisa , Suzuki Eiichiro , Tawada Akinobu

    … なった.禁酒をした上で肝庇護剤および利尿剤の内服をしつつ自宅療養を行っていたところ,腹水の消失をみとめ,当科初診後6カ月の時点で精査・加療目的で入院となった.ダイナミックCTおよび造影超音波の結果,門脈腫瘍栓は著明な退縮傾向を示した.HCCの肝内病変に関しては残存していたため,肝動脈化学塞栓術(TACE)を施行し,良好な治療効果を得た.退院後6カ月が経過したが,外来にて経過観察中である. …

    Kanzo 57(4), 178-185, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 悪性肝腫瘍に対するビーズを用いた新規肝動脈化学塞栓術(TACE)  [in Japanese]

    田中 利洋 , 西尾福 英之 , 佐藤 健司 , 正田 哲也 , 前田 新作 , 穴井 洋 , 吉川 公彦 , 小山 文一 , 庄 雅之 , 中島 祥介 , 高野 将人 , 大林 千恵 , 阪口 浩

    奈良県医師会医学会年報 = The Annals of the Nara Medical Association 28(1), 49-54, 2015

    Ichushi Web 

  • A Case of the Hepatogenic Hydrothorax That Art of Pleurodesis Succeeded by CPAP Combination  [in Japanese]

    Yamamoto Miake , Miyashita Mamiko , Okamoto Syouichi , Kitazono Miyako , Murata Kengo , Wada Akihiko , Takamori Mikio

    … 症例は70歳,女性.慢性C型肝炎,肝硬変があり,肝細胞癌に対して肝動脈化学塞栓術(transcatheter arterial chemoembolization:TACE),経皮的ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation:RFA)を繰り返し施行されていた.増悪する呼吸困難を主訴に来院し,右大量胸水を認めた.肝性胸水と診断し,胸腔ドレーン留置後,連日1,500 ml程度の胸水排液を認めた.経鼻的持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure:CPAP)併用下で胸膜癒 …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 104(3), 590-592, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of a Hematogenous Metastasis of Hepatocellular Carcinoma of the Liver to the Stomach  [in Japanese]

    NAKADE Hiroshi , MATSUMOTO Sohei , WAKATSUKI Kohei , TANAKA Tetsuya , MIGITA Kazuhiro , NAKAJIMA Yoshiyuki

    … 症例は64歳,男性.アルコール性肝炎経過中の2004年に初めて肝細胞癌を指摘され,肝動脈化学塞栓術,放射線療法を行い経過観察していた.2009年6月,上部消化管内視鏡検査で胃体上部に易出血性の粘膜下腫瘍様の隆起性病変を指摘,生検で低分化型腺癌を検出した.その後,腫瘍は急速に増大し貧血の進行を認めたため,2009年9月に胃全摘術を行った.術後病理診断では腫瘍は漿膜下層から粘膜下層にかけて増生し肝 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 76(5), 1137-1141, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Focal nodular hyperplasia-like lesion of progressive type in a patient with congenital hepatic fibrosis: a case report  [in Japanese]

    Arakawa Mie , Endo Mizuki , Mizukami Kazuhiro , Oribe Junya , Daa Tsutomu , Yokoyama Shigeo , Iwashita Yukio , Inomata Masafumi , Kondo Fukuo , Murakami Kazunari , Honda Koichi , Seike Masataka , Tokumaru Tomoko , Tsutsumi Kosiro , Wada Kurato , Iwao Masao , Tokoro Masanori , Syo Hiroki

    … ていた.以前より肝内に多発する早期濃染像が認められていたが増大傾向はなかった.2013年8月の造影CTにて肝S5に増大傾向を示す早期濃染病変を認め,腫瘍生検の結果,高分化型肝細胞癌と診断され,肝動脈化学塞栓術+ラジオ波焼灼療法により治療された.その後肝細胞癌の再発は認めなかったが2014年10月に胆管炎の発症を機に肝機能が増悪し肝不全のため47歳で永眠した.治療した腫瘍の組織診断の再検討をし画像所 …

    Kanzo 56(9), 461-468, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Multiple Liver Metastases of a Neuroendocrine Carcinoma of Unknown Origin  [in Japanese]

    Morihiro Toshiaki , Takeuchi Hitoshi , Aoki Hideki , Kanaya Nobuhiko , Takeda Sho , Sui Kenta , Shigeyasu Kunitoshi , Arata Takashi , Katsuda Koh , Tanakaya Koji

    … 除標本でNECと診断され,肝S6に主病変以外にも12個の腫瘍があった.肝門部リンパ節転移もあり,原発不明NECの肝転移およびリンパ節転移と診断した.その後多発肝転移再発を認め,化学療法,オクトレオチド投与,肝ラジオ波焼灼術や肝動脈化学塞栓術による加療を行った.予後不良と考えられたが,術後34か月の生存が得られた.NECは予後不良とされるが,集学的治療により生存期間延長が期待できる可能性がある. …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 48(2), 94-101, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 1 / 3
Page Top