Search Results 1-20 of 2248

  • The three-year survival and recurrence after stroke in the era of direct oral anticoagulants and dual antiplatelet therapy  [in Japanese]

    永金 義成 , 田中 瑛次郎 , 山田 丈弘 , 芦田 真士 , 小椋 史織 , 前園 恵子 , 小島 雄太 , 中島 大輔 , 北大路 隆正 , 山本 康正

    … 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)と抗血小板薬2 剤併用療法(DAPT)普及後の脳梗塞患者の脳卒中再発および死亡の実態を調査するため,2014 年4 月から2015 年3 月に脳梗塞または一過性脳虚血発作で当科に入院した連続371 例(男性209 例,平均74 歳)を3 年間追跡した(追跡率93%,平均追跡期間905 日).追跡期間中に78 例が死亡し(カプラン・マイヤー法による累積死亡率:3 ヶ月4%,1 年10%,2 年17%,3 年22%),死因 …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (40), 36-44, 2019-12

    IR 

  • Protective effects of a water-soluble extract from culture medium of Ganoderma lucidum mycelia against neuronal damage after transient cerebral ischemia  [in Japanese]

    岩田 直洋

    アグリバイオ = Agricultural biotechnology 3(11), 1072-1074, 2019-10

  • 脳虚血モデルラットにおける全身諸臓器のhigh mobility group box protein 1発現の変化  [in Japanese]

    植木 皓介

    日大歯学 = Nihon University Dental journal 93(1), 19-23, 2019-06

    Ichushi Web 

  • A case of juvenile temporal arteritis with eosinophilia with chronic ischemic changes on the brain MRI  [in Japanese]

    竹内 紗規子 , 向井 美穂 , 稲積 豊子 , 澤田 宏子

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 73(7), 505-510, 2019-06

    Ichushi Web 

  • 一過性脳虚血発作(TIA) (ICU治療指針(1)) -- (中枢神経疾患と管理)  [in Japanese]

    救急・集中治療 31(2), 244-249, 2019

    Ichushi Web 

  • Activation of microglia and brain zinc  [in Japanese]

    東 洋一郎 , 清水 孝洋 , 清水 翔吾 , 齊藤 源顕

    亜鉛栄養治療 = Journal of zinc nutritional therapy 9(2), 78-84, 2019

  • Clinical findings of a patient with hemiballism after superficial temporal artery-middle cerebral artery anastomosis for idiopathic middle cerebral artery stenosis  [in Japanese]

    Shibata Hideaki , Hayashi Yuichi , Yoshikura Nobuaki , Yamada Megumi , Kimura Akio , Shimohata Takayoshi

    … <p>症例は32歳女性.顔面を含む左半身のしびれを繰り返し,右中大脳動脈狭窄症による一過性脳虚血発作(TIA)と診断された.右浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術(superficial temporal artery-middle cerebral artery(STA-MCA)吻合術)の2週後より左側の片側バリズムが出現した.出現から3ヶ月後に極期を迎えたのち,全経過1年半で自然に消失した.STA-MCA吻合術後に,吻合側の対側に不随意運動を来す現象は稀で,もやもや病での …

    Rinsho Shinkeigaku 59(12), 829-833, 2019

    J-STAGE 

  • A case of acromegaly diagnosed with putaminal hemorrhage  [in Japanese]

    Nagashima Ryo , Ide Takafumi , Ohida Tomoya , Ariyada Kenichi , Tsutsumi Kyousuke , Tanaka Kentarou , Yanagibashi Kazutaka , Nakamura Yasunobu , Hanakawa Kazuo , Murao Masahiko

    … ,身体所見から先端巨大症を疑い確定診断に至った.リハビリテーションを優先してから下垂体腫瘍の手術を行った.その後も脳梗塞やTIA を反復し,加療とリハビリテーションを要した.当患者の脳出血や脳虚血の背景には,GH 過剰分泌が関与する二次性の高血圧や糖尿病の影響が推定された.コントロール不良の高血圧や糖尿病では,二次性の病態である可能性を再考して鑑別診断すれば,原疾患の診断と治療に繋 …

    Japanese Journal of Stroke, 2019

    J-STAGE 

  • <一般演題抄録>津軽地域における急性期脳虚血再灌流療法の現状と課題  [in Japanese]

    嶋村 則人 , 奈良岡 征都 , 片山 耕輔 , 角田 聖英 , 片貝 武 , 藤原 望 , 松田 尚也 , 浅野 研一郎 , 大熊 洋揮

    …  心原性脳塞栓症を代表とする急性期脳虚血に対するt-PA静注療法が2005年に保険収載され、標準治療として行われている。 … <br> 当院における急性期脳虚血再灌流療法について、現状を報告し、課題を考察する。 … <br> 病院前対応、病院連携を行い、急性期脳虚血からの回復例を増やす取り組みを今後も積極的に行っていく予定である。 …

    Hirosaki Medical Journal 70(1), 96-96, 2019

    IR  J-STAGE 

  • VEGF—A therapeutic target against hemorrhagic transformation after t-PA treatment—  [in Japanese]

    Kanazawa Masato , Takahashi Tetsuya , Kawamura Kunio , Shimohata Takayoshi

    <p>脳梗塞に対する組織プラスミノゲン・アクチベーター(tissue plasminogen activator; t-PA)投与は,予後を改善させるが,症候性頭蓋内出血はt-PA療法後の転帰不良に関連する要因である.我々は,出血合併を抑制し,予後を改善させるt-PAに併用する血管保護薬の開発を行っている.治療標的分子として血管内皮増殖因子(vascular endothelial g …

    Rinsho Shinkeigaku 59(11), 699-706, 2019

    J-STAGE 

  • Aplastic or twig-like middle cerebral artery with short-term ischemia and bleeding  [in Japanese]

    Yamada Daisuke , Ishibashi Ryota , Kinosada Masanori , Kurosaki Yoshitaka , Handa Akira , Chin Masaki , Yamagata Sen

    … 脳血管撮影で側副血行路内に微小動脈瘤を認め,微小動脈瘤破裂もしくは側副血行路の破綻が原因と考えられた.また,脳梗塞後に導入した抗血小板剤も影響を及ぼしたと考えられた.本症例では,再出血予防には血行力学的脳虚血の改善が必要と考え,バイパス術を施行した.術後フォローアップでは微小動脈瘤は描出されず,側副血行路の著減を認め,以後26 カ月間脳血管障害の出現なく良好に経過した.</p> …

    Japanese Journal of Stroke, 2019

    J-STAGE 

  • Brain Embolism caused by Acute Middle Cerebral Artery Occlusion after Left Upper Lobectomy for Lung Cancer : Case Report and Review of Literature  [in Japanese]

    Tsuboki Shimpei , Hashiguchi Akihito , Moroki Kouichi , Kawano Takayuki , Mukasa Akitake , Tokuda Hajime

    … 左側の広範な早期脳虚血性変化および左中大脳動脈閉塞を認めた. …

    Japanese Journal of Neurosurgery 28(10), 646-651, 2019

    J-STAGE 

  • Neuroprotective effects of fasudil, a Rho-kinase inhibitor,in a rat transient forebrain ischemia-reperfusion model

    Kodama Sahoko , Kimura Tetsu , Nishikawa Toshiaki , Horiguchi Takashi

    … <p>ファスジル(Rhoキナーゼ阻害薬)が,ラット一過性前脳虚血モデルで神経・組織学的予後を改善するか調べた。 … 両頸動脈閉塞+低血圧で前脳虚血とし,10分後再灌流した。 …

    Japanese Journal of Reanimatology 38(2), 44, 2019

    J-STAGE 

  • Narcolepsy-like excessive daytime sleepiness associated with moyamoya disease: case report  [in Japanese]

    Nishimoto Shota , Ueba Tetsuya , Fukuda Hitoshi , Fukui Naoki , Ueba Yusuke , Hamada Fumihiro , Higuchi Shinya , Hoashi Yu , Hosokawa Yuma , Furuya Hirokazu

    … シーに類似していたが,診断基準からはナルコレプシーの診断に至らず,中枢性過眠症と診断した.右大脳半球に血行再建術を行ったところ,過眠発作が消失したため,本症例はもやもや病による症候性過眠症と診断した.脳血管障害による過眠症は稀ではあるが,もやもや病と中枢性過眠症とでは血行動態に類似する点もあり,もやもや病による血行力学的脳虚血が中枢性過眠症を引き起こす可能性がある.</p> …

    Japanese Journal of Stroke, 2019

    J-STAGE 

  • Brain zinc dyshomeostasis and glial cells in ischemic stroke  [in Japanese]

    Higashi Youichirou , Aratake Takaaki , Shimizu Shogo , Shimizu Takahiro , Saito Motoaki

    … ニズムとして認識されている.特に,脳虚血・再灌流直後には海馬グルタミン酸神経細胞から大量の貯蔵Zn<sup>2+</sup>がシナプス間隙へ放出され,これを取り込んだシナプス後細胞や神経細胞内の亜鉛結合タンパク質から遊離したZn<sup>2+</sup>によって細胞内Zn<sup>2+</sup>濃度が上昇すると細胞死が惹起される.近年,このような脳虚血・再灌流後の脳内Zn<sup>2+</sup&g …

    Folia Pharmacologica Japonica 154(3), 138-142, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 小児理学療法:─アートとサイエンスの世界─  [in Japanese]

    日浦 伸祐

    … 小児理学療法対象としては,かつては,「ペルテス病」,「ポリオ」といった疾患から,「脳性まひ」へと障害像が変遷し,1990年代頃より,脳性まひでも「早期産未熟児」に伴う「低出生体重児」,そして,満期産であったとしても何らかの原因による「低酸素性脳虚血症」と,障害像の重症化が起こり,支援していく領域も多岐多様にわたってきています。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), J-17-J-17, 2019

    J-STAGE 

  • 脳梗塞発症前予防運動による脳虚血耐性の獲得と脳梗塞後の14-3-3γ発現を介したアポトーシス抑制  [in Japanese]

    大塚 章太郎 , 高田 聖也 , 中西 和毅 , 板敷 裕喜 , 則松 孝輔 , 谷 明 , 榊間 春利

    … <p>【はじめに、目的】細胞内には内在性保護因子が存在し、それらは脳虚血などの病態から細胞を保護するために活性化される。 … 本研究では、そのような内因性保護因子の中から転写因子の一つであるHIF-1α、内因性保護タンパクである14-3-3γに着目し、定期的な運動介入による脳虚血耐性の獲得と脳梗塞後の神経保護メカニズムについて調べた。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), I-56_1-I-56_1, 2019

    J-STAGE 

  • 脳梗塞後痙縮を発症した骨格筋の神経筋接合部における変化  [in Japanese]

    杉浦 健司 , 山下 雄大 , 能城 裕哉 , 李 佐知子

    … </p><p>【方法】雄性C57BL/6J(Thy-YFP)および8-10週齢マウスを用いて吻側および尾側前肢運動領域に脳虚血を作成し、痙縮発症脳梗塞モデルを作成し、痙縮評価にはHoffmann反射のRate Dependent Depressionを用いた。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), I-153_1-I-153_1, 2019

    J-STAGE 

  • Reversible cerebral vasoconstriction syndrome in a woman with Takayasu arteritis  [in Japanese]

    Yamaguchi Satoko , Nakao Hiromichi , Honjo Chika , Hirose Masakazu , Yagita Kaoru , Yamanaka Haruo , Obata Kaoru , Shinde Akiyo , Suenaga Toshihiko

    … ォールによる鎮静を開始した.第19病日より頭痛は消失し,MRIで血管攣縮の改善を認めた.軽度の高次脳機能障害が残り,第49病日にリハビリ病院へ転院した.本症例では,高安動脈炎に対しステロイド投与を開始したことがRCVS発症に関与した可能性がある.また,高安動脈炎による頸動脈狭窄が脳虚血を悪化させる一因となったと考えられる.また,プロポフォールが血管攣縮の改善に関与した可能性がある.</p> …

    Tenri Medical Bulletin 22(1), 50-53, 2019

    J-STAGE 

  • A case of symptomatic chronic total occlusion of common carotid artery after bilateral fronto-temporal craniotomies treated by carotid artery stenting  [in Japanese]

    Sumita Kazutaka , Karakama Jun , Miki Kazunori , Ishikawa Mariko , Takaya Hidekatsu , Iida Masahiko , Maehara Taketoshi , Nemoto Shigeru

    … ったが繰り返し左上下肢の脱力と構音障害が出現したため,右総頸動脈から内頸動脈にかけて経皮的頸動脈ステント留置術を施行した.術後増悪した神経学的異常所見はなく,繰り返し出現していた一過性脳虚血発作も消失し,mRS1 にて転院となった.総頸動脈から内頸動脈にかけての完全閉塞に対する治療として確立したものはないが,本症例のように内科的治療に抵抗性があり,総頸動脈からの閉塞で両側の前頭 …

    Japanese Journal of Stroke 41(4), 304-310, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top