Search Results 1-20 of 2706

  • Acalculous Cholecystitis Due to Polyarteritis Nodosa : A Case Report  [in Japanese]

    中林 雄大 , 米田 政幸 , 村山 康利 , 内山 清 , 溝畑 宏一 , 西川 太一朗 , 大田 真紀代 , 尾藤 展克 , 飯沼 昌二

    京都府立医科大学雑誌 130(7), 451-457, 2021-07

  • A CASE OF LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY FOR ACUTE CHOLECYSTITIS IN AN EXTREMELY OBESE PATIENT  [in Japanese]

    大沼 静音 , 加藤 真 , 小野寺 篤 , 遠藤 和也 , 本庄 優衣 , 鈴木 紳祐 , 白井 順也 , 五代 天偉 , 熊切 寛 , 山本 裕司 , 鈴木 紳一郎 , 利野 靖 , 益田 宗孝

    … 高度肥満のため手術台 1 台では対応できず,手術台を 2 台横並びに設置して手術を施行した.腹壁が厚くポートの可動制限を強く受け,患者の右季肋部に配置する術者左手のポートは距離も遠く,操作性は非常に悪かった.体位を変換することができず,視野展開のためにポートを 1 本追加し 5 ポートとすることで,腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行可能であった. …

    横浜医学 = YOKOHAMA MEDICAL JOURNAL 72(2), 77-81, 2021-04-30

    IR  Ichushi Web 

  • A case of intra-abdominal abscess formed by spilled gallstone during laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis which penetrated into the ascending colon  [in Japanese]

    Kato Hirochika , Fujita Yusuke , Ishida Tsuyosi , Hayatsu Shigeo

    … <p>症例は67歳の男性で,急性胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術(以下,Lap-C)を施行された.術後15日目のCTで上行結腸腹側に腫瘤を認め,術後4カ月のCTで増大傾向を示し当科紹介となった.針生検で黄色肉芽腫性炎症を認めた.自覚症状を認めず経過観察とした.術後6カ月に右上腹部痛を主訴に当科受診し,腫瘤はさらに増大し周囲臓器と境界が不明瞭であった.腫瘤の増大と症状の出現のため手術の方針とした …

    Tando 35(5), 737-743, 2021

    J-STAGE 

  • Advances in minimally invasive surgery for biliary diseases  [in Japanese]

    Ohtsuka Takao , Kurahara Hiroshi , Ijichi Tetsuya , Yamasaki Yoichi , Mataki Yuko

    … <p>胆嚢結石症などの良性胆嚢疾患に対する標準治療は腹腔鏡下胆嚢摘出術であり,困難例に対する回避手術もガイドラインの整備により周知され安全に行われるようになってきた.一方,他の胆道疾患に対する鏡視下手術は,現行の保険診療制度からみると他領域に比べ遅れを取っている.原因として,1.胆道悪性腫瘍手術は開腹でも手術難度が高く,鏡視下手術導入への敷居が高いこと,2.ERCPやEUSによるインタ …

    Tando 35(4), 615-621, 2021

    J-STAGE 

  • Study on Automatic Scene Recognition for Laparoscopic Cholecystectomy  [in Japanese]

    Tsuruda Sayaka , Etoh Tsuyoshi , Inomata Masafumi , Tokuyasu Tatsushi , Shinozuka Kenichi , Matsunobu Yusuke , Kamiyama Toshiya , Tanaka Yuki , Ebe Kouhei , Nakanuma Hiroaki , Fujinaga Atsuro , Endo Yuichi

    … <p>近年,人工知能を保険医療の分野に活用する取組が注目されている.本研究室においては,深層学習を用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)支援システムの開発を進めている.手術を安全に進めるために手術チームは,症例難易度の把握,術工程の把握,そして合併症回避のためのランドマークの確認を暗黙裏に行っている.これの暗黙知を情報技術で補うことができれば,術者の負担軽減や医療格差の問題解決に …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual59(Abstract), 591-591, 2021

    J-STAGE 

  • Validation of the Effect of Landmark Indication using Eye Tracking System  [in Japanese]

    Migitera Ryo , Tokuyasu Tatsushi , Tsuruda Sayaka , Matsunobu Yusuke , Shinozuka Ken'ichi , Nakanuma Hiroaki , Fujinaga Atsuro , Endo Yuichi , Etoh Tsuyoshi , Inomata Masafumi

    … <p>年間約12万件実施される腹腔鏡下胆嚢摘出術のうち,約600件の症例において胆嚢管と総胆管の誤認による胆管損傷が発生している.胆管損傷の主な原因としては,(1)ランドマークを確認せずに剥離動作を進めたこと,(2)ランドマークを確認したものの誤って認識してしまったこと,が挙げられる.先行研究では,胆管損傷の回避を目的として,人工知能を用いたランドマーク教示システムを開発し,その教示精度 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual59(Abstract), 407-407, 2021

    J-STAGE 

  • Development of artificial intelligence system to avoid complications in laparoscopic surgery  [in Japanese]

    Tokuyasu Tatsushi , Shirasaka Yoshinori , Suzuki Kosuke , Kouno Yohei , Endo Yuichi , Etoh Tsuyoshi , Inomata Masafumi , Matsunobu Yusuke , Shinoduka Kenichi , Kamiyama Toshiya , Sakaguchi Seiichiro , Ishikake Makoto , Ebe Kohei , Nakanuma Hiroaki , Fujinga Atsuro

    … <p>腹腔鏡下胆嚢摘出術における胆道損傷の原因究明あるいは予防策については,今日までの約30年間に亘って多くの議論がなされてきた.2018年9月には,日本医療安全調査機構が同手術における死亡事例の分析結果をまとめ,医療事故の再発防止に向けた提言を発した.その中で,同機構は同手術では良好な視野を保ち,解剖学的構造を認識しながらCritical View of Safetyの確認を求めている.しかしながら,胆道損傷の …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual59(Abstract), 257-257, 2021

    J-STAGE 

  • Two Cases of Bilobed Gallbladder  [in Japanese]

    WATANABE Nobukazu , YOSHIDA Eri , MORITA Takayuki , AKASAKA Harue , KIMURA Norihisa , HAKAMADA Kenichi

    … 隔壁型二葉胆嚢を2例経験したので報告する.症例1:65歳,男性.急性膵炎の診断で入院,保存的に治療した.画像検査で胆嚢結石を認め,胆嚢内腔に隔壁があるように見えたが,胆嚢の屈曲と判断し,腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)を行った.術中所見では胆嚢の外見上の形態は正常で胆嚢管は1本だった.摘出標本の胆嚢内腔は二分されており,それぞれに結石を認め,隔壁型二葉胆嚢と診断した.症例2:67歳,男性.胆石膵 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 82(2), 450-455, 2021

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Intrathoracic endometriosis with hemopneumothorax after laparoscopic cholecystectomy: A case report  [in Japanese]

    Nozue Akiko , Seki Momoko , Nishide Ken , Kamiya Kazunori , Ozawa Yuichiro , Sakai Mitsuaki

    <p>  Intrathoracic endometriosis is a rare and atypical site of endometriosis. A large number of cases of intrathoracic endometriosis are being reported in recent times, owing to an increase in …

    JAPANESE JOURNAL OF GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC ENDOSCOPY 37(1), 194-198, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Intracystic Papillary Neoplasm Incidentally Diagnosed during Laparoscopic Cholecystectomy  [in Japanese]

    Kimura Sota , Suzuki Takatomo , Nowatari Takeshi

    … 症例は83歳の男性で,心窩部痛を主訴に当院を受診した.精査の結果,胆石性膵炎と診断され,経乳頭的に胆管チューブが留置された後に,遺残胆嚢結石に対して待機的に腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行された.術中所見では,Calot三角や胆嚢頚部を中心とした組織硬化を認めたため,胆嚢底部からの肝床部剥離を先行した後に胆嚢動脈,胆嚢管を処理し,胆嚢を摘出した.摘出標本の肉眼所見では,胆嚢体部に長径13 …

    The Kitakanto Medical Journal 71(2), 147-152, 2021

    J-STAGE 

  • A case of gallbladder torsion associated with gallbladder cancer  [in Japanese]

    Nishina Yusuke , Akabori Hiroya , Terada Yositaka , Oota Hiroyuki , Moritani Suzuko

    … 明瞭だったため壊疽性胆嚢炎の診断で同日緊急手術を腹腔鏡下に行った.胆嚢周囲に腹水を認め,頸部で反時計回りに約2回転捻転した胆嚢を認めた.捻転を解除し,胆嚢動脈,胆嚢管の処理を行い,腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った.胆嚢内部には結石を数個認めた.また粘膜は広範囲に壊死性変化を来しており体部に認めたポリープ様の平坦隆起性病変から,病理組織検査でwell differentiated adenocarcinomaが検出され,胆嚢癌 …

    Tando 35(2), 175-181, 2021

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of early laparoscopic cholecystectomy for gallbladder metastasis from breast cancer with acute cholecytetis  [in Japanese]

    Nozu Shintaro , Sugawara Shuichiro , Okazaki Shinji , Motoi Fuyuki

    … HER2(3+)),多臓器転移再発に対して化学療法中であった.増悪する上腹部痛を自覚し,血液検査及び画像検査から軽症急性胆嚢炎と診断した.乳癌の病勢も安定しており,耐術可能であったため,腹腔鏡下胆嚢摘出術の方針とした.胆嚢は頸部に白色結節を認め,高度に緊満していた.胆嚢管断端は腫瘍浸潤により内腔が途絶し,病理所見として,胆嚢頸部の全層に癌細胞の浸潤を認めた.免疫染色で癌細胞はER( …

    Tando 35(2), 168-174, 2021

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case diagnosed as congenital defect of the gallbladder by laparoscopy  [in Japanese]

    Onishi Toshio

    <p>先天性胆嚢欠損症は比較的希な疾患である.画像診断の発達した今日でもその術前診断は困難であり,多くは術中に診断されているのが現状である.今回我々は胆嚢結石症を超音波で指摘され紹介となり腹腔鏡で腹腔内を確認して胆嚢欠損症と診断した症例を経験したので報告する.症例は39歳の女性.健康診断で肝機能異常,超音波検査で胆嚢結石症を指摘され精査のため近医を受診.胆嚢結石症に関して現在無症状であ …

    Tando 35(1), 87-91, 2021

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Fascination by biliary tract science-human friendly medical care-  [in Japanese]

    Ueki Toshiharu

    … <p>当院では急性胆嚢炎は,軽症例の約50%,中等症例の約80%がPTGBD後に腹腔鏡下胆嚢摘出術が行われていた.胆管ドレナージは,経乳頭的が90%,経皮的が9%,経乳頭的かつ経皮的が1%であった.胆道感染症ではグラム陰性桿菌検出症例の90%が胆汁中のエンドトキシン陽性であった.総胆管結石治療において99.8%が内視鏡治療で,内訳は経乳頭的が95%,経皮的が5%であった.外科治療は0.2%であった.経乳頭的治療のドレナ …

    Tando 35(1), 5-11, 2021

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 症例報告 腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後出血で発症した第Ⅴ凝固因子インヒビターの1例  [in Japanese]

    中里 未央 , 眞木 慧 , 永田 穂香 , 前原 玄昌 , 久和 啓邦 , 渡辺 真

    日本病院総合診療医学会雑誌 16(6), 460-464, 2020-11

    Ichushi Web 

  • A CASE OF LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY FOR CHOLECYSTOLITHIASIS WITH HYPOPLASIA OF THE MEDIAL SEGMENT OF THE LIVER AND CHILAIDITI SYNDROME  [in Japanese]

    大谷 菜穂子 , 松本 理沙 , 中谷 研介 , 岡田 普一郎 , 菅沼 利行

    … 今回,Chilaiditi症候群を合併した胆嚢結石症患者に対し,腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した 1 例を経験した.症例は75歳女性.50歳頃右気管支カルチノイドに対し右肺下葉切除術,71歳より膵分枝型IPMNの既往があった. …

    横浜医学 = Yokohama Medical Journal 71(4), 571-575, 2020-10-30

    IR  Ichushi Web 

  • A case report of gallbladder torsion that preoperatively diagnosed and treated by laparoscopic cholecystectomy with using a single-port access device  [in Japanese]

    木戸 裕之 , 安部 智之 , 廣畑 良輔 , 天野 尋暢 , 則行 敏生 , 中原 雅浩

    広島医学 73(8), 468-471, 2020-08

    Ichushi Web 

  • Two cases of laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis in patients over 100 years old  [in Japanese]

    武田 智宏 , 長尾 知哉 , 室田 千晶 , 城田 誠 , 斉藤 琢巳 , 紀野 泰久

    北海道外科雑誌 = The Hokkaido journal of surgery 65(1), 64-68, 2020-06

    Ichushi Web 

  • Usefulness of three dimensional CT cholangiography for laparoscopic cholecystectomy with situs inversus totalis : a case report  [in Japanese]

    加藤 紘隆 , 横山 省三 , 松村 修一 , 冨永 信太 , 田宮 雅人 , 本林 秀規

    和歌山医学 = The journal of the Wakayama Medical Society 71(1), 15-18, 2020-03

    Ichushi Web 

  • A Case of Acute Infectious Purpura Fulminans following Laparoscopic Cholecystectomy  [in Japanese]

    FUJITA Haruku , OHE Hidenori , UEMURA Taisuke , HIRAI Kenjiro , TACHIBANA Tsuyoshi , MITSUYOSHI Akira

    … <p>患者は53歳,男性.上腹部痛を主訴に受診した.胆管炎および胆嚢炎の診断で内視鏡的乳頭切開術後,腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した.術後10日目より発熱,敗血症性ショックを認め,術後13日目に下肢・体幹に広く不整形の紫斑が急激に出現し,急性感染性電撃性紫斑病と診断した.抗菌薬投与,抗凝固療法,人工呼吸,透析にて急性期を脱したが,右下腿に長腓骨筋に及ぶ潰瘍を認め,デブリードマンを行った …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 81(12), 2507-2512, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top