Search Results 1-15 of 15

  • ROLE OF ENDOSCOPY IN THE EARLY DIAGNOSIS OF FAMILIAL PANCREATIC CANCER  [in Japanese]

    MATSUBAYASHI Hiroyuki , ISHIWATARI Hirotoshi , FUJIE Shinya , SATO Junya , ONO Hiroyuki

    … 査・病理検体採取が行われて来た.膵癌家系のEUSでは,点状・線状高エコー,嚢胞,膵管拡張,分葉状エコー等,早期慢性膵炎の所見が特徴的と報告される.2011年に米国ボルチモアで開催されたCancer of the Pancreas Screening(CAPS)国際コンソーシアムでは膵管上皮の高度異型病変(PanIN 3)ないし早期膵癌の診断・治療が目標に定められたが,今日まで世界的に報告される膵癌サーベイランスの成績は …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 60(7), 1309-1316, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Early detection of pancreatic cancer concomitant with IPMN using pancreatic juice cytology  [in Japanese]

    OHTSUKA Takao , MIYASAKA Yoshihiro , MORI Yasuhisa , NAKATA Kohei , ODA Yoshinao , NAKAMURA Masafumi

    <p>我々の施設では他の画像診断法では捉えられないIPMN併存膵上皮内癌はERCP下膵液細胞診でのみ診断可能であると考え,IPMN患者に対して積極的にERCP下膵液細胞診を行っている.実際,これまで経験したIPMN併存膵上皮内癌9例のうち4例をERCPのみで診断した.またworrisome featuresを持つIPMNの中から悪性IPMNを拾い上げるのにもERCP下膵液細胞診が有用で …

    Suizo 32(1), 45-49, 2017

    J-STAGE 

  • Current status of diagnosis of pancreatic cancer  [in Japanese]

    宇野 耕治

    …  膵癌の早期診断には,腫瘤描出能が優れているEUS の積極的な施行や,ERCP 下膵液細胞診が効果的であるが,対象症例の設定には更なる検討が必要である. …

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (33), 2-10, 2012-12

    IR  Ichushi Web 

  • Strategy of early diagnosis in pancreatic cancer  [in Japanese]

    宮田 剛 , 北野 雅之 , 門阪 薫平 [他]

    消化器内科 55(1), 124-129, 2012-07

    Ichushi Web 

  • Early diagnosis of pancreatic cancer  [in Japanese]

    田村 利尚 , 金光 秀一 , 皆川 紀剛 [他]

    外科 74(5), 476-484, 2012-05

    Ichushi Web 

  • Contrast-enhanced ct findings were useful for diagnosis of three cases of stage i pancreatic cancer  [in Japanese]

    ONDA Shinji , KANEHIRA Masaru , FUJIOKA Shuichi , OKAMOTO Tomoyoshi , YANAGA Katsuhiko

    … 近年の画像診断能の向上にもかかわらず,膵癌の早期診断,手術は依然少ないのが現状である.今回stageI膵癌の3切除例を経験したので報告する.症例は3例とも女性で,年齢は68,70,71歳であった.いずれも無症状であり,偶然にUSで膵腫瘍を指摘された.造影CTでは3例とも腫瘍の造影効果を認めた.2例は膵癌の診断で膵体尾部切除を施行したが,症例1は膵内分泌腫瘍の診断で膵中央切除術を施行した.病理診断は3例 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 72(11), 2919-2925, 2011

    J-STAGE 

  • Clinical contribution of FDG-PET in the diagnosis of early pancreatic cancer  [in Japanese]

    土井 隆一郎 , 瀬尾 智 , 東 達也 [他]

    外科治療 97(3), 240-246, 2007-09

    Ichushi Web  Cited by (3)

  • EARLY DIAGNOSIS AND STAGING OF PANCREATIC CANCER  [in Japanese]

    SHIRATORI Keiko

    Journal of Japan Surgical Society 107(4), 164-167, 2006-07-01

    Ichushi Web  References (13)

  • THIRTY THREE YEAR'S EXPERIENCES OF ERCP & ITS RELATED PROCEDURES : FROM THE DAWNING OF ERCP TO THE PRESENT DAY

    IKEDA Seiyo

    … 管減圧法と,肝内結石症の精査法として内視鏡下留置バルーンカテーテルによる胆管充満造影法を開発.さらに,膵管微細診断を目的にバルーンカテーテルERP―圧迫撮影法(バルーンERP-CS)を考案3)福岡大学第1外科でのERCP関連の臨床:癌に随伴する膵炎症状や膵酵素値の上昇,膵管拡張などに注日し,ERP,バルーンERP-CSを中心とした診断体系による膵癌の早期診断.新知見としては,膵管胆道合流異常症の十二指腸乳頭部形態を報告. …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 47(6), 1185-1203, 2005

    J-STAGE 

  • A case of multiple pancreatic cysts with K-ras point mutation in pure pancreatic juice  [in Japanese]

    山本 良一 , 越智 浩二 , 松村 直樹 , 田中 淳太郎 , 加藤 匡宏 , 水島 孝明 , Chowdhury Riaz , 原田 英雄 , 蓮岡 英明 , 横田 聡 , 谷崎 勝朗

    膵癌の早期診断を行うために,最近の進歩の著しい遺伝子診断を用いて,膵液中のK-ras遺伝子の点突然変異の検討がなされている。われわれは膵液の細胞診は陰性であるが,K-ras遺伝子の点突然変異を認め,膵全体に多発する膵嚢胞の1例を経験した。本例は悪性であるとの確診が得られないことや切除するとなれば膵全摘となることなどのために,経過観察を行っているが,18カ月後の現在,嚢胞の増大など認めていない。膵癌の …

    岡大三朝分院研究報告 (67), 121-125, 1996-11

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Trial of a mass screening survery for detecting early pancreatic cancer  [in Japanese]

    松本 秀次 , 越智 浩二 , 田中 淳太郎 , 妹尾 敏伸 , 原田 英雄

    早期膵癌を発見するためのスクリーニング法を確立するため,1986年6月1日から1990年6月30日までの期間のprospective studyを行った。対象は,人間ドックを目的として来院した患者を主とする三朝分院の外来患者1,748名である。一次スクリーニング検査として,血清アミラーゼ,エラスターゼI,腹部超音波検査(US)を施行し155名の要精検者が得られ,要精検率は8.9%であった。155名 …

    環境病態研報告 (62), 5-10, 1991-08

    IR  DOI 

  • The basic and clinical study of endoscopic suction biopsy for pancreatic duct.  [in Japanese]

    SAEKI Keizo , MISONO Toshiaki , NISHIMATA Yoshito , NISHIMATA Hiroto , TSUKASA Shintaro , ARIMA Terukatsu , MAKI Takeshi , YAMASUJI Tadashi , TOHJINBARA Hiroshi , URUSHIMA Ichiro , SHIMAZAKI Takashi , TOKUMOTO Katashi , NIIYAMA Tetsumi , FUJIBAYASHI Keiichi , OTSUJI Masato

    … 可能な生検標本の採取率は19病変中16病変(84.2%)であり,全例が良性狭窄と診断された.吸引経路を利用した造影による安全な挿入,病変部からの正確な生検や人工的な挫滅の少ない良好な標本の採取が可能など,本法の有用性が示唆された.3例に術後膵炎と考えられる所見をみたが,重篤な合併症は認めなかった.今後さらに改良の必要があるが,本法は主膵管狭窄の質的診断や膵癌の早期診断に期待の持てる検査法と考えられる. …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 32(7), 1638-1645, 1990

    J-STAGE 

  • Early diagnosis of pancreatic cancertrial of a mass screening test for detecting early pancreatic cancer  [in Japanese]

    松本 秀次 , 越知 浩二 , 入江 誠治 , 武田 正彦 , 田中 淳太郎 , 原田 英雄

    … There is no other way of curing pancreatic cancer than early diagnosis and resection. … However, an effective protocol has not been established for detecting early pancreatic cancer among asymptomatic populations by means of a mass screening test. …

    環境病態研報告 (59), 24-30, 1988-08

    IR  DOI 

  • COMPARATIVE STUDY BETWEEN PANCREATOGRAM AND HISTOLOGY OF PANCREATIC CANCER  [in Japanese]

    YAMAO Kenji , NAKAZAWA Saburo , NAITO Yasuo

    膵腫瘍95例を対象として,それらのERCPまたは標本造影の膵管像を腫瘍の局在と膵管の形状の変化により正常膵管型,主膵管狭窄型,主膵管閉塞型,主膵管びまん拡張型,主膵管圧排偏位型,膵野異常型の6型に分類し,さらに主膵管狭窄型,主膵管閉塞型,膵野異常型を細分化した.膵管像の成り立ちを腫瘍の間質結合織や浸潤様式,腫瘍と主膵管との位置関係,嚢胞合併の有無,粘液産生能などとの関連性において検討したところ,分 …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 27(8), 1538-1553, 1985

    J-STAGE 

  • Early Diagnosis of the Carcinoma of the Pancreas  [in Japanese]

    OZAKI Hideo , ISHII Kaneo

    … We had 31 cases of the carcinoma of the pancreas including the carcinomas of the Papilla Vateri and the intrapancreatic bile duct, in which laparotomy was rmade at the National Cancer Center Hospital, Radical excision was performed in only 5 among 9 cases of pancreatoduodenectomy or total pancreatectomy, and 3 cases of distal pancreatectomy were all palliative. …

    Japanese Journal of National Medical Services 21(1), 33-41, 1967

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top