Search Results 1-20 of 37

  • 1 / 2
  • 編集後記  [in Japanese]

    芳艶

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 28(2), 61-61, 2016

    J-STAGE

  • The theory of lchieisai Yoshitsuya's "In Takadachi-war in Oshu of Bunji three years, a white dragon rises to the sky in the Koromo-river." : a comparison with "Hakkenden"  [in Japanese]

    三宅 宏幸 , ミヤケ ヒロユキ , Miyake Hiroyuki

    同志社国文学 (81), 164-177, 2014-11

    IR DOI

  • Individual Difference Fuzzy Sets of KANSEI Texture and its Visualization Method  [in Japanese]

    Sakaniwa Hidenori , Dong Fanqyan , Hirota Kaoru

    遠隔地に触感を伝えるための付加情報として,触質感が提案されている。触質感は、対象物を見た際に想像できる触った感覚情報であり,[-1,1]の3次元立方体空間に表現される。さらに情報を理解し易く伝送するために、イラストによる可視化手法が提案されている。触質感は写真や文字情報に付加できるため、遠隔に商品の情報を伝えるネットショッピングなどへの応用が期待できる。触質感は多くの人が感じる代表的な触質感を表現 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 30(0), 858-863, 2014

    J-STAGE

  • Fuzzy Inference based Atmosphere Estimation and Visualization and their Application to Distance Education  [in Japanese]

    Ohnishi Kazuhiro , Garcia-Sanchez Jesus A. , Dong Fangyan , Hirota Kaoru

    本論文では,現在WEBを利用した教育で主流であるビデオ講義や,テキストと画像で構成された教材を用いた講義などで,実時間でのフィー ドバックが難しい点や,混乱やストレスが溜まりやすい事に着眼して,それらを解決するために,学習者の状況を観測する環境を低開発コストで追加し,ファジィ推論で求めた仮想教室の雰囲気情報を適切に学習者へ提示することで,学習者がモチベーションを上げるような,効果的な遠隔教育システ …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 30(0), 218-223, 2014

    J-STAGE

  • KANSEI TEXTURE for Remote Object Image and its Visualization Method

    SAKANIWA Hidenori , SEKI Masakazu , DONG Fanqyan , HIROTA Kaoru

    KANSEI TEXTURE (“Shokushitsu-kan” in Japanese) is defined as a quantitative sensation index on 5D [-1,1]<SUP>5</SUP> cube, where five elements (Roughness, Hardness, Dryness, Wa …

    Transactions of Japan Society of Kansei Engineering 13(1), 281-288, 2014

    J-STAGE

  • 3A1-I09 Atmosphere Representation/Understanding for Humans-Robots Interaction(Research News)  [in Japanese]

    OHNISHI Kazuhiro , DONG Fangyan , SHIBATA Takanori , HIROTA Kaoru

    Atmosphere representation/understanding for humans-robots interaction in multi-agent society is investigated by applying the concept of atmosfield, support vector regression, and a new visualization m …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2014(0), _3A1-I09_1-_3A1-I09_2, 2014

    J-STAGE

  • Idea Creation Support System based on Haiku Gathering Method  [in Japanese]

    芳艶 , 廣田 薫

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 29, 607-612, 2013-09-09

  • 編集後記  [in Japanese]

    芳艶

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 25(1), 44-44, 2013

    J-STAGE

  • Idea Creation Support System based on Haiku Gathering Method  [in Japanese]

    Dong Fangyan , Hirota Kaoru

    感性工学の観点から日本の伝統的な文化の一つ句会法(俳句の作り方で、出句、清記、選句、披講、講評の5段階から成る)を利用して、企業の事業創造や新製品開発などでのアイデア創出を効果的に支援する手法を提案しシステム構築を行う。句会法をアイデア創出に適用してシステム構築を行う試みは前例がなく、また、従来からのKJ法などでは被験者がある程度の経験知を有することが前提になるが、本提案では初心者から専門知識を有 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 29(0), 138-138, 2013

    J-STAGE

  • Proposal of Transform Functions from Affinity Arousal-Pleasure Space into Atmosfield  [in Japanese]

    Ohnishi Kazuhiro , Adachi Yojiro , Yamazaki Yoichi , Dong Fangyan , Hirota Kaoru

    多数の人間と多数のロボット間でコミュニケーションを円滑に行う事を目標として、親和型快-覚醒空間で表現される個々の人間やロボットの持つ感情から、雰囲気場で表現される全体の場の雰囲気を求めるための変換関数を提案する。2者による18分間のフリートーク中に3分ごとの被験者に対するアンケート調査を行うという実験の結果、提案する変換関数の精度は0.81で、場の雰囲気を概ね掴むことができる事を確認する。提案する …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 28(0), 904-909, 2012

    J-STAGE

  • 歌川芳艶研究 : 国芳門弟の伝記と画業  [in Japanese]

    日野原 健司

    浮世絵研究 : 太田記念美術館紀要 (1), 93-126, 2011

  • Content-Based Image Retrieval through Aggregation of Similarity Measures  [in Japanese]

    岡本 一志 , 董 芳艶 , 吉田 真一 [他]

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 26, 983-988, 2010-09-13

  • Development of web-based grid middleware "Friendly Grid" : making grid computing more friendly  [in Japanese]

    KOYA Hidetaka , DONG Fangyan , HIROTA Kaoru

    全国大会講演論文集 第72回(ネットワーク), 399-400, 2010-03-08

    IPSJ References (3)

  • Computational intelligence based solution for VRSDP  [in Japanese]

    芳艶 , 陳 科偉 , 廣田 薫

    Journal of signal processing 14(1), 3-11, 2010-01

  • Content-Based Image Retrieval through Aggregation of Similarity Measures  [in Japanese]

    Okamoto Kazushi , Dong Fangyan , Yoshida Shinichi , Hirota Kaoru

    類似度関数毎の値域正規化から複数の類似度を集約する手法を提案する.1,000 回の検索処理より,適切な類似度関数が画像クラス間で異なる場合の検索精度頑健性向上を Minkowski 距離とコサイン類似度の組合せにより可能とする.100,000 画像に対する処理時間測定から最大 0.1 秒のオーバーヘッドで類似度集約が可能である.検索精度頑健性向上から,適切な類似度関数の異なる画像クラスが複数存在す …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 26(0), 225-225, 2010

    J-STAGE

  • Families of t-norm based Histogram Intersections for Content-Based Image Retrieval

    OKAMOTO Kazushi , DONG Fangyan , YOSHIDA Shinichi , HIROTA Kaoru

    Families of <I>t</I>-norm based histogram intersections and a corresponding content-based image retrieval system are proposed. It is shown that the retrieval performance varies depending o …

    Transactions of Japan Society of Kansei Engineering 10(1), 11-21, 2010

    J-STAGE

  • DCT Domain Features Based Image Index  [in Japanese]

    OKAMOTO Kazushi , DONG Fangyan , YOSHIDA Shinichi , HIROTA Kaoru

    JPEGやMPEG画像からの画像索引作成の高速化を実現するため,離散コサイン変換(DCT)領域から抽出した色特徴およびテクスチャ特徴に基づき画像索引を作成する手法を提案する.これらの画像に記録されているDCT係数から画像特徴を抽出し,復号処理省略と処理信号数の削減により,索引作成時の特徴抽出処理を1000枚のJPEG画像に対し2.86秒で実現している.現在提案されているSerata(2006)らの …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 21(6), 1092-1102, 2009-12-15

    IR J-STAGE References (25)

  • DCT Domain Features Based Image Index  [in Japanese]

    岡本 一志 , 董 芳艶 , 吉田 真一 [他]

    ファジィシステムシンポジウム講演論文集 25, 18p, 2009-07-14

  • DCT Domain Features Based Image Index  [in Japanese]

    OKAMOTO Kazushi , DONG Fangyan , YOSHIDA Shinichi , HIROTA Kaoru

    JPEG や MPEG 画像からの画像索引作成の高速化を実現するため,離散コサイン変換(DCT)領域から抽出した色特徴およびテクスチャ特徴に基づき画像索引を作成する手法を提案する.これらの画像に記録されている DCT 係数から画像特徴を抽出し,復号処理省略と処理信号数の削減により,索引作成時の特徴抽出処理を 1000 枚の JPEG 画像に対し 2.86 秒で実現している.現在提案されている Se …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 25(0), 232-232, 2009

    J-STAGE

  • Smooth Edge Tracing of Car Body Using Fuzzy Inference  [in Japanese]

    THET OOHAN , ARAI YOSHINORI , DONG FANGYAN , HIROTA KAORU

    ファジィ推論による車体輪郭の滑らかな追跡

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 25(0), 188-188, 2009

    J-STAGE

  • 1 / 2
Page Top