Search Results 1-20 of 564

  • ABO BLOOD GROUP TYPING REACTIVITY TO CISAB IN A NEWBORN BABY AND DEVELOPMENTAL CHANGE IN ABO ANTIGEN LEVEL  [in Japanese]

    Sakurazawa Takayo , Teshima Takanori , Takahashi Shuichiro , Watanabe Chiaki , Ito Makoto , Uozumi Ryo , Masuda Yuya , Hayasaka Koji , Nishida Mutsumi , Sugita Junichi

    … の血液型反応態度と成長に伴う血液型抗原量の変化について検討した.</p><p>症例は日齢0日の新生児.ABO血液型検査はカラム凝集法にてオモテ検査のみ施行し,抗A:2+,抗B:0となった.母親が血清学的検査でcisA<sub>2</sub>B<sub>3</sub>型と疑われていたことから,児の血液型精査,母児のABO遺伝子タイピング,血液型抗原量を測定した.児の赤血球の抗B吸着解離試験よりB抗原が検出され,ABO遺 …

    Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy 66(1), 31-35, 2020

    J-STAGE 

  • The Utility of the Microplate Agglutination Test Using Dithiothreitol in a Serological Test for Equine Paratyphoid  [in Japanese]

    TAKAHASHI Hiroyasu , NIWA Hidekazu , YAGI Azusa , NOBUMOTO Kiyoko , KATAYAMA Yoshinari , MATSUDA Yoshikazu , TACHIBANA Satoshi , ANZAI Toru

    <p>ジチオスレイトール(DTT)で処理した馬パラチフス発生馬群(異常産馬と同居馬)の経過血清,発生牧場周辺の発生地域馬群及び非発生地域馬群の血清を用い,マイクロ凝集反応法(DTT-MAT)を実施した.異常産馬全頭でDTT-MATが陽性(≧20倍)となり,発症後の経過によりMATが陰転後もDTT-MATで抗体陽性が持続した.同居馬でもDTT-MAT陽性馬(42.1%)が認められた.発生 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 72(10), 601-607, 2019

    J-STAGE 

  • Respiratory disease caused by bovine respiratory syncytial virus and <i>Mannheimia haemolytica</i> in adult dairy cows in a tie-stall system  [in Japanese]

    Akiyoshi M. , Kubota T. , Sato A. , Murata R. , Matsuda K. , Kato T.

    … 血清型1型が分離され,薬剤感受性を示したカナマイシンやマルボフロキサシンを投与したところ,症状は徐々に改善した.発症期の血清学的検査では牛RS ウイルスの抗体価が著しく上昇していた.死亡牛の主要な肉眼的病理所見は線維素性胸膜肺炎であり,左右肺のすべての肺葉で胸膜との癒着,後葉を中心とした間質性肺気腫が広範囲に認められた.以上の所見より,本事例は繋ぎ牛舎における成乳牛を中心とした …

    Japanese Journal of Large Animal Clinics 10(2), 60-67, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Comparison of smear examination, serological methods, and genetic tests in patients with <i>Pneumocystis</i> pneumonia (PCP)  [in Japanese]

    HASHIMOTO Kohei , HIDAKA Toshiya , WATANABE Kumiko , NISHINO Ryo , YAMADA Tomo , TOGUCHI Akihiro , OTSUKA Yoshihito

    … PCP)の原因菌である<i>Pneumocystis jirovecii</i>は人工培養法が確立されていないため,塗抹検査や血清学的検査,遺伝学的検査等により診断が実施されている。 …

    Japanese Journal of Medical Technology 68(3), 437-442, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Clinical study on the detection of infectious diseases (hepatitis C and B, and syphilis) in oral surgery  [in Japanese]

    KANO Keita , UENE Masako , DOI Takashi , JIN Koichiro , KATAOKA Kosuke , MIYAKE Tatsuro , 三宅 達郎

    … 患者へ,あるいはある患者から別の患者への伝播といった院内感染につながる場合がある.そのため,受診患者の感染症を事前に知っておくことは重要である.しかし,そのスクリーニングに際し,血液血清学的検査が一般に行われない歯科医療機関においては,専ら問診に頼っているのが現状である.そこで筆者らは,歯科口腔外科受診患者における各種特殊感染症(HCV, HBV,梅毒)の有病率を調査するとともに,問 …

    Shikaigaku 82(1), 6-11, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case with Penicilliosis in an HIV-positive Young Adult from Vietnam  [in Japanese]

    Shimosaka Kaho , Komano Jun A , Asaka Toshiyuki , Imamura Junji , Yokomaku Yoshiyuki , Katayama Masao , Kawasaki Tomonori , Shimosaka Hisaki , Kamei Katsuhiko , Yada Keiji

    … 陽性となり,鏡検にて糸状菌を確認した.クロムアガーカンジダ培地にて28℃で3日間サブカルチャーしたところ,深紅色素の拡散を伴うアスペルギルス様の比較的大きな灰白色のコロニーを認めた.免疫血清学的検査でβ-D-グルカンが高値であったため真菌症を疑いアムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)を2週間投与,その後イトラコナゾール(ITCZ)に変更し軽快した.退院後,β-tubulin遺伝子の塩基配列による …

    Nihon Ishinkin Gakkai Zasshi 60(1), 15-20, 2019

    J-STAGE 

  • Dengue virus infection  [in Japanese]

    水野 真介

    臨床検査 = Journal of clinical laboratory medicine 62(12), 1548-1554, 2018-12

    Ichushi Web 

  • Causative Bacteria and Proper Antibiotics Selection:a Prospective Investigation of 101 Patients with Cellulitis  [in Japanese]

    MORIYAMA Yoshihiro , IWAMOTO Kazuma , KATAGIRI Masahiro , KESSOKU Reiko

    … による局所培養のいずれも検出率は低く,直接的に起因菌を同定できないことが多い.蜂窩織炎の主な起因菌は,β 溶血性連鎖球菌(β-hemolytic <i>Streptococcus</i>:BHS)と考えられているが,これは血清学的検査および抗菌薬への反応性による.一方,膿性の浸出液や膿瘍腔がみられるSSTI(purulent SSTI)では,近年,市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(community-acquired methicillin-resistant <i>Staphylococcus …

    Kansenshogaku Zasshi 92(2), 115-119, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Sarcoidosis Diagnosed with Pneumothorax  [in Japanese]

    Yoshizumi Yuko , Tomioka Hiromi , Katsuyama Eiji , Kawabata Yoshinori

    … <p>症例は33歳,女性,現喫煙者.X年6月に右気胸のため当院救急外来を受診し,入院の上で胸腔ドレナージを施行した.気腫性囊胞評価目的の胸部CTで両肺びまん性に微細粒状影を認めた.血清学的検査,気管支鏡検査を施行し感染症は否定的だったが診断には至らず,同年8月に胸腔鏡下肺生検を施行,生検組織の病理所見で囊胞壁内に炎症細胞浸潤,非乾酪性類上皮細胞肉芽種による胸膜弾性板断裂所見を認め, …

    The Japanese Journal of Sarcoidosis and Other Granulomatous Disorders 38(1_2), 71-75, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of weak partial D type 15 diagnosed by genetic analysis  [in Japanese]

    ISHII Takahiro , OGURA Wataru , KOJIMA Naomi , SEKIGUCHI Kumiko , TAKAGI Yasushi , ONISHI Hiroaki

    … 本例のように血清学的検査ではRhD変異型間の鑑別が困難な例もあり,遺伝子検査の実施はweak partial D type 15の判定に有用であると考えられた。 …

    Japanese Journal of Medical Technology 67(5), 785-790, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Results of the External Quality Assessment of HBs antigen for the Registered Clinical Laboratories in Tokyo (2000.3-2016.3)  [in Japanese]

    森内 理江 , 佐々木 由紀子 , 中島 崇行 , 草野 友子 , 小林 千種 , 新藤 哲也 , 高木 康

    東京都健康安全研究センター研究年報 (68), 319-326, 2017

    Ichushi Web 

  • GENOTYPING OF RED CELL BLOOD GROUPS BY THE LIQUID BEAD ARRAY SYSTEM (LUMINEX)  [in Japanese]

    Sasaki Kana , Suzuki Yumi , Isa Kazumi , Osabe Takahiro , Watanabe-Okochi Naoko , Azuma Fumihiro , Uchikawa Makoto , Ogasawara Kenichi , Satake Masahiro

    … <p>DNAによる赤血球型遺伝子タイピングは血清学的検査を補う有用な方法である.しかし,人種による多型性の相違もあるため,日本人を対象とした赤血球型遺伝子検査法の開発および検討を行った.</p><p>日本人献血者5,036人を対象とし,Rh(RhCcEe),MNS,Duffy,Kidd,Diego,Dombrock式血液型について検討した.血液型判定に重要な既知の一塩基多型(single nucleotide polymorphism:SNP)についてLiquid bead array …

    Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy 63(2), 112-119, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Surgical Case of Right Coronary Ostial Stenosis, Aortic Regurgitation, and Annuloaortic Ectasia Associated with Syphilitic Aortitis  [in Japanese]

    Sakai Mari , Nagura Saori , Aoki Masaya , Yokoyama Shigeki , Takeuchi Katsunori , Doi Toshio , Yamashita Akio , Fukahara Kazuaki , Yoshimura Naoki

    … 動脈を使用した冠動脈バイパス術を施行し良好な成績を得たので報告する.症例は48歳,男性.労作時易疲労感,夜間呼吸困難のため救急搬送され,精査の結果Sellers III度のAR, AAEを指摘された.その際の血清学的検査でTP抗体定量28.4 S/CO,RPR定量>20 R.Uと梅毒の現行感染が明らかとなった.CT検査では大動脈基部55 mm,上行大動脈60 mmと拡大しており,冠動脈入口部周囲に石灰化を認めた.また,冠動脈造影ではRCAの入口 …

    Japanese Journal of Cardiovascular Surgery 46(5), 255-259, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 外傷手術待機期間中のヘパリン投与によりヘパリン誘発性血小板減少症をきたした一例  [in Japanese]

    越智 宣彰 , 佐羽内 研 , 川﨑 展 , 森 俊陽 , 辻村 良賢 , 西村 春来 , 酒井 昭典

    … 症(HIT)の臨床診断指標となる4T's scoreが6点と高スコアであったため,HITを強く疑った.造影CT検査を行ったところ,肺動脈本管から右下肺動脈および右大腿静脈に血栓を認めた.直ちにヘパリンを中止して抗トロンビン薬の投与を行うことで,病態は改善した.血清学的検査によりHITの確定診断を得た.HITは抗凝固薬であるヘパリンが凝固を過剰に促進させる病態であり,発症を疑った場合には早急な対応を要する. …

    Orthopedics & Traumatology 66(2), 306-309, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Usefulness of Flexible Bronchoscopy During Noninvasive Positive Pressure Ventilation in Severe Respiratory Failure: a Case Report  [in Japanese]

    Kajiwara Kotaro , Kouda Takuyuki , Kato Takahide , Haro Akira , Hamaguchi Naohiko , Makino Hideki , Kanematsu Takanori

    … tomographyで<sup>18</sup>F-fluorodeoxyglucose集積のある両肺野のびまん性浸潤影・結節影を指摘された.メトトレキセートを中止されたが肺病変が増悪し,重症呼吸不全のため当院に入院した.血清学的検査で呼吸不全の原因は不明であり,重症呼吸不全が持続したため非侵襲的陽圧換気療法補助下で気管支鏡による経気管支肺生検を施行した.気管支鏡検査中は酸素化は保たれ,合併症なく検査を終了した. …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 39(2), 176-180, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of the External Quality Assessment (Proficiency Testing) of Registered Clinical Laboratories in Tokyo  [in Japanese]

    小林 千種

    東京都健康安全研究センター研究年報 (67), 49-65, 2016

    Ichushi Web 

  • A RARE SUBGROUP-A FAMILY WITH DIFFICULT SEROLOGICAL CLASSIFICATION  [in Japanese]

    Maejima Rieko , Haino Kasumi , Isa Kazumi , Ogasawara Kenichi , Matsumoto Kensuke , Shirafuji Naoki , Fujiwara Koki , Tomiyama Hidekazu , Osone Kazuko , Nagatomo Hitomi , Kaneko Tsuyoshi , Kanii Haruka , Kasai Hidetoshi , Namba Hiromi

    … と同様の結果が得られた.<i>A307</i>は血清学的にA<sub>3</sub>B型と分類した家系から報告されており,トランスの位置に<i>B101</i>を有していたことからallelic enhancementによりA抗原が増強していたと考えられている.本症例はトランスの位置に<i>O01</i>を有するためA抗原の発現が弱く,血清学的検査において通常検出されるA<sub>3</sub>型よりも弱い反応を示したと考えられた.</p> …

    Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy 62(4), 560-565, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Hepatic Alveolar Echinococcosis with Complete Obstruction of the Inferior Vena Cava  [in Japanese]

    CHIDA Keigo , KAMIYAMA Toshiya , KAKISAKA Tatsuhiko , YOKOO Hideki , HATANAKA Kanako , TAKETOMI Akinobu

    … 症例は43歳,男性.胸痛を主訴に近医受診.CTで肝左葉に腫瘤を認め,血清学的検査で肝エキノコックス症の診断となり当科紹介.術前画像診断で肝左葉~尾状葉に13cm大の病巣を認め,肝部下大静脈(inferior vena cava;IVC)は病巣により完全閉塞し,右副腎にも浸潤.側副血行路として奇静脈系が発達.肝左3区域・尾状葉切除および肝部IVC,右副腎合併切除を施行.肝上部IVCは右肝静脈を温存し,一部病巣を残して切除. …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 76(5), 1124-1129, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • SIX CASES OF WHEAT-DEPENDENT EXERCISE-INDUCED ANAPHYLAXIS IN CHILDREN  [in Japanese]

    Nakagawa Tomoko , Sakai Kazunori , Hayashi Naofumi , Sato Arisa , Sasaki Kemal , Matsui Teruaki , Sugiura Shiro , Kando Naoyuki , Ito Komei

    … プリックテストも全例で陰性であった.ω-5グリアジン特異的IgE抗体は,全例で検出限界以下であった.小麦+運動誘発試験が陰性であった4例はアスピリンを併用した誘発試験で陽性となり,そのうち2例はアナフィラキシーショックを誘発してアドレナリン筋注を行った.小児のWDEIAは,血清学的検査では除外できない一方で,誘発試験では重篤な症状が誘発される危険があり,慎重に診断を進めることが求められる. …

    Japanese Journal of Allergology 64(8), 1169-1173, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Management of Invasive Fungal Infections after Hematopoietic Stem Cell Transplantation  [in Japanese]

    Asano-Mori Yuki

    … 侵襲性真菌症は,CT検査や血清学的検査などの診断技術が向上し,効果が高く毒性が少ない新規抗真菌薬が導入された今日でも,依然として造血幹細胞移植後の重要な合併症の1つである。 …

    Journal of Hematopoietic Cell Transplantation 4(4), 91-100, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top