Search Results 1-20 of 204

  • ユーザによる見返しに配慮した軌跡ログ表示の地理的な要約手法の検討  [in Japanese]

    佐々木 一織 , 有川 正俊 , 高橋 秋典

    まちあるきにおいて、観光地を離散したスポットとしてではなく、連続した線の一部として、移動自体も楽しむ旅のあり方が近年注目されつつある。また、GPS記録を活用して、旅を後から見返すといった楽しみ方もある。現在、秋田市との共同研究として、まちあるきスマホアプリの制作を進めており、まちあるきログ(GPS位置情報や写真データ等)をマップ上で一元的に記録・再生する研究を行なっている。軌跡ログの生データは状況 …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 713-714, 2020-02-20

    IPSJ 

  • フレーム間差分に着目したイラストレーションメイキング動画のキーフレーム要約  [in Japanese]

    高橋 リサ , 川戸 美輝 , 藤波 香織

    … そこで,動画要約手法の1つであるキーフレーム要約と動画再生プレーヤーを組み合わせたシステムの設計及び開発を行った.イラストレーションのメイキング動画において発生する緩やかなフレーム情報の変化に対応するために,動画の差分と動画時間をクラスタリングに使用する特徴量として採用した. …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 161-162, 2020-02-20

    IPSJ 

  • 非機能要求グレードに基づく非機能要求用語の出現傾向モデルを用いた要求仕様書の自動要約手法の提案  [in Japanese]

    大工原 正哲 , 阿部 養太 , 石井 達樹 , 中島 千壽 , 位野木 万里

    大規模な要求仕様書を短時間で理解するためには文書の自動要約が有効であると考えられる.既存の文書要約ツールでは,単語や文章の出現頻度に基づいて要約内容を抽出する手法が主体である.要求仕様書中の非機能要求に関しては,一回のみの記述であっても重要な内容となることがある.また,明示すべき要求が記述されていないという情報も,要求仕様書の品質状況の理解のためには必要である.本稿では,ユーザと開発者の互いの意図 …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 207-208, 2020-02-20

    IPSJ 

  • 大規模情報システムの要求仕様書の自動要約手法の提案-背景や目的部分に対するマルコフ連鎖を用いた抽出型要約の適用-  [in Japanese]

    石井 達樹 , 阿部 養太 , 大工原 正哲 , 中島 千壽 , 位野木 万里

    … 者らは,開発者による要求仕様書の効率的な理解支援のために,要求仕様書の構成要素の特性を考慮した複数の視点の組み合わせによる要約手法の研究に取り組んでいる.その一環として,要求仕様書の背景や目的に関する記述部分に対して,抽出型の要約手法を適用することを提案する.本稿では,マルコフ連鎖を用いた自然言語処理技術による要約文自動生成ツールであるTextGeneratorを用いて, …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 203-204, 2020-02-20

    IPSJ 

  • Manual Evaluations of Extractive Oracle Summaries  [in Japanese]

    Hirao Tsutomu , Nishino Masaaki , Nagata Masaaki

    <p> In this paper, we derive the Integer Linear Programming (ILP) formulations to obtain extractive oracle summaries to reveal the upper bound automatic score of the extractive summarization par …

    Journal of Natural Language Processing 27(2), 169-188, 2020

    J-STAGE 

  • Abstractive Sentence Summarization with Supervised Copy-Mechanism  [in Japanese]

    HASEGAWA Shun , HIDETAKA Kamigaito , OKUMURA Manabu

    <p>The current copy mechanisms are learned as a part of a neural model for text summarization with end-to-end training, and so it is not explicit which words can be outputted by copying. Thus, t …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 2H6GS901-2H6GS901, 2020

    J-STAGE 

  • A Corpus of Paragraph Titles Given to English Essays  [in Japanese]

    KIKUI Genichiro , MATSUIWA Shohei

    <p>In this paper, we introduce {\em a corpus of paragraph titles}. A paragraph title is a short linguistic expression which indicates or summarizes information of a given paragraph. Paragraph ti …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 2D1GS904-2D1GS904, 2020

    J-STAGE 

  • A New Method to Find Zero Pronouns Referring to Entry Words and Estimate their Surface Cases in the Context of a World History Glossary and its Descriptions  [in Japanese]

    Oya Kosuke , Sakamoto Kotaro , Shibuki Hideyuki , Mori Tatsunori

    <p> In this paper, we focus on the usage of a world history glossary as one of the knowledge sources for automated answer generation of essay-type questions. The questions we use were derived th …

    Journal of Natural Language Processing 27(1), 31-63, 2020

    J-STAGE 

  • Query-focused Summarization Enhanced with Sentence Attention Mechanism  [in Japanese]

    木村 輔 , 田上 諒 , 宮森 恒

    In today's society where the enormous amount of documents are overflowing, it is expected that the query-focused text summarization, which generates summaries focusing on the given specific queries, w …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 12(4), 66-79, 2019-10-23

    IPSJ 

  • 文章の相対位置関係に基づくユーザの知識レベルに応じた記事要約の提案  [in Japanese]

    阪田 晴香 , Panote Siriaraya , 王 元元 , 河合 由起子

    … 本研究では,検索キーワードの出現する文章を起点とした周辺文章となる位置関係に基づき文章を抽出し,検索キーワードに対するユーザの知識レベルに応じた記事要約手法を提案する.提案手法は,検索キーワードを含む文章とその文章の前後に出現する文章との位置関係は,検索キーワードを説明する内容の詳細度と関連するという仮定に基づき,文章間の距離に基づいて要約を複数生成する.具体的には,検索キ …

    第81回全国大会講演論文集 2019(1), 437-438, 2019-02-28

    IPSJ 

  • Summarization Method and Accessibility in TV Program Telops : With NHK's News Program as a Subject  [in Japanese]

    三重野 瞳

    立命館映像学 (12), 87-128, 2019

  • News Article Summarization Based on Word Significance  [in Japanese]

    Midorikawa Takahiro , Hayashi Atsushi , Iwashita Shino

    <p>The purpose of this research is to summarize news articles based on word significance. Based on the collected news articles, we calculate the significance of the words of each sentence in the …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 35(0), 694-697, 2019

    J-STAGE 

  • Extractive and Abstractive Summarization for Multiple-sentence Questions  [in Japanese]

    ISHIGAKI Tatsuya , TAKAMURA Hiroya , OKUMURA Manabu

    <p>Questions are asked in many situations such as sessions at conferences and inquiries through emails. In such situations, questions can be often lengthy and hard to understand, because they of …

    Journal of Natural Language Processing 26(1), 37-58, 2019

    J-STAGE 

  • Summarization of Discussion Document based on Abstract argumentation semantics  [in Japanese]

    NISHINA Kei , NITTA Katsumi

    … と論証間の攻撃関係を表すリンクの表現し,そのAFの構造の部分構造をAFの要約として求める手法をとった.このAF構造の要約手法は,論点の分岐点となる論証の周辺に,論点ごとの局所議論を表す構造があることに注目し,その構造を除去するものである.また,この要約手法から得られた要約に含まれる各論証の論理的妥当性は,要約前の論理的妥当性には相関関係があることを例において,確 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 1K3J404-1K3J404, 2019

    J-STAGE 

  • Summarization Method and Accessibility in TV Program Telops : With NHK's News Program as a Subject  [in Japanese]

    三重野 瞳

    立命館映像学 = Journal of College of Image Arts and Sciences, Ritsumeikan University (12), 87-128, 2019

    IR  DOI 

  • 蓄積情報からの特徴語抽出に基づく自動要約・提示システムに関する研究  [in Japanese]

    松林 圭 , 山下 晃弘 , 中村 拓哉 , 吉田 優之 , 川村 秀憲

    … 報であるかをユーザが把握しづらく,埋もれてしまう情報も少なくない.そのため,社内に蓄積された様々な情報を可視化する研究も多く,それらを応用した様々なサービスも存在する.本研究ではそのような大量のテキストデータから重要な情報を自動要約し,社内のナレッジとして有効活用することを目的としている.最終的に社内で活用されるシステムを目指し,複数のテキスト要約手法の比較や実データによる評価を行う. …

    第80回全国大会講演論文集 2018(1), 277-278, 2018-03-13

    IPSJ 

  • 複数時系列文書の差分を考慮したタイムライン要約への取り組み  [in Japanese]

    柏井 香里 , 小林 一郎

    … い情報が随時追加されていく.そのような文書の全てを人間が読んで理解することは,膨大な時間がかかってしまい現実的でない.複数の情報源からの文書を要約し,時間の経過とともにその内容を把握できる要約手法が望まれる.本研究ではそのことを踏まえて,複数の新聞社による長期にわたる記事から,前の日とは異なる今までなかった新しく追加された情報に重きを置いて,グラフを用いて要約文を時系列順に生成する …

    第79回全国大会講演論文集 2017(1), 589-590, 2017-03-16

    IPSJ 

  • 文書の潜在情報と表層情報を考慮したタイムライン要約への取り組み  [in Japanese]

    柏井 香里 , 小林 一郎

    … <p>本研究では複数の情報源からの文書を要約し,時間の経過とともにその内容を把握できる要約手法の開発を目的とする.そのことを踏まえて,複数時系列文書の潜在情報と表層情報を解析し,それらに基づいた重要文を時系列に沿って抽出することで,ある期間に発生したイベントの動向をとらえた要約を生成する.</p> …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2017(0), 1J12in2-1J12in2, 2017

    J-STAGE 

  • A Method for Accuracy Improvement with Ontology in Automatic Summarization of Academic Articles  [in Japanese]

    Aida Tatsuya , Kitamura Masahito

    This study aims to provide a new method to improve accuracy of a summary by employing ontology in automatic summarization of academic articles focused on segment structure. Existing automatic summariz …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2017f(0), 155-158, 2017

    J-STAGE 

  • Video Summary with Parallel Movie Presentation  [in Japanese]

    高間 康史

    画像ラボ 27(6), 33-39, 2016-06

Page Top