Search Results 1-20 of 50

  • 1 / 3
  • 局在化した聴覚刺激による視線注意の誘導  [in Japanese]

    德永 恵太 , 藤代 一成

    … 本発表では聴覚刺激に着目し、立体音響を利用した聴覚刺激が視覚注意に与える影響を調べ、リダイレクトウォーキングへの応用の道筋を考える。 …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 75-76, 2020-02-20

    IPSJ 

  • A critique of Goswami's review paper (2015) : Visual deficit theories of developmental dyslexia  [in Japanese]

    杉本 明子

    明星大学大学院教育学研究科年報 = Annual bulletin of the Graduate School of Education (4), 53-58, 2019-03

    IR 

  • Gaze Estimation based on Visual Attention Model  [in Japanese]

    大井 翔 , 佐野 睦夫 , 田渕 肇 , 斎藤 文恵 , 梅田 聡

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 42(26), 57-60, 2018-08

  • Gaze Estimation based on Visual Attention Model  [in Japanese]

    OoI Sho , SANO Mutsuo , TABUCHI Hajime , SAITO Fumie , UMEDA Satoshi

    視線情報は,人間の注意機能を把握するために重要な要素の一つである.例えば,調理中や運転中の注意機能を評価するために視線は重要な要因となる.我々は,これまでに視線情報から生活中における注意状態を判断できることを示している.視線情報の取得は,アイトラッカーなどの高価な装置を用いて高い精度で視線を推定できるが,高価であり,キャリブレーションする必要がある.本研究では,単一のカメラでキャリブレーションの必 …

    Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 18.01(0), 57-60, 2018

    J-STAGE 

  • 把持行為の観察による視覚注意の調整 : 視点と手がかりの抽象度がもたらす影響  [in Japanese]

    山田 萌 , 水口 崇

    … これに対して, 他者の行為の観察も視覚注意の調整効果を有することが報告されてきた。 …

    信州心理臨床紀要 (16), 115-128, 2017-06

    IR  Ichushi Web 

  • Examination of training effect in visuo-spatial working memory and visual attention span  [in Japanese]

    Tsuchida Yukio , Uno Tomoki , Komesu Ryo , Seki Ayumi

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association 81(0), 2B-038-2B-038, 2017

    J-STAGE 

  • The Role of Visual Attention in Evaluative Decision-making  [in Japanese]

    Xu Ji , Zommara Noha Mohsen , Ounjai Kajornvut , Lauwereyns Johan

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association 81(0), 1D-076-1D-076, 2017

    J-STAGE 

  • Ⅶ. 共同利用研究, 2.研究成果, (1)計画研究  [in Japanese]

    A-1 複数骨格筋への単シナプス性発散投射構造の解剖学的同定A-2 運動異常症の霊長類モデルにおける脳活動異常の電気生理学的解析A-3 行動制御に関わる高次脳機能の解明に向けた神経ネットワークの解析A-5 認知機能と行動制御における外側手綱核の役割A-6 霊長類における概日時計と脳高次機能との連関A-7 二卵性ふたごチンパンジーの行動発達に関する比較発達研究A-8 ゲノムによる霊長類における脳機能 …

    霊長類研究所年報 (45), 86-92, 2016-01-20

    IR 

  • The Spatial-Stroop effect is modulated by the relative distance of target position, not by the physical distance  [in Japanese]

    WATANABE Yurina , YOSHIZAKI Kazuhito , ONISHI Shiho

    逆ストループ課題では,採色された色名単語の単語読みを求め,インク色が干渉した程度が測定される。Smithson, et al. (2006)は,彩色された色名単語のインク色を操作し,色名単語との色が近づく程,反応時間は速くなることを示した。本研究は,刺激呈示空間の上下と刺激の示す方向(上下)との間で適合性が決まる空間ストループ課題を用いて,空間ストループ効果には凝視点から刺激呈示位置の距離(視角) …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2016(0), 64, 2016

    J-STAGE 

  • Effect of task load on lateral difference in the Simon task  [in Japanese]

    渡辺 友里菜 , 吉崎 一人

    愛知淑徳大学論集. 心理学部篇 (6), 55-62, 2016

    IR  Ichushi Web 

  • Generation of Photomosaic with Saliency Map  [in Japanese]

    SHIMOEDA Shinichiro , SHIRAISHI Michio , SHINYA Mikio

    … ,小画像をグリッド状に配置して一つの画像を表現する手法である.フォトモザイクは,入力画像をグリッド状に分割し,分割された部分領域の平均色に最も近い平均色を持つ小画像を選択して作成されるが,入力画像の輪郭などの重要な特徴が表現できないことがある.そこで,本研究では,人の視覚注意度を表す saliency map の利用により,平均色に加えて形状も考慮に入れて小画像を選択する作成手法を提案する. …

    Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 14.03(0), 59-60, 2015

    J-STAGE 

  • Generation of Photomosaic with Saliency Map  [in Japanese]

    SHIMOEDA Shinichiro , SHIRAISHI Michio , SHINYA Mikio

    … ォトモザイクは,小画像をグリッド状に配置して一つの画像を表現する手法である.フォトモザイクは,入力画像をグリッド状に分割し,分割された部分領域の平均色に最も近い平均色を持つ小画像を選択して作成されるが,入力画像の輪郭などの重要な特徴が表現できないことがある.そこで,本研究では,人の視覚注意度を表すsaliency mapの利用により,平均色に加えて形状も考慮に入れて小画像を選択する作成手法を提案する. …

    ITE Technical Report 39.14(0), 61-62, 2015

    J-STAGE 

  • A-8 チンパンジーの視覚・注意の発達変化に関する比較認知研究  [in Japanese]

    牛谷 智一 , 後藤 和宏

    霊長類研究所年報 (44), 81-82, 2014-12-04

    IR 

  • Observing grasping action from egocentric perspective modulates observer's visual attention  [in Japanese]

    Mochizuki Masaya , Tamaki Kentaro , Naito Katsuo

    Previous studies demonstrated that observing another person's grasp action modulated the observer's attention to the object in a manner congruent with another person's action goal. These studies sugge …

    The Japanese journal of psychology 85(4), 398-403, 2014

    J-STAGE 

  • A-6 チンパンジーの視覚・注意の発達変化に関する比較認知研究  [in Japanese]

    牛谷 智一 , 後藤 和宏

    霊長類研究所年報 (43), 91-91, 2013-11-13

    IR 

  • C-5 チンパンジーの視覚・注意に関する比較認知研究  [in Japanese]

    牛谷 智一 , 後藤 和宏

    霊長類研究所年報 (42), 119-119, 2012-10-04

    IR 

  • PVL児の視覚認知障害と斜線構成能力についての一考察  [in Japanese]

    浅野 大喜

    … て劣る現象は斜線効果とよばれている.PVL児の斜線構成の際,その方向性が正中方向に引きつけられるという現象は,PVLによる視覚認知障害に斜線効果が強く関与している可能性が考えられる.またPVL児の視覚注意の特徴として,部分と全体の両方に注意を向けることに困難があることから,全体を想定した部分構成という概念にも問題がある可能性が考えられた.今後はPVL児の視覚世界を理解するために,斜線効果の …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Bb1171-Bb1171, 2012

    J-STAGE 

  • A Task-Based Computational Model for Directing Top-Down Visual Attention  [in Japanese]

    山ノ井 大貴 , 櫻井 大督 , 高橋 成雄

    … 分野において,画像そのものや画像を見るための環境に何かしらかの条件を施すことで,見る人の視覚注意を意図的に特定領域に誘導するための手法が,近年盛んに研究されている.しかし,既存手法では画像の輝度や色といった人の低次視覚野で処理されるボトムアップ刺激のみを考慮した視覚注意の誘導にとどまっており,高次視覚野で処理されるトップダウン刺激については考慮されていなか …

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) 2011-CG-145(17), 1-7, 2011-11-10

  • A Task-Based Computational Model for Directing Top-Down Visual Attention  [in Japanese]

    山ノ井 大貴 , 櫻井 大督 , 高橋 成雄

    … 分野において,画像そのものや画像を見るための環境に何かしらかの条件を施すことで,見る人の視覚注意を意図的に特定領域に誘導するための手法が,近年盛んに研究されている.しかし,既存手法では画像の輝度や色といった人の低次視覚野で処理されるボトムアップ刺激のみを考慮した視覚注意の誘導にとどまっており,高次視覚野で処理されるトップダウン刺激については考慮されていなか …

    研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 2011-CVIM-179(17), 1-7, 2011-11-10

  • A Study on Performance Improvement of Generic Object Recognition by Object Extraction  [in Japanese]

    FUJIKAWA Tetsuya , KATTO Jiro

    電気学会研究会資料. CMN, 通信研究会 2010(24), 73-78, 2010-09-21

    References (12)

  • 1 / 3
Page Top