Search Results 1-20 of 62

  • 1 / 4
  • スマートコンストラクション 見える化で現場を全体最適へ 地形3Dデータを自動取得し活用 (特集 コマツの強さ)  [in Japanese]

    … ステレオカメラで現場の状況を計測認識し、移動やブレードの動きなどを自動制御する機械だ。 …

    日経ものづくり (763), 50-55, 2018-04

    Nikkei BP

  • Visual Recognition of Surface Qualities of Objects : Current Research and Future Prospects  [in Japanese]

    OKATANI Takayuki

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(410), 205, 2015-01-15

  • A Prototype of Non-Grounded Force Feedback Device by Controlling Wind Direction  [in Japanese]

    SEKI Kazuteru , KURODA Yoshihiro , KIYOKAWA Kiyoshi , TAKEMURA Haruo

    近年,空間や身体に接地しない非接地型力覚提示装置の開発が盛んに行われている.力覚提示装置の応用例としては,視覚障害者のための経路ナビゲーションが考えられるが,それを実現するためにはデバイスがウェアラブルであり,指定した方向に持続的な力の提示が可能であり,且つデバイスの姿勢に依存しない力覚提示が必要となる.本研究では,上述の3つの要件を満たす力覚提示方式を目指し,風圧を利用した非接地型の力覚提示デバ …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(410), 91-92, 2015-01-15

  • 反射光・散乱光の計測と解析 : 質感の定量化に向けて(質感の計測認識・提示,災害)  [in Japanese]

    向川 康博

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(410), 37, 2015-01-15

  • Visual Recognition of Surface Qualities of Objects : Current Research and Future Prospects  [in Japanese]

    OKATANI Takayuki

    Technical report of IEICE. PRMU 114(409), 205, 2015-01-15

  • A Prototype of Non-Grounded Force Feedback Device by Controlling Wind Direction  [in Japanese]

    SEKI Kazuteru , KURODA Yoshihiro , KIYOKAWA Kiyoshi , TAKEMURA Haruo

    近年,空間や身体に接地しない非接地型力覚提示装置の開発が盛んに行われている.力覚提示装置の応用例としては,視覚障害者のための経路ナビゲーションが考えられるが,それを実現するためにはデバイスがウェアラブルであり,指定した方向に持続的な力の提示が可能であり,且つデバイスの姿勢に依存しない力覚提示が必要となる.本研究では,上述の3つの要件を満たす力覚提示方式を目指し,風圧を利用した非接地型の力覚提示デバ …

    Technical report of IEICE. PRMU 114(409), 91-92, 2015-01-15

  • 反射光・散乱光の計測と解析 : 質感の定量化に向けて(質感の計測認識・提示,災害)  [in Japanese]

    向川 康博

    Technical report of IEICE. PRMU 114(409), 37, 2015-01-15

  • RGB-Dセンサを用いた皿および手の追跡による摂食行動記録システムの提案  [in Japanese]

    安田陽介 , 前川卓也

    日々の食生活を記録する食事ログにおいて,RGB-Dセンサを用いることでユーザが食事を摂る際の詳細な食行動を自動的にセンシングできる食事ログシステムを提案する.デジタルカメラなどを用いた写真による食事の記録では,画像処理により食事全体のカロリーは取得できるが,ユーザがどの料理をどのような順序で摂食したかを記録することはできない.本研究では,RGB-Dセンサを用いて取得した時系列データから,皿とユーザ …

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-160(13), 1-8, 2014-10-07

    IPSJ

  • Wi-Fi Based Location Estimation with Variable Area Granularity  [in Japanese]

    藪圭輔 , 榎堀優 , 間瀬健二

    ユーザにとって重要な場所 (エリア) にいるかどうかを識別する研究は,識別精度やコストを焦点にあてたものが多く,物理粒度を考慮した研究は十分になされていない.そのため,部屋や建物といった目的に合った物理粒度での利用・電波ログの統合が難しい.一般的に,二つの観測地点間の距離は,受信電波強度の減衰モデルを用いて推定するが,マルチパス等により減衰モデルに従わない変化をすることが知られており,単純な適用は …

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-160(12), 1-7, 2014-10-07

    IPSJ

  • ラベルの時刻ずれに対応した携帯センサ行動認識におけるクラスタリングによる特徴量境界の明確化  [in Japanese]

    戸田隆道 , 井上創造 , 上田修功

    … 本稿では携帯センサを用いた行動認識における,教師データの時刻ずれを許す認識手法において,特徴量境界を明確化して精度を向上する手法を提案する.スマートフォン等の携帯センサデバイスを用いた行動認識を行う際には,主に教師あり学習を用いるため,センサ情報と行動の種類を示すラベルが対応付けられた事例データが必要である.しかし,この対応付けは,センサ …

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-160(11), 1-7, 2014-10-07

    IPSJ

  • A Distributed Processing System of Living Activity Recognition Using a Wearable Device and a Smartphone  [in Japanese]

    Jun Ohashi , Takashi Sudo , Kazushige Ouchi , Tatsunori Saito

    … トフォンのマイクから取得した音データを使用して生活行動を認識する技術が提案されている.従来技術では,例え自宅内であっても常にスマートフォンを保持して生活しなければならず,より携帯性の高いウェアラブル端末を利用した生活行動認識技術の確立が望まれている.しかしながら,音を使用した行動認識手法は計算量が多く処理性能が低いウェアラブル端末で動作さ …

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-160(10), 1-8, 2014-10-07

    IPSJ

  • 浸水被害の画像を用いた市街地における浸水深の検出手法の提案  [in Japanese]

    廣井慧 , 河口信夫

    都市域での豪雨が起こす市街地の浸水被害を軽減するためには,浸水の発生箇所やその浸水深のような,浸水状況の情報提供が有効である.浸水状況を知ることで,道路上の危険箇所の歩行やアンダーパスでの車両の水没からの回避が可能になると考えられる.しかし,既存で用いられる水位計は定点観測用途が主であり,観測地点数が限られるため,観測点以外の浸水状況が把握できない.また,豪雨の発生時には浸水の様子を撮影した画像が …

    IPSJ SIG technical reports 2014-UBI-44(3), 1-6, 2014-10-07

    IPSJ

  • 音波による3次元位置認識手法の系統誤差低減のための基礎検討  [in Japanese]

    中村将成 , 秋山尚之 , 杉本雅則 , 橋爪宏達

    … 我々はこれまでに,音波を用いたスマートフォンの屋内 3 次元位置認識手法を提案した.屋内に設置した複数のスピーカから周波数の異なる音波を同時に送信し,スマートフォンで受信することで,毎秒 10 回ほどの高速な位置認識が可能であることを確認した.しかし,受信位置によっては,各スピーカから到来した音波の重畳パターンが原因となり,大きな系統誤差が生じることがわかっている …

    IPSJ SIG technical reports 2014-UBI-44(2), 1-6, 2014-10-07

    IPSJ

  • 身体に装着した加速度センサによる行動およびジェスチャの統合的認識手法の提案  [in Japanese]

    JosephKorpela , 前川卓也 , JulienEberle , DipanjanChakraborty , KarlAberer

    … える統合的な認識フレームワークを提案する.行動認識とジェスチャの認識手法は共に加速度センサを用いているにもかかわらず,行動データとジェスチャデータの特徴は全く異なるため,行動認識とジェスチャ認識手法は全く異なり,これらの研究は別々に行われている.本研究では,それぞれの認識に用いられる …

    IPSJ SIG technical reports 2014-UBI-44(1), 1-8, 2014-10-07

    IPSJ

  • Behavior and Ambiance Analysis of Group with Image Observation  [in Japanese]

    CHITPASONG Bounta , AOKI Kyota

    … 数の集団の雰囲気・状況を高所からの映像で計測認識するシステムを構築する.使う映像は,人が集まった場所でドローン(ラジコンヘリ)で高所から撮影した映像である.集団の映像を対象として,OpenCVの付加アプリケーションMotemplを利用し,映像から集団の全体の動きを取得する.取得した情報から集団の動きの変化や盛り上がり度を計測する.この研究によって,集団の行動を計算機 …

    IEICE technical report. Image engineering 114(172), 19-23, 2014-08-01

  • Behavior and Ambiance Analysis of Group with Image Observation  [in Japanese]

    チッパソン・ブンター , 青木 恭太

    … の雰囲気・状況を高所からの映像で計測認識するシステムを構築する.使う映像は,人が集まった場所でドローン (ラジコンヘリ) で高所から撮影した映像である.集団の映像を対象として,OpenCV の付加アプリケーション Motempl を利用し,映像から集団の全体の動きを取得する.取得した情報から集団の動きの変化や盛り上がり度を計測する.この研究によって,集団の行 …

    研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM) 2014-AVM-85(4), 1-5, 2014-07-25

    IPSJ

  • A Measurement and Recognition of Human Motion for Optimizing Assistive Force of Smart Suit  [in Japanese]

    WAKASUGI Motoaki , TANAKA Takayuki , NARA Hiroyuki , KUSAKA Takashi , KANEKO Shun'ichi

    … 化を行うための,動作計測認識を目的とするものである.今までのスマートスーツでは,フレキシブルゴニオメータを用いて計測された腰部の曲げ角度のみをもとに補助力を出力していた.しかし,この手法では装着者の動作を正確に把握することができない.そこで,複数の加速度・角速度センサを用い腰・膝・足首の三か所の曲げ角を計測することで,より正確 …

    IEICE technical report. Welfare Information technology 113(195), 77-81, 2013-08-29

  • Seeking for the Best Fit between Society and Research  [in Japanese]

    YAMASHITA Naomi

    Technical report of IEICE. PRMU 113(63), 77, 2013-05-17

  • Challenge and opportunities in aged society  [in Japanese]

    Akiyama Hiroko

    Technical report of IEICE. PRMU 113(63), 73, 2013-05-17

  • 1 / 4
Page Top