Search Results 1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Three Dimensional Reconstruction from Image Sequence with a Tracking Algorithm and Hyper Surface  [in Japanese]

    OMAGARI Daigo , OISHI Kunio

    … 3 次元形状の復元や画像認識などに特徴点が使用される.本論文では,輝度の誤差曲面の大きさを表した全曲率を用い,物体の角のように特徴的な部分を特徴点として抽出し,連続した画像の特徴点を追跡する.この手法を用いて特徴点を抽出し,3 次元形状が効率良く復元できることを示す.Factorization Method has recovered shape from image sequence. …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 2009(29(2009-CVIM-166)), 91-96, 2009-03-06

    IPSJ  References (5)

  • LG-002 Shape of Error Surface in SpikeProp  [in Japanese]

    Fujita Masaru , Takase Haruhiko , Kita Hidehiko , Hayashi Terumine

    情報科学技術レターズ 6, 193-194, 2007-08-22

  • Measurement of flatness form accuracy for Si substrate by continuous sequential-two-points method  [in Japanese]

    HE Wei-Ming , IHARA Tohru , UMEDA Kazunori , SATO Hisayoshi , TANI Yasuhiro , OKUNO Noboru , TAKAHASHI Mitsuo

    … 真直形状誤差曲線の測定法である逐次2点法を大型化, 高精度化が著しいSi基板の平面形状誤差曲面を評価することに適用した. … また, これらから平面形状誤差曲面を構成し, 基板が吸着板の形状に倣って変形することを可視的に示して特性を確認した. …

    Journal of the Japan Society for Abrasive Technology 49(6), 328-334, 2005

    J-STAGE 

  • What is New in The H_∞-Learning? : On the Basis of Comparison with the Conjugate Gradient Method and the Quasi Newton Method  [in Japanese]

    NISIYAMA Kiyoshi , OCHISAI Koushi , WATANABE Mitsunori

    … 本研究では、H_∞学習の本質を明らかにするために、共役勾配法や準ニュートン法に基づく学習アルゴリズムの挙動を重み空間と誤差曲面の両方から詳細に調べる。 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 103(733), 145-150, 2004-03-11

    References (6)

  • Behaviors of Globally Suboptimized H_∞-Learning  [in Japanese]

    NISIYAMA Kiyoshi , OCHISAI Koushi

    … 本論文では、大域的準最適H_∞学習アルゴリズム(g-EHF)の挙動を重み空間と誤差曲面において詳細に解析し、H_∞学習の優れたロバスト性の発生メカニズムを明らかにすることを試みる。 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 102(729), 55-62, 2003-03-10

    References (4) Cited by (1)

  • LH-2 Behavior of the Globally Suboptimized H_∞-learning on Error Surface  [in Japanese]

    Nishiyama Kiyoshi , Ochisai Koushi

    情報技術レターズ 1, 119-120, 2002-09-13

  • 誤差曲面を用いた連続的テンプレートマッチング手法による動き推定  [in Japanese]

    山田 芳郎 , 都築 伸二

    Annual journal of engineering, Ehime University 1, 137-146, 2002-03

  • Continuous Template Matching Method Based on the Minimization of Interpolated Error Surfaces  [in Japanese]

    YAMADA Yoshio , TSUZUKI Shinji

    … 連続的テンプレートマッチング手法は, 入力画像-テンプレート画像間の相互相関係数を帯域制限補間することによって, 微少な移動量を精度良く検出する手法である.本論文では, 相互相関係数の代わりに, 2乗誤差および絶対値誤差を用い, これらを帯域制限補間して得られる誤差曲面を最小化することによって移動量を検出する手法について検討している.また, 同手法による移動量の検出精度を明らかにしている. …

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(8), 1223-1226, 2000-08-20

    J-STAGE  References (4) Cited by (7)

  • A Fast Convergence Algorithm of Volterra Adaptive Filters  [in Japanese]

    CHAO Junhui , UNO Shinpei , KUBOTA Tomonori , INOMATA Atsushi

    … る大域収束性などの優れた特徴で知られている.しかしながら, Volterra核が密である場合, 収束が遅く不安定になりやすい, そこで筆者らは, 2次のVolterra形非線形適応フィルタにおいて, Gaussian信号入力に対する誤差曲面形状の重要な性質を理論的に導き出している.本論文では, それらの解析結果を基にして, 白色信号入力と, 有色信号入力に対して, 最適な重み係数ベクトルの修正方向と更新幅を用いた高速収束アルゴリズム …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00083(00004), 370-378, 2000-04-25

    References (11) Cited by (5)

  • Fast RLS Volterra ADF Algorithms Using Whitening of Input Signals  [in Japanese]

    KUBOTA Tomonori , UNO Shinpei , ABE Kazumasa , CHAO Jinhui

    … 本論文では,二次Volterra型非線形適応フィルタ(二次Volterra ADF)の高速算法を提案している.二次Volterra ADFにおけるRLS法の演算量は〓(N^4)であるが,提案算法の演算量はLMS法と同じ〓(N^2)で実現され,さらに,収束特性はRLS法と等価である.提案手法は,白色信号や白色化信号入力に固有な誤差曲面の幾何学的構造に関する完全な解析に基づいている. …

    Technical report of IEICE. DSP 99(505), 141-148, 1999-12-17

    References (23)

  • A geometrical consideration on the gradient descent learning of multilayer perceptron  [in Japanese]

    HAGIWARA Katsuyuki , KUNO Kazuhiro

    … しかしながら, 多層階層型神経回路網の場合には, 誤差曲面の谷構造, premature saturation/flat spot problem, symmetric phase/plateauなどの問題が指摘されていることからも分かるように, 十分な解析がなされているとは言えない. …

    IEICE technical report. Neurocomputing 99(193), 69-76, 1999-07-19

    References (9)

  • A Training Method For Mutilayer Nerual Networks Using Global Imformation of Error Surface  [in Japanese]

    NOSE Hiroyuki , HARA Kazuyuki

    … 本稿では、結合係数空間における誤差曲面の大域情報を用いることにより、学習が初期の結合係数に依存しない学習法を提案する。 … この問題に対し、誤差曲面上に探索範囲を設定し、探索範囲内での最小値を探索する、という操作を繰り返すことにより誤差を最小とするネットワークを探索する方法を提案する。 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 99(193), 63-68, 1999-07-19

    References (8)

  • An Analysis of Error Surface and Convergence of Volterra Adaptive Filters  [in Japanese]

    CHAO Jinhui , INOMATA Atsushi

    … 本論文では, 2次Volterra形非線形適応フィルタの入力自己相関行列の固有値解析により, 誤差曲面の幾何学特性及び適応アルゴリズムの収束特性を求めている. … 特に, 線形適応フィルタと異なり, Volterra形適応フィルタの誤差曲面は, 入力信号の相関の有無にかかわらず, 常にある特定の方向上においてのみ極めて急しゅんであり, 他の方向上では, 相対的に平たんであることを明らかにしている. …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00082(00006), 809-816, 1999-06-25

    References (13) Cited by (4)

  • Fast Convergent Adaptive Algorithms of Quadratic Volterra FIR Filter  [in Japanese]

    KUBOTA Tomonori , UNO Shinpei , CHAO Jinhui

    … Volterra型非線形適応フィルタの誤差曲面特性に基づいて, 高速収束適応算法を提案している.二次Volterra型非線形適応フィルタのGaussian信号入力時における自己相関行列の各固有値存在範囲の上界と下界を理論的に導くと, 誤差曲面形状は常にある一方向のみに対して非常に急峻で, 他方向に対しては相対的に平坦であることがわかる.この結果を基にして, 高速収束適応算法を白色信号, …

    IEICE technical report. Speech 98(264), 7-14, 1998-09-11

    References (10)

  • Fast Convergent Adaptive Algorithms of Quadratic Volterra FIR Filter  [in Japanese]

    KUBOTA Tomonori , UNO Shinpei , CHAO Jinhui

    … Volterra型非線形適応フィルタの誤差曲面特性に基づいて, 高速収束適応算法を提案している.二次Volterra型非線形適応フィルタのGaussian信号入力時における自己相関行列の各固有値存在範囲の上界と下界を理論的に導くと, 誤差曲面形状は常にある一方向のみに対して非常に急峻で, 他方向に対しては相対的に平坦であることがわかる.この結果を基にして, 高速収束適応算法を白色信号, …

    Technical report of IEICE. DSP 98(262), 7-14, 1998-09-11

    References (10) Cited by (2)

  • Prediction of Performance of Hypoid Gears by Observation of Tooth Contact Pattern(1st Report, Algorithm for Predicting Composite Error Surface)  [in Japanese]

    WANG Zhonghou , KUBO Aizoh , NONAKA Tetsuya

    The position and shape of contact pattern on tooth flanks of hypoid gears have strong correlation with the gear performance. An experienced gear engineer can qualitatively estimate the performance of …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series C. 00064(00624), 3103-3111, 1998-08

    References (5) Cited by (5)

  • Prediction of Performance of Hypoid Gears by Observation of Tooth Contact Pattern. 1st Report. Algorithm for Predicting Composite Error Surface).  [in Japanese]

    WANG Zhonghou , KUBO Aizoh , NONAKA Tetsuya

    The position and shape of contact pattern on tooth flanks of hypoid gears have strong correlation with the gear performance. An experienced gear engineer can qualitatively estimate the performance of …

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series C 64(624), 3103-3111, 1998

    J-STAGE 

  • Second - order Learning Algorithm with Squared Penalty Term  [in Japanese]

    SAITO Kazumi , NAKANO Ryohei

    … 項と2次学習アルゴリズムの組合せが,適切なペナルティ係数値において,最も高い汎化性能を示すとともに,最も高速に収束したことを示す.また,ペナルティ項の種類により学習性能がなぜ異なるかを誤差曲面の観点から論じる.最後に,最適なペナルティ係数を決定するのに交差検証法が有効に利用できることを示す.This paper compares three penalty terms with respect to the efficiency of supervised learning,by using first- and …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 38(11), 2149-2156, 1997-11-15

    IPSJ  References (16)

  • A Globally Converging Learning Algorithm for Multilayer Neural Networks And Its Applications  [in Japanese]

    UNO Shinpei , CHAO Jinhui

    … 学習方法として一般に広く用いられている誤差逆伝搬法は, 最急降下法により, 出発する位置から下凸の誤差曲面を下っていき, 局所極小点に収束する. …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.基礎・境界, 223-224, 1997-08-13

  • Convergence Analysis of Volterra nonlinear ADF and proposal of A Fast Adaptive Algorithm

    INOMATA Atsushi , UNO Shinpei , CHAO Jinhui

    … Volterra非線形適応フィルタが, 誤差曲面が単峰性であり, 大域収束性が保証されているため, 注目されている. … さらに, 誤差曲面がある方向上に極端に急峻となっていることなどの性質も明らかにする. …

    Technical report of IEICE. VLD 97(139), 31-38, 1997-06-27

    References (6)

  • 1 / 2
Page Top