Search Results 1-20 of 105

  • 当法人におけるロコモティブシンドロームへの取り組み  [in Japanese]

    山田 鷹 , 宇治 春菜 , 森元 貴史 , 小林 久文 , 林川 将吾 , 鈴木 健大 , 平山 和哉 , 朴 相俊

    … 自己記入式質問表によるものとしてロコチェック(7項目)、足腰指数25(25問、各4点満点;無症状0点~最重症100点)を、また運動機能等の評価として身長、体重、「健脚度®」測定(10m全力歩行・最大1歩幅・40cm踏台昇降・つぎ足歩行)、Timed Up & …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2011(0), Ea0954-Ea0954, 2012

    J-STAGE 

  • Fall-prevention self-efficacy in relationship to high-density lipoprotein cholesterol and physical strength in elderly residents of a Japanese rural district: Kosuge cross-sectional study

    上岡 洋晴 , 武藤 芳照 , 本多 卓也 [他] , 岡田 真平 , 奥泉 宏康 , 半田 秀一 , 北湯口 純 , 鎌田 真光 , 日田 安寿美 , 森 佳子 , 川野 因 , 長澤 伸江 , Hiroharu kamioka , Mutoh Yoshiteru , Honda Takuya , Okada Shinpei , Okuizumi Hiroyasu , Handa Shuichi , Kitayuguchi Jun , Kamada Masamitsu , Hida Azumi , Mori Keiko , Kawano Yukari , Nagasawa Nobue

    … 移動能力として10m全力歩行,最大一歩幅,40cm踏台昇降を,バランス能力としてつぎ足歩行を測定した。 …

    東京農業大学農学集報 54(4), 283-291, 2010-03

    IR 

  • 08測-2P-P13 踏台昇降テストから観た女子大学生の持久性(08.測定評価,一般研究発表抄録)  [in Japanese]

    佐々木 敏 , 角田 和彦

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 61(0), 204, 2010

    J-STAGE 

  • 近赤外分光法による大腿四頭筋の酸素動態について--中高年者の踏台昇降運動時におけるパターン分析  [in Japanese]

    河北 尚夫 , 小川 貫 , 山本 昌典 [他]

    Journal of physical exercise and sports science 10(1), 43-48, 2004

  • なぜ転倒するのか:当院通所リハ利用者転倒群における一考察  [in Japanese]

    寺田 和彦 , 永野 伸一 , 近藤 敏也 , 衣川 英和 , 冨永 雅之 , 松岡 宇一郎 , 中野 裕之

    … 健脚度テストは10m全力歩行、最大1歩幅、40cm踏台昇降の3項目からなる評価法である。 … 2)10m全力歩行では17名向上、3名維持、8名低下、最大1歩幅では、14名向上、14名低下、40cm踏台昇降で前回7名、今回4名が昇降できた。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2002(0), 542-542, 2003

    J-STAGE 

  • Relationship to Bone Mass Density of Femoral Neck and Mobility Parameter in Community-dwelling Peoples

    Komatsu Taiki , Kimura Teiji , Kaminai Tetsuo , Kuroyanagi Ritsuo , Okuizumi Hiroyasu , Mutoh Yoshiteru , Ota Miho , Park Hyuntae , Kamioka Hiroharu , Okada Shinpei

    … 転倒回避能力には、健脚度(10m全力歩行、最大1歩幅、40cm踏台昇降の可否)とバランス能力としての開眼単脚直立時間等を採用し、運動・生活指導介入前の教室初回時と教室修了時の介入後での転倒回避能力と骨密度との関連性を検討した。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2002(0), 17-17, 2003

    J-STAGE 

  • Oxygen movement of quadriceps in the step test : Pattern analysis by NIRS  [in Japanese]

    河北 尚夫 , 小川 貫 , 坂入 保世 , 橋口 泰武 , 森 昭雄 , 山本 昌典

    … 近赤外分光法実験ではプローグ(コード)を使用するため,移動する運動は限られる点から,激しい動きがありながらも簡便で運動範囲が少ない踏台昇降運動を用いた。 …

    千葉体育学研究 = Chiba Journal of Physical Education (26), 21-28, 2002-03-25

    IR 

  • Skin Temperature Change Elicited by Inhalation of the Fragrance of Essential Oils in Relation to Mental Work: Multi-Channel Thermometric Study on Basil and Peppermint

    SUGAWARA Yoshiaki , KAWASAKI Mami

    … 左手の5本の指先と掌の温度変化を同時記録し, それらすべての温度変化を積算した積算温度曲線により, 香りの効果を皮膚温度変化の視点から評価することを試みた.実験に供した香油は, 「作業(精神作業, 踏台昇降運動, 環境音聴取)」の視点を導入した我我の官能評価実験(官能検査)により, 精神作業に対して互いに異なる1対の"官能評価スペクトル"を与えることが分かったバジルとペパーミントとした.なお, …

    Journal of home economics of Japan 51(8), 675-681, 2000-08-15

    NDL Digital Collections  References (22)

  • Skin Temperature Change Elicited by Inhalation of the Fragrance of Essential Oils in Relation to Mental Work: Multi-Channel Thermometric Study on Basil and Peppermint.

    SUGAWARA Yoshiaki , KAWASAKI Mami

    … 本の指先と掌の温度変化を同時記録し, それらすべての温度変化を積算した積算温度曲線により, 香りの効果を皮膚温度変化の視点から評価することを試みた.<BR>実験に供した香油は, 「作業 (精神作業, 踏台昇降運動, 環境音聴取) 」の視点を導入した我我の官能評価実験 (官能検査) により, 精神作業に対して互いに異なる1対の "官能評価スペクトル" を与えることが分かったバジルとペパーミントとした.なお, …

    Journal of Home Economics of Japan 51(8), 675-681, 2000

    J-STAGE 

  • Ability to Avoid Falls among Aged Residents in a Barrier-free Welfare Institution.  [in Japanese]

    Komatsu Taiki , Tanaka Naoki , Mutoh Yoshiteru , Ohta-Fukushima Miho

    … (2)健脚度 (10m全力歩行, 最大1歩幅, 40cm踏台昇降の可否), (3)重心動揺計 (アニマ社製 Gravicorder G5500) 等であった. … 特に, 40cm踏台昇降では, 自力で昇降不能な者が多くχ<sup>2</sup>検定の結果, 両群間に有意な分布の隔たりを認めた (p<0.01). …

    Nippon Ronen Igakkai Zasshi. Japanese Journal of Geriatrics 37(11), 908-911, 2000

    J-STAGE 

  • Clothing microclimate during work under simulated rain conditions  [in Japanese]

    MAEDA A , YAMASAKI K , IIZUKA S , YOSHIDA A

    Japanese journal of biometeorology 36(2), 103-111, 1999-08-01

    References (32) Cited by (5)

  • Estimation of Total Energy Expenditure during Low-intensity daily Activity under Free-living Conditions

    FUKUHARA Katsura , KANEKO Kayoko

    … ら,活動強度の低い状態での両者の関係式(L3)を作成し,それをもとに心拍数法によって推定した場合の総エネルギー消費量と,臥位安静,座位安静,立位の時の酸素消費量の関係式(L1)および強度の高い負荷運動(踏台昇降)時の酸素消費量と心拍数の関係式(L2)をもとに,心拍数法により推定した場合の総エネルギー消費量について,実測した総エネルギー消費量との比較・検討を行った.被検者の日常生活の活動内容は1分ごとに記 …

    Journal of home economics of Japan 50(7), 735-744, 1999-07-15

    NDL Digital Collections  References (27)

  • Effect of permeable and non-permeable outer wear on microclimate  [in Japanese]

    MAEDA A , YAMASAKI K , IIZUKA S , YOSHIDA A

    … す効果について観察することであった.若い成人女子6名 (年齢22.7歳, 体重58.1kg, 身長164.2cm) を被験者とした.人工気候室は10℃・RH40%, 10℃・RH80%, 20℃・RH40%, 及び20℃・RH80%に制御された.被験者は30分間にわたる踏台昇降作業を行った.作業強度は漸増し, 最終段階におけるエネルギー代謝率 (RMR) は6.1 (5.4~6.6) であった.衣服内気候, 平均皮膚温, 貯熱量の各値は, MTよりHPの方が高くなる傾向にあった.直腸温及び心拍数は, …

    JAPANESE JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY 36(1), 31-42, 1999-04-01

    J-STAGE  References (44) Cited by (7)

  • <I>Clothing microclimate during work under simulated rain conditions</I>

    MAEDA A , YAMASAKI K , IIZUKA S , YOSHIDA A

    透湿性防水素材は野外活動用の外衣として多く使用されている.本研究の目的は, 雨天想定下での作業時における温熱影響について観察することであった.外衣条件は3種であり, ミクロテックス (MT: 透湿性) , ゴアテックス (GT: 透湿性) , 及びハイパロン (HP: 非透湿性) を用いた.環境条件は気温20℃, 相対湿度80%に制御され, 環境条件2種 (条件D: 散水なし, 条件R: 散水あり …

    JAPANESE JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY 36(2), 103-111, 1999

    J-STAGE 

  • Estimation of Total Energy Expenditure during Low-intensity Daily Activity under Free-living Conditions.

    FUKUHARA Katsura , KANEKO Kayoko

    … 強度の低い状態での両者の関係式 (L3) を作成し, それをもとに心拍数法によって推定した場合の総エネルギー消費量と, 臥位安静, 座位安静, 立位の時の酸素消費量の関係式 (L1) および強度の高い負荷運動 (踏台昇降) 時の酸素消費量と心拍数の関係式 (L2) をもとに, 心拍数法により推定した場合の総エネルギー消費量について, 実測した総エネルギー消費量との比較・検討を行った.被検者の日常生活の活動内容は1分ごと …

    Journal of Home Economics of Japan 50(7), 735-744, 1999

    J-STAGE 

  • A Study of the Beats Above Baseline Index (BABI) of Patients with Post-stroke Hemiplegia during Going Up and Down Steps  [in Japanese]

    TAKEI Hitoshi , KASAHARA Yoshio , NAKATA Hideo , FURUICHI Kanae , IKEDA Yumi , SATOH Mitsue , KOMIYAMA Keiko , OHNISHI Michie , TAKEUCHI Nobuhiro , MIKAWA Junichi , TOBIMATSU Haruki

    … 活動時心拍指数(BABI)及びその下位項目である心拍数変化と課題遂行時間を指標として,脳卒中片麻痺患者の訓練に有意義とされる踏台昇降動作に対する難易度を評価した。 … 踏台昇降訓練としてどの種類を選択するかは,BABIとその下位項目に及ぼす要因を考察した結果,各人にとって何を目的に訓練するかで異なる。 …

    Physical Therapy Japan 26(5), 214-219, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web  References (30)

  • Perceived Fragrance of Essential Oils in Relation to Type of Work

    SUGAWARA Yoshiaki , TOMOTA Takako , TAMURA Keiko

    … れぞれ+5~-5の11段階のスコアで評価させたが, 以下に述べるように3種類の"作業"との関連で香りの印象を評価することを特色とする.被験者に課した"作業"は, 内田・クレペリン精神検査に準拠した精神作業, 踏台昇降運動, 自然環境音聴取であるが, それぞれの作業前および作業後に上記官能検査を実施し, 作業前後での香りの印象のスコア差を調べた.そして, 次に13の印象項目それぞれについてそれらのスコアが真に変化 …

    Journal of home economics of Japan 49(12), 1281-1290, 1998-12-15

    NDL Digital Collections  References (11)

  • 高齢者の踏台昇降動作における活動時心拍指数(BABI)

    竹井仁

    東京都立医療技術短期大学紀要 11, 99-103, 1998

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Perceived Fragrance of Essential Oils in Relation to Type of Work.

    SUGAWARA Yoshiaki , TOMOTA Takako , TAMURA Keiko

    … れ+5~-5の11段階のスコアで評価させたが, 以下に述べるように3種類の "作業" との関連で香りの印象を評価することを特色とする.被験者に課した "作業" は, 内田・クレペリン精神検査に準拠した精神作業, 踏台昇降運動, 自然環境音聴取であるが, それぞれの作業前および作業後に上記官能検査を実施し, 作業前後での香りの印象のスコア差を調べた.そして, 次に13の印象項目それぞれについてそれらのスコアが真に変化 …

    Journal of Home Economics of Japan 49(12), 1281-1290, 1998

    J-STAGE 

Page Top