Search Results 1-11 of 11

  • Sensory Expression in "Rappaccini's Daughter : From the Writings of Aubepine" : Focusing on Words, Voices and Music  [in Japanese]

    濵田 みゆき

    … Especially, I emphasize effects of the characters' oral words and voices which help to maintain purity without being affected by the state of the body.In Chapter 2, I explore how Hawthorne was inspired by linguistic theories which are thought to have been the background of his writing. …

    地域政策科学研究 (15), 97-116, 2018-03

    IR 

  • The Embodied Space by Sportive Bike Activity:A Case of Minami-kawachi District, Osaka Prefecture  [in Japanese]

    NITTA Yasuhiro

    … 人と自転車の組み合わせによって生み出されるサイクリングの経験は、物質的な景観のみならず、その時どきの身体の状態とともに場所の印象が構成され、身体的な動きと場所を通した感覚的な経験により、場所に関する具体的な地理感覚が認識されている。 …

    Tourism Studies Review 6(1), 35-46, 2018

    J-STAGE 

  • Pediatric seating system  [in Japanese]

    MATSUMOTO Nobumasa

    … 数多くの座位保持装置が国内外メーカー各社から提案されているが,一人ひとりのユーザーに最適な座位保持装置を選択し製作するには豊富な経験や様々な技術が必要である.ユーザーの座位保持能力や身体の状態などにより,ヘッドサポート・バックサポート・シートのタイプや形状を選択するが,ユーザーに適した座位の環境を提供することが,QOL向上につながることから,最も座位が安定する姿勢を探ること( …

    Bulletin of the Japanese Society of Prosthetics and Orthotics 31(4), 242-247, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Study of the interface in the immersive digital environment (Version 3.0)  [in Japanese]

    Natsuki Matsumoto , Donsheng Cai

    … 本論文では、動的な身体の状態を科学的にとらえ,対象者に知覚させフィードバックさせる技術であるバイオフィードバックに着目し,NUI である Leap Motion Controller を用い,三次元没入環境で身体形状の摸写を行うことで,バイオフィードバックを有するインタフェースを提案する. …

    IPSJ SIG Notes 2014-CG-155(9), 1-2, 2014-06-21

  • The suggestion of the medication packages to derive remedy movement suitable for powders:The inspection and consideration of the remedy movement of the child

    Komiya Kayoko , Kunita Misato

    … 医薬品服用が必要な患者は、年齢、精神や身体の状態がさまざまである。 …

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 59(0), 261, 2012

    J-STAGE 

  • 訪問リハによる終末期リハビリテーション:尊厳ある人生の終末を迎えるために  [in Japanese]

    三村 健

    … 大田は終末期リハの具体的目標として八つの項目を挙げているが、中でも関節可動域(以下、ROM)の維持は、他の目標に影響を与えるという意味でも、また、最期まで人間らしい身体の状態が維持されるためにも重要である。 … 現在、persistent vegetative stateにて要介護5。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2009(0), E4P2264-E4P2264, 2010

    J-STAGE 

  • The process toward awareness of bodily feeling and biofeedback  [in Japanese]

    KANBARA Kenji , BAN Ikumi , FUKUNAGA Mikihiko , NAKAI Yoshihide

    … った.それに伴って,どこに問題があるのかが分かるようになり,健康的な身体感覚が戻ってきた.池見らは,バイオフィードバックは身体的な気づきを促す上で有用であると述べている.フィードバックされた身体の状態(客観的指標)と,自分で感じる身体の感覚(主観的感覚)をマッチングさせることで両者の乖離に気づき,それが手掛かりになって身体感覚の気づきが高まる.そのプロセスの中で,脳幹や大脳辺縁系と大脳新皮 …

    Japanese Journal of Biofeedback Research 35(1), 19-25, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (3)

  • Testing QOL Causal Model of Kidney Post-Transplant Recipients  [in Japanese]

    Hayashi Yuko

    … その内容は自己概念ソーシャルサポート, 不確かさ, 身体の状態, 対処, QOLなどについてである. … 構成要素である自己概念, ソーシャルサポート, 不確かさ及び身体の状態と, 対処との関係, 対処とQOLとの関係が立証された. …

    Journal of Japan Academy of Nursing Science 18(1), 20-29, 1998

    J-STAGE 

  • The relationships between the components in QOL causal model of kidney posttransplant recipients and recipient characteristics.  [in Japanese]

    林 優子

    … その内容は,身体の状態,自己概念,不確かさ,ソーシャルサポート,対処,QOLについてである。またレシピエント特性として,年齢,婚姻状況,学歴,移植後年数などを取り上げた。データ分析は,ピアソンの積率相関係数, t検定,一元配置分散分析(対比較)を用いた。分析の結果,年齢,婚姻状況,学歴,就労状況,移植後年数,入院を要するほどの合併症および入院回数がモデルの構成要素のいずれかに関係していた。したがって,それらは …

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 8(1), 61-68, 1997-09-10

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Psychometric assessment of the instruments for the factors relating to QOL after adult kidney transplantation  [in Japanese]

    林 優子

    … あたり,QOLに関係があると考えられる諸要因を導き出した。本研究の目的は,それらの諸要因の関係を明らかにするために測定用具を作成し,その信頼性と妥当性を検討することである。作成した測定用具は身体の状態,自己概念,不確かさ,ソーシャルサポート,対処およびQOLである。測定用具の信頼性と妥当性は,4施設に通院をしている20オ以上の腎移植者210名を対象に行った。信頼性はクロンバックαによる内部一貫性ない …

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 7(2), 135-148, 1997-01-31

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Coping for the better quality of life(QOL) after adult kidney transplantation and factors affecting on the coping  [in Japanese]

    林 優子

    … また、腎移植後の対処に影響を及ぼす要因として、<身体の状態><自己概念><不確かさ><ソーシャルサポート>が見いだされた。 …

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 7(1), 49-57, 1996-09-30

    IR  DOI  Ichushi Web 

Page Top