Search Results 1-20 of 9158

  • 004 1.文化財情報のオープン化・ネットワーク化[3]考古学のためのデータビジュアライゼーション  [in Japanese]

    石井 淳平 , いしい じゅんぺい , Ishii Junpei

    奈良文化財研究所研究報告 (第24冊), 2020-02-25

    IR 

  • The usefulness of renal length in the ultrasonographic monitoring of renal size  [in Japanese]

    Ohtsuka Yasufumi

    … ーニングにおいて,超音波は低侵襲で有用な検査法である.小児の腎サイズは成長とともに変化することから,標準値の作成や疾患に関わる腎サイズの研究がなされてきた.簡便な指標である腎長径は年齢や身長と相関し,これらを用いて腎長径の標準値が得られる.囊胞腎や単腎症などの腎腫大や,低形成腎・異形成腎や腎瘢痕などの矮小腎では,腎長径を標準値と比較し鑑別することができる.またCKD では腎機能 …

    Japanese journal of pediatric nephrology, 2020

    J-STAGE 

  • A Case of Turner Syndrome Caused by Partial Long Arm Deletion of the X Chromosome With Diabetes Mellitus  [in Japanese]

    Yamamoto Kana , Tanaka Satsuki , Tachibana Yuki , Takase Shingo , Mitsuda Kanako , Yoshida Yukiko , Maeda Kouji , Shintani Mitsuyo , Nishimura Haruo

    … 善後のHOMA-IRは3.1で,インスリン抵抗性を示した.またLH 18.2 mIU/mL,FSH 58.3 mIU/mL,E2感度以下であり原発性卵巣機能不全を認め,核型は46X,del(X)(q22.3)であった.TSではX染色体短腕のSHOX遺伝子欠失により低身長を呈することが多いが,本例は長腕部分欠失であるため低身長を呈さなかった.非典型的な臨床像を示すX染色体長腕部分欠失のTSで,糖尿病を合併した1例を経験したので報告する.</p> …

    Journal of the Japan Diabetes Society 63(2), 56-62, 2020

    J-STAGE 

  • A case of proximal renal tubular acidosis accompanied with zinc deficiency  [in Japanese]

    Watanabe Shun , Kawashima Hisashi , Kashiwagi Yasuyo , Yamada Hikari , Saisyo Junya , Kato Koko , Tsutsumi Norito , Chiyotanda Masako , Nagao Ryuhei , Nishimata Shigeo

    … <p>尿細管性アシドーシスは小児で低身長や体重増加不良を来すことが知られている.症例は7 か月の女児.体重増加不良のため当科に紹介され,アニオンギャップ正常の代謝性アシドーシスを認め精査入院となった.塩化アンモニウム負荷試験・重炭酸負荷試験の結果から,近位尿細管性アシドーシスと診断した.また症例は亜鉛欠乏症も呈しており,体重増加不良の原因は尿細管性アシドーシスと亜鉛欠乏症の合 …

    Japanese journal of pediatric nephrology, 2020

    J-STAGE 

  • Relationships between different walking speeds and body composition or standing balance in home-care patients with Parkinsonʼs disease  [in Japanese]

    Murata Shin , Kodama Takayuki , Nakano Hideki , Soma Masayuki , Satou Yosuke , Yumioka Mami , Murata Jun , Nakae Hideyuki

    … go test(TUG)のみであり,最速歩行速度のそれは身長,TUG,Functional reach test(FRT)の3項目であった。 … さらに,最速歩行と低速歩行の速度差と有意な相関を示したのは身長,骨格筋量,上肢・下肢・体幹筋量,TUG,FRT の7項目に及んだ。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(4), 181-186, 2020

    J-STAGE 

  • Characteristics of the rotator cuff muscle thickness in baseball players using ultrasound images  [in Japanese]

    Kogo Haruki , Yamashita Yuh

    … さらに,投球側の各筋厚を従属変数とし,身長,体重,野球歴,ポジション歴,既往歴を独立変数として重回帰分析を行った結果,棘下筋と小円筋の筋厚は,野球歴に有意な負の関連が認められた。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(4), 187-193, 2020

    J-STAGE 

  • Comparison of lower-limb agility in middle-aged, early-stage elderly, and late-stage elderly people  [in Japanese]

    Yamamoto Hiroaki

    … [方法]対象は上肢の整形外科疾患により外来リハビリテーションに通院している45名(男性10名,女性35名,平均年齢68.6±27.7歳,身長156.1±38.9cm,体重56.0±26.3kg,BMI22.8±9.1)とした。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(4), 201-204, 2020

    J-STAGE 

  • The Relationship between the Step Side Knee Joint Movement and Elbow Valgus Torque  [in Japanese]

    UCHIDA Tomoya , FURUKAWA Hiroyuki , MATSUMOTO Shintaro , KOMATSU Minoru , TSUKUDA Michiru , DONJO Hiroyuki , OKUBO Satoshi , FUJITA Kenji

    … FC・肩関節最大外旋位(以下,MER)・ボールリリースのステップ膝屈曲角度,投球中の肘外反トルク(身長・体重での補正値)および投球効率(肘外反トルク/ 球速)を群間比較した。 …

    Physical Therapy Japan, 2020

    J-STAGE 

  • 心疾患と呼吸器疾患を合併し、重複障害を抱えた症例への理学療法の経験  [in Japanese]

    舩戸 瑞穂 , 須賀 正伸 , 山崎 友昭 , 金谷 崇文 , 白倉 賢二

    … </p><p>【症例・経過】80歳代の女性で身長145cm、体重40.1Kg、BMIは19.07であった。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-055, 2020

    J-STAGE 

  • 脳血管疾患患者の運動FIM利得と栄養指標の関係〜当院回復期リハビリテーション病棟の傾向〜  [in Japanese]

    辻 翔子 , 坂本 雄 , 吉田 智貴 , 平井 大策

    … 評価項目は基本情報(性別、年齢、原疾患、身長、体重、BMI、栄養管理法)、栄養指標Mini Nutritional Assessment-Short Form(以下MNA-SF)、運動FIM利得とし、入棟・退棟時ともに1週間以内に評価した。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-081, 2020

    J-STAGE 

  • 大殿筋エクササイズが歩行へ与える影響-3種類のエクササイズの比較-  [in Japanese]

    木村 黎史 , 鍋島 雅美 , 内海 彩香 , 小野 浩一 , 平井 竜二 , 保坂 直基

    … たものは少ない.そこで今回,ホームExで実施されることの多い3種類の大殿筋Exが歩行へ与える影響を明らかにすることを目的とした.</p><p>【方法】対象は健常成人22名(男16女6名,年齢29.9±6.5 歳,身長167.4±6.9cm,体重65.4±8.7kg)とした.大殿筋Exは,片脚で40cm台からできるだけ速く立ち上がる"立ち上がり群(以下A群)",膝関節110度屈曲させ片脚で殿部を挙上する"ブリッジ群(以下B群)",腹臥位で腰椎を後 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-068, 2020

    J-STAGE 

  • 健常成人男性における立位前額面での各ランドマークの左右差に関する一考察  [in Japanese]

    根津 憲継 , 渡邊 修司 , 新永 拓也 , 行貝 智弘 , 望月 優人

    … </p><p>【方法】対象は、健常成人男性12名(年齢21±2歳、身長169.5±5.5cm、体重64.8±19.2㎏)。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-031, 2020

    J-STAGE 

  • 地域在住女性高齢者における身体機能と身体組成の関連性  [in Japanese]

    坂本 有加 , 坂本 美喜 , 上出 直人 , 佐藤 春彦 , 柴 喜崇

    … っている.そこで本研究では,地域在住女性高齢者の身体組成および筋力,身体機能について調査し,これらの関連を調査した.</p><p>【方法】地域在住女性高齢者501名(平均71.9±4.5歳)を対象に,身長,体重,骨格筋指数(SMI),体脂肪率,膝伸展筋力,握力,5m努力歩行時間,Timed up and Go test(TUG),Chair Stand Test(CST)を測定した.SMIと体脂肪率は生体インピーダンス法を用いて算出した.対象者は体脂肪 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-049, 2020

    J-STAGE 

  • 地域在住女性高齢者における骨格筋量と筋力・身体機能の変化率の関連性―2年間の縦断研究―  [in Japanese]

    小島 千明 , 坂本 美喜 , 上出 直人 , 佐藤 春彦 , 柴 善崇

    … 2年間の追跡調査を行い、四肢骨格筋量と筋力・身体機能の変化の関連性を分析した.</p><p>【方法】対象は、2年間の追跡調査が可能であったA市在住女性高齢者49名(平均69.6±3.5歳)で、測定項目は、身長、体重、四肢骨格筋量、下腿周径、腓腹筋筋厚、膝伸展筋力、5m最速歩行時間、Timed Up and go test (TUG)、Chair stand test(CST)とした.四肢骨格筋量は生体インピーダンス法にて測定した.各測定項目の経時的変 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-050, 2020

    J-STAGE 

  • 地域在住高齢者における1年間の疼痛の変化と運動機能との関連性  [in Japanese]

    柚村 梨々子 , 坂本 美喜 , 上出 直人 , 佐藤 春彦 , 柴 喜崇

    … に疼痛を有した地域在住高齢82名(平均年齢71.0歳,男性15名,女性67名)を対象に、疼痛部位,疼痛継続期間,疼痛の主観的強度(Numerical Rating Scale),疼痛の生活への支障の有無、運動習慣を調査した.また身長,体重, 5m最速歩行時間,5m快適歩行時間,Chair Stand test(CST),Timed Up and Go test(TUG)を測定した.疼痛強度の変化に関与する要因の検討には、疼痛強度の変化量を従属変数に、目的変数を年齢およびCST,TUG …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-046, 2020

    J-STAGE 

  • 地域在住自立高齢者を対象とした四肢骨格筋量の推定法の検討  [in Japanese]

    田中 悠 , 坂本 美喜 , 上出 直人 , 佐藤 春彦 , 柴 喜崇

    … 年齢72.7歳)を対象に,年齢,性別,身長,体重, 四肢骨格筋量,周径(上腕,下腿),握力, Chair Stand Test(CST),Timed Up ang Go test(TUG),5m快適歩行時間および5m最速歩行時間を測定した.四肢骨格筋量は,生体インピーダンス法にて測定した.四肢骨格筋量と各測定項目の関連はPearsonの積率相関係数にて検討し,また四肢骨格筋量を従属変数に,性別,身長,体重,周径(上腕,下腿),握力 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-048, 2020

    J-STAGE 

  • 変形性膝関節症患者のロコモ度別における機能的特徴―膝関節可動域,疼痛,筋力に着目して―  [in Japanese]

    江口 美咲樹 , 宮坂 祐樹 , 濱崎 圭祐 , 黒川 純

    … た研究は少ない.そこで本研究の目的は,ロコモ度別に膝OA患者の身体機能を調査することである.</p><p>【方法】対象は,当院を受診した膝OA患者64名(男性8名,女性56名),平均年齢71(47-87)歳,身長156.5(140-177)cm,体重55.5(42-97)kgとした.リハビリ初回時に膝関節屈曲・伸展角度,体重支持指数(Weight Bearing Index:以下WBI),Visual Analogue Scale(以下VAS)を用いADL満足度・膝の疼痛を測定し,ロコモ度テス …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-057, 2020

    J-STAGE 

  • 施設入所者のサルコペニアにおける運動と栄養が身体機能に与える影響~シングルケーススタディ~  [in Japanese]

    関口 優希奈 , 早乙女 雄紀 , 大沼 亮 , 松田 雅弘 , ネルソン 祥子

    … </p><p>【方法】対象はサルコペニアを有する当施設入所者1名(女性、83歳、身長143cm、体重35㎏、右握力12.6㎏、左握力11.5㎏、右下腿周径27.5cm、左下腿周径28.2cm)週2 回20分のレジスタンス運動、有酸素運動後にリハデイズ(大塚製薬工場)を摂取。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), F-064, 2020

    J-STAGE 

  • 現代の大学生の肥満度(BMI)と身長に影響を与える因子について Factors affecting the degree of obesity and height of modern college students  [in Japanese]

    齊藤 夏織 , 磯部 千穂 , 宮川 桃香 , 髙杉 希 , 田所 諭

    … そこで、肥満予防対策を検討する問題意識から、大学生の身長、体重および肥満度(BMI)と食事環境、運動環境、本人および両親の体格との関連性を調べることで、身長と体重およびBMIに影響を与える因子を知ることを目的に調査を行った。 … 大学生の身長と母親の身長に相関を認めた(r=0.487、p<0.05)。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), F-056, 2020

    J-STAGE 

Page Top