Search Results 1-20 of 4360

  • Operating results over eight years of stroke regional critical pathway according to criteria developed by Shonan Kamakura Stroke Center  [in Japanese]

    千葉 のぞみ

    日本医療マネジメント学会雑誌 = The journal of the Japan Society for Health Care Management 21(4), 205-209, 2021-03

  • A follow-up study of patients undergoing rehabilitation in an acute care hospital  [in Japanese]

    柴橋 広智 , 村川 美幸 , 高窪 祐弥 , 髙木 理彰 , 村上 正泰

    … 【背景】急性期病院を退院・転院した後は関連施設や外来でリハビリを継続しない限り、リハビリの実施量や日常生活の状況、提供体制を把握することは困難なことが多い。 … そこで、本研究では急性期病院入院中と転院後のリハビリの実施量、また急性期病院退院前後のADL、山形県内の病院機能報告のリハビリに関するデータを調査し、関連性を明らかにすることを目的とした。 …

    山形大学紀要. 医学 : 山形医学 = Bulletin of the Yamagata University. Medical science : Yamagata medical journal 39(1), 36-44, 2021-02-15

    IR  DOI 

  • NURSES' JUDGEMENT PROCESSES REGARDING EARLY IDENTIFICATION OF ASPIRATION PNEUMONIA IN RESIDENTS OF LONG-TERM CARE FACILITIES  [in Japanese]

    小熊 亜希子 , 吉本 照子 , 飯野 理恵

    … している4つの老健において,3種類の転帰をとった事例として,入所中に誤嚥性肺炎を発症し,老健での治療を受けて治癒した事例(転帰1),入所中に誤嚥性肺炎を発症し,老健でのターミナルケアを受けて,看取られた事例(転帰2),入所中に誤嚥性肺炎を発症し,老健から医療機関に転院した事例(転帰3)について豊富な実践経験を持つ常勤の老健看護師8名を対象とし,半構造化インタビューを行った。 …

    千葉看護学会会誌 26(2), 55-63, 2021-02

    IR  DOI 

  • 新生児搬送  [in Japanese]

    島袋 林秀

    … ,搬送医学(transport medicine)の高度な技術と経験が求められ,はるかに母体搬送よりリスクが高いからである.一方で,新生児搬送は新生児科医師には直面することも多く,不可避の技術でもある.慢性期の転院だけでなく,早産児の予期せぬ出生,胎盤早期剥離により母体搬送の時間すらない状況,低体温療法実施施設への搬送,さらには外科手術による緊急搬送等も稀ではない.また,本邦では米国に比べ分娩施設 …

    Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 56(4), 668-671, 2021

    J-STAGE 

  • Non-Occlusive Mesenteric Ischemia associated with Hypertensive Thalamic Hemorrhage : A Case Report  [in Japanese]

    Nakashima Yoshio , Oishi Masahiro , Tsuchiya Katsuhiro , Fujisawa Hironori , Onishi Ichirou , Kawashima Atsuhiro , Minami Makiko

    … 手術後36日目に経口摂取可能となり, リハビリテーション病院へ転院した.</p><p> 脳血管障害患者が, 腹痛, 腹部膨満などの腹部症状を呈した場合にはNOMIを鑑別疾患に入れる必要がある.</p> …

    Japanese Journal of Neurosurgery 30(4), 313-319, 2021

    J-STAGE 

  • Varicella-zoster meningoencephalitis and vasculitis after treatment with amenamevir to herpes zoster in the trigeminal nerve area  [in Japanese]

    M.D. Taniguchi Yoko , M.D. Kano Yuya , M.D. Kitamura Taro , M.D. Ph.D. Miura Toshiyasu , M.D. Ph.D. Yamada Kentaro

    … <p>症例は1ヶ月前に三叉神経第一枝領域の帯状疱疹をアメナメビル内服で治療された78歳女性.帯状疱疹後神経痛に対し入院治療中に左片麻痺が出現し,頭部MRIで右放線冠に急性期梗塞を認め転院した.発熱と意識障害がみられ,髄液検査と頭部造影MRIで帯状疱疹性髄膜脳炎と脳血管炎の合併と診断した.抗血栓療法に加えアシクロビル点滴とステロイドパルス療法で加療したが,意識障害が遷延した.アメナメビル …

    Rinsho Shinkeigaku 61(4), 239-242, 2021

    J-STAGE 

  • Cortico-reticular Tract Integrity does not Predict Walking Ability in Acute Stroke Patients: A Diffusion Tensor Imaging Study  [in Japanese]

    JIN Masafumi , ABE Hiroaki , ENDO Hidenori , FUJIMURA Miki

    … <p>【目的】本研究の目的は,皮質脊髄路(以下,CST)近傍に病変を有する脳卒中片麻痺者におけるCST および皮質網様体路(以下,CRT)損傷の程度と急性期病院転院時の歩行自立度の予後との関連について明らかにすることである。 … 【結果】初回評価時のSIAS 股関節運動機能が急性期病院転院時の歩行可能/介助を予測する有意な因子であった。 …

    Physical Therapy Japan 48(2), 163-172, 2021

    J-STAGE 

  • Myxedema Coma Patient Successfully Weaned from Mechanical Ventilation: A Case Report  [in Japanese]

    NAKAI Hideki , NABATA Daiki , OKU Yoshitaka , NOMURA Fumihiko

    … 着下での集中治療を要した.〔結果〕第22病日,呼吸リハ開始.臥位で呼吸介助を行い,換気を促進させると無呼吸が頻発した.多職種にて呼吸状態を管理し離床を進め,段階的な呼吸筋練習を行った.第43病日人工呼吸器からの離脱に成功し,第50病日で他院へ転院となった.〔結語〕代謝性疾患の特性把握と適切な呼吸管理の下で呼吸リハを行うことが人工呼吸器からの離脱に重要であることが示唆された.</p> …

    Rigakuryoho Kagaku 36(2), 275-278, 2021

    J-STAGE 

  • 脳血管疾患初発の高齢患者への歯科介入による食事形態向上および構音障害の改善を認めた1例  [in Japanese]

    高橋 真実子 , 河相 安彦

    … 脳血管疾患を初発症し,大学病院で治療後,東京都リハビリテーション病院にリハビリテーション目的で転院した。 …

    Ronen Shika Igaku 35(Supplement), E111-E114, 2021

    J-STAGE 

  • 重症破傷風菌感染による摂食嚥下障害と開口障害に対して回復期リハビリテーションにて口腔管理を行った1症例  [in Japanese]

    岡本 美英子 , 谷口 裕重 , 松尾 浩一郎

    … 第75病日,回復期リハビリテーション病院へリハビリテーション目的に転院し,歯科を受診した。 … 転院時には,関節の拘縮や廃用が進行しており,ADLは全介助であり,食形態は,全粥・軟菜キザミ食であった。 …

    Ronen Shika Igaku 35(Supplement), E55-E59, 2021

    J-STAGE 

  • 症候性てんかん患者における転帰に関わる因子の検討  [in Japanese]

    福司 光成 , 深田 和浩 , 藤野 雄次 , 岩崎 寛之 , 井上 真秀 , 関根 大輔 , 牧田 茂 , 高橋 秀寿

    … 【結果】自宅群50例,転院群11例となり,多重ロジスティック回帰分析の結果からFIM cognitiveが抽出され,退院時の転帰を予測するカットオフ値は11.5点であった。 …

    Rigakuryoho-Rinsho, Kenkyu, Kyoiku 28(1), 57-61, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Legionella Pneumonia in Which <i>Legionella</i> Antigen Was Detected in BALF Using a <i>Legionella</i> Urinary Antigen Test Kit  [in Japanese]

    Masuno Tomoaki , Shigenaga Takehiko , Nishiyama Yoshiki , Tanaka Ai , Fujishima Nobuhiro , Miyazaki Shuya , Itai Mariko , Hata Masahiro , Kadota Junichi

    … なる疾患であるが,早期診断が困難な症例もある.<b>症例.</b>53歳,男性.発熱を主訴に近医を受診し,細菌性肺炎と診断され,セフトリアキソンが投与されたが改善がみられなかったため,当院に転院となった.抗菌療法が無効であったことと,胸部CT画像から器質化肺炎が疑われた.感染と器質化肺炎の鑑別を目的に,入院直後気管支肺胞洗浄を行ったが,入院時に尿が採取できず尿中レジオネラ抗原検査 …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 43(2), 150-155, 2021

    J-STAGE 

  • Factors influencing discharge to home of patients > 85 years of age with hip fracture in a rehabilitation ward  [in Japanese]

    Mitani Jinya , Fujita Kaori , Nagai Manabu , Hiji Hiroyasu , Tsubokawa Futoshi , Hayashi Takuo

    … 「結果」自宅退院に関連があったのは受傷前ADLの移動、回復期リハ病棟転院時ADLの排泄、更衣、移乗、移動、退院時ADLの食事、排泄、更衣、移乗、移動、移動手段であった。 …

    Journal of Physical Therapy Practice and Research 30(0), 101-106, 2021

    J-STAGE 

  • A case of a delayed rupture of left gastric artery pseudoaneurysm following a blunt trauma  [in Japanese]

    Suginaka Hiroshi , Okamoto Ken , Tanaka Hiroshi

    … その後明らかな貧血の進行は認めず, リハビリ目的に第32病日に転院となった。 …

    KANTO Journal of Japanese Association for Acute Medicine 42(2), 39-42, 2021

    J-STAGE 

  • A case of acute drug toxicity in a patient indicated for intravenous lipid emulsion therapy  [in Japanese]

    Matsui Takuya , Hisamura Masaki , Sonoda Kenichiro , Asano Yoshitaka , Nakamura Motohiro , Shigematsu Sachiko , Ando Yoji , Koshimizu Kenji

    … 第14病日に意識が清明となり, 第19病日に精神科病院へ転院となった。 …

    KANTO Journal of Japanese Association for Acute Medicine 42(2), 27-30, 2021

    J-STAGE 

  • Process of the shift support to the caring at home of the children with sever motor and intellectual disabilities aiming at the discharge through intermediate facility from NICU  [in Japanese]

    Moriyama Yuzo , Ninomiya Tamami

    … <p> 本研究はNICUから中間施設の役割をもつ総合病院小児科病棟に転院した重症心身障がい児の母親・家族に対する在宅ケアへの移行支援のプロセスについて明らかにすることを目的とした質的帰納的研究である。 …

    Journal of Japanese Society of Child Health Nursing 30(0), 35-42, 2021

    J-STAGE 

  • A case of stiff-person syndrome in which symptoms were improved with continuous epidural block  [in Japanese]

    KAWAMURA Naoki , KANAI Akifumi , HAYASHI Norihito , ARA Masatomo , TAKAHASHI Yuichiro , OKAMOTO Hirotsugu

    … を得た症例を経験したので報告する.症例は55歳の男性.X年5月より下肢優位の全身の筋硬直,眼瞼下垂,複視,尿閉が出現した.他院で自己免疫介在性脳炎の診断で治療されたが改善せず,X年11月に当院へ転院した.当院脳神経内科で抗グリシン受容体抗体が陽性のSPSと診断された.ステロイドパルス療法により脳神経症状は改善したが,筋硬直による腰下肢痛がnumerical rating scale(NRS)6で残存し,ジアゼパムを併用 …

    Journal of Japan Society of Pain Clinicians 28(3), 39-42, 2021

    J-STAGE 

  • Comparison of mechanical thrombectomy for patients with acute ischemic stroke over 85 years and younger: A Single Center Experience  [in Japanese]

    Komatsubara Koichiro , Abe Yasuaki , Nitta Yusuke , Fujitsuka Mitsuyuki

    … 時間(P2R),脳梗塞の病型であった.高齢者に対する経皮的血栓回収療法を行うにあたって今後当院に求められることは,治療者側の手技の習熟性をより高めること,患者背景を見極め,画像所見の適切な基準を設けて治療適応を判断すること,限られた人的資源を補う上で,都内という地域性を生かして近隣の病院と連携を図り,迅速な転院を搬出できる体制を維持していくことが重要であると考えられた.</p> …

    NEUROSURGICAL EMERGENCY 26(1), 51-59, 2021

    J-STAGE 

  • A case of papillary sphincter failure with recurrent cholangitis  [in Japanese]

    和田 豊人 他

    … 今回も発熱を主訴に前医より転院。 …

    The Medical Journal of Aomori City Hospital 24(0), 13, 2021

    J-STAGE 

  • BLUNT TRAUMATIC PULMONARY ARTERY INJURY WITH MASSIVE HEMOTHORAX MANAGED BY TRANSCATHETER ARTERIAL EMBOLIZATION : A CASE REPORT  [in Japanese]

    SATO Hiroki , OGAWA Hajime , TAKEYAMA Yoshihiro , YASUI Taichi , KAMADA Chinami , KAKU Mitsunori , SATO Shota , TAWARA Toshihiro , SAKAWAKI Eiji , SAKAWAKI Sonoko

    … 再出血を来すことなく経過し, 第18病日に抜管, 第62病日にリハビリテーション目的に転院となった. …

    Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma, 2021

    J-STAGE 

Page Top