Search Results 1-20 of 855

  • Treatment Outcomes in Patients with Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss  [in Japanese]

    Asano Takashi , Futai Kazunori , Shinkawa Chikako , Amano Shintaro , Nasu Takashi

    … 難聴の重症度分類は1998年厚生労働省高度難聴調査研究班に従った. …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 123(1), 40-47, 2020

    J-STAGE 

  • 運動連鎖の視点から座位姿勢改善を目指した症例〜嚥下機能改善、誤嚥予防に着目して〜  [in Japanese]

    齋藤 純貴

    … 床的重症度分類は3であった。座位姿勢は胸腰部屈曲30°、頸部伸展40°となっていた。食事形態軟菜を目標に、理学療法士として座位姿勢改善を目指し、脊柱の関節可動域訓練、脊柱伸展筋の筋力増強訓練の他、運動連鎖の視点から腸腰筋の筋力増強訓練・尾骨筋のダイレクトストレッチ・胸郭の関節可動域訓練を実施した。最終評価時は嚥下時にむせこみが改善、摂食嚥下障害臨床的重症度分類は6 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), O-112, 2020

    J-STAGE 

  • トレッドミル足圧測定装置を使用したパーキンソン病の歩行の特徴について―重症度と左右差に着目して―  [in Japanese]

    井上 優紀 , 吉田 啓晃 , 藤井 有沙 , 高橋 仁 , 中山 恭秀

    … <p>【目的】PDは片側から両側へ症状が移行する進行疾患であるため、歩幅であればHoehn&Yahrの重症度分類 (HYS)1では左右差が大きくなり、2は両側の症状となるため左右差が小さくなり、3では症状の出方にばらつきが生じるのではないかと考えた。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-010, 2020

    J-STAGE 

  • 足圧解析機能を有したトレッドミルでみたパーキンソン病患者の歩行の特徴  [in Japanese]

    藤井 有沙 , 吉田 啓晃 , 大沼 雄海 , 井上 優紀 , 髙橋 仁

    … .今回,足圧解析機能を有したトレッドミルで歩行評価を行った2症例の比較から,観察だけでは評価できない歩行の特徴がみられたため報告する.</p><p>【症例紹介】症例1は70代,男性.Hoehn-Yahr重症度分類(H-Y分類)Ⅱ,症状優位側(優位側)は左であった.歩行は小刻み,すり足歩行を認めた.症例2は50代,女性.H-Y分類Ⅱ,優位側は右であり,歩行の随伴症状は認めなかった.</p><p>【方法】足圧 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-011, 2020

    J-STAGE 

  • 臨床的重症度分類(DSS) (特集 これでナットク! 摂食嚥下機能評価のコツ) -- (摂食嚥下能力,摂食状況の評価)  [in Japanese]

    柴田 斉子 , 戸田 芙美

    Monthly book medical rehabilitation (240), 124-128, 2019-09

  • A study of prognosis of traumatic ocular wound dehiscence after penetrating keratoplasty by slit-lamp examination findings  [in Japanese]

    岩本 菜奈子 , 守田 裕希子 , 山田 直之 , 木村 和博

    眼科 61(4), 413-419, 2019-04

    Ichushi Web 

  • Histological grading classification of IgA nephropathy  [in Japanese]

    名和田 彩 , 久野 敏

    日本臨床 = Japanese journal of clinical medicine 77(4), 651-656, 2019-04

    Ichushi Web 

  • Clinical grade of IgA nephropathy  [in Japanese]

    森山 能仁 , 新田 孝作

    日本臨床 = Japanese journal of clinical medicine 77(4), 643-650, 2019-04

    Ichushi Web 

  • Examination of EAT-26 according to the degree of severity in university students  [in Japanese]

    三宅 典恵 , 岡本 百合 , 香川 芙美 , 吉原 正治

    総合保健科学 35, 9-14, 2019-03

  • Classification of periodontal disease  [in Japanese]

    佐々木 直樹 , 片桐 さやか

    内分泌・糖尿病・代謝内科 = Endocrinology, diabetology & metabolism 48(2), 149-154, 2019-02

    Ichushi Web 

  • Effectiveness of combined transantral and transorbital approaches and new severity classification for blowout fracture  [in Japanese]

    Kato Eiichi , Narita Norihiko , Saito Kyoko , Tokunaga Takahiro , Kanno Masafumi , Osawa Youko , Fujieda Shigeharu

    … そこで過去20年間に当科で手術を施行した眼窩吹き抜け骨折症例を検討し,眼窩吹き抜け骨折の新たな重症度分類を以て併用アプローチの有用性について報告する。 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 29(2), 115-121, 2019

    J-STAGE 

  • Association of lateral epicondylitis with range of motion of shoulder joint  [in Japanese]

    Miyazawa Ryo , Nakamura Kouiti , Matuba Tomoyuki , Isobe Fumihiro

    … と肩関節可動域の関係性を調べるため,69名を対象に調査を行った.肩関節可動域(range of motion:ROM)を測定し,健側比率を用いて80%未満の場合を肩ROM不良,全て80%以上の場合を肩ROM良好と定義し内訳を調査した.また,2群に分けて性別,年齢,利き手,職業,罹病期間,肘・手関節,前腕回内外のROM,握力,ピンチ力,visual analogue scale(以下VAS)による肘関節の運動時の疼痛,重症度分類,DASH scoreの比較を行った. …

    Journal of Japan Elbow Society 26(2), 195-198, 2019

    J-STAGE 

  • Long-term Follow up of Nasal Reconstruction in Three Cases of Bifid Nose and a Trial of New Classification System  [in Japanese]

    SENDA Erina , UEDA Koichi , MITSUNO Daisuke , HIROTA Yuka

    Bifid noseは,その稀少性や症状の多様性から,手術時期や定型的な術式,重症度分数等,基本的な治療方針が確立されていない。症例ごとに重症度が大きく異なることから,重症度に応じた治療方法の選択が重要である。今回我々はそれぞれ重症度の異なるBifid noseの3症例の長期経過より,重症度の違いによる新しい分類法を考案したため,若干の文献的考察を加えて報告する。<br>症例は,13歳 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 44(3), 192-197, 2019

    J-STAGE 

  • COPDの急性増悪を起こすも入院中の行動変容により生活範囲が拡大した一例  [in Japanese]

    - - , - - , - - , - - , - -

    … g,BMI:33,シャワーを浴びた後呼吸困難の増悪,体動困難となり入院となる.CT:胸水貯留,両側肺野に浸潤影,血液検査:PO2:47,PCO2:39,PH:7.47,HCO3-:28.4,WBC:98,CRP:1.88,肺機能:VC:68.6%,%FEV1:54.7% (GOLDの重症度分類:stageII), 入院前生活:訪問リハビリテーションを活用しており,生活範囲は屋内歩行のみである.酸素は鼻カニューラ7l/min</p><p>【入院中経過】</p><p>入院3日後に介入し当初BiPAPを装着で …

    Kyushu physical therapist Congress 2019(0), 80-80, 2019

    J-STAGE 

  • Effective treatment with once-daily administration of cyclosporine A of a boy with steroid-resistant severe atopic dermatitis  [in Japanese]

    Asari Arisa , Aizawa Tomomi , Watanabe Shojiro , Tsugawa Koji , Tanaka Hiroshi , Ito Etsuro

    … 療が保険適応とされているが,本邦において小児科領域での報告は少ない.今回,ネフローゼ症候群 (NS)で検討されているCsA 1日1回投与法が有用であった重症ADを経験した.症例は15歳男子.10歳頃よりAD (重症度分類16/20点)としてベタメタゾン外用薬を要し,経口プレドニゾロン併用後も増悪を繰り返した.NSに準じてCsA 1.3 mg/kg 1日1回食前投与を開始し,開始3週間で臨床症状の改善を認め,経口プレドニゾロン中止が可 …

    Hirosaki Medical Journal 70(1), 77-81, 2019

    IR  J-STAGE 

  • Identification of biomarkers and new therapies for taxane-induced peripheral neuropathy  [in Japanese]

    Koyanagi Madoka , Imai Satoshi , Nakagawa Takayuki , Matsubara Kazuo

    … IPNの予防/治療薬はなく,CIPNの詳細な発症機序の解明および回避策の確立は急務である.一方,臨床現場において,CIPNの増悪による抗がん薬の投薬中止/減量を行うタイミングは,患者の主訴に基づいた重症度分類のみに依存しており客観的な指標はない.そのため,抗がん薬の投薬中止/減量を決定するための客観的かつ定量的なバイオマーカーが切望されている.本稿では,末梢神経系において髄鞘を形成するシ …

    Folia Pharmacologica Japonica 154(5), 241-244, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • MEN consortium in Japan.  [in Japanese]

    Uchino Shinya , Sakurai Akihiro , Suzuki Shinichi , Imai Tsuneo , Kosugi Shinji , Okamoto Takahiro

    … 動目的としては,データベースの構築,実態調査,診療指針の作成,診断・治療法の向上,患者・家族の支援,啓蒙活動などである.実績として,症例データの収集と解析,診断のフローチャート作成,重症度分類の作成,遺伝学的検査の受託,遺伝学的検査の先進医療・保険収載への推進,ホームページからの発信,診療ガイドブックの刊行,患者手帳の作成,患者会のサポート,MENに関する市民公開講座の開催な …

    JOURNAL OF FAMILIAL TUMORS 19(1), 40-44, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Factors that Affect the levels of Osteoarthritis in Patients with Early Knee Osteoarthritis  [in Japanese]

    Tanetsugu Masaki , Terayama Keisuke , Tamura Shigenori , Sakita Masahiro

    <p>〔目的〕早期・初期変形性膝関節症患者における変形重症度に影響を及ぼす因子を抽出することである。〔対象と方法〕早期・初期変形性膝関節症患者女性48名の膝関節屈曲可動域,膝関節伸展可動域,30秒椅子立ち上がりテスト,開眼片脚立位保持時間を測定し,変形重症度に影響を及ぼす因子を検討した。〔結果〕変形重症度に影響を及ぼす因子として膝関節屈曲可動域が抽出された。〔結語〕早期・初期変形性膝関 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(2), 71-76, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Relationship between toe grip strength and gait or balance function in patients with Parkinsonʼs disease who live at home  [in Japanese]

    Soma Masayuki , Nakae Hideyuki

    … <p>〔目的〕本研究の目的は,歩行が自立しているHoehn&Yahr 重症度分類stage Ⅱ ~Ⅲの在宅パーキンソン病患者を対象にし,足趾把持力と歩行機能およびバランス機能との関連性について検討することである。 … 〔対象・方法〕Hoehn&Yahr 重症度分類stage Ⅱ ~Ⅲの在宅パーキンソン病患者10名とした。 …

    Japanese Journal of Health Promotion and Physical Therapy 9(2), 91-94, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top