Search Results 1-20 of 49

  • 1 / 3
  • Individual Identification of Japanese Harbour Seals Using Nuclear Microsatellite loci  [in Japanese]

    水野 米利子 , 小林 万里 , 佐々木 剛 , Mariko Mizuno , Mari Kobayashi , Takeshi Sasaki

    … 個体識別に必要な遺伝子座とその数は,事前に既知のデータから遺伝子座ごとに重複率(PID : probability of identity)PID(obs)を算出して決定しておくことが望ましい。 …

    東京農業大学農学集報 = Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture 65(1), 33-38, 2020-06

    IR 

  • A Video Frame Selection Method for Efficient 3D Model Generation  [in Japanese]

    岩切 宗利 , 宮﨑 裕輔 , 漆間 亮介 , 佐久間 数家

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 43(27), 9-12, 2019-09

  • Observation of the micro landforms using UAV at Minogahama, Yamaguchi.  [in Japanese]

    Komuro Takashi , Tabayashi Yu

    … 影範囲内に設置した対空標識(標定点)を仮想基準点方式のネットワーク型RTK-GNSS測量(Trimble R4-3s)することで取得したx,y,zの3次元位置座標を使用した.<br><br>P4Pによる空撮は専用の自律航行アプリであるDJI GS Proを用いて飛行経路及び,諸条件を設定した.諸条件は高度50m,前後・左右重複率80%,カメラ方向-90度(水平)とし,干潮時に撮影を行った.撮影した画像はSfMソフトであるPhotoscan professional …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 304, 2019

    J-STAGE 

  • OPTIMAL OF UAV PATH PLANNING FOR AERIAL PHOTOGRAPH SURVEY OF OUTDOOR STRUCTURES  [in Japanese]

    DAN Hiroshige , INAZU Naoki , OZAKI Taira , KUBOTA Satoshi , YASUMURO Yoshihiro

    近年,屋外構造物の点検・調査や災害現場の状況把握のために,UAV(Unmanned Aerial Vehicle)による空撮が多用されている.UAVは,足場を選ばず様々な視点から迅速に撮影できるという利点があるが,その飛行経路計画は上空から真下を撮影するための簡易なものに過ぎず,立体形状の空撮では,操縦者の技量に頼らざるを得ない.本研究では,対象の立体形状に合わせて,効率的なUAV空撮用の3次元飛 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F3 (Civil Engineering Informatics) 74(2), I_159-I_166, 2018

    J-STAGE 

  • ANALYSIS OF ROUTE CHOICE ON THE RAIL NETWORK IN KEIHANSHIN URBAN AREA  [in Japanese]

    NUMATA Hideki , OKUSHIMA Masashi

    … 利用者が選択可能な複数の経路は経路重複区間を含むことが多い.そのため,経路重複を考慮した経路選択モデルの適用が必要となる.本研究では,経路重複を考慮したC-logitモデルを適用することで,経路重複率が経路選択に与える影響を表現した.また,鉄道利用経路および鉄道代替経路のサービス水準を効率的に算定する方法を考案し,乗車時間,乗換回数と鉄道料金の重共線性を考慮して,料金残差を経路選択 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_919-I_924, 2018

    J-STAGE 

  • Mongolian herders' <i>airag</i> (fermented mare's milk) production II:How horses for <i>airag</i> production are raised in Mogod county  [in Japanese]

    Morinaga Yuki , Tsuchiya Ryota , Kawai Takayuki , Tserenpurev Bat-Oyun , Yadamjav Purevdorj , Takatsuki Seiki , Shinoda Masato , Ito Takehiko

    … 隣接した遊牧民が所有するウマの行動圏は隣接したが、どの季節も行動圏の重複率は小さかった(図1)。 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2018a(0), 132, 2018

    J-STAGE 

  • VERIFICATION OF MEASUREMENT ACCURACY OF TIDAL FLAT TOPOGRAPHY BY UAV AND APPLICABILITY TO CONTINUOUS MONITORING OF TIDAL FLAT  [in Japanese]

    TABATA Takahiro , KATO Shigeru , NAKAMURA Ryota , ODA Toshihiro , NISHIZONO Hiroki , OKABE Takumi

    … 年では海岸工学分野でもUAVによる地形計測が活用されているが,非常に平坦な領域である干潟での活用において計測精度の詳細な検討はほとんど報告されていない.そこで本研究では,内側標定点の増設,重複率の増加により計測精度の向上を図り,UAVによる干潟の数値標高モデル(DEM)の取得を試みた.また,DEMとGNSSによる高精度測量成果を比較することで,UAVによる干潟の地形計測の精度検証を行い,干潟モニタ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_961-I_966, 2018

    J-STAGE 

  • Approach for tree crown detection utilizing UAV for the estimation of the above ground biomass  [in Japanese]

    Yonehara Taichiro , Iizuka Kotaro , Ito Masayuki , Kosugi Yoshiko

    … DJI社)を用いて、上空から85%の重複率で森林を撮影する。 …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 244, 2018

    J-STAGE 

  • ROUTE CHOICE MODEL FOR FREIGHT TRUCK ON GENERAL ROAD WITH AN EMPHASIS OF ROAD GEOMETRY  [in Japanese]

    SEKIYA Hirotaka , HAGINO Yasukatsu , KENMOCHI Takeshi , MAEDA Masato , TANABE Jun

    … 「単路部の構造規格」と「交差点の構造規格」が経路選択に与える影響が大きいことを明らかにした.この結果をもとに「車線数」及び「交差点の構造規格」を説明変数とする経路選択モデルを定式化し,重複率最大化モデルによりパラメータ推定を行った.「車線数のみを説明変数とするモデル」や「最小時間経路探索モデル」との比較を行うことにより,経路選択モデルで「交差点の構造規格」を考慮すると「正 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 73(5), I_527-I_536, 2017

    J-STAGE 

  • Examination of efficient generation method of former topographic data for extracting the shape of residential filled-up land (2nd opinion):a case of Sendai area  [in Japanese]

    Nakano Takayuki , Kawamata Moto

    … 3パターンでの解析・検証の結果,いずれのパターンも数mレベルの大きなRMSEで,精度としては不十分であった.これは,米軍空中写真のボケ等でGCPの取得精度が低いことや重複率が低いことが影響していると考えられる.また,撮影セッションが異なる空中写真でも,それらを併用して多数の空中写真を用いた方が,良好なモデルが作成できることが示された. …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2017s(0), 100146, 2017

    J-STAGE 

  • 運用で使われているファイルサーバボリュームのデータ重複率の測定と評価  [in Japanese]

    荻原 一隆

    … 今回は、実際に使用されているファイルサーバのボリュームを対象に3種類のチャンキングで重複除去の効果のベースとなるデータ重複率を測定した。 …

    第78回全国大会講演論文集 2016(1), 469-470, 2016-03-10

    IPSJ 

  • 当院回復期病棟における重症度調査:~効果的な新人教育に向けての予備調査~  [in Japanese]

    福原 隆志 , 近藤 友加里 , 江橋 浩平 , 豊島 和之 , 菊地 俊充 , 田安 義昌 , 山内 康子 , 小貫 渉

    … 本研究の目的は,当院回復期病棟入院患者を対象に疾患の重複率を調査し,効果的な新人教育を行う上で必要な項目を検討することである。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2015(0), 1704, 2016

    J-STAGE 

  • Development of a Sugarcane Pedigree Database for Breeders  [in Japanese]

    Tarumoto Yusuke , Hattori Taiichiro , Tanaka Minoru , Sakaigaichi Takeo , Hayano Michiko

    … る育種担当者の意思決定を支援することができる.さらに,交配においては,その遺伝的な近親性も考慮する必要がある.このシステムには,その指標となる近交係数の計算機能がある.サトウキビでは系譜の欠損値が多いため近交係数の適用には限界があるが,祖父母まで把握できるものでは,系譜上に同一の系統がある割合(重複率)と近交係数を活用することで,近親性が簡便に評価できる可能性が示唆された. …

    Agricultural Information Research 25(2), 68-78, 2016

    J-STAGE 

  • ゲノム内の遺伝子重複の進化がもたらす生物の適応力 : 種の生息環境多様性とゲノム内遺伝子重複率との関係  [in Japanese]

    化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食・環境 53(11), 731-733, 2015-11

  • 長野県上伊那地域に生息するメスのツキノワグマの空間利用と個体間関係  [in Japanese]

    日吉 晶子 , 泉山 茂之 , 瀧井 暁子 , 高畠 千尋 , 木戸 きらら , 河合 亜矢子 , 細川 勇記

    … 1日~ 11月 30日までとし,7~ 8月を夏季,9~ 11月を秋季とした.集中利用域は,50%カーネル法を用いて,2011,2012年の各年を夏季と秋季に区分して算出した.集中利用域の重複していた個体は,個体ごとに重複率を求めた.<br> 2011~ 2012年で,12頭 (成獣 10頭,亜成獣 2頭 )の追跡データを得た.集中利用域の重複は,夏季,秋季ともにみられた.特に 2011年夏季は,全ての個体に他個体との重複があった.個体 …

    Primate Research Supplement 29(0), 210, 2013

    J-STAGE 

  • A LINEAR PROGRAMMING MODEL TO DESIGN A ROAD NETWORK ROBUST AGAINST THE DISRUPTION OF ROADS AT THE TIME OF DISASTER  [in Japanese]

    Yamazaki Satoshi , Koichi Shungo , Suzuki Atsuo

    … クの実現を図る.提案する数理モデルにおいて,改良すべき道路は線形計画問題の解として得られる.その線形計画問題は,最短経路問題の感度分析により得られる情報と,最短経路と代替経路の候補となる経路の重複率を用いて定式化される.また,その問題は連続型ナップサック問題へ書き換えることができ,それにより,改良する道路の優先順位も明確になる.具体的な問題例として,(i)愛知県庁と大阪府庁間,(ii)愛知・静岡県 …

    Transactions of the Operations Research Society of Japan 56(0), 31-52, 2013

    J-STAGE 

  • Study on Improvement of Registration Accuracy by using Overlap-part Estimation for 3D-SLAM with Lower Map Overlapping Rate.  [in Japanese]

    久保 翔太

    大学院研究年報 理工学研究科編 (42), 2012-07-01

    IR 

  • Monte Carlo Verification of Correlation Estimator Precision based on Statistical Matching  [in Japanese]

    栗原 由紀子

    … そのために、条件付き独立性の成立または条件付き従属性の程度、推定に利用する変数とキー変数との相関関係、重複率などをコントロールしたモンテカルロ・シミュレーションを実行した。 …

    中央大学経済研究所年報 (43), 541-567, 2012

    IR 

  • Home range size and its overlap in Japanese squirrels in relation to the walnut resource level in a suburban forest in Morioka City  [in Japanese]

    NISHI Chiaki , DEGUCHI Yoshitaka , AOI Toshiki

    … 盛岡市高松公園および周辺の森林においてニホンリス(<i>Sciurus lis</i>)の直接観察およびテレメトリー調査を行い,行動圏面積と行動圏重複率を明らかにした.また,行動圏内および重複・非重複行動圏内のオニグルミ(<i>Juglans mandshurica</i> …

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 51(2), 277-285, 2011-12-30

    J-STAGE  References (16)

  • 1 / 3
Page Top