Search Results 1-20 of 1060

  • Tubal patency testing catheter is useful for vaginal septostomy : a case report  [in Japanese]

    針金 永佳 , 深見 武彦 , 新村 裕樹 , 稲垣 知子 , 加藤 雅彦 , 松島 隆 , 米山 剛一 , 竹下 俊行

    日本女性医学学会雑誌 28(2), 264-269, 2021-01

  • A Case of an 11-Year-Old Girl With a Giant Liver Cyst Who Underwent Laparoscopic Fenestration  [in Japanese]

    Sugai Yu , Iinuma Yasushi , Hirayama Yutaka , Nakaya Kengo , Aikou Takato , Taki Shotaro

    … 所見が否定された後の入院後3日目に超音波ガイド下経皮的囊胞穿刺ドレナージを施行した.囊胞が著明に縮小したあとのCT検査で初めて孤立性非寄生虫性肝囊胞(肝囊胞)と診断され,入院7日目に腹腔鏡下開窓術を施行した.手術では術後出血・胆汁漏防止のために腹腔鏡用血管シーリングシステムを用いた.術後5日目に合併症なく退院し,術後3か月現在,再発なく経過している.小児巨大肝囊胞は,悪性腫瘍の可 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 57(3), 639-644, 2021

    J-STAGE 

  • A case of pyogenic ventriculitis after severe subarachnoid hemorrhage  [in Japanese]

    Kuroda Yusuke , Shiba Masato , Ichikawa Tomonori , Hatazaki Seiji , Toma Naoki , Suzuki Hidenori

    … 効果を認めた.化膿性脳室炎と診断し,内視鏡下脳室内膿瘍除去術を行った.膿瘍には被膜形成が認められ,脳室から孤立化していた.その後も水頭症は改善せず,脳室ドレナージの入れ替えや第三脳室底開窓術を行ったが,最終的に水頭症コントロール不良となり,第95病日に死亡した.化膿性脳室炎は死亡率が高いため,早期診断と積極的な抗生剤治療及び外科的治療が望ましい.しかし本症例のように脳室内膿 …

    NEUROSURGICAL EMERGENCY 26(1), 80-87, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Ankylosing Spondylitis with Cervical Spine Fracture and a Retropharyngeal Hematoma Requiring Cricoid Fenestration  [in Japanese]

    Watanabe Takahiro , Takiwaki Masato , Maeno Motoko , Yokoyama Juichi

    <p>Retropharyngeal hematoma can induce dyspnea by causing upper airway obstruction. Therefore, early diagnosis and prompt securing of the airway, either by tracheal intubation or tracheostomy, a …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 114(3), 235-239, 2021

    J-STAGE 

  • Strategy for Subglottic Cysts for Pediatric Patients: Single-Center Experience of Diagnosis and Surgical Management  [in Japanese]

    Takanarita Yuki , Tsugawa Jiro , Hattori Kengo , Hisamatsu Chieko , Doi Yumi , Nishijima Eiji

    … ており,手術を施行した.Grade II以上の3例は,診断後に手術を施行した.手術施行した5例のうち3例は囊胞穿刺術を,2例は囊胞開窓術を行った.囊胞穿刺術を行った3例では2例が再発し,囊胞穿刺術または囊胞開窓術を追加した.初回治療で囊胞開窓術を施行した2例では現在再発を認めていない.</p><p>【結論】声門下囊胞の診断と重症度評価には硬性気管支鏡検査が有 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 57(1), 10-17, 2021

    J-STAGE 

  • Successful Treatment of Two Cases of Bronchopleural Fistula by Endobronchial Watanabe Spigot (EWS)  [in Japanese]

    Asano Hisatoshi , Arakawa Satoshi , Noda Yuki , Kato Daiki , Shibasaki Takamasa , Mori Shohei , Ohtsuka Takashi

    … <p><b>はじめに.</b>有瘻性膿胸は抗生剤投与・胸腔ドレナージのみでは改善せず,開窓術など侵襲的な外科治療を要する症例が多い.今回有瘻性膿胸に対してEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)を用いた気管支充填術が奏功し,外科治療を回避できた2症例を経験したので報告する.<b>症例1.</b>40歳代女性.左肺下葉に浸潤影を認め,精査目的で経気管支肺生検を施行した.検査10日後に発熱および左胸痛 …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 43(1), 56-59, 2021

    J-STAGE 

  • Curative Operation for Bacteria-positive Empyema Using EWS Fixation with Omentopexy and Thoracoplasty - a Case Report  [in Japanese]

    Nishihira Morimichi , Aruga Takehito , Ito Yoshiyuki , Araki Osamu , Karube Yoko , Maeda Sumiko , Chida Masayuki

    … し得た症例を経験したので報告する.<b>症例.</b>75歳,男性.約5年前に肺癌に右上葉切除を施行した.術後残存肺への再発に対して残肺全摘を行った.術後気管支断端瘻による有瘻性膿胸を認め,開窓術を施行した.細菌培養陽性であったが膿胸腔の肉眼的浄化が得られたため,膿胸根治術を行った.術野から瘻孔部にEWSを直接充填し,モノフィラメント非吸収糸による貫通結紮を置きEWSを固定した.さらに …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 43(1), 33-37, 2021

    J-STAGE 

  • Vascular Access Failure Due to Idiopathic Subclavian Artery Dissection  [in Japanese]

    Unosawa Satoshi , Umezawa Hisaki , Hattori Tsutomu

    開窓術を行い,血流は改善し以後は問題なく透析が可能となった。 …

    The Journal of Japanese College of Angiology 61(2), 11-13, 2021

    J-STAGE 

  • 腎移植後リンパ囊腫に対する開窓術術後に内ヘルニアを認めた1例  [in Japanese]

    吉野 裕史 , 山田 保俊 , 有馬 純矢 , 見附 明彦 , 鑪野 秀一 , 西村 博昭 , 榎田 英樹 , 中川 昌之 , 風呂井 敦 , 松下 大輔 , 有上 貴明

    日本臨床腎移植学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation 8(2), 286-289, 2020-12

    Ichushi Web 

  • Pericardial Fenestration and Multidisciplinary Treatment to Improve the Prognosis of the Malignant Pericarditis Due to Lung Cancer  [in Japanese]

    大島 穣 , 田畑 俊治 , 野々村 遼 , 佐々木 高信 , 三友 英紀 , 石橋 直也 , 菅原 崇史 , 佐川 元保 , 近藤 丘

    胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 73(1), 63-67, 2020-01

    Ichushi Web 

  • A CASE OF EMPYEMA WITH FISTULA DUE TO NONTUBUERCULOUS MYCOBACTERIOSIS TREATED WITH EWS AND VACUUM-ASSISTED-CLOSURE (VAC) THERAPY  [in Japanese]

    宇山 攻 , 住友 弘幸 , 山田 亮 , 山本 清成 , 竹原 恵美 , 日野 直樹

    日本臨床外科学会雑誌 81(10), 1989-1994, 2020

    Ichushi Web 

  • Vortex vein decompression for uveal effusion syndrome : case report  [in Japanese]

    半田 満野 , 馬場 隆之 , 岩瀬 雄仁 , 山本 修一

    眼科臨床紀要 13(9), 587-591, 2020

  • Management of non-communicable hydrocephalus due to posterior fossa tumors in children  [in Japanese]

    Araki Kota , Kuroha Masae , Tsuda Kyoji , Ihara Satoshi

    … ,疾患背景,臨床経過,画像所見,診断,永続的水頭症の有無をもとに,術後水頭症発生の予測因子を検討した.初回手術時の水頭症治療は腫瘍摘出手術単独が5例,脳室ドレナージ術8例,内視鏡的第3脳室開窓術+脳室ドレナージ術1例だった.2例が永続的水頭症となりVPシャントの追加を要した.年齢2歳未満,部分摘出,播種の存在が永続的水頭症と相関した.小児後頭蓋窩腫瘍に伴う水頭症の多くは十分な腫瘍摘 …

    Nervous System in Children 45(4), 340-345, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Reconstruction for tracheal defect after surgery for thyroid cancer using auricular cartilage and neck local flap.  [in Japanese]

    Kimura Takahiro , Adachi Shiori , Osaki Daisuke , Shimizu Naoki , Yane Katsunari

    … 甲状腺乳頭癌に対して,甲状腺全摘,左D2a郭清,気管開窓術を行った。 …

    Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 37(4), 322-326, 2020

    J-STAGE 

  • Successful Treatment with Fenestration and Multi-professional Intervention for a Large Bronchopleural Fistula  [in Japanese]

    NITANDA Hiroyuki , TAGUCHI Ryo , MOROTA Mizuki , YANAGIHARA Akitoshi , ISHIDA Hironori , SAKAGUCHI Hirozo

    … ーム(NST)の介入と理学療法を開始した上で開窓術を行った.術翌日から理学療法を再開し,NSTと逐一協議して経管栄養を実施した結果,開窓術後7日で人工呼吸器を離脱して歩行訓練が可能となった.2カ月で断端の閉鎖が確認され,4週間の局所陰圧閉鎖療法を追加することで遺残腔の完全な消失と創部の上皮化が得られた.開窓術後比較的短期間で瘻孔の閉鎖が得られた要因 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 81(6), 1069-1074, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Progress in the Surgical Treatment of Spontaneous Intracranial Hemorrhage: Focus on Neuroendoscopic Surgery  [in Japanese]

    Fukami Shinjiro , Nakajima Nobuyuki , Miki Tamotsu , Kohno Michihiro

    … 被殼出血などの脳実内出血に対して硬性鏡を用い, 側脳室三角部や第三脳室後半部の血腫に対しては軟性鏡で摘出し, 閉塞性水頭症併発症例には第三脳室底開窓術を追加することもある. …

    Japanese Journal of Neurosurgery 29(12), 837-844, 2020

    J-STAGE 

  • Successful closure of thoracic fenestration in a patient with traumatic gastric tube-pleural fistula  [in Japanese]

    Kobayashi Kenichi , Osaki Toshihiro , Fukuichi Yukiko , Nishizawa Natsumasa , Yasuda Manabu

    … 管理を行い,呼吸状態は改善したが右膿胸を発症した.CTと上部消化管造影で外傷性の胃管胸腔瘻と診断した.瘻孔部を直接縫合閉鎖したが,瘻孔再発を認めたため開窓術及び腸瘻造設を行った.その後,十分な栄養管理下に高気圧酸素療法を行った結果,良好な開窓部肉芽形成と瘻孔部治癒が得られた.良好な経口摂取も可能となり,入院後197日目(開窓術後145日目)で自宅退院となった.</p> …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 34(7), 781-786, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of a Giant Internal Iliac Artery Aneurysm due to Endotension  [in Japanese]

    INAMURA Junzo , AKITA Masafumi , KATSUBE Toshio , TAKAHASHI Syougo

    … 脈瘤が径125mmと著明に拡大し,骨盤内を占拠しており,骨盤内臓器が圧迫されて尿閉および右水腎症を呈していた.瘤内には造影効果を認めず,endotensionが原因の瘤拡大が示唆された.緊急で右内腸骨動脈瘤開窓術を施行した.術中所見でも瘤内に明らかな血液の流入や新鮮血栓を認めず,瘤拡大の原因はendotensionによるものと診断した.術後経過は良好で,第12病日に独歩退院となった.術後半年時点,CTでは瘤の縮小 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 81(4), 675-679, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Study of Laparoscopic Fenestration of Liver Cysts in Our Department  [in Japanese]

    Yoshimura Yukino , Kurosaki Tetsuya , Tagaya Nobumi , Suzuki Junpei , Nakano Yuhei , Hasegawa Yako , Suzuki Junichi , Matsushita Koji , Arai Toshifumi , Hatanaka Masayuki

    … に対する腹腔鏡下開窓術でのドレーン非留置および術後早期退院を実現させるための因子について検討した.<b>方法:</b>最近の9年間に当科で開窓術を施行した44例を対象とした.男女比は10:34と女性に多く,平均年齢は65歳であった.囊胞は右葉に存在するものが多く,最大径は平均15.9 cmであった.<b>結果:</b>多囊胞性肝疾患に対し開窓術を行った12例は, …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 53(10), 826-834, 2020

    J-STAGE 

  • Three Cases of Pediatric Tongue Base Cyst  [in Japanese]

    Watanabe Yoshiko , Ukiyama Etsuji , Abe Kiyotomo

    … から吸気性喘鳴,無呼吸,陥没呼吸といった呼吸器症状を認め,喉頭ファイバースコープ検査,CT検査,MRI検査で診断された.全例,開窓術を施行した.症例2は初回手術時の麻酔導入時に囊胞による圧排で声門の観察ができず緊急気管切開術を施行し,後日開窓術を施行した.全例,再発なく経過している.本症は突然死の原因にもなる可能性があるため,診断後は可及的早期に手術が必要である …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 56(6), 1010-1015, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top