Search Results 1-20 of 4050

  • A case of intra-abdominal bleeding due to traffic injury treated by surgery after transcatheter artrial embolization  [in Japanese]

    西牧 宏泰 , 井上 宰 , 臼田 昌広 , 村上 和重 , 手島 仁 , 宮田 剛

    臨床外科 = Journal of clinical surgery 76(3), 379-383, 2021-03

  • AN EMERGENCY CASE OF POSTERIOR ABDOMINAL STAB WOUND TREATED BY THORACOTOMY AND LAPAROTOMY  [in Japanese]

    川島 淳 , 山岸 茂 , 岡 智 , 牧野 洋知

    日本臨床外科学会雑誌 82(2), 474-477, 2021

  • A Case of Late Open Conversion without Any Types of Endoleak after Emergent EVAR for Rupture  [in Japanese]

    Suzuki Masato , Ito Toshiro , Ohkawa Yohei , Yokoyama Hideo , Morimoto Kiyotaka , Ohori Shunsuke

    … すると,黄色の液体が流出した.瘤内には血腫は認めず,エンドリークも認めなかった.中枢はステントグラフトごと腎動脈下で大動脈を遮断し,ステントグラフトを可及的に切除し人工血管置換術を施行した.術後経過は良好で合併症は認めなかった.腹部大動脈瘤破裂に対して緊急EVARを施行した4カ月後に,エンドリークがないにもかかわらず瘤拡大を認め,開腹手術を行った症例を経験したので報告する.</p> …

    Japanese Journal of Vascular Surgery 30(2), 113-116, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Intraluminal Duodenal Diverticulum Treated by Curative Surgical Resection  [in Japanese]

    Oyama Koki , Mori Yasuhisa , Ohtsuka Takao , Watanabe Yusuke , Ikenaga Naoki , Nakata Kohei , Ogino Haruei , Oda Yoshinao , Nakamura Masafumi

    … 滞を生じ,膵炎を繰り返していると判断し,開腹下に十二指腸切開・憩室切除術,胆囊摘出術,C-チューブドレナージを施行した.術後17日目に退院し,術後10か月まで膵炎の再燃を認めていない.IDDに対しては内視鏡的切除術が有用との報告もあるが,本症例は憩室のサイズ,十二指腸乳頭部との位置関係から開腹手術を選択した.IDDに対して外科的切除術を行った1例を報告し,その治療法について報告する.</p> …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 54(3), 184-192, 2021

    J-STAGE 

  • Revision Surgery for Delayed Gastric Conduit Emptying after Subtotal Esophagectomy with Retrosternal Reconstruction  [in Japanese]

    Tohmatsu Yuuko , Fujii Tsutomu , Okumura Tomoyuki , Baba Hayato , Watanabe Toru , Hirano Katsuhisa , Shibuya Kazuto , Hojo Shozo , Matsui Koshi , Yoshioka Isaku

    <p>症例は74歳の女性で,食道癌(SCC,LtMt,cT1bN0M0,cStage I:UICC TNM分類 第7版)に対して胸腔鏡下食道亜全摘胸骨後経路胃管再建術を施行した.術後3か月半から嘔吐を認め,精査にて胃管の右側胸腔内脱出による通過障害と診断した.経鼻胃管挿入による2週間の保存的加療にて改善せず手術の方針となった.開腹所見にて胃管前庭部が胸骨剣状突起背面に強固に癒着していた …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 54(3), 166-172, 2021

    J-STAGE 

  • A case requiring laparotomy in addition to intravascular treatment for splenic injury complicated with pancreatic tail injury  [in Japanese]

    Funakoshi Hiraku , Koso Asami , Nishida Kazuhiro , Takahashi Jin , Kubota Tadao

    <p>57歳男性。二輪車の単独事故で救急搬送された。近医で脾損傷を指摘され当院へ転送された。来院時ショックバイタルであったため直ちに蘇生処置を開始した。脾損傷に対しては前医のCT所見から日本外傷学会分類 III b型脾損傷と判断し, 脾動脈塞栓術を施行した。術後も頻脈が続き, 血圧も再度低下したため開腹術に移行したところ, 膵尾部損傷が認められた。静脈性の出血が持続している状態で挫滅も …

    KANTO Journal of Japanese Association for Acute Medicine 42(2), 43-47, 2021

    J-STAGE 

  • Ruptured Mycotic Abdominal Aortic Aneurysm Caused by <i>Capnocytophaga ochracea </i>after EVAR  [in Japanese]

    Iwasaki Yoshihiro , Morita Masafumi , Azuma Shuhei , Fukuhara Shinji

    … ochracea</i>)を起炎菌とするEndovascular Aortic Repair(EVAR)後の腹部大動脈瘤破裂に対して,緊急開腹手術を施行し,救命できたので報告する.<i>C. …

    Japanese Journal of Cardiovascular Surgery 50(2), 124-127, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Metastatic Anal Fistula Cancer in which Long-term Survival was Achieved by Local Excision  [in Japanese]

    Kawashima Hideaki , Kashiyama Motoya , Kano Satoshi

    … 回検診による便潜血反応陽性を主訴に当院へ紹介となった.内視鏡検査で下行結腸に2型進行癌を認めた.痔瘻が併存しており腹会陰式直腸切断術も選択肢となったが,肛門の温存を強く希望されたため,開腹手術で左半結腸切除術D3を実施した.2期的に痔瘻根治術を行ったところ瘻孔内に微小な転移巣を認めた.術後は補助化学療法を施行せず経過観察とした.切除後8年無再発生存した.大腸癌と痔瘻が併存した際 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 74(4), 253-259, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Adult Right Sided Bochdalek Hernia Needed Emergency Operation with Bowel Obstruction  [in Japanese]

    Kyoku Keicho , Okuda Yoichi , Hashimoto Shinji , Hara Akihiro , Akiyama Koki , Goya Tomoyuki

    … 嘔気,上腹部痛を主訴に当院救急外来を受診された.腹部レントゲンにてニボー像を伴う腸閉塞の所見を呈しており,腹部造影CTにてclosed loop,whirl sign,腹水を認めたため,絞扼性イレウスの診断にて緊急開腹手術を施行した.手術所見では肝右側の横隔膜にヘルニア孔を認め,小腸が陥入している所見であったことから,右側Bochdalek孔ヘルニア嵌頓と診断した.可及的にヘルニア孔を単純閉鎖し,手術終了とした.術 …

    The Kitakanto Medical Journal 71(1), 53-58, 2021

    J-STAGE 

  • Necessity of laparotomy for mesenteric injury  [in Japanese]

    Hagiwara Kazuki , Iwase Fumiaki , Inoue Jun-ichi , Miyazaki Yoshibumi , Matsumoto Gaku , Yanagisawa Masahiko , Sasamoto Masatsugu , Kugimiya Aiko , Kasai Hiroto , Iwase Hiroaki

    … 【結果】全例鈍的外傷で、最終的に32例に開腹手術を行い,腸管損傷は17例(45.9%)に合併した。 … 腸間膜損傷での外科的処置を要する割合は高く,開腹手術が原則である。 …

    Japanese Journal of Acute Care Surgery 10(1), 17-21, 2021

    J-STAGE 

  • Interventional radiology and laparotomy for retroperitoneal bleeding associated with median arcuate ligament syndrome: two case reports  [in Japanese]

    Tanino Yusuke , Homma Hiroshi , Suzuki Shoji , Oda Jun , Nakano Hiroshi

    … <p>〔要旨〕正中弓状靱帯症候群が誘因で後腹膜出血を発症し,interventional radiology(IVR)と開腹手術を施行後に,生死を分けた症例を経験したので報告する。 … IVR止血後に,腸管壊死に対して開腹手術を施行し軽快転院した。 … IVRで止血できず,開腹手術移行後に再度IVRで止血。 …

    Japanese Journal of Acute Care Surgery 10(1), 12-16, 2021

    J-STAGE 

  • Multiple traumas with coagulation abnormality treated by video-assisted thoracoscopy  [in Japanese]

    Kiriyama Ryota , Okagawa Takehiko , Oyamatsu Hironori , Niimi Seijiro , Ozaki Kotaro , Yabusaki Norimitsu

    … 持続的な出血を,胸腔鏡を併用した最小限の創部で効果的に止血することができた症例を経験したので報告する.症例は89歳,男性.交通事故で胸腹部を受傷.横隔膜損傷,脾損傷,腸間膜損傷を認め緊急開腹手術と経腹的横隔膜修復,胸腔内観察を行った.閉創後に胸腔ドレーンからの出血が持続するため胸腔鏡併用下で再度手術を行い,血胸の出血の責任部位を胸腔鏡で観察して特定しピンポイントに止血すること …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 35(1), 18-22, 2021

    J-STAGE 

  • A Case of Devising Transanal Resection for a Huge Rectal Foreign Body.  [in Japanese]

    熱田 幸司 , 小林 純子 , 菊池 雅之 , 林 応典 , 安藤 崇史 , 宮部 理香 , 新谷 恒弘 , 中山 隆盛

    … 経肛門的直腸異物は,性的嗜好などが原因で肛門から異物が挿入され,抜去不可能となったものである.治療は一般的に内視鏡や経肛門的摘出術が,第一選択とされるが,難渋する場合には開腹手術への移行が必要になる. …

    静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 40(1), 24-29, 2020-12-01

    IR 

  • 妊娠中期に開腹手術を施行した急性虫垂炎2症例 : 臨床経験  [in Japanese]

    芦川 すが , 平沼 賢悟 , 小西 久也 , 藤森 啓太 , 浅尾 有紀 , 末延 豊 , 大鷹 美子

    臨床婦人科産科 74(12), 1299-1304, 2020-12

    Ichushi Web 

  • How to be a good assistant to the operating surgeon during conventional open gastric cancer surgery  [in Japanese]

    深川 剛生 , 熊田 宜真 , 添田 成美 , 五十嵐 裕一 , 鈴木 悠介 , 緑川 裕紀 , 金城 信哉 , 堀川 昌宏 , 清川 貴志

    臨床外科 = Journal of clinical surgery 75(12), 1288-1293, 2020-11

  • A CASE OF PRIMARY MONOMORPHIC EPITHELIOTROPIC INTESTINAL T-CELL LYMPHOMA OF THE SMALL INTESTINE WITH FISTULA THAT ACHIEVED COMPLETE REMISSION BY MULTIDISCIPLINARY TREATMENT  [in Japanese]

    河原 慎之輔 , 青山 徹 , 江中 牧子 , 奥田 尚子 , 渥美 陽介 , 風間 慶祐 , 沼田 正勝 , 玉川 洋 , 湯川 寛夫 , 利野 靖 , 益田 宗孝

    … を伴う著明な壁肥厚と拡張を認め,可溶性インターロイキン- 2 受容体が高値であり小腸原発悪性リンパ腫が疑われた.小腸内視鏡検査では穿孔リスクが高いと判断し診断および腫瘍摘出目的で当科紹介,開腹手術を施行した.術中所見では回腸末端から20㎝口側で15×10㎝大の腫瘤を形成しており,さらに口側70㎝の位置の回腸と瘻孔形成を認め,同部位を含め回盲部切除を行った.病理組織所見では単形性上皮向性腸 …

    横浜医学 = Yokohama Medical Journal 71(4), 561-566, 2020-10-30

    IR 

  • 膀胱異物穿孔に対して腹腔鏡下手術を施行した1例  [in Japanese]

    木村 明菜 , 小川 宰司 , 宇野 智子 , 渡久山 晃 , 小笠原 卓音 , 柴森 康介 , 加藤 隆一 , 齋藤 慶太 , 佐々木 賢一

    … そのほとんどが開腹手術や膀胱高位切開術による治療がなされており、腹腔鏡下手術を施行した報告はほとんどない。 …

    市立室蘭総合病院医誌 = Journal of Muroran City General Hospital = Journal of Muroran City General Hospital 45(1), 5-8, 2020-09-30

    IR  Ichushi Web 

  • 地域小規模病院における急性虫垂炎に対する開腹手術と腹腔鏡手術の比較検討  [in Japanese]

    二日市 琢良 , 酒井 昌博 , 有永 信哉 , 吉尾 正治 , 酒井 啓一郎 , 是松 聖悟

    月刊地域医学 = Monthly community medicine 34(9), 710-713, 2020-09

    Ichushi Web 

  • Laparoscopic and robotic-assisted laparoscopic surgery for early-stage endometrial cancer : a single institution experience  [in Japanese]

    野村 奈央 , 近藤 一成 , 須藤 れいな , 舩田 瑛太郎 , 佐藤 歩美 , 上野山 麻水 , 坂本 公彦 , 佐藤 奈加子 , 忠内 薫 , 杉田 匡聡

    東京産科婦人科学会会誌 69(3), 422-426, 2020-07

    Ichushi Web 

  • Preoperatively Diagnosed Case of Perforated Ileal Diverticulum.  [in Japanese]

    一瀬 真澄 , 水本 明良 , 平野 正満 , 高尾 信行 , 基 俊介 , 竹村 しづき

    … 憩室穿孔による腹膜炎と診断し、緊急開腹手術を施行した。 …

    滋賀医科大学雑誌 33(1), 27-31, 2020-05-29

    IR  DOI 

Page Top