Search Results 1-20 of 5189

  • 複数の気象データを用いて算出する確率降水量に関する研究  [in Japanese]

    西島 映里 , 野々村 善民 , 島脇 優里 , 藤田 一郎

    日本建築学会北陸支部研究報告集 Proceedings of Annual Meeting of Hokuriku Chapter, Architectural Institute of Japan (62), 247-250, 2019-07

  • 複数の気象データを用いて算出する確率降水量に関する研究  [in Japanese]

    西島 映里 , 野々村 善民 , 島脇 優里 , 藤田 一郎

    日本建築学会北陸支部研究報告集 Proceedings of Annual Meeting of Hokuriku Chapter, Architectural Institute of Japan (62), 247-250, 2019-07

  • Machida Campus Weather Report 2018  [in Japanese]

    坪田 幸政

    桜美林論考. 自然科学・総合科学研究 = The journal of J. F. Oberlin University. Natural and applied sciences (10), 63-88, 2019-03-20

    IR 

  • Atmosphere : land interaction in synoptic-scale meteorology  [in Japanese]

    佐藤 友徳 , 中村 哲 , エルデンバト エンフバト , 寺村 大輝

    … パから西シベリアの積雪偏差は植 生活動の水に対する依存度を高めていた.さらに,積雪偏差は土壌水分偏差として夏まで情報を持続 し,熱波のきっかけとなる準定常波の発生確率を変調する.モンゴル周辺の半乾燥地域では,初夏の 土壌水分量が数値モデルによる夏季降水量の季節内変動の再現に重要である.また,陸面状態の不均 一性はメソ対流系の発生確率に有意な影響を与えることも分かった. …

    低温科学 (77), 61-70, 2019-03-20

    IR  DOI 

  • Growth and Yield of Soybeans Cultivated as an Alternative Crop for Rice After the 2016 Kumamoto Earthquake  [in Japanese]

    野見山 綾介 , 松尾 直樹 , 榮 誠三郎 , 増田 欣也

    … 土面に不陸が生じた圃場で栽培された大豆については,7 月下旬から 8 月までの栄養生長期の降水量は非常に少なかったため,収穫本数,主茎長,主茎節数および分枝数など基本栄養生長量に関しては,土面の凹凸で有意な差は認められなかった。 …

    九州沖縄農業研究センター研究資料 = Memoirs of the Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (95), 67-76, 2019-03-20

    IR  DOI 

  • Overview of Meteorology in Kumamoto in Heisei 28 (2016)  [in Japanese]

    脇山 恭行 , 柴田 昇平 , 野見山 綾介

    … 平成28年熊本地震が発生した熊本市,阿蘇市の気象は,年平均気温は平年より高く,年降水量も多かったが,年間の日照時間は少なかった。 … 6月の降水量は多く,特に6月20~21日にかけて大雨となり,地震の影響を強く受けた益城町を流れる木山川が氾濫した。 … 8 月の降水量は少なく少雨であった。 …

    九州沖縄農業研究センター研究資料 = Memoirs of the Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (95), 102-107, 2019-03-20

    IR  DOI 

  • Estimation of Runoff Time and Seasonal Changes in the Amount of Spring Water in Uchinada Sand Dune  [in Japanese]

    永坂 正夫 , 高野 典礼 , 福原 晴夫 , 高橋 久

    河北潟総合研究 = Kahokugata lake science 21, 15-22, 2019-03

  • Fruit Production of Edible Cacti.  [in Japanese]

    堀部 貴紀

    … ボテンの果実はトゥナ(tuna),カクタスペア(cactus pear)などと呼ばれ,生食用や加工品原料として世界の広い地域で消費されている.ウチワサボテンは著しい環境ストレス耐性(耐高温・耐乾燥)をもっており,比較的降水量の少ない地域でも生産することが可能である.砂漠化や人口増加に対する対策が喫緊の課題である現在において,ウチワサボテン果実が世界の食糧・食品生産において果たす役割は増々大きくなることが期待 …

    生物機能開発研究所紀要 (19), 42-52, 2019-03

    IR 

  • Landscapes in South India(Part 4)The Cauvery River Basin  [in Japanese]

    元木 靖

    … い.流域内での社会変容の地域差はきわめて大きく,その差は都市化の影響との関連だけでは理解できない.カーヴェリ川流域全体をとおして今日,注目すべき特徴は,この流域に潜在する水環境の制約(降水量不足)の問題が,急速な人口増加による生活用水需要,さらに農村における商品農業志向や工場進出にともなう生産用水の需要の増大などを背景として,さまざまな地域問題(矛盾)を引き起こしている点 …

    経済学季報 = The Quarterly journal of Rissho Economics Society 68(4), 139-172, 2019-03

    IR 

  • Pitfall-trap Captures Variation of Ground-dwelling Invertebrate Indicator Organisms for Environment-preserving Agriculture in Japanese Orchards  [in Japanese]

    外山 晶敏

    … 獲数に対する調査の実施時期やトラップ設置日数,気象要因の影響を線形モデルにより解析した.結果,マルガタゴミムシ,ホシボシゴミムシ,セアカヒラタゴミムシ,サラグモ類の日捕獲数に平均気温や降水量との関係が検出された.2 つの調査時期の間では,ホシボシゴミムシ,セアカヒラタゴミムシ,オオハサミムシで捕獲数に有意な違いがみられた.トラップを設置してからの日数との関係はいずれの捕獲数 …

    農研機構研究報告. 果樹茶業研究部門 = Bulletin of the NARO (3), 23-31, 2019-03

    IR  DOI 

  • Environmental changes in the earth surface inferred from lake-catchment systems  [in Japanese]

    柏谷 健二 , 糸野 妙子 , 落合 伸也 , 石川 一真 , 長谷部 徳子

    地形 40(1), 5-25, 2019-01

  • Future Changes in Watershed-scale Rainfall Characteristics : Application of AGCM20 to the Johor River Watershed, Malaysia (特集 アナリティクス(Analytics) : 環境分野でのトレンドを追って)

    矢澤 大志 , Kim Sunmin , 佐藤 圭輔 , 清水 芳久

    EICA : journal of EICA : 環境システム計測制御学会誌 23(4), 44-51, 2019

  • Calculating Forest Fire Risk weigh Estimation Model for Forest Fuel Moisture  [in Japanese]

    玉井 幸治 , 吉藤 奈津子 , 高橋 正義 , 勝島 隆史 , 後藤 義明

    水利科学 = Water science 62(6), 84-98, 2019

  • Relationship between soil movement and changes of forest floor environments after clearing in the northernmost region of Okinawa Island  [in Japanese]

    Ohnuki Yasuhiro , Furugen Hiroshi , Ikuzawa Hitoshi , Matsuura Toshiya , Yamashita Naoyuki , Arakaki Takuya

    … 一方,土砂受箱周辺が下層植生でほぼ覆われている皆伐区のプロットでは,降水量の多寡にかかわらず対照区の傾斜の緩やかなプロットと同程度の小さい値を示した。 …

    Japanese Journal of Forest Environment 61(1), 23-29, 2019

    J-STAGE 

  • 274 A Study on Color Restriction and Climate in Landscape Planning − For case studies of 274 enforced landscape plans −  [in Japanese]

    Kato Yoshiko

    … 言やマンセル値を用いた計画が見られた.とりわけマンセル値を使用する計画では彩度に重視している傾向がみられ,色彩制限値を設定する際,その土地の背景となる自然環境は強く意識する必要がある,降水量・日照時間・湿度などの気候特性は,日光の注ぎ方や空気中の水分などが人間の色の知覚認識に大きな影響を与える.さらには気候がその土地の植生を決めるなど気象条件と地域の特徴は密接にかつ複雑に …

    JOURNAL OF THE COLOR SCIENCE ASSOCIATION OF JAPAN 43(3+), 51, 2019

    J-STAGE 

  • Regional Characteristics of Heavy Summertime Rainfall in and around Urban Tokyo from the Viewpoint of the Spatial Extent of Rainfall Area  [in Japanese]

    Akiko OKA , Hideo TAKAHASHI , Ko NAKAJIMA , Hiroto SUZUKI

    … ,稠密な降水量観測網(290地点)の時間降水量データを用いて,降水域(≧5 mm/h)の局地性と広域性に着目して強雨(≧20 mm/h)発現の地域的な特性を解析した.その結果,関東山地東麓と都区部西部や北部で局地的強雨の頻度が高く,それによる降水量も多い.全強雨に占める局地的強雨の頻度割合は,都区部北部から埼玉県東部で大きく,総降水量への寄 …

    E-journal GEO 14(1), 233-245, 2019

    J-STAGE 

  • Throughfall Observations During Snow Cover Season in a <i>Cryptomeria Japonica</i> Forest After Thinning  [in Japanese]

    KANEKO Tomonori , NOGUCHI Shoji , WADA Satoru , NITTA Kyohei , SAWANO Shinji

    … 積雪地帯に位置する長坂試験地のスギ林を対象として,大型貯留式雨雪量計を用いて冬期(2008年12月24日~2009年3月17日:83日間)の樹冠通過降水量を計測した.また,各貯留式雨雪量計の直上で全天空写真を撮影し,樹冠開空度を求めた.樹冠開空度(平均値±SD)は,無間伐区(15.1 % ± 6.5)< …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES 32(3), 138-147, 2019

    J-STAGE 

  • Validation and Error Calculation of Water Volume Estimation Model for a Tank Cascade System  [in Japanese]

    OKA Naoko , YAMAJI Eiji , WITHARANA D.D. Prabath

    … 推計できるが, モデル計算式係数の同定を行った期間と異なる期間のデータを用いた検証がなされておらず, 精度も不明であった.このため, CASCADEモデルに一部変更を加えたCASCADE IIモデルを構築し, 一年間の降水量, 蒸発量, 取水量, ため池水位の観測データを用いてモデルの係数を同定し, さらに別の一年間のデータを用いて検証を行った.その結果, 検証時の誤差は同定時の誤差から1.1ポイントの増加にとどまり, …

    Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering 87(1), II_71-II_79, 2019

    J-STAGE 

  • Proposal of a method to estimate insurance claims caused by heavy rain  [in Japanese]

    OKAZAKI Takeshi , REBULL Oriol Gaspa

    … い精度で被災状況を予測できる水災被害想定の手法を提案した.精度を向上させるため,母集団と降水量に変更を加えた.母集団の変更においては,土砂災害危険箇所と低位地帯のいずれかの領域に含まれる契約を対象とした.降水量の変更においては,再現期間15年の日降水量を閾値として適用し,地方整備局や各自治体による河川整備や土砂災害対策の度合いを反映させた …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 2D5OS1b03-2D5OS1b03, 2019

    J-STAGE 

Page Top