Search Results 1-20 of 217

  • Study of Restraint Method of Attack Applied to Spatial Scalable Image Coding Scheme based on Seam Carving  [in Japanese]

    藤村 誠 , 黒田 英夫 , 今村 幸祐

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(176), 37-40, 2016-08-08

  • Study of Restraint Method of Attack Applied to Spatial Scalable Image Coding Scheme based on Seam Carving  [in Japanese]

    藤村 誠 , 黒田 英夫 , 今村 幸祐

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 40(26), 37-40, 2016-08

  • Improvement of Two Layer HDR Image Coding Using Histogram Packing Technique  [in Japanese]

    菅野 元貴 , 張 煕

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(349), 99-104, 2015-12-03

  • Improvement of Two Layer HDR Image Coding Using Histogram Packing Technique  [in Japanese]

    菅野 元貴 , 張 煕

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(350), 99-104, 2015-12-03

  • Improvement of Two Layer HDR Image Coding Using Histogram Packing Technique  [in Japanese]

    菅野 元貴 , 張 煕

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 39(47), 99-104, 2015-12

  • B-15-3 A Study of Bandwidth Optimization of Mobile Video Streaming with Hierarchical Coding and QoS Control in LTE  [in Japanese]

    Nagai Yasuhiro , Okamawari Takao , Fujii Teruya

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2015年_通信(1), 386, 2015-08-25

  • Layered Lossless Video Coding based on Distributed Source Coding Theorem  [in Japanese]

    仲地 孝之 , 藤井 竜也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(75), 69-74, 2015-06-08

  • Extension of High-Efficiency Video Coding Standard (HEVC)  [in Japanese]

    Sasai Hisao

    2014年に第2版の規格化が完了した最新の動画像符号化(HEVC: High Efficiency Video Coding)の拡張規格について解説する.この拡張規格は,2013年に規格化完了したHEVC規格(第1版)を,高品位化,高スケーラビリティ,多視点映像対応の観点で拡張したものであり,本稿ではその拡張内容について説明する.

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 69(3), 218-223, 2015

    J-STAGE

  • A Distributed Storage System using Movable and Deployable Resource Units  [in Japanese]

    NAKACHI Takayuki , OKADA Atsushi , FUJII Tatsuya

    東日本大震災では、通信設備が大きな被害を受け、情報通信サービスの停止もしくは機能停止の状態が続いた。その教訓から、迅速に通信機能を復旧させる耐災害技術が望まれている。本稿では、プロジェクトの一つとして進めてきた可搬型のコンテナ(MDRU: Movable and Deployable Resource Unit)を用いたロバスト分散ストレージシステムの研究開発について報告する。本システムは、通信帯 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(205), 51-56, 2014-09-11

  • D-11-62 A Path Search Algorithm for Spatially Scalable Image Coding Using Seam Carving  [in Japanese]

    KOHATA Takumi , KAMEDA Yusuke , MATSUDA Ichiro , ITOH Susumu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_情報・システム(2), 62, 2014-03-04

  • 18-9 Spatially Scalable Still Image Coding Based on Simultaneous Removal of Evenly Spaced Multiple Seams  [in Japanese]

    SUGAWARA Ryosuke , KAMEDA Yusuke , MATSUDA Ichiro , ITOH Susumu

    This paper proposes a spatially scalable image coding scheme based on a non-linear image resizing technique called seam carving. In this scheme, the original size image is reconstructed from the reduc …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2014(0), 18-9-1_-_18-9-2_, 2014

    J-STAGE

  • Evaluation of required bit rates for 8K, 4K and 2K video coding by HEVC  [in Japanese]

    ICHIGAYA Atsuro , NISHIDA Yukihiro

    … いては,最新の国際標準であるISO/IEC23008-2MPEG-H HEVC|ITU H.265を採用する方向である.ARIBでは,HEVCを用いて超高精細度テレビジョン放送を行うために必要なビットレートを明らかにするため,4320/60/P, 2160/60/P, 1080/60/P, 1080/60/Iのマルチフォーマットテスト画像を用いた符号化実験および主観画質評価実験を行った.さらに,HEVCの時間方向階層符号化によってフレーム周波数120Hzの映像を符号化する場合の所要ビットレートを検討した. …

    ITE Technical Report 38.8(0), 47-52, 2014

    J-STAGE

  • A Disaster Resilient Transmission System for Layered Storage Data  [in Japanese]

    NAKACHI Takayuki , KIM SunYong , FUJII Tatsuya

    先の東日本大震災では、情報通信ネットワークが広い地域で壊滅的な被害を受けるとともに、情報通信に対する需要が爆発的に発生し、東日本の広い範囲にわたり情報通信機能が一時マヒ状態に陥った。このような事態を受け、情報通信ネットワークには、災害時にこそ重要な社会インフラとして、高い耐災害性を具備することが強く求められるようになった。こうした社会の要請を受け、耐災害性に優れるレジリエントネットワークに関する研 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(78), 1-6, 2013-06-13

  • A Coding Method For High Bit-Depth Images Based on Adaptive Bit Depth Transform  [in Japanese]

    ITO Takeshi , BANDOH Yukihiro , TAKAMURA Seishi , JOZAWA Hirohisa

    … より,画像の情報量の増加が問題となっている.そのため,高ビット深度画像に対して効率的な符号化手法が必要である.従来手法として,入力信号のビット深度を削減する処理(ビット深度変換処理)を用いた多階層符号化処理が提案されている.本論文では,ビット深度を入力信号のビット深度に拡張する処理(逆ビット深度変換処理)後の信号と入力信号の差分値の二乗和(ビット深度変換誤差)に着目し,この誤差を最小化するた …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(11), 1927-1934, 2012-11-01

    References (20)

  • Optimal Bit Allocation Technique for Scalable Video Coding based on Maximization of Estimated MOS  [in Japanese]

    YOSHIDA Toshiyuki

    … 時間-SNR階層符号化法では,各階層における時間と空間(SNR)方向へのビット配分には自由度があるが,その最適な配分手法は未だ確立されていない.本論文では,筆者らが過去に提案した,予測MOSを最大化する動画像符号化法,及びその画質平坦化法を適用することで,各層における時空間の画質を最大化する最適ビット配分の一手法を提案する. …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(9), 1672-1674, 2012-09-01

    References (6)

  • B-8-22 A Surveillance System Using Layered Video Streaming  [in Japanese]

    Gondo Shunichi , Murai Shinya

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_通信(2), 276, 2012-03-06

  • P2P-based Distribution Method for High Quality Multi-angle Video Streaming Exploiting Guaranteed/Best-effort Services  [in Japanese]

    TAKAHASHI Kazuya , HIROTA Yusuke , TODE Hideki , MURAKAMI Koso

    近年,光パス交換を用いた帯域保証型ネットワークの研究が加速されており,これらのネットワーク基盤上での超高精細な動画配信や3D映像配信など多種多様なサービスの普及が期待されている.その中の1つであるマルチアングル動画配信サービスを既存のP2P型動画配信方式で実現すると,アングル切替に時間がかかるという問題がある.アングル切替中,動画を視聴することができないため,頻繁に切替が行われるマルチアングル動画 …

    IEICE technical report 111(468), 215-220, 2012-03-01

    References (10)

  • Layered Communication Technologies for Super High Definition Video Streaming : LDGM Codes and Multicast Encryption  [in Japanese]

    NAKACHI Takayuki

    NTT未来ねっと研究所では、高品質な画質を要求される分野での映像コンテンツの流通を目的として超高精細(SHD: Super High Definition)映像の研究開発を進めてきた。その高い品質は、十分に実証されているものの、伝送コストおよび表示端末コストはまだ高く、多くのユーザが利用できる状況にはない。近年は、ネットワークの多様化に伴い、ユーザごとに伝送路の帯域変動が大きく、映像受信端末の解像 …

    ITE Technical Report 36.34(0), 53-58, 2012

    J-STAGE References (16)

  • Applications of Hierarchical Lossless Image Compression Scheme Based on AC Component Prediction  [in Japanese]

    HOSHIZUKI Yusuke , SHIBATA Yasuharu , KYAKUNO Kazuki , TOKUNAGA Ryuji

    画像符号化の一つの要素技術として, 画像ブロックの直流成分を用いて交流成分を予測する方式が研究されている.筆者らはそれらの知見に基づき, グレースケール画像を対象としたプログレッシブ復号が可能なブロック型無ひずみ画像圧縮方式を報告している.本論文はそれに基づき, カラー画像を対象とした性能を評価し, 多階層方式へ拡張する.提案方式の有効性は, JPEG-LS及びJPEG 2000との比較評価で検証 …

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 94(2), 138-141, 2011-02-01

    References (12)

Page Top