Search Results 1-20 of 22

  • 1 / 2
  • Increased breeding among <I>Grus japonensis</I> observed via aircraft surveys over northern Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    Masatomi Hiroyuki , Masatomi Yoshiyuki , Fujimoto Toshihiko , Masuzawa Tadashi , Konishi Kan , Fujimura Akiko

    … しかし、地上調査により 2002年に日本海に面するサロベツ原野地区で夏に 2羽を見つけ、翌年から飛行調査を行い、 2004年には営巣活動に続いて 45日齢ほどのヒナも観察した。 … 従って、道東と分離した道北個体群創設や越冬地造成等も含めた効果的対応手段策定のため、道北一帯で飛行調査を主軸とする全体的動向把握を継続的に行うことが不可欠である。 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 25(1), n/a, 2020

    J-STAGE 

  • Vegetation at the nesting sites of Tancho in Hokkaido  [in Japanese]

    MASATOMI Hiroyuki , MASATOMI Yoshiyuki

    … タンチョウGrus japonensis の営巣環境解明のため2000-2009 年に飛行調査で得た営巣地点情報を植生図に重ね,営巣地点と周辺バッファ内の植生を解析した.巣は26 植生区分に認められ,ハンノキ群落に27.8%(N=916),ヨシ-イワノガリヤス群落に23.3%,その他の順で,ハンノキとヨシを主要種とする植生タイプが全体の84.5%を占めた.しかし,湿原中核部と周辺部を比べるとハンノキとヨシの優占群落以外の共通タイプは …

    Wetland research 3(0), 15-28, 2013

    J-STAGE 

  • Breeding status of Tancho Grus japonensis in Hokkaido, 2008  [in Japanese]

    正富 宏之 , 百瀬 邦和 , 古賀 公也 [他]

    Journal of Community Cooperative Research Center (3), 33-58, 2008

  • Breeding status of Tancho Grus japonensis in Hokkaido in 2O07  [in Japanese]

    Masatomi H. , Momose K. , Koga K. , Masatomi Y. , Matsumoto F.

    北海道に生息するタンチョウ Grus japonensis の繁殖状態を、2007年4-5月に航空機を用いて調査した。道北と道東で合わせてこれまで最多の354繁殖番いを見つけ、対前年比増加率は18.4%であった。番い数は十勝、釧路湿原、別寒辺牛川、風蓮湖の各地区で地区最多数を記録し、特に釧路湿原でこれまで最多の101を超える123番いを記録したのが今年の特徴である。新規営巣地点とみなした29ヶ所の …

    Journal of Community Cooperative Research Center (2), 19-43, 2007

    Cited by (1)

  • Breeding status of Tancho Grus japonensis in Hokkaido in 2006  [in Japanese]

    Masatomi H. , Momose K. , Koga K. , Masatomi Y. , Matsumoto F. , Tomiyama N.

    北海道に生息するタンチョウGrus japonensisの繁殖状況を2006年4-5月に航空機を用いて調査した。道北と道東で合わせて299繁殖番いを記録した。番い数の対前年比増加率は-2.9%であったが、十勝と霧多布の両地区で過去最多を示した。新たな地点での繁殖とみなしたのは25番いで、このうち16番いが分布域の拡大に関与していた。推定湿原面積における繁殖番い密度は、平均0.66番い/km^2で、 …

    Journal of Community Cooperative Research Center (1), 1-24, 2006

  • Breeding status of Tancho Grus japonensis in Hokkaido in spring of 2004  [in Japanese]

    MASATOMI H , Momose K. , Matsumoto F. , Koga K. , Tomiyama N. , Aoki N.

    タンチョウ Grus japonensis が生息する北海道東部と北部において、2004年4-5月に航空機を用いて繁殖状況を調査した。その結果、従来の分布域のほかに初めて道北のサロベツ原野に1繁殖番いを認めた。調査回数が前年より少ないにもかかわらず、繁殖番い数は282番いで8番い多く、前年比増加率2.9%を保ち、地方別では根室地方で減少したが十勝・釧路両地方で増加し、特に十勝では過去最多を記録した …

    Journal of Environmental Science Laboratory (11), 1-26, 2004

    JASI  Cited by (1)

  • Breeding of Tancho Grusjaponensis in eastern Hokkaido in spring of 2003  [in Japanese]

    Masatomi H. , Momose K. , Matsumoto F. , Koga K. , Matsuo T. , Aoki N. , Tomiyama N.

    北海道東部と北部で、2003年4月から6月にかけて、ヘリコプターとセスナ機を用いタンチョウGrus japonensisの繁殖状況を調査した。繁殖域は十勝、釧路、根室、網走の4支庁管内に限られたが、非繁殖番いが道北にも定着していた。繁殖番い数は前年より17番い少ない273番いで、釧路地方で減少し、根室地方ではやや増加した。現存湿原面積を基にした繁殖番い密度は1km(2)あたり平均0.60番いであっ …

    Journal of Environmental Science Laboratory (10), 13-38, 2003

    JASI 

  • Breeding status of Tancho Grus japonensis in Hokkaido in spring of 2002  [in Japanese]

    Masatomi H. , Momose K. , Matsuo T. , Koga K. , Matsumoto F. , Aoki N. , Tomiyama N.

    2002年4月から6月にかけて、北海道東部でヘリコプターとセスナ機により空からタンチョウGrusjaponensisの繁殖状況を調査した。繁殖番い数は前年より26番い多い290番いで、十勝・釧路両地方で増加し根室地方では変わりなかった。繁殖域は十勝、釧路、根室、網走の4支庁管内位に限られたが、その域内での分布範囲は徐々に広がる傾向がみられた。ただ、湿原面積は限られるため、繁殖番い密度は前年より高く …

    Journal of Environmental Science Laboratory (9), 151-174, 2002

    JASI 

  • Some results from a diffusion experiment using buoyant balloons.  [in Japanese]

    GOTOH Takao

    天気 47(11), 809-814, 2000-11-30

    NDL Digital Collections  References (5)

  • 気象慣熱飛行調査報告-13-  [in Japanese]

    早川 太一郎

    Weather service bulletin 41(12), p391-414, 1975-02

  • 気象慣熟飛行調査報告-12-  [in Japanese]

    花山 俊雄

    Weather service bulletin 40(8), p305-324, 1973-09

  • 気象慣熟飛行調査報告-11-

    〔気象庁〕東京航空地方気象台管制気象課

    測候時報 39(10), 401-424, 1972-11

  • 気象慣熟飛行調査報告-10-

    東京航空地方気象台管制気象課

    測候時報 38(11), 384-400, 1971-11

  • 気象慣熟飛行調査報告-9-

    東京航空地方気象台管制気象課

    測候時報 37(12), 455-464, 1970-12

  • 気象慣熟飛行調査報告-8-

    東京航空地方気象台予報課

    測候時報 35(10), 365-384, 1969-01

  • 気象慣熟飛行調査報告-7-

    森 俊八

    測候時報 35(6), 204-217, 1968-11

  • 気象慣熟飛行調査報告-6-

    東京航空地方気象台予報課

    測候時報 31(6), ????, 1964-06

  • 気象慣熟飛行調査報告-4-

    東京航空地方気象台予報課

    測候時報 29(1), ????, 1962-01

  • 東北海区に於ける魚群と海鳥群の観察  [in Japanese]

    堀田 秀之 , 福島 信一 , 小達 繁 , 相沢 幸雄

    … 海上調査及び飛行調査によって魚群その他水中動物と海鳥群の分布状態の関係を観察した結果は次の通りである。 … 飛行調査 東北海区近海のマグロ旋網漁業の為に昭和29年以来、毎年5月から11月に飛行機を用いて魚群探索に努め、多大の成果を収めて来た。 …

    東北海區水産研究所研究報告 = Bulletin of Tohoku Regional Fisheries Research Laboratory (19), 49-71, 1961-03

    JASI 

  • 気象慣熟飛行調査報告-3-

    東京航空地方気象台

    測候時報 27(10), ????, 1960-10

  • 1 / 2
Page Top