Search Results 1-8 of 8

  • Measurement of jet surface wave using optical method  [in Japanese]

    HARADA HIROYUKI , OMIYA AKIRA , ITO TAKAHIRO , TSUJI YOSHIYUKI , IDA MIZUHO

    国際核融合材料照射施設(IFMIF)では、材料照射試験に必要な高エネルギー中性子場を液体Liと重陽子ビームとの核反応を用いて得ることが計画されている。液体Li噴流の表面の変動は試験のクオリティや施設の運転性に影響を及ぼすため、噴流表面での液位変動を1mm以下に保つことが設計目標とされている。これまでの研究から、液体Li噴流の変動の原因には進行波、ウェイクの2種類が考えられている。本研究では、面計測 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2012f(0), 274, 2012

    J-STAGE 

  • Gamma-ray measurement in high energy neutron field  [in Japanese]

    KAMADA So , TAKADA Masashi

    中性子・ガンマ線混在場において,ガンマ線計測に用いられている有機液体シンチレータよりもエネルギー決定精度が優れているNaI(Tl)シンチレータを用いて,ガンマ線エネルギースペクトル測定を行った.中性子とガンマ線の弁別には飛行時間の差を利用した.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011s(0), 59-59, 2011

    J-STAGE 

  • Experimental and Simulated Response Functions of Neutron Sensors to Fast Neutrons  [in Japanese]

    Takada Masashi , Kamada So , Nunomiya Tomoya , Abe Shigeru , Ishikura Takeshi , Matsumoto Tetsuro , Masuda Akihiko , Harano Hideki , Nakamura Takashi

    リアルタイム中性子個人被ばく線量計は、現在、原子力施設などで幅広く利用されている。その応答関数は、高速中性子ではまだ十分に評価されていない部分がある。これを解明することで、リアルタイム線量計の高エネルギー中性子場へ応用できる。これまでシリコン半導体素子では、荷電粒子に対してファンネリング現象が生じ、これが素子で検出されるエネルギー量が大きくなることを分かった。このエネルギー付与のモデルと、さらに本 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 75-75, 2011

    J-STAGE 

  • Spectrum measurements of low-energy continuum components with Bonner sphere spectrometer at high-energy quasi-monoenergetic neutron fields  [in Japanese]

    Masuda Akihiko , Baba Mamoru , Kamada So , Matsumoto Tetsuro , Harano Hideki , Hagiwara Masayuki , Unno Yasuhiro , Nishiyama Jun , Sanami Toshiya , Shikaze Yoshiaki , Tanimura Yoshihiko

    20 MeV以上の高エネルギー中性子に対する検出器の応答を評価するための校正場として,<SUP>7</SUP>Li(p,n)反応による90 MeVまでの準単色中性子場の開発が行われている。このような高エネルギー準単色中性子場では,高エネルギーピーク以外に存在する,低エネルギー領域まで続く連続成分のスペクトラルフルエンスを正確に評価しておくことが必要である。その連続成分のうち …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 79-79, 2011

    J-STAGE 

  • Measurement of gamma rays in the high energy neutron field by using pulse shape discrimination  [in Japanese]

    KAMADA So , TAKADA Masashi

    緊急被ばく医療においては、患者の被ばく線量評価が重要である。原子炉での被ばく事故はもとより高エネルギー加速器施設での被ばく事故での線量評価手法の開発が喫緊の課題である。特に、中性子とガンマ線の混在場においてガンマ線の線量評価手法は現在も定まっていない。波形弁別法は、有機液体シンチレータを用いた測定で中性子とガンマ線の弁別に有効であった。有機液体シンチレータではガンマ線のエネルギー決定精度が悪いのが …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 71-71, 2011

    J-STAGE 

  • Response of personal dosimeters in intermideate energy neutron field  [in Japanese]

    sanami toshiya , shigyo nobuhiro , kajimoto tsuyoshi , noda syusaku , ishibashi kenji , ban syuichi , Robert Haight , nikolas Fotiadis , John O'Donnell

    米国ロスアラモス国立研究所のLANSCE/WNRの4FL15ビームラインにおいて、高エネルギー中性子場における個人線量計の応答を実験的に調べた。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2010s(0), 663-663, 2010

    J-STAGE 

  • Response measurement of Bonner sphere spectrometer for hi-energy neutrons at RCNP  [in Japanese]

    Masuda Akihiko , Nakamura Takashi , Sato Tatsuhiko , Itoga Toshiro , Nakane Yoshihiro , Nakashima Hiroshi , Sakamoto Yukio , Matsumoto Tetsuro , Harano Hideki , Nishiyama Jun , Iwamoto Yosuke , Hagiwara Masayuki , Satoh Daiki , Iwase Hiroshi , Yashima Hiroshi

    大阪大学核物理研究センターにおいて,<SUP>7</SUP>Li(p,n)反応によって得られる245MeV,388MeV準単色中性子を用いて,ボナー球スペクトロメータの高エネルギー中性子に対する応答測定を行った。使用したボナー球スペクトロメータはポリエチレン,鉛,銅による6種類の減速材の組み合わせと球形<SUP>3</SUP>He比例計数管で構成され …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2010f(0), 126-126, 2010

    J-STAGE 

  • Measurement and Analysis of Induced Activities in Concrete using High Energy Neutrons at KENS Neutron Spallation Source Facility

    Oishi Koji , Masumoto Kazuyoshi , Hirayama HIdeo , Shibata Tokushi , Nakashima Hiroshi , Yashima Hiroshi , Kosako Kazuaki , Yamakawa Hiroshi , Nakamura Takashi , Nakao Noriaki , Kawai Masayoshi , Sanami Toshiya , Numajiri Masaharu , Ban Syuichi , Sasaki Shin-ichi

    500MeV 陽子を用いた核破砕中性子源施設KENS の高エネルギー中性子場において、厚さ4mのコンクリート遮蔽体系内のコンクリート放射化量を測定しクリアランス決定核種の検討を行うとともに、解析計算との比較を行った。長半減期核種としては今までのところ、Na-22,Co-60,Eu-152が測定で得られた。また、実験と解析との比較の結果、多くの核種についてはファクターで一致したが、一部の核種では大き …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2003f(0), 044-044, 2003

    J-STAGE 

Page Top