Search Results 1-20 of 86

  • 1 / 5
  • Dynamic Channel Modeling through Ray Trace Simulation for Millimeter Wave High-Speed Vehicular Communication System  [in Japanese]

    ファム キンフン , 齋藤 健太郎 , 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(363), 1-6, 2016-12-15

  • Performance Evaluation of MIMO and Channel Bonding with High-speed Mobile Communication  [in Japanese]

    佐藤 宏一 , 塚本 和也 , 鶴 正人

    … する.移動体は,通信相手の傍を通過する間のみ通信を行うことで,既存のインフラ設備を使用することなく情報収集が出来る.しかし,移動体通信は,通信を行う相手との接続時間が限定されるため,送受信出来るデータ容量が限られる.そこで伝送レート高速化技術(MIMO,チャネルボンディング)を用いて通信を行うことを考える.本研究では,高速移動通信時における伝送レート高速化技術の有効評価を行う. …

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2015(0), 329-330, 2015

    J-STAGE

  • Invited Talk : Study on Linear Cell Constitution for High-Speed Mobile Communication  [in Japanese]

    UMEDA Shusaku , OKAZAKI Akihiro , NISHIMOTO Hiroshi , TSUKAMOTO Kaoru , TANJI Hiroshi , YAMAGUCHI Kanako , OKAMURA Atsushi

    筆者らは,近年需要が高まっている陸上高速移動環境における大容量通信の実現が可能なセル構成法として,リニアセルを提案している.リニアセルの構成法として,複数のアンテナを線状に並べ,全てのアンテナが同一周波数にて同一信号を送信することにより,線的なエリアを形成する分散アンテナネットワーク(DAN)が有効である.DANを用いたリニアセルは,無指向アンテナを用いるDAN構成,狭指向性アンテナを用いる狭域ビ …

    Technical report of IEICE. RCS 114(295), 113-118, 2014-11-12

  • 11GHz Directional Wideband Channel Measurements in Residential Microcellular Environments

    KIM Minseok , TAKADA Jun-ichi , SHEN Jiyun , ODA Yasuhiro , SUYAMA Satoshi

    … 10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地マイクロセルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定では,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと直交二偏波12素子円形アレーアンテナを用いており,基地局アンテナがマンションの3階(約9m)に設置され,半径約200mの住居エリアをアンテナ高3m …

    Technical report of IEICE. RCS 114(295), 1-6, 2014-11-12

  • Invited Talk : Study on Linear Cell Constitution for High-Speed Mobile Communication  [in Japanese]

    UMEDA Shusaku , OKAZAKI Akihiro , NISHIMOTO Hiroshi , TSUKAMOTO Kaoru , TANJI Hiroshi , YAMAGUCHI Kanako , OKAMURA Atsushi

    筆者らは,近年需要が高まっている陸上高速移動環境における大容量通信の実現が可能なセル構成法として,リニアセルを提案している.リニアセルの構成法として,複数のアンテナを線状に並べ,全てのアンテナが同一周波数にて同一信号を送信することにより,線的なエリアを形成する分散アンテナネットワーク(DAN)が有効である.DANを用いたリニアセルは,無指向アンテナを用いるDAN構成,狭指向性アンテナを用いる狭域ビ …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 114(294), 109-114, 2014-11-12

  • 11GHz Directional Wideband Channel Measurements in Residential Microcellular Environments

    KIM Minseok , TAKADA Jun-ichi , SHEN Jiyun , ODA Yasuhiro , SUYAMA Satoshi

    … 10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地マイクロセルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定では,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと直交二偏波12素子円形アレーアンテナを用いており,基地局アンテナがマンションの3階(約9m)に設置され,半径約200mの住居エリアをアンテナ高3m …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 114(294), 17-22, 2014-11-12

  • Combine Scheme to Multiple Elements in Sequentiqally Switched Antenna Array Receiver  [in Japanese]

    Baba Ryosuke , Yamamoto Shinichiro , Aikawa Satoru , Tsukamoto Satoshi , Webber Julian , Ariyoshi Masayuki

    近年,スマートフォンなどの携帯端末が普及しており,列車内に多数の端末が高密度で存在している.端末の増加に伴い公衆無線LANの提供も増加しているが.2020年には通信量が現在の10倍になると予想されていることから,エントランス回線の容量不足が懸念されている.新幹線などの高速移動体でも公衆無線LANサービスは提供されているが,従来の等化技術では高速なチャネル変動による性能劣化を抑えきれないため,新たな …

    IEICE technical report. Communication systems 114(289), 111-115, 2014-11-06

  • Characteristics of Urban Cellular Radio Channels at 11 GHz

    KIM Minseok , TAKADA Jun-ichi , CHANG Yuyuan , SHEN Jiyun , ODA Yasuhiro

    … 10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地セルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定は基地局アンテナの高さの異なるマクロ,マイクロ,ストリートセルの各環境において,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと二偏波12素子円形アレーを用いて実施された.本報告では,各環境におけ …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 114(148), 13-18, 2014-07-24

  • Basic Performance Evaluation on Sequentially Switched Antenna Array Receiver : Enhancing Data Transmission Rate on High Speed Vehicles  [in Japanese]

    Baba Ryosuke , Yamamoto Shinichiro , Aikawa Satoru , Tsukamoto Satoshi , Hou Yafei , Ariyoshi Masayuki

    近年,スマートフォンなどの携帯通信端末が生活必需品となってきており,列車内などに多数の端末が高密度で存在している.携帯通信端末の増加に伴って公衆無線LANサービスの提供も増加しているが,2020年には通信量が現在の10倍になると予想されていることなどから,エントランス回線の容量不足が懸念されている.新幹線などの高速移動体でも公衆無線LANサービスは提供されているが,従来の等化技術では高速なチャネル …

    IEICE technical report 113(457), 47-51, 2014-03-03

  • Collaboration Projects 超高速移動通信の実現に向けた10Gbps屋外無線伝送実験  [in Japanese]

    須山 聡 , 沈 紀惲 , 小田 恭弘

    NTT DoCoMoテクニカル・ジャーナル 21(4), 22-27, 2014-01

  • An Experiment for Next Generation Aeronautical Mobile Communication Systems : Evaluation of Average Throughput by using Shinkansen  [in Japanese]

    Morioka Kazuyuki , Futatsumori Shunichi , Kanada Naoki , Kohmura Akiko , Yonemoto Naruto , Sumiya Yasuto

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2013年_通信(1), 270, 2013-09-03

  • Super high bit-rate mobile communication system using super high frequency bands : System analysis by field experiments in Ishigaki city  [in Japanese]

    ODA Yasuhiro , SHEN Jiyun

    Technical report of IEICE. RCS 113(8), 67, 2013-04-11

  • B-5-121 Study on Demodulation Method for OFDM Systems under High Mobile Environments  [in Japanese]

    Takeuchi Shunsuke , Naito Katsuhiro , Mori Kazuo , Kobayashi Hideo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_通信(1), 531, 2013-03-05

  • Shared Aperture Transparent MIMO Antenna with Multi-band Capability  [in Japanese]

    PATCHAIKANI Sindhuja , KUWAHARA Yoshihiko

    高速移動通信技術の進展により,携帯機器には複数のアンテナが搭載されるようになって来た。 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 112(285), 87-92, 2012-11-08

    References (4)

  • A High Speed Mobile Communication System implementing Bicasting Architecture on the IP Layer  [in Japanese]

    山田 和弘 , 川原 圭博 , 浅見 徹 , 相田 仁

    … 車内からのネットワークアクセスニーズの高まりとともに,さらに高速なアクセス回線が求められている.我々は,高速移動通信システムの無線通信メディアとして安価に高速な通信システムを構築することが期待できるIEEE 802.11gに注目している.IEEE 802.11gを利用した高速移動通信システム(IEEE 802.11g通信システム)を実現することを目的として,IEEE 802.11g通信システムを設計した上で,実際の高 …

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 2012-MBL-63(7), 1-8, 2012-08-23

    IPSJ

  • Study on Throughput Performance of MIMO Transmission in Passenger Trains Using Leaky Coaxial Cables  [in Japanese]

    KAWAI Hiroyuki , KITAO Koshiro , IMAI Tetsuro

    … (Long Term Evolution)など複数の送受信アンテナを用いたMIMO (Multiple-Input Multiple-Output)送受信を行う高速移動通信システムのサービスが次々と開始され,MIMOによるより広いエリア構築が課題となっている.本報告では漏洩同軸ケーブル(LCX)を用いたMIMOエリア構築の一検討として,線路沿線に敷設されたLCXを用いた列車内LTE MIMOスループット特性を計算機シミュレーションにより評価する.そして,列車内の移動局の位置やLCXの高さ …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 111(376), 147-152, 2012-01-18

  • A Seamless TCP Connection over High-speed Mobile Communication System Based on IEEE 802.11g  [in Japanese]

    山田 和弘 , 清水 和人 , 川原 圭博 [他] , 浅見 徹 , 相田 仁

    … 我々はWi-Fi(IEEE 802.11g)を利用した高速移動通信システムを提案している.Yamadaら(2010)では,提案手法により270km/hの高速移動時中に最大25Mbpsのスループットが得られることを示した.一方で,頻繁に発生するレイヤ2ハンドオーバ(L2HO)においてトラヒックフローが不連続となることも指摘した.本論文では最初に,L2HO時におけるTCPパフォーマンスの解析結果を示し,L2HOおよびそれに起因するTCP再送タイムアウトによ …

    情報処理学会論文誌 53(1), 251-273, 2012-01-15

    IPSJ

  • Study on Area Expansion for Cellular System using Frequencies above 5GHz : Evaluation of Number of Repeaters and System Cost depending on Frequencies  [in Japanese]

    TRAN Ngochao , ODA Yasuhiro , MARUYAMA Tamami , SHEN Jiyun , KAYAMA Hidetoshi

    … 本稿では次世代超高速移動通信システムを実現するために、広い帯域幅を確保できる可能性のある高周波数帯(5GHz帯以上)の利用を検討する.高周波数帯を利用すると、伝搬損失が極めて大きく従来のセルラーシステムと同じセル半径を構成するのは困難である.そこで、基地局の周辺に複数のAmpliかand-Forward型中継局(リピータ)を配置してエリア補完を行う場合をシミュレーションにより検討する.所要セル半径に対し、 …

    Technical report of IEICE. RCS 111(345), 195-200, 2011-12-08

    References (7)

  • A Study on Maximum SNR-Based Low Complexity QRM-MLD Algorithm for High-Mobility Wireless Communications Systems  [in Japanese]

    YOSHIDA Makoto , OZAKI Kazuyuki

    近年,限られた帯域幅で高速伝送を実現する技術としてMIMO(Multi-Input Multi-Output)多重技術が注目されており,無線LAN(IEEE802.11n),モバイルWiMAX(IEEE802.16e),及び3GPP LTE(Long Term Evolution)など様々なシステムで採用されている.MIMO多重システムでは,受信信号を分離する最ゆう検出(MLD:Maximum L …

    The IEICE transactions on communications B 94(7), 868-879, 2011-07-01

    References (21)

  • モバイルWiMAXシステムを用いた実験ネットワーク&サービスの実証実験結果  [in Japanese]

    松江 英明 , 宮澤 悟 , 七松 敏 [他]

    EMC 23(12), 75-95, 2011-04

  • 1 / 5
Page Top