Search Results 1-20 of 169

  • Distribution and source of drift pumice along the recent coast of the Japanese islands  [in Japanese]

    Hiramine Reona , Aoki Kaori , Suzuki Takehiko

    … 源の漂着軽石は日本各地の海岸から見出され,青森県の下北半島を最北端,沖縄県の西表島を最南端として確認された.特に,西表島で見出されたAT 起源の漂着軽石は,周辺の海流系を考慮すると,黒潮,黒潮続流,北赤道海流等 での漂流を経て,再度,黒潮本流に合流し,当該地域に漂着した可能性がある.また,鹿児島県奄美大島の海岸から,十和田火山起源の漂着軽石も見出されており,AT起源の軽石同様に,漂 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 238, 2020

    J-STAGE 

  • Millennial scale paleoceanographic variation during MIS 19 based on foraminiferal isotope records from the Chiba composite section  [in Japanese]

    Haneda Yuki , Okada Makoto , Kubota Yoshimi , Suganuma Yusuke

    <p></p>

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2019(0), 296, 2019

    J-STAGE 

  • Diapycnal Mixing Processes and Their Impacts Along the Kuroshio from its Upstream to the Kuroshio Extension  [in Japanese]

    Nagai Takeyoshi

    … て,北大西洋のガルフストリームと同様に,表層で貧栄養である黒潮は,その亜表層では栄養塩を下流へ運ぶ栄養塩ストリームであることが明らかとなっている.本稿では,この黒潮の上流から下流である黒潮続流で発生する重要な鉛直混合過程と,その影響について特に黒潮栄養塩ストリームからの栄養塩供給に関して考察を試みた.これまでの観測結果を再度検討・考察した結果,黒潮が浅瀬や海山上を常に流れな …

    Bulletin on Coastal Oceanography 57(1), 43-58, 2019

    J-STAGE 

  • Analysis of otolith oxygen isotope and estimation of temperature history in early life stages of the chub mackerel in the Kuroshio-Oyashio region  [in Japanese]

    Higuchi Tomihiko , Ito Shin―ichi , Ishimura Toyoho , Kamimura Yasuhiro , Shirai Kotaro , Shindo Hana , Nishida Kozue , Komatsu Kosei

    … 伊豆諸島周辺海域から黒潮続流域より採取したマサバの耳石標本について、耳石全体を用いた酸素安定同位体比(δ<sup>18</sup>O)分析を実施した。 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 265, 2019

    J-STAGE 

  • FATES AND DYNAMICAL ROLES OF PINCH-OFF MESOSCALE EDDIES FROM THE KUROSHIO EXTENSION JET ANALYZED WITH THE ARMOR3D DIAGNOSIS  [in Japanese]

    OKADA Nobue , UCHIYAMA Yusuke

    … 本沿岸の黒潮域周辺における切離中規模渦の挙動を解析した.黒潮流軸と渦の距離や相対渦度履歴を用いて,黒潮続流から切離する中規模渦およびその後黒潮に再衝突する渦を自動抽出することに成功した.切離渦の発生に対しては北太平洋規模の中期的な気候モードに対応した黒潮続流の強度や安定性の影響を強く受けること,Rossby波として西方伝播した切離渦は,黒潮に再衝突した際には黒潮 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_199-I_204, 2019

    J-STAGE 

  • Recruitment Patern of Japanese anchovy Engraulis japonicus in Sukumo Bay in the south western part of Kochi prefecture, Japan  [in Japanese]

    稲葉 太郎

    … カタクチイワシEngraulis japonicus太平洋系群は,九州から北海道に至る太平洋の沿岸から沖合の黒潮域,黒潮続流域,黒潮親潮移行域,親潮域にまで及んでおり,東経170度付近まで分布が確認されている。 …

    黒潮の資源海洋研究 = Fisheries biology and oceanography in the kuroshio (19), 47-49, 2018-03

    JASI 

  • An insight into the area characteristic of seasonal change in nitrogen isotopic ratio based on a marine nitrogen isotopic model  [in Japanese]

    Yoshikawa Chisato , Shigemitsu Masahito , Yamamoto Akitomo , Oka Akira , Ohkouchi Naohiko

    … モデルで計算した沈降粒子の窒素同位体比は、東部北太平洋、東部南太平洋、インド洋などで水柱の脱窒の影響を受けて高い窒素同位体比を示し、サルガッソ海や黒潮続流域、インド洋東部などで窒素固定の影響を受けて低い窒素同位体比を示した。 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 65(0), 22, 2018

    J-STAGE 

  • Self-organized 7~8-year period oscillations in the North Pacific subtropical gyre  [in Japanese]

    Shiratori Kenta , Yamada Yuki , Matsuura Tomonori

    … ST域での経験直交関数解析から,空間モード1は黒潮続流の流軸の南北移動のモードで,空間モード2と3はST域内を7~8年の長周期をもって西南西の方向へ伝播する傾圧ロスビー波海盆モードであることが示された。 … STおよび黒潮再循環と黒潮続流再循環の強さの7~8年周期の長周期変動は,互いにラグ相関関係のあることが分かった。 …

    Oceanography in Japan 27(2), 97-123, 2018

    J-STAGE 

  • EDDY ANALYSIS IN THE NORTH PACIFIC USING AN EDDY-TRACKING ALGORITHM  [in Japanese]

    内山 雄介 , 岡田 信瑛 , 黒澤 賢太

    … の傾圧不安定に起因する渦の発生が卓越しており,渦運動エネルギーが最も強い黒潮続流域,亜熱帯海域では,生成された中規模渦の渦径と渦度の関係は慣性不安定および渦位保存則とよく整合していた.亜熱帯海域,米国西海岸沖では,中規模渦は非分散第1モード傾圧ロスビー波として西方へ伝播するが,黒潮続流域での伝播特性は複雑であり,黒潮による東進成分を含めた多方向への伝播が混 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 73(2), I_1429-I_1434, 2017-10-17

    IR 

  • Analytical studies on variabilities in the surface ocean in the western part of the North Pacific subtropics  [in Japanese]

    Sugimoto Shusaku

    … 一連の研究を通して,(1) 冬季海面水温偏差再出現現象の三次元構造の理解,(2) 北太平洋中央部に存在するアリューシャン低気圧の南北位置変化に起因した傾圧海洋ロスビー波が北太平洋亜熱帯モード水の形成量や日本南方での黒潮流量・北太平洋中層水分布に及ぼす影響の評価,(3) 黒潮続流の流路形態変動の解釈,(4) 黒潮・親潮混合水域での大気海洋間熱交換関係における海洋表層の役割の解明などを行ってきた。 …

    Oceanography in Japan 26(2), 45-61, 2017

    J-STAGE 

  • A brief review of vertical mixing observations at mixing hotspots in the North Pacific  [in Japanese]

    Tanaka Takahiro

    … 本総説では,北太平洋の乱流ホットスポットとして,ハワイ海域,伊豆・小笠原海域,黒潮・黒潮続流域,東シナ海,ルソン海峡・南シナ海,千島海域,親潮・混合水域,アリューシャン海域,ストームトラック域,赤道域,インドネシア多島海域に注目し,各海域での鉛直混合強度や鉛直混合強化過程についての観測的知見を概説する。 …

    Oceanography in Japan 26(5), 151-174, 2017

    J-STAGE 

  • EDDY ANALYSIS IN THE NORTH PACIFIC USING AN EDDY-TRACKING ALGORITHM  [in Japanese]

    UCHIYAMA Yusuke , OKADA Nobue , KUROSAWA Kenta

    … の傾圧不安定に起因する渦の発生が卓越しており,渦運動エネルギーが最も強い黒潮続流域,亜熱帯海域では,生成された中規模渦の渦径と渦度の関係は慣性不安定および渦位保存則とよく整合していた.亜熱帯海域,米国西海岸沖では,中規模渦は非分散第1モード傾圧ロスビー波として西方へ伝播するが,黒潮続流域での伝播特性は複雑であり,黒潮による東進成分を含めた多方向への伝播が混 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1429-I_1434, 2017

    J-STAGE 

  • Spreading of Fukushima-derived Radiocesium in the Western North Pacific Ocean by the End of 2014  [in Japanese]

    KUMAMOTO Yuichiro , AOYAMA Michio , HAMAJIMA Yasunori , NAGAI Hisao , YAMAGATA Takeyasu , MURATA Akihiko

    … 故によって放出された放射性セシウムが,2014年末までの約4年間にどのように北太平洋に広がっていったのかについて,著者らが得た最新の観測結果も含めてレビューした.日本列島南方を東向する黒潮・黒潮続流に由来する黒潮フロントの北側,すなわち混合海域及び亜寒帯域に大気沈着または直接流出した放射性セシウムは,東向きに流れる北太平洋海流に沿って深度約200 m程度までの海洋表層中を,日本近海から …

    BUNSEKI KAGAKU 66(3), 137-148, 2017

    J-STAGE 

  • Link between the interannual variability in the Kuroshio-Oyashio layered structure and the chlorophyll-a concentrations in the Kuroshio Extension during spring  [in Japanese]

    西川 悠 , 碓氷 典久 , 蒲地 政文 , 田中 裕介 , 石川 洋一

    海の研究 25(5), 133-144, 2016-09

  • Variations in the Kuroshio-Oyashio Extension region around 1970 in an ocean GCM  [in Japanese]

    野中 正見 , 田口 文明 , 佐々木 英治

    月刊地球 = Chikyu monthly : カラー版 38(9), 540-549, 2016-09

  • Theoretical and analytical study for western boundary currents and their extensions  [in Japanese]

    佐々木 克徳 , Yoshi N. Sasaki , 北海道大学大学院理学研究院 , Graduate School of Science Hokkaido University

    … 本稿ではその西岸境界流の中で黒潮続流域,メキシコ湾流域,および南太平洋亜熱帯循環域における十年スケール変動とそのメカニズムについての研究成果を紹介する。 … 黒潮続流の十年スケール変動のメカニズムとして,ジェットに沿って西方伝播するjet-trappedロスビー波を提案し,このロスビー波により西方伝播するシグナルの速度や十年スケール変動の空間構造,振幅が良く説明されることを示す。 …

    海の研究 25(1), 1-16, 2016-01

  • DRIFTING BUOY OBSERVATION RELEASED OFF THE COAST OF THE TOHOKU REGION OF THE PACIFIC OCEAN IN THE FALL OF 2014: LEEWAY EFFECT  [in Japanese]

    SHIMADA Yoichi , KODAMA Takuya

    … 風圧流の影響を受けやすい漂流ブイを東北地方太平洋沖合から放流しその挙動特性を調べた.漂流ブイは南下し続け,茨城県遠方沖に位置する海山と黒潮で形成された高気圧性渦によって回転し,黒潮及び黒潮続流によって東へ蛇行し,シャツキー海台の西側にて20日程度停滞する.その後,漂流ブイは東へ蛇行して天皇海山列の1つ欽明海山(北緯35度辺り)を通過後,海山の間を通るように南へ蛇行する.同海域にお …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_475-I_480, 2016

    J-STAGE 

  • BIOGEOCHEMICAL RESPONSES TO MESOSCALE OCEANIC VARIABILITY IN THE KUROSHIO REGION ANALYZED WITH A ROMS-NPZD MODEL  [in Japanese]

    UCHIYAMA Yusuke , SUZUE Yota , YAMAZAKI Hidekatsu

    … が,流軸北側の沿岸域では低気圧性中規模渦による局所的な湧昇によって一次生産が活発に起こるのに対して,表層渦運動エネルギーがより強い黒潮流軸周辺では渦輸送によって栄養塩が表層から下方へ輸送され,表層での一次生産が抑制される.黒潮続流域(房総半島沖)の表層では下方への栄養塩渦輸送は見られず,黒潮域と黒潮続流域では低次生産への中規模渦の影響は大きく異なっている. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_1369-I_1374, 2016

    J-STAGE 

  • 房総周辺海域で漁獲されるカタクチイワシの加入パターン  [in Japanese]

    長谷川 淳

    … また,近年実施されている黒潮続流域,黒潮親潮移行域,親潮域における資源量調査結果((独)水産総合研究センター)から,卵稚仔が春夏季に黒潮続流域に輸送され,黒潮親潮移行域を経て秋季に親潮域で成育する加入過程と,各地沿岸域で夏秋季に発生しそのまま沿岸域で成育する加入過程が考えられており,それらが房総周辺海域に来遊すると考えられている(久保田2012)。 …

    黒潮の資源海洋研究 = Fisheries biology and oceanography in the Kuroshio (16), 43-46, 2015-03

    JASI 

  • Physical Mechanisms to Fertilize the Kuroshio  [in Japanese]

    Nagai Takeyoshi

    … 徴づけられる黒潮にどの様に栄養塩を供給し得るのか定量的に調査することを目的とし,数値実験と現場観測を実施している.現場観測の結果,黒潮の北側にある低塩分で比較的硝酸塩濃度の高い海水が,黒潮続流域北縁でサブダクションしていることが判り,これらの等密度面に沿ったオブダクションやサブダクションが栄養塩を黒潮に供給する契機となる可能性が示された.また,この時の風向きは,平均して黒潮 …

    Bulletin on Coastal Oceanography 53(1), 11-14, 2015

    J-STAGE 

Page Top