Search Results 1-15 of 15

  • Regulation of electrophilic stress by reactive sulfur species  [in Japanese]

    IHARA Hideshi

    … 我々は、MeHg毒性が、神経型一酸化窒素合成酵素(nNOS)により増悪され、nNOS由来のNO、活性酸素種に依存して産生される親電子性レドックスシグナル二次分子8-ニトログアノシン- 3',5'-環状一リン酸( 8-ニトロ-cGMP)により媒介されることを明らかにした。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), S4-2, 2020

    J-STAGE 

  • Exposure to methylmercury impairs reactive persulfide-dependent redox signaling in neuronal cells  [in Japanese]

    IHARA Hideshi , KITAMURA Atsushi , KASAMATSU Shingo , IDA Tomoaki , NISHIDA Motohiro , SAWA Tomohiro , KUMAGAI Yoshito , AKAIKE Takaaki

    … 我々は、MeHg毒性が、神経型一酸化窒素合成酵素(nNOS)により増悪され、親電子性レドックスシグナル二次分子である8-ニトロ-cGMPにより媒介されることを明らかにした。 … 8-ニトロ-cGMP の産生は、蛍光免疫染色、LC-ESI-MS/MSを用いて解析した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 45.1(0), P-260, 2018

    J-STAGE 

  • Redox regulation of calcium signaling  [in Japanese]

    WATANABE Yasuo

    … 一方、システインのチオール基側鎖にイオウ原子が繋がったポリスルフィド化システインなどの活性イオウ分子は、外因性親電子物質であるメチル水銀の代謝(解毒)や内因性親電子物質である8-ニトロ-cGMPの代謝のような細胞のレドックス恒常性の維持に重要な生理活性物質である。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 44.1(0), S10-5, 2017

    J-STAGE 

  • Crosstalk between endogenous electrophile-signaling and reactive sulfur species; Novel insights into environmental toxicology  [in Japanese]

    IHARA Hideshi

    … 親電子シグナルの二次分子として同定された8-ニトロ-cGMPは、レドックスセンサータンパク質のシステイン残基のチオール基を親電子修飾(S-グアニル化)することにより、親電子シグナルを活性化させ、細胞毒性が惹起される。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 44.1(0), S10-4, 2017

    J-STAGE 

  • レドックスシグナルの活性イオウ分子制御  [in Japanese]

    KASAMATSU Shingo , MORITA Masanobu , AKAIKE Takaaki

    活性酸素種(ROS)は、非特異的化学修飾をもたらす毒性因子としての側面の他に、生理的な細胞内シグナル(レドックスシグナル)分子としての機能を持つ。ROS・レドックスシグナルはその下流で生じる親電子物質を介して巧妙に制御されている。最近、新規レドックスシグナル制御因子として活性イオウ分子種が同定された。活性イオウ分子種によるレドックスシグナル制御機構の解析は、酸化ストレスの関わる疾病の新規予防・治療 …

    Farumashia 53(3), 210-214, 2017

    J-STAGE 

  • Oxidative stress signaling and 8-nitro-cGMP-mediated antibacterial host defense  [in Japanese]

    笠松 真吾 , 藤井 重元 , 赤池 孝章

    医学のあゆみ 259(5), 397-401, 2016-10-29

    Ichushi Web 

  • Regulatory mechanism of cytotoxicity by reactive sulfur species  [in Japanese]

    Ihara Hideshi

    … 電子性毒物とイオウ付加反応,二量体形成反応することで,毒物の親電子性を減弱させ解毒している.さらに,活性イオウ分子は,8-ニトロ-cGMPのような内在性の親電子性セカンドメッセンジャーと反応し,イオウ付加体(8-メルカプト-cGMP)を形成することによって親電子シグナルを調節し,その下流にある細胞毒性の制御を行っている. …

    Folia Pharmacologica Japonica 147(5), 290-293, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Re-emerging reactive sulfur-containing compounds and their unique biological functions  [in Japanese]

    Ida Tomoaki , Matsunaga Tetsuro , Fujii Shigemoto , Sawa Tomohiro , Akaike Takaaki

    … 内でROSと一酸化窒素の二次メッセンジャーである親電子物質8-ニトロ-cGMPの代謝にcystathionine β-synthase(CBS),cystathionine γ-lyase(CSE)が深く関わることを報告した.しかしながら,その代謝機構については未だ不明な点が多く残っていた.そこで,8-ニトロ-cGMPを代謝する真の活性分子種の同定に向けて,質量分析装置(L …

    Folia Pharmacologica Japonica 147(5), 278-284, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 活性イオウ分子による酸化・ニトロ化ストレス制御 (特集 呼吸器疾患の分子病態に迫る)  [in Japanese]

    笠松 真吾 , 井田 智章 , 藤井 重元 [他]

    Respiratory medical research 3(2), 70-75, 2015-04

    Ichushi Web 

  • The phase zero reaction: Reactive sulfur species responsible for inactivation of electrophiles  [in Japanese]

    KUMAGAI Yoshito

    … 同様の反応は内因性親電子物質(8-ニトロ-cGMPニトロ化脂肪酸等)でも観察されることから、生体が本来有していた防御反応は異物に対しても適用されていることが考えられた。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 42.1(0), S11-4, 2015

    J-STAGE 

  • Protein S-polythiolation: Unique oxidative stress regulation system  [in Japanese]

    AKAIKE Takaaki

    … 一方我々は、活性酸素シグナルのセカンドメッセンジャーである8-ニトロ-cGMPの代謝制御に、システインイオウ付加体であるシステインパースルフィド(過イオウ化システイン)などの新規イオウ代謝物が深く関わることを見出した(Nature Chem. …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 41.1(0), S12-4, 2014

    J-STAGE 

  • Redox metaboromics  [in Japanese]

    居原 秀

    医学のあゆみ 247(9), 832-838, 2013-11-30

    Ichushi Web 

  • Oxidative stress and autophagy  [in Japanese]

    藤井 重元 , 有本 博一

    医学のあゆみ 247(9), 781-785, 2013-11-30

    Ichushi Web 

  • New paradigm of host defense against intracellular pathogens by nitric oxide  [in Japanese]

    AKAIKE Takaaki , OKAMOTO Tatsuya , ZAKI Md Hasan , FUJII Shigemoto , SAWA Tomohiro

    … We recently discovered a nitrated cyclic nucleotide, 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate (8-nitro-cGMP), which is formed via NO possibly with reactive oxygen species. … We observed strong immunoreactivity for 8-nitro-cGMP in Salmonella -infected wild-type mouse liver and peritoneal macrophages in culture but not in iNOS<sup>-/-</sup> … cells were treated with 8-nitro-cGMP. …

    JAPANESE JOURNAL OF LEPROSY 78(1), 41-47, 2009-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • Antimicrobial signaling mediated by reactive oxygen species and NO  [in Japanese]

    岡本 竜哉 , 澤 智裕 , 藤井 重元 [他]

    The Cell 41(2), 51-55, 2009-02

Page Top