Search Results 1-20 of 1275

  • Intrarater reliability of hand-held dynamometry for measuring ankle dorsiflexion strength in sitting posture  [in Japanese]

    稲垣 優 , 木内 隆裕

    … 結果:体位と足趾肢位ごとにICC(1,1)を計算した結果、長座位-足趾伸展位では0.74(95%信頼区間:0.28 〜0.93)、長座位- 屈曲位では0.56(-0.02 〜0.87)、端座位- 足趾伸展位では0.75(0.29 〜0.93)、端座位- 屈曲位では0.77(0.34 〜0.94)であった。 …

    森ノ宮医療大学紀要 = Bulletin of Morinomiya University of Medical Sciences (13), 15-22, 2019-03-20

    IR

  • A Study on Detection of Symptoms of Dementia based on EEG in Oddball Paradigm  [in Japanese]

    三輪 晃暉 , 吉川 大弘 , 古橋 武 , 寳珠山 稔 , 牧野 多恵子 , 柳川 まどか , 鈴木 裕介 , 梅垣 宏行 , 葛谷 雅文

    … 幅・正接,課題の難易度,α波パワー,β/α,年齢,教育歴,を説明変数とする重回帰式を同定する.P300頂点正接は本研究が初めて導入する変数である.説明変数選択には変数増減法を適用した.結果として,説明変数にはP300頂点潜時,P300頂点正接,課題の難易度,α波パワー,年齢,教育歴の6変数が有意な変数として選択された.得られた回帰式のMMSEスコア推定値の95%信頼区間は±3.12であった. …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 12(1), 1-10, 2019-03-15

    IPSJ

  • Questionnaire survey on the implementation of computed tomography colonography for patients with a positive fecal occult blood test  [in Japanese]

    MAJIMA Kenichiro , MURAKI Yosuke

    … プライマリアウトカムとした実施体制の結果は, 「可能」と「おおむね可能」をあわせて42%(50/120, 95信頼区間33-51%)で, 過半数以上が実施困難な状況にあった。 …

    Nihon Shoukaki Gan Kenshin Gakkai zasshi 57(2), 163-169, 2019

    J-STAGE

  • Automatic detection of erosions and ulcerations in wireless capsule endoscopy images based on a deep convolutional neural network<sup> 1)</sup>.  [in Japanese]

    岡 志郎 , 山田 篤生

    … 瘍である確率)のカットオフ値の選定にYouden Indexを採用した.</p><p>【結果】学習したCNNは,10,440枚の検証用画像の読影に233秒を要した(44.8枚/秒).びらん・潰瘍検出のAUCは0.958(95信頼区間 0.947-0.968)であった.確度のカットオフ値を0.481とした際の感度,特異度,正確度は各々88%,91%,91%であった.読影医が正常小腸と判断していた10,000画像のうち3画像に対してCNNが …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 61(3), 330-330, 2019

    J-STAGE

  • Relationships Between Chronic Musculoskeletal Pain and Working Hours and Sleeping Hours: A Cross-sectional Study

    ANDO Hajime , KAWATSU Yuichiro , OGAMI Akira , IKEGAMI Kazunori , SUGANO Ryosuke , NOZAWA Hiroki , MICHII Satoshi , SHIRASAKA Taiki , KONDO Miho , IMOTO Hitomi , SHIMA Azusa

    … で解析を行ったところ,労働時間が9時間未満・睡眠時間7時間以上群と比較して,労働時間9時間以上・睡眠時間7時間未満群では2.02倍(95%信頼区間:1.46-2.78),労働時間9時間以上・睡眠時間7時間以上群では1.47倍(95%信頼区間:0.94-2.30),筋骨格系慢性疼痛が多かった.筋骨格系慢性疼痛は労働時間が長い場合でも十分な睡眠時間を確保することで発症を減ら …

    Journal of UOEH 41(1), 25-33, 2019

    J-STAGE

  • Families with favorable self-perceived health despite their low subjective economic status and the characteristics of their mealtimes  [in Japanese]

    SAKAMOTO Tatsuaki , YOSHIMURA Eiichi

    … あり方,主観的健康感が好ましくない人が多かった.暮らし向きにゆとりがないと答えた人においては,共食頻度は主観的健康感と関連がなく,会話がはずんでいること(調整オッズ比:1.76,95信頼区間:1.07-2.89)が主観的健康感の良好さと関連していた.</p><p>結論:食事をする時に会話がはずんでいることは,暮らし向きのゆとりがなくとも主観的健康感が良好な人における家族との …

    Japanese Journal of Health Education and Promotion 27(1), 43-51, 2019

    J-STAGE

  • Association between time-appropriate vaccinations in early childhood and individual and community-level factors in Japan  [in Japanese]

    OSAWA Eri , AKIYAMA Yuka , SHINOHARA Ryoji , OJIMA Toshiyuki , IMAMURA Haruhiko , ASAKURA Keiko , NISHIWAKI Yuji , OOKA Tadao , YAMAGATA Zentaro

    … かかりつけ医がいない(オッズ比[95%信頼区間],0.45[0.36-0.55]),第2子以降(第4子以降で0.23[0.19-0.28]等),母親の出産時年齢が29歳以下(19歳以下で0.17[0.13-0.24]等),母親が就労(常勤で0.52[0.47-0.58]等),経済状況が苦しい(大変苦しいで0.66[0.57-0.77]等)者では,適切な時期に予防接種行動をとる者が少なかった。 …

    Nihon Koshu Eisei Zasshi(JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH) 66(2), 67-75, 2019

    J-STAGE

  • A Study of Factors in Time to Extubation, Especially the Type of Volatile Anesthetic and the Proficiency of the Anesthesiologist  [in Japanese]

    FUKUSHIMA Toko , SHIBUYA Yuka , KOBAYASHI Hidetsugu , NISHIKAWA Masako , SHOJI Kazuhiro

    … 方が早く覚醒するといわれるが,実臨床では吸入麻酔の種類より麻酔科医の熟練度の方が影響を与えている可能性がある.本研究の多変量解析の結果,抜管までの時間はDES使用より(HR 1.17,[95信頼区間 1.01-1.34],p=0.04),麻酔科医の熟練度の方が強く関連していた(研修医+指導医;参照,卒後6-9年;HR 1.59,[1.24-2.05,p<0.001],卒後10年;HR 1.53,[1.20-1.97,p=0.001]).抜管までの時間はD …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 39(1), 1-8, 2019

    J-STAGE

  • Association between the Numbers of Dentists/Dental Hygienists Working in Dental Clinics and Their Service Contents -From the Survey on the Cooperation of Dentistry Medical Function in Niigata-  [in Japanese]

    MINAGAWA Kumiko , YOSHIHARA Akihiro , SATO Misuzu , ARAI Setsuo , SEIDA Yoshikazu , MIYAZAKI Hideo

    … その結果,歯科衛生士数のみと関連がみられたのは在宅歯科医療サービス,施設への歯科訪問診療,訪問歯科衛生指導,障害者への対応(それぞれ調整済オッズ比〔95信頼区間〕=1.12〔1.03–1.23〕,1.11〔1.01–1.23〕,1.31〔1.16–1.47〕,1.27〔1.16–1.40〕)であった.一方,摂食嚥下指導への対応については歯科医師数(1.24〔1.04–1.48〕)とのみ関連がみられた.</p><p> …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 69(1), 10-18, 2019

    J-STAGE

  • TUMOR INVASION TO THE ARTERIES FEEDING THE GALLBLADDER AS A NOVEL RISK FACTOR FOR CHOLECYSTITIS AFTER METALLIC STENT PLACEMENT IN DISTAL MALIGNANT BILIARY OBSTRUCTION  [in Japanese]

    SOGABE Yuko , MATSUMOTO Shimpei , MATSUMOTO Astushi , MORI Yoshiharu , ONO Chikage , NISHIDA Miyu , NISHIDA Yoshihiro , MIKAMI Takao , MATSUNAGA Yasuhiro , MIYAMOTO Yukiko , KITAMI Motoya , KODAMA Yuzo , NISHIKAWA Koji , KONDO Masahiko , MIYAKE Naoki , KAWANAMI Chiharu , SENO Hiroshi , HONJO Hajime , AOYAMA Ikuo , MURAMOTO Yuya , KOGA Eri , YANAIDANI Takafumi , KAWAI Munenori , YOSHIKAWA Teppei

    … 多変量解析ではこれらふたつの因子が有意かつ独立した危険因子であることが示された(胆嚢栄養動脈腫瘍浸潤:オッズ比 22.13;95信頼区間 3.57-137.18;<i>P</i>=0.001,胆嚢管合流部腫瘍浸潤:オッズ比 25.26;95信頼区間 4.12-154.98;<i>P</i><0.001).</p><p>【結語】 胆嚢管合流部への腫瘍浸潤に加え,胆嚢栄養動脈への腫瘍浸潤がSEM …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 61(1), 71-80, 2019

    J-STAGE

  • Endoscopic Screening in Asian Countries Is Associated With Reduced Gastric Cancer Mortality: A Meta-analysis and Systematic Review<sup> 1)</sup>.  [in Japanese]

    貝瀬 満

    … を抽出した.評価する効果見積りは相対リスク(RR)であり,RRと95信頼区間(CI)を組み合わせるためにランダム効果モデルを使用した.</p><p>【結果】最終解析にはアジアからの342,013人を含む6つのコホート研究と4つのコホート内症例対照研究が含まれていた,対象6研究を統合した結果(RR,0.60;95%CI,0.49-0.73)は,内視鏡的スクリーニングが胃癌死亡率の40% …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 61(1), 89-89, 2019

    J-STAGE

  • EFFECT OF ADDING RIGHT COLON RETROFLEXION TO ONE FORWARD-VIEW EXAMINATION DURING COLONOSCOPY COMPARED WITH TWO FORWARD-VIEW EXAMINATIONS: A SYSTEMATIC REVIEW AND META-ANALYSIS  [in Japanese]

    MAJIMA Kenichiro , HIRATA Nobuto , MURAKI Yosuke

    … を行った.エビデンスの質の評価をGRADEシステムを用いて行った.</p><p>【結果】適格基準を満たす研究は2本のみであった.右側大腸で追加発見された腺腫割合の発見リスク比は0.76(95信頼区間0.55-1.05, P=0.10)であり,反転群で追加発見が少ない傾向を認めたが有意差はなかった.エビデンスの質は低かった.</p><p>【結論】右側大腸反転効果に対するエビデンスは極めて少なく …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 61(1), 25-35, 2019

    J-STAGE

  • Retrospective analysis of positive blood cultures in patients in the emergency department  [in Japanese]

    OMOTE Sumire , AKIBA Yoko , KAJIWARA Yuki , SATO Shouichi

    … Cr)が有意に関与しており,これらを総合した予測値に対するreceiver operating characteristic(ROC)曲線下面積は0.79(95%信頼区間:0.74–0.84)であった。 …

    Japanese Journal of Medical Technology 68(1), 26-32, 2019

    J-STAGE Ichushi Web

  • Association between the Perception of Hilly Environment and Active Transportation among Older Adults Living in Sloping Land  [in Japanese]

    原田 和弘 , 増本 康平 , 片桐 恵子 , 福沢 愛 , 長ヶ原 誠 , 近藤 徳彦 , 岡田 修一

    … ポアソン回帰分析の結果,坂道を否定的に認識している者(調整有病割合比=0.64,95信頼区間=0.42-0.96)は,否定的に認識していない者よりも,活動的な移動習慣を有していない傾向にあった。 …

    Research in exercise epidemiology = 運動疫学研究 20(1), 16-25, 2018-03

    IR Ichushi Web

  • Characteristics of Hyoid Bone Movement during Swallowing in Patients with Severe Motor and Intellectual Disabilities: A Comparison with Healthy Adults  [in Japanese]

    NAKAMURA Tatsuya , KITA Yosuke , FUJIMOTO Junpei , KAI Tomoko , INADA Minoru , AYUZAWA Koichi , OZAWA Hiroshi

    … 距離,移動軌跡,下顎 ―舌骨間距離を測定した.さらに,舌骨移動時間を各対象者について共通の時間単位に線形変換後,舌骨運動を挙上相と前進相の段階に分けた.そして,健常群の平均値95%信頼区間下限値を基準値とし,挙上相で基準値を下回った者を挙上相後退群,前進相で下回った者を前進相停滞群と群分けし,評価結果を一元配置分散分析で群間比較した.【結果および考察】挙上相後 …

    The Japanese Journal of Dysphagia Rehabilitation 22(3), 205-213, 2018

    J-STAGE

  • Effects of Official Development Assistance and Economic Growth on Universal Access to Basic Drinking Water Services for Sustainable Development Goals  [in Japanese]

    MATSUBARA Koichi , HASHIMOTO Takashi , OGUMA Kumiko , TAKIZAWA Satoshi

    … 改善は一人当りGDP,HDI と正の相関がある一方,経済発展のみでなくODAの効果が大きい可能性が示された.MDGs における改善人口あたりの水供給施設へのODA投資額(CAPEX)は17カ国平均で365 USD/人(95%信頼区間で148-931 USD/人)と推定され,投資効率をこれと同程度と仮定すると,2030年に全人口が基本的な水供給にアクセスできるための必要投資額は年平均48.7億USDとなり,より多くの投資の必要性が示唆さ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 74(7), III_133-III_142, 2018

    J-STAGE

  • Situation of Locomotive Syndrome in Japanese Young and Middle-aged Workers: Analysis Including Mental Health Status  [in Japanese]

    Wakimoto Toshihiro , Saito Tatsuya , Monri Tomomi , Inoue Masako , Matsumura Yuri , Yamanaka Yoshiyuki , Fujimoto Souhati , Takao Toshihiro

    … ロコモ25により判定された.ロコモ該当の有無を目的変数としたロジスティック回帰分析の結果,精神的健康度の指標であるWHO-5得点が独立した要因として採択された(オッズ比:0.866,オッズ比95%信頼区間: 0.767-0.979,p<0.05).またWHO-5を目的変数とした重回帰分析の結果,「睡眠で十分休養がとれているか」(偏回帰係数:0.504,t値:5.009,p<0.001),と「運動習慣があるか」(偏回帰係数:0.294 …

    Official Journal of Japan Society of Ningen Dock 33(4), 602-608, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

  • Evaluation of Questionnaire Items Useful for Visual Impairment Detection in a Primary Eye Checkup for 3-year-old Children  [in Japanese]

    Tamura Shogo , Uchikawa Yoshikazu , Okano Mayumi , Shin Onituka , Nakata Yoshiko

    … 」が眼位異常(p<0.01、オッズ比:191.86、95信頼区間:41.58-885.22)および屈折異常(p=0.02、オッズ比:6.54、95信頼区間:1.30-32.78)と有意に関連した。 … 」が視力障害と有意に関連した(p<0.01、オッズ比:4.38、95信頼区間:1.55-12.37)。 …

    JAPANESE ORTHOPTIC JOURNAL 47(0), 161-166, 2018

    J-STAGE

  • Significance of prognostic nutritional index (PNI) before esophagectomy for esophageal squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Ogura Masaharu , Matsui Junichi

    … には,関連は認めなかった.一方,長期予後では,低PNI群において,全生存期間は有意に不良(p<0.01)であった.多変量解析では,全生存期間において,リンパ節転移とともに低PNI(HR 2.58,95信頼区間1.108‐5.995,p=0.028)が,独立した予後不良因子であった.【結語】術前PNIは,全生存期間において独立した予後因子であり,全生存期間に寄与する可能性が示唆された.栄養状態のみならず, …

    The Japanese Journal of SURGICAL METABOLISM and NUTRITION 52(6), 325-332, 2018

    J-STAGE

  • Clinical Factors Influencing the Efficacy of the Treatment of Infections due to ESBL-producing Bacteria  [in Japanese]

    TAKUMA Akitoshi , MAEDA Masayuki , KAWASHIMA Ayumu , WATANABE Hirotaka , NAKAMURA Hisako , FUKUOKA Emi , HASHIMOTO Hiroko , KIMURA Satoshi , MINEMURA Atsuko

    … 群において尿路感染症とカルバペネム系薬の投与が有意に多く,呼吸器感染症が有意に少なかった.多変量解析ではカルバペネム系薬の投与が有効性に関連する因子であった(オッズ比:3.73,95%信頼区間:1.34-10.35,p=0.012).</p><p>広域スペクトルをもつカルバペネム系薬は,基礎疾患やフォーカスを選ばず安定した治療効果が期待できる.ESBL産生菌による感染症が疑われる場合には,第 …

    Japanese Journal of Infection Prevention and Control 33(4), 130-135, 2018

    J-STAGE Ichushi Web

Page Top