Search Results 1-20 of 134

  • Support for reflection of information gathering behavior using Web browsing history  [in Japanese]

    SATO Chihiro , TAKAKU Masao

    <p> ライフログの蓄積・活用に役立つ技術が進歩する中、Web ページ閲覧履歴をライフログとして活用するアプリケーションはさほど普及していない。本研究の目的はWeb ページ閲覧履歴を用いた情報収集行動の振り返り支援を提案し、Web ページ閲覧履歴のライフログとしての価値を高めることである。そのためにWeb ページ閲覧履歴を用いたWeb ページの内容と閲覧過程の提示による情報収集行動の可 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 30(2), 220-229, 2020

    J-STAGE 

  • Issue Analysis of Election using News Browsing Behavior  [in Japanese]

    KURIMOTO Shintaro , SEKI Yoshifumi

    <p>争点は選挙における有権者の意思決定において重要な役割を果たすが,有権者の関心との間にズレが生じることが指摘されている.有権者の関心を探るこれまでの研究では,アンケートやSNSによって明示的に表明された意見を用いており,彼らの関心を正確に反映していない可能性がある.そこで本研究では,選挙における争点という切り口でユーザーの関心を明らかにすることを目的として,ニュースキュレーションサ …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 1L5GS502-1L5GS502, 2020

    J-STAGE 

  • An Analytical Model of the Customer Purchase Factor Based on Conditional VAE Learned of Web Browsing Data  [in Japanese]

    KAWAKAMI Tatsuya , SAKAI Yuta , YAMASHITA Haruka , GOTO Masayuki

    <p>膨大なページ閲覧履歴データが取得可能なECサイトでは,それらの豊富なデータを活用して購買に至るセッションと至らないセッションの間の差異を発見し,有効なマーケティング施策に結び付けることが期待されている.従来,閲覧行動と購買の関係性の分析手法としては,ユーザの閲覧履歴を入力し,購買の有無を予測する分類モデルを適用することが多い.これにより,両セッションの全体的な閲覧行動の差異を分析 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 1I3GS204-1I3GS204, 2020

    J-STAGE 

  • Information Retrieval Education Focusing on Ability to Read Attributes of Sites: The Influence of Instructions during Browsing on Retrieval Behaviors  [in Japanese]

    OHTSU Kayoko , UEKI Yusuke , TANAKA Masatsugu , SAKAWAKI Takako

    <p>本研究の最終目標は,情報検索に未習熟な大学生を対象とした,効果的な教育方法と学習用アプリケーション開発である.学習プロセスとしては,サイトの種類や掲載情報に関する一般的知識に注目し,検索経験を通じて検索者が持つそれらの知識を蓄積させることに重点を置いている.本稿では,最終目標へ向けた第一歩として,検索結果読解,閲覧サイト選択及びページ閲覧過程を対象に,サイト属性(サイトの種類と掲 …

    Japan Journal of Educational Technology 43(4), 325-338, 2020

    J-STAGE 

  • Effectiveness in avoidance response of the mottled spinefoot Siganus fuscescens to strobe light flashing on seaweed browsing  [in Japanese]

    野田 幹雄 , 米田 実由 , 村瀬 昇

    これまで点滅閃光に対する魚類の嫌忌反応を調べた報告は,点滅閃光の影響のある場を回避するかどうかという実験設定であり,餌という誘引刺激を上回る嫌忌反応を引き起こすことが点滅閃光で可能かどうかという条件での実験ではなかった。仮に点滅閃光を避ける行動的な傾向があるとしても,餌に誘引される条件下でも同様に点滅閃光を避けるかどうかは不明である。磯焼けあるいは藻場の衰退が進行しつつある水域では,植食性魚類は餌 …

    水産大学校研究報告 67(4), 253-261, 2019-03

    IR  JASI 

  • Does oral stereotypy in captive giraffes decrease by feeding them evergreens and barks in winter?

    OKABE Kota , KAWAMURA Ayumi , FUKUIZUMI Hiroki , ISHIUCHI Kotone , KASE Chihiro

    <p>近年、動物福祉の観点から飼育動物の環境の改善が多くの動物園で行われている。特にキリンでは、口の常同行動の減少のために複数の採食エンリッチメントの実施が行われている。先行研究では、複数の給餌器の設置や乾草の給餌量の変更、樹木給餌の実施が常同行動の減少に効果があったとされている。しかし、樹木給餌は冬季の実施が困難であり、冬季においてはその効果も明らかとはなっていなかった。そこで今回、 …

    Animal Behaviour and Management 55(4), 165-173, 2019

    J-STAGE 

  • <b>Analytical Model of Customer Purchase Behavior Considering Page Transitions on EC Site</b>

    Hotoda M , Mizuochi H , Kumoi G , Goto M

    … Therefore, constructing a binary classification model with browsing paths is considered here to obtain some findings for an effective Web marketing strategy. … This model learns the customers' browsing history data with their purchase and non-purchase labels that are accumulated on an EC site. … To model customers' page transition behaviors, N-gram and mutual information are introduced to select features from browsing history data. …

    Total Quality Science 5(1), 23-33, 2019

    J-STAGE 

  • <b>An Analytical Model of Relation between Browsing and Entry Activities on an Internet Portal Site for Job-hunting</b>

    Sugiyama Yuuki , Arai Takumi , Yang Tianxiang , Ogihara Tairiku , Goto Masayuki

    … On the other hand, student users can gauge corporate attractiveness by browsing individual company pages on a job-hunting site and can make entries to companies of interest. … Therefore, a large amount of their behavior history data is accumulated on the site. …

    Total Quality Science 4(3), 109-118, 2019

    J-STAGE 

  • Development of an Adaptive Street View that Selects Panoramic Images Based on User Browsing Behavior  [in Japanese]

    SATOGATA Riki , TAKIGUCHI Keisuke , FUKUCHI Yosuke , IMAI Michita

    <p>ストリートビューを用いることで,平面の地図では得られない景観情報を得ることができる. しかし,パノラマ画像の配置間隔が粗いことによって,ユーザが見たい場所が見づらくなる問題に対処する必要がある. 本研究では,ユーザの地点への興味の大きさに比例するようにパノラマ画像データを表示する適応型ストリートビューを作ることを目的として, ストリートビューに内のユーザ操作から推定した興味度に基 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 1O2J1202-1O2J1202, 2019

    J-STAGE 

  • Web-Site Access Analysis for Kagoshima University's School of Health Sciences  [in Japanese]

    福留 清博 , 山口 さおり , 李 慧瑛 , 井上 尚美 , 森 隆子 , 松田 史代 , 吉満 孝二 , 柳田 信彦 , 赤崎 安昭

    要旨 2016年4月に公開した保健学科ホームページではレスポンシブWebデザインを採用しPCはもちろんのことスマートフォンでも見易く表示できるようになった。しかし,保健学科ホームページの場合,教員から対象者に伝えたいことを想定して記事を作成しているに過ぎず,実際のところ,誰が何の目的でホームページを閲覧しているかはっきりしていない。多くの人に閲覧してもらうために工夫すべき点はないか,閲覧者のアクセ …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 28(1), 69-75, 2018-03-31

    IR 

  • Collection of Browsing History and Visualization of Behavior in Investigative Learning  [in Japanese]

    古賀 隆行 , 堀越 泉 , 田村 恭久

    JSiSE研究会研究報告 32(5), 37-42, 2018-01

  • Research for Analysis Estimation of Purchase Using Consumption Behavior Analysis on EC Sites  [in Japanese]

    TOYAMA Akira , NAKAMURA Kenji , TANAKA Shigenori , FUJIMOTO Yuki

    <p>電子商取引サイトの市場規模は年々拡大しており,同時にECサイトの数も年々増加している.このような状況において,ユーザがどのような商品や情報に興味や関心を示しているのかを分析し,マーケティングを行うことが重要となっている.特定の商品に対する興味や関心は閲覧回数や閲覧時間と相関があるとされ,それらに基づき,分析が行われている.しかし,実際にはページごとに内容も異なるため,閲覧回数が同 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 34(0), 282-283, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis of the Characteristics of Loyal Customers in a Golf EC Site  [in Japanese]

    Su Yue , Usami Shun , Saijo Naoya , Sato Yusuke , Otake Kohei , Namatame Takashi

    近年,ECサイト市場の拡大を背景に,顧客獲得競争が激化していくことが予想される.ターゲットとなる顧客層を適切に選定することは売上の拡大や収益の向上に重要である.本研究では,ゴルフ用品のECサイトを対象に会員情報とアクセス・ログ情報および新規顧客の行動について,登録後1年間の購買情報を用いて分析する.はじめに,RFM分析により,新規顧客の顧客ロイヤルティを評価する.次に,初回購買の内容や,探索行動に …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2018t10(0), 216-219, 2018

    J-STAGE 

  • The Possibility of Online Store for "Subjective Learning"  [in Japanese]

    Maeda Yasuo

    <p> 近年その利用が増加しているインターネット通販サイトを工夫し,それが高校生の主体的な学びにつながる可能性を考察した。本論考では,ネット探索行動によって購買意欲が学習意欲に変化し,探究行動が生まれ,主体的な学びにつながる視点を提案した。オープンソースで調査用サイトを構築し,名古屋の高校生(2高校3グループ)に利用してもらい,アンケートを実施した結果,ネット探索から,本や雑誌,家族や …

    Computer & Education 44(0), 48-53, 2018

    J-STAGE 

  • Relationships between book browsing, arrangement of bookshelves and methods for displaying books  [in Japanese]

    SUGIURA Noritoshi

    <p>インターネット書店の隆盛で,従来型の書店は淘汰の波にさらされている。一方で実空間の店舗ならではの"ぶらぶら歩き"による「思いがけない図書との出合い」を期待する声も根強い。図書との思わぬ出合いを促すような書店の設計を目標に据えつつ,書架のブラウジング実験を行った。見る,触れる,手に取る,読むのような図書への関与の行動の発生頻度と書架配置および図書の配架方法との関係について論じる。さ …

    The Journal of Information Science and Technology Association 68(11), 559-565, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis of readers by Classification of Articles in a News Service from Network Structures  [in Japanese]

    SONODA Atom , TORIUMI Fujio , NAKAJIMA Hiroto , GOUJI Miyabi

    <p>情報が電子媒体で発信されるようになり,情報の即時性や情報量の増加が進んでいる.そのため,読者が情報を選択する際の労力は増加しており,そのような負担を減らす推薦サービスの導入も進んでいる.一方で,過度な推薦により,ユーザに偏った情報のみを提供するフィルターバブルが発生しているとの指摘もある.本研究では,推薦に先立つ記事の分類により,推薦システム導入前の行動変容を分析し,閲覧回数等が …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2018(0), 3O1OS1a03-3O1OS1a03, 2018

    J-STAGE 

  • Representation Learning for Users' Web Browsing Sequences

    TAGAMI Yukihiro , KOBAYASHI Hayato , ONO Shingo , TAJIMA Akira

    <p>Modeling user activities on the Web is a key problem for various Web services, such as news article recommendation and ad click prediction. In our work-in-progress paper[1], we introduced an …

    IEICE Transactions on Information and Systems E101.D(7), 1870-1879, 2018

    J-STAGE 

  • Construction of Information-credibility Verication-behavior Facilitation System for Preventing False Rumors Spreading  [in Japanese]

    Kakimoto Daisuke , Miyabe Mai , Aramaki Eiji , Yoshino Takashi

    … In this study, we have developed a system to make aware of existence of rumor in web browsing. … We found that the proposed system can make aware of existence of rumor and does not disturb web browsing. … This system can provide the awareness about rumors to users in web browsing, and can prevent spreading uncertain rumors. …

    The Transactions of Human Interface Society 20(1), 1-12, 2018

    J-STAGE 

  • Latent Semantic Markov Model for Effective Promotion Activities in EC Sites  [in Japanese]

    松嵜 祐樹 , 三川 健太 , 後藤 正幸

    近年,ECサイト上に蓄積された膨大なユーザ(顧客)の購買行動データを分析し,ユーザごとの特徴を考慮した販売促進施策の重要性が高まっている.これらの施策を実施する際には,施策を実施したからこそ購買するであろうユーザに対してのみの施策実施が重要である.このようなユーザ層を特定するための方法として,ユーザを意味のあるグループに分割するユーザセグメンテーションが考えられる.たとえば,ユーザと購買商品のペア …

    情報処理学会論文誌 58(12), 2034-2045, 2017-12-15

    IPSJ 

  • Behavior Analysis of Museum visitors by Ethnographic Approach  [in Japanese]

    岩谷 洋史 , 本村 康哲

    じんもんこん2017論文集 (2017), 289-294, 2017-12-02

    IPSJ 

Page Top