Search Results 1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Human Resources Management Systems for Spousal Job Transfers and their Issues: Viewed from the Standpoint of Relocation, Administrative Leave, and Reemployment  [in Japanese]

    KAWABATA Yumiko

    … <p>This study examines the human resources management systems for spousal transfers, including workplace transfer programs, administrative leave for trailing spouses programs, and reemployment programs. …

    Japan Journal of Human Resource Management 19(1), 26-42, 2018

    J-STAGE

  • The MOT that We "Nishikawa MOT School" are Challenging:— Developing MOT Human Resource in the Innovation Age —  [in Japanese]

    Nishikawa Youichi , Asano Masahiro , Sugimoto Harushige , Kodaira Kazuichiro

    … <p>Without knowing engineering, business cannot be managed. … MOT (Management of Technology) is obviously a key fundamental knowledge for CEO. …

    Development engineering 37(2), 193-200, 2018

    J-STAGE

  • Business Academia Collaboration in R&D for the Human Resource Development Program in a Smart Factory Utilizing P2M Framework  [in Japanese]

    NAKAMURA Yoshiki , TAMAKI Kinya

    日本の製造業は、世界の潮流であるIoTやIndustry 4.0の対応をスピーディに行わなければならない。そのためにハードウエア・ソフトウエアの知識だけでなく、データ分析能力、そしてその問題を解決する論理的思考まで、広範囲な知識を持つ人材を育成する必要がある。そのため青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社では、上記をプロデュースできる人材育成プログラムの研究開発を行っている。 …

    Journal of International Association of P2M 12(2), 38-49, 2018

    J-STAGE

  • Curriculum Design for Human Resources Development of "Vitalizing Regional Economies" by P2M Program Management::Role and Business Task of "Vitalizing Regional Director" for Experience Tourism and Value Co-creation  [in Japanese]

    TAMAKI Kin'ya , GONDOU Toshihiko

    本論では、各地域において地方創生事業を推進する事務局組織(観光地経営事務局[DMO])を支援・協力する外部専門家を、次の三つのタイプとして定めることにした:地方創生プロデューサー、地方創生ディレクター、地方創生コンテンツマーケッター。本論文の目的として二つの研究課題を取り扱うことにする。第一の研究課題として、P2Mのフレームワークの中で「3Sモデル」を適用して、三つのタイプの「地方創生人材育成プロ …

    Journal of International Association of P2M 12(2), 17-37, 2018

    J-STAGE

  • Learning in the MBA Program at Kobe Business School: Personal Views on its Characteristics  [in Japanese]

    KAMBAYASHI Norio

    … <p>This paper outlines some characteristics of educating system of the MBA program at Kobe University, particularly focusing on its seminar system. …

    Japan Journal of Human Resource Management 18(2), 30-47, 2017

    J-STAGE

  • Business Academia Collaboration in R&D for the Human Resource Development Program in a Smart Factory Utilizing P2M Framework  [in Japanese]

    NAKAMURA Yoshiki , TAMAKI Kinya

    日本の製造業は、世界の潮流であるIoTやIndustry 4.0 の対応をスピーディに行わなければならない。そのためにハードウエア・ソフトウエアの知識だけでなく、データ分析能力、そしてその問題を解決する論理的思考まで、広範囲な知識を持つ人材を育成する必要がある。そのため青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社では、上記をプロデュースできる人材育成プログラムの研究開発を行っている …

    Proceedings of International Association of P2M 2017.Autumn(0), 40-51, 2017

    J-STAGE

  • The Practice of Project Education for Design:-Case study of research and development for welfare and care robots-  [in Japanese]

    aoki kanta , sakaki taisuke , tashiro takehiro

    … 本学は2012年度に理工系、芸術系、文系学部が連携し、福祉・介護の現場にロボットを実装する研究拠点として「ヒューマンロボティクス研究センター(Human Robotics Research Center: HRRC)」を設立した。 …

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 64(0), 92, 2017

    J-STAGE

  • Characteristics and Performance of COEs in Japanese Market  [in Japanese]

    TAKAHASHI Ichiro

    本研究は、日本市場に立地する在日外資系企業の COEs (Centers of Excellence) と非 COEs の間で外部特性、内部特性、経営成果の差を分析する。外部特性とは、COEs による顧客や競合企業など外部のステークホルダーとの関わりに関することである。外部特性として日本子会社から見た日本市場の厳しさ、日本市場の位置づけに着目した。さらに研究開発 COEs の場合は、それら以外の外 …

    Journal of International Business 7(2), 89-103, 2015

    J-STAGE

  • Japanese Business Schools:Adaptation to Unfavorable Environments  [in Japanese]

    Yoshihara Hideki , Kim Ahmi

    1.研究の目的と方法<br>ビジネススクールの日米差は大きい。学校数で約5倍、1校あたり学生数で5倍から 10 倍、学生総数で 25 倍から 50 倍ほどの差がある。また、企業の管理者のうち MBA 保持者の割合は米国企業 37.0%、日本企業 0.7%である。この日米差の理由は何か。日米差は縮小するか。日本のビジネススクールの特徴・問題点などを日本企業の経営に関連づけて明らかにする。 …

    Journal of International Business 7(1), 15-30, 2015

    J-STAGE

  • How to facilitate scientific HRM :Evaluation of a managerial training effectiveness as an example  [in Japanese]

    IMASHIRO Shiho

    企業組織の存続や成長にとって、人的資源の効果的な活用は重要である。近年のグローバル化を受けて、人的資源管理は、より合理的で、科学的な方向性を志向しているように見える。そこで、ある管理職研修の効果検証結果について紹介しながら、今後日本企業がより科学的な人的資源管理を目指す際に、どのようなやり方がありえるのか、またどのような課題があるのかといったことを述べる。 さらに後半では、効果検証の際に結果変数と …

    Joho Chishiki Gakkaishi 24(4), 381-392, 2014

    J-STAGE

  • A Study on Institutional Design of Spectator Sports Business, Comparing a Company Sports Club and a Professional Sports Club of the Top Japanese Basketball League : Analysis of the Property Rights Theory

    SAWAI Kazuhiko

    …     This study uses property rights theory to comparatively analyze the institutional design of the spectator sports business by examining both a company basketball club and a professional basketball club of Japan’ … (an attribute of spectator sports that motivated fans via player attachment) because the required property rights actually belong to the parent company, which employs players as full-time employees of the main business, rather than as players. …

    Journal of Japan Society of Sports Industry 24(2), 2_169-2_184, 2014

    J-STAGE

  • Human Resource Development Program for Executives of Food Business Chain "Green House Group"  [in Japanese]

    山口 有次 , Yuji YAMAGUCHI

    桜美林論考. ビジネスマネジメントレビュー = The journal of J. F. Oberlin University. Business management review (4), 69-80, 2013-03-01

    IR

  • Data scientist: a key factor in innovation driven by big data  [in Japanese]

    HIGUCHI Tomoyuki

    ビッグデータの活用によりイノベーションを引き起こすことが産業界からアカデミアまで幅広く期待されている一方,その成功の鍵となる人材の不足についてはあまり真剣に議論されていない。データ・サイエンティストと呼ぶ,統計学や機械学習の高度な知識と,ビッグデータの取り扱いに関する十分なスキルを持った人材の養成は焦眉の急である。すでに産業界においては優秀な人材の争奪戦が相当激しいものとなっている。国際的競争力の …

    Journal of Information Processing and Management 56(1), 2-11, 2013

    J-STAGE

  • Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    SHIRAI Kumiko , KOSHIJIMA Name , UMEDA Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。事業プログラムに必要な人的資源の質や量を求め、人材ポートフォリオの変更指針を示す具体的なメソドロジが求められる。既報の研究では、事業プログラム実施に必要な人的資源(Work Sink)と企業で供給可能な現有人的資源(Work Source)との関係にピンチテクノロジーが適用可能であることに始まり、事業遂行に必要とさ …

    Journal of International Association of P2M 8(1), 35-48, 2013

    J-STAGE

  • D-1-1 Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    Shirai Kumiko , Koshijima Ichiro , Umeda Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。事業プログラムに必要な人的資源の質や量を求め、人材ポートフォリオの変更指針を示す具体的なメソドロジが求められる。既報の研究では、事業プログラム実施に必要な人的資源(Work Sink)と企業で供給可能な現有人的資源(Work Source)との関係にピンチテクノロジーが適用可能であることに始まり、事業遂行に必要とさ …

    Proceedings of International Association of P2M 2013.Spring(0), 50-61, 2013

    J-STAGE

  • E-5 Technology and Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    Shirai Kumiko , Koshijima Ichiro , Umeda Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。事業プログラムに必要な人的資源の質や量を求め、人材ポートフォリオの変更指針を示す具体的なメソドロジが求められる。既報の研究では、事業プログラム実施に必要な人的資源(Work Sink)と企業で供給可能な現有人的資源(Work Source)との関係にピンチテクノロジーが適用可能であることに始まり、利用可能資源である …

    Proceedings of International Association of P2M 2012.Spring(0), 230-240, 2012

    J-STAGE

  • Technology and Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    SHIRAI Kumiko , KOSHIJIMA Ichiro , UMEDA Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。事業プログラムに必要な人的資源の質や量を求め、人材ポートフォリオの変更指針を示す具体的なメソドロジが求められる。既報の研究では、事業プログラム実施に必要な人的資源(Work Sink)と企業で供給可能な現有人的資源(Work Source)との関係にピンチテクノロジーが適用可能であることに始まり、利用可能資源である …

    Journal of International Association of P2M 7(1), 147-162, 2012

    IR J-STAGE

  • Technology and Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    SHIRAI Kumiko , KOSHIJIMA Ichiro , UMEDA Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。変革後の事業プログラムに必要な人的資源の見積もりや人材ポートフォリオの変更に関する指針を定式化が可能で、事業プログラム運営に最適な人的資源の質と量を求め、活用する具体的なメソドロジーが求められる。本稿では、先に発表したピンチテクノロジーを応用した人的資源の活用に関する研究成果を拡張して、より効果的に事業プログラムの …

    Journal of International Association of P2M 6(2), 127-139, 2012

    IR J-STAGE

  • B2 Fundamental Study on Human Resource Allocation for Technology Management associated with Business Innovation Program  [in Japanese]

    Shirai Kumiko , KOSHIJIMA Ichiro , Umeda Tomio

    企業革新は、すなわち企業におけるビジネスモデルを変革することを意味する。ビジネスモデルが変化するとき、企業で必要とされる技術や人的資源の質・量も変化する。企業革新を行うプログラムでは、必要な技術と実働可能な人的資源を調整することが企業リエンジニアリング成功の鍵となる。本稿では、人的資源の適切な配置・配分に関する問題を考察し、技術や人的資源の経営的管理問題を、要求(量と質)と利用可能資源(量と質)の …

    Proceedings of International Association of P2M 2011.Spring(0), 104-113, 2011

    J-STAGE

  • E1 Technology and Human Resource Alignment for Business Innovation Program  [in Japanese]

    Shirai Kumiko , Koshijima Ichiro , Umeda Tomio

    企業革新時は事業プログラムの変革にあわせ人的資源をコントロールすることが肝要である。変革後の事業プログラムに必要な人的資源の見積もりや、人材ポートフォリオの変更に関する指針を定式化できないか-事業プログラム運営に最適な人的資源の質と量を求め、活用する具体的なメソドロジが求められる。本稿では、先に発表したピンチテクノロジーを応用した人的資源の活用に関する研究成果を拡張して、より効果的に事業プログラム …

    Proceedings of International Association of P2M 2011.Autumn(0), 169-180, 2011

    J-STAGE

  • 1 / 2
Page Top