Search Results 1-20 of 2431

  • Model Forests in Kasuya Research Forest II  [in Japanese]

    榎木 勉 , 井上 幸子 , 大崎 繁 , 扇 大輔 , 緒方 健人 , 南木 大祐 , 壁村 勇二 , 久保田 勝義 , 古賀 信也 , 内海 泰弘

    九州大学農学部附属演習林福岡演習林の第9次森林管理計画書(2015 〜 2024 年度)において設定された見本林のうち,クスノキ見本林,外国産ヒノキ科見本林,ヒノキ見本林,高田外国産樹種見本林における調査区の設置および林分調査を行った。クスノキ見本林の調査区(400m2)では,胸高断面積合計の91% をクスノキが占めた。37 本のクスノキの平均胸高直径は42.0cm で,稚樹は見られなかった。外国 …

    九州大学農学部演習林報告 (100), 24-28, 2019-03

    IR

  • Habitat of cicada larvae estimated by the exuvia distribution in the eastern edge of the city area in Nara City  [in Japanese]

    二反田 爽一郎 , 辻野 亮

    … opalifera prefers evergreen conifers, such as Chamaecyparis obtusa. …

    奈良教育大学自然環境教育センター紀要 = Bulletin of Center for Natural Enovironment Education, Nara University of Education (20), 1-10, 2019-03

    IR

  • Seasonal Changes in the Concentrations of Terpenic Compounds Contained in the Leaves of Coniferous Trees

    SHIN Changseob , LEE Jeongwon , YEON Poungsik , CHA Joo Young , OHGA Shoji

    … 1 in Chamaecyparis obtusa; …

    九州大学大学院農学研究院紀要 64(1), 15-26, 2019-02-28

    IR

  • Seasonal changes of female sika deer home range in sugi (Cryptomeria japonica) and hinoki (Chamaecyparis obtusa) plantation in Mie Prefecture  [in Japanese]

    福本 浩士

    森林防疫 : forest pests : 森の生物と被害 68(1), 5-14, 2019

  • A note on standing dead trees of Chamaecyparis obtusa after over pruning  [in Japanese]

    前田 雄一 , 河合 隆行 , 土屋 竜太 , 中村 徳和 , 小山 敢 , 矢部 浩

    樹木医学研究 = Tree and forest health 23(1), 14-21, 2019

  • The amount and morphology of fine root litter in the surface soils in a Chamaecyparis obtusa stand  [in Japanese]

    Yoshida Gen , Tanikawa Toko , Doi Ryuusei , Wada Ryuusei , Miki Kazuhito , Hirano Yasuhiro

    <p>森林地下部生態系では、樹木の細根が脱落し微生物により分解されることで、炭素の土壌への供給や大気放出がなされる。細根の純一次生産量への寄与率を明らかにするため、細根のターンオーバーや細根量、脱落根量はイングロースコア法やミニライゾトロン法を用いて評価されてきたものの、細根の脱落後速やかに脱落根を採取しそれらの特性を明らかにした研究例はほとんどない。そこで、本研究はヒノキの月別脱落根 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 801, 2019

    J-STAGE

  • Architecture of intact root system up to 2 mm in diameter focused on morphological traits by branching order  [in Japanese]

    Doi Ryusei , Tanikawa Toko , Hirano Yasuhiro

    … 分岐位置を考慮した次数分類は直径分類よりも吸収や輸送など機能を反映しており、国内主要人工林樹種のヒノキ(<i>Chamaecyparis obtusa</i>)では1,2次根が短命な吸収根であることが報告されている。 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 805, 2019

    J-STAGE

  • Forest resource interpretation at the individual tree level using a SLAM laser scanning system  [in Japanese]

    Deng Songqiu , Katoh Masato

    … The test site was located at a Hinoki (<i>Chamaecyparis obtusa</i>) plantation of 63 years old. …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 86, 2019

    J-STAGE

  • Deposition of long-range transported particulate matter on needle of Japanese cypress (<i>Chamaecyparis obtusa</i>) in Nagasaki  [in Japanese]

    Yamaguchi Masahiro , Tsuji Sayaka , Ogata Kasumi , Murao Naoto

    <p>長崎などの九州北部地域では、微小粒子状物質(PM<sub>2.5</sub>)などによる越境大気汚染が顕著であり、その樹木影響が懸念される。樹木に対するPM<sub>2.5</sub>の影響に関する知見は限られており、森林におけるPM<sub>2.5</sub>などの粒子状物質(PM)の沈着の実態もほとんど明 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 724, 2019

    J-STAGE

  • Effects of CO<sub>2</sub> enrichment and temperature on seedling growth of <i>Cryptomeria japonica</i> and <i>Chamaecyparis obtusa</i>  [in Japanese]

    Ohira Mineko

    <p> コンテナ苗の生産は平成20年に始まり、その生産量は年々増加している。これらのコンテナ苗は、露地だけでなくビニールハウスやガラス温室等の施設内で栽培される場合がある。このような施設内で育成する場合、成育を促す適切な環境条件に近づくよう、施設内の環境調整が行われる。しかし、スギ・ヒノキの苗を施設内で育成するための基礎的知見である気温および二酸化炭素施用と苗の成長との関係は明らかでな …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 568, 2019

    J-STAGE

  • Possibility of shortening weeding period by using fast-growing containerized Japanese cypress seedlings  [in Japanese]

    Watanabe Hitoshi , Motoki Yasukazu , Mimura Haruhiko

    <p>植栽後も残効がある肥料を用いて育成したヒノキ・コンテナ苗の植栽による下刈り期間短縮の可能性を検討した。岐阜県下呂市の造林地(標高約700m,斜面傾斜11度,土壌型B<sub>D</sub>(d),2,3,4年生時に下刈り実施)において,4年生期末の苗高は,当該コンテナ苗区で平均258cm,裸苗区で同219cmであった。植栽5年目夏期の雑草木の種構成は,両区 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 532, 2019

    J-STAGE

  • The natural regeneration situation of tha cryptomeria and obtusa plantation clear-cut site in Ehime-ken  [in Japanese]

    Ishikawa Minoru

    <p>愛媛県においても成熟しつつあるスギ・ヒノキ人工林資源が増加し、皆伐も増加している。皆伐後は、育林費用の負担も大きいことから、再造林せずに、自然に任せて天然林になることを期待している事例がある。期待通りに広葉樹が更新し天然林になればよいが、必ずしもそうならず、他の植生に覆われ、すみやかに森林化していない場所も見られる。どのような条件であれば、広葉樹林になるのだろうか、いくつかの事例 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 542, 2019

    J-STAGE

  • Diameter growth rate change during 29 years of <i>Chamaecyparis obtusa</i> canopy tree neighboring a large gap  [in Japanese]

    Hoshino Daisuke , Nishimura Naoyuki , SUZUKI Satoshi

    <p>おおよそ300-360年生とされる木曽ヒノキ高齢天然林の成長動態の時空間的特徴に及ぼす要因について検証した事例はほとんど無く,これは木曽ヒノキ林の森林資源保全や密度管理施業において重要な課題である。そこで本研究では伊勢湾台風(1959年)時に林冠撹乱が発生した林分における林冠木の成長動態に対するギャップの影響を評価するために,1989年に長野県小川入国有林120林班の高齢ヒノキ林 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 559, 2019

    J-STAGE

  • The difference of stand structure among Chamaecyparis obtusa forests in the hilly area of Kyoto Basin  [in Japanese]

    Sakimoto Michinori

    <p>京都盆地周辺の丘陵地山裾には古社寺が連続的に建ち並び、それらの背後丘陵には、現在では殆どが国有林地となっている、古社寺旧領地が広がり、その中には天然生とされるヒノキ林がかなり広範に分布している。一方、当該ヒノキ林が分布している区域は風景林の機能を担う風致地区に指定されており、その機能を維持する施業管理法が求められている。本研究では、当該森林の風景林としての機能を持続的に維持する等 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 560, 2019

    J-STAGE

  • Growth of Multi-Storied Stand of <i>Pinus densiflora</i> with <i>Chamaecyparis obtusa</i> and <i>Cryptomeria japonica</i>  [in Japanese]

    Tanaka Kunihiro , Saito Kazuhiko , Tanaka Shinya , Chikaguchi Teisuke , Narayama Shinji

    <p> 本研究では、アカマツ-ヒノキ・スギ複層林施業の試験経過について報告する。 試験地は奈良県奈良市にある固定試験地である。アカマツ46年生時に択伐を行い、跡地にヒノキとスギを補植した。下木が17年生時から調査を開始し、約5~10年置きに定期調査を行ってきた。調査開始時の立木本数密度は、アカマツが200本/ha、ヒノキが1,005本/haであった。スギは11本/haと小数であったため …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 488, 2019

    J-STAGE

  • The factors associated with the growth of <i>Cryptomeria japonica</i> and <i>Chamaecyparis obtusa</i>.  [in Japanese]

    Matsumoto Jun , Sato Taichiro

    <p> 大分県の「収穫表」は昭和40年前後に作成され、森林簿における林分材積や成長量予測の算出根拠となっている。しかし、高齢林分等の一定の条件において、記載された材積が現実の林分と乖離していることから、大分県では収穫表の見直しを行っている。見直しにあたり、平成28年度から29年度にかけて大分県一円のスギ317林分、ヒノキ199林分で標準地調査を実施した。 調査には地上型レーザースキャナ …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 487, 2019

    J-STAGE

  • Fine scale distribution of ectomycorrhizal seedlings in boundary area between broad leaved forest and conifer plantation  [in Japanese]

    Ishikawa Akira , Uehara Iwao , Tanaka Megumi

    <p> 外生菌根(以下、ECM)菌は、共生する実生の養分吸収や耐病性を向上させる。このことから、土壌中のECM菌の有無は、ECM性実生の定着に影響を与える。日本の自然林で優占することの多いブナ科、カバノキ科、マツ科の樹木はECMを形成する。一方、人工林の大部分を構成するスギ、ヒノキはアーバスキュラー菌根を形成し、共生する菌類が異なる。また、自然林と人工林のように菌根タイプの異なる森林で …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 447, 2019

    J-STAGE

  • One year observations of net rainfall following 30% thinning in a Hinoki stand  [in Japanese]

    Hosoda Ikuhiro

    <p>【目的】ヒノキ人工林における樹冠遮断の観測例は多いが、間伐後の林冠ギャップ (<i>CG</i>) が閉鎖していく過程の定量的情報は不足している。そこで、本数率30%の間伐が実施された34年生ヒノキ人工林において林内雨量の観測を行い、間伐後1年間の林冠状況と林内雨量の関係を調べた。【方法】間伐は竜ノ口山森林理水試験地南谷中流で2018年1月末頃実施された。 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 387, 2019

    J-STAGE

  • Soil hydraulic conductivity differences between upslope and downslope of two coniferous tree species on a hillslope  [in Japanese]

    Farahnaklangroudi Moein , Mitsuyasu Keiji , Jeong Seonghun , Otsuki Kyoichi , Chiwa Massaki , Sadeghi Seyed Mohammad Moein , Kume Atsushi

    … We investigated soil properties on the upslope and downslope of individual trees/stumps of Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa to clarify the effect of trees/stumps on soil hydraulic properties on a slope. … obtusa reduced kns. …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 331, 2019

    J-STAGE

Page Top